Google
WWW を検索 ブログ内検索

デッドマン・ダウン : 傷ついた男と女の物語2013年10月27日 12:47

デッドマン・ダウン
 昨日は、先週に引き続き映画館のハシゴをしました。でも、先週と違い元気なのは何故なのかな。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
デッドマン・ダウン

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 ヴィクター(コリン・ファレル)は、裏社会で不動産業を牛耳るアルフォンス(テレンス・ハワード)の信頼厚い寡黙なヒットマン。脅迫文や謎のメモ、仲間の惨殺死体など、何者かの脅しに悩まされるアルフォンスと、そんなボスの悩みを解決してのし上がろうと躍起になる手下のダーシー(ドミニク・クーパー)たちの騒ぎを冷静に見つめていた。一方、ヴィクターの向かいのマンションに住む若い女性ベアトリス(ノオミ・ラパス)。交通事故の生々しい傷跡が顔に刻まれた彼女は、近所の子どもたちから“怪物”と罵られていた。ヴィクターはそんな彼女に同情し、食事の誘いに乗るが、ベアトリスには目的があった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「デッドマン・ダウン」は、妻子を殺され復讐に燃える孤独なヒットマンと交通事故の生々しい傷跡が顔に刻まれた女が”復讐”という共通の目的で絆を育んでいくサスペンス・アクションです。寡黙なヒットマンであるヴィクター役には、「トータル・リコール」のコリン・ファレル。ヴィクターの向かいに住む女性で傷跡が顔に刻まれたベアトリス役には、「プロメテウス」のノオミ・ラパス。監督は、ノオミ・ラパス主演で大ヒットした「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニールス・アルデン・オプレヴ。

 サスペンス映画に必要な要素、個人的には途切れることのない緊張感が画面から伝わることだと思います。アクション映画に必要な要素、個人的には観る者の想像を超えた映像だと思います。ちなみに、この「デッドマン・ダウン」は、この二つの要素を高いレベルで表現しているだけでなく、恋愛映画としても魅せてくれた作品でした。

 ヴィクターは、裏社会で不動産業を牛耳るアルフォンスの手下の一人。しかし、ヴィクターの目的は、愛する妻と娘の命を奪ったアルフォンスへの復讐。既にその機は熟しているのだが、なかなか決行に移せないでいる。そんな中、アルフォンスの手下でありヴィクターの友人でもあるダーシーが、少しずつだが彼の正体に近づいていく。これが見事に描かれており、画面から緊張感が途切れることはなかったですね。また、ラストのアクションシーン、この始まりは少々びっくりさせられました。作品全体としてみれば決して派手な映像ではないのですが、あの衝撃の突撃から始まる銃撃戦は見事でした。ニールス・アルデン・オプレヴ監督の映画は初めて観ましたが、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を世界的ヒット作品にしただけのことはあります。腕が確かな監督さんですね。

 しかし、これ以上によかったのが、ヴィクターとベアトリスが絆を育んでいく過程でした。心に癒えることのない深い傷を負った男と女、コリン・ファレルとノオミ・ラパスが見事に演じていたなぁ。深い傷を負っているからこそ悪魔にも天使にもなれる、そんな二人がとる行動はなかなか相手に伝わらないんですよねぇ。それでも、最後は互いのために命を賭ける、そんな二人の行動に観る者は熱いものを感じずにはいれないでしょう。

 このように「デッドマン・ダウン」は、決して派手さはないものの、観る者に二人の熱い想いが伝わる素晴らしい作品となっております。コリン・ファレルとノオミ・ラパスの渋い演技、ニールス・アルデン・オプレヴが魅せる大人の演出、観に行って得した気分になれる映画ですよ。では、本日はこの辺で (●´Д`)ノ【バ】【イ】【バ】【イ】ヽ(・ω・○) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品