Google
WWW を検索 ブログ内検索

人類資金 : どうかしてるぜ!!2013年10月21日 21:34

人類資金
 先週の土曜日は、久々の映画館はしご。そのためか、昨日は38.5℃の熱にふらふらしていました。その原因は、本日紹介する作品のせいだと思います。疲れたものなぁ。
【題名】
人類資金

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超だめだめ!!

【あらすじ】
 1945年、敗戦を不服とする反乱兵たちが日本軍の秘密資金を持ちだしていた。総量600トンにも及ぶ金塊を回収しに来た笹倉雅実大尉は、この先、資本という怪物を相手に戦うことになると見据え、金塊を軍に戻さず海へ沈める。2014年、父と同じくM資金詐欺の道を進む真舟雄一(佐藤浩市)は、相棒の酒田(寺島進)といつものように交渉を進めようとしたところ、彼を追っている北村刑事(石橋蓮司)が現れる。逃げようとする真舟に石優樹(森山未來)と名乗る男が近づき、“財団”の人間が真舟を待っているので同行してほしいと告げる。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「人類資金」は、第二次世界大戦敗戦時に日本軍が集めたとされる巨額の不透明な財産“M資金”を基にした社会派サスペンス映画です。M資金詐欺を道を進む真舟雄一役には、「許されざる者」の佐藤浩市。M資金を盗み出すことを真舟に依頼する”M”役には、「LOVE まさお君が行く! 」の香取慎吾。”M”の元で働く石優樹役には、「モテキ」の森山未來。真舟や石を追い続ける高遠美由紀役には、「映画 妖怪人間ベム」の観月ありさ。M資金の日本側の責任者である笹倉暢彦役には、「ツナグ」の仲代達矢。M資金のアメリカ側の責任者であるハロルド・マーカス役には、「エッセンシャル・キリング」のヴィンセント・ギャロ。ハロルド・マーカスが送り込んだ掃除人である遠藤治役には、「ミッドナイトFM」のユ・ジテ。監督・脚本は、「北のカナリアたち」の阪本順治。

 何とも超大作の邦画らしい映画でした。超豪華な俳優陣は、上記に紹介した方以外にも豊川悦司、石橋蓮司、寺島進、岸部一徳、オダギリジョーなど、堂々たる面子。そして、米ニューヨークを皮切りに、露ハバロフスク、タイ王国・カンチャナブリ、日本で行われたロケ。まさしく、製作陣の覚悟と作品のスケールの大きさが伝わる作品です。しかしながら、本作はたったそれだけの作品です。そう、中身スカスカなんですよ、全く。ギレン・ザビ閣下の、あの名台詞が聞こえてきます、「あえて言おう、カスであると」。

 M資金、都市伝説好きの方なら聞いたことはあると思います、昔ですがね。つまり、本作は遠藤治のグラサンのセンスがごとく昭和のオイニーを最悪の形で表現した作品となっているのです。その最大の戦犯は、監督の阪本順治につきるでしょう。昔観た「亡国のイージス」では、凄い監督がいるもんだと感心させれましたが、もはや過去の名声をなってしまいましたね。こうやってみると、才能って尽きるものなんですねぇ。

 何が具体的にまずいかというと、全てが唐突すぎるわけですよ。鵠沼英司に対する詐欺が失敗したかと思うと”M”が現れて上手いこといっちゃうし、捕らえられた”M”は捕らえられてるだけだし、高遠美由紀は勢いだけで真舟たちと組んじゃうし、”M”の父である笹倉暢彦は都合よくよい奴だし、”M”のパシリが国連で演説しちゃうし、何考えてんだか。そのくせ、だらだらと前置きだけは長いという最悪のあらすじ。これはもはや、金返せというだけでなく、このために浪費した時間に対する誠意をみせろといいたいレベルですよ、全く。

 そして、何よりもドイヒーなのが、タイトルにもなっている人類資金の意味。言いたいことは理解できるが、表現の仕方が最悪。予算が尽きたのか、一番大切なところがグダグダなんですよねぇ。個人的な意見ですが、人類資金はもっと有効に使うべきだと思いますよ、ソマリアとかね。そもそも、今時10兆円で国家的事業が出来る分けないでしょう。この国の借金が、幾らか知ってんでしょうか。そこを表現できなければ、本作の監督をする意味はNothingですよ。

 こんなドイヒーな作品な中で唯一光を放っていたのは、石優樹を演じた森山未來。前々から若いのに演技が上手いと感じていましたが、本作の彼の演技はキレッキレでした。特に、国連本部での彼の演説シーンは、鳥肌物でしたよ。少なくとも彼だけは、本作の出演で特をした俳優ではないかな。

 このように「人類資金」は、悪い意味で松竹的大作ともいえる作品となっております。今時、このような古いセンスで映画を作るなんて、一昔前のブラマヨ吉田的ツッコミを入れてもらいたいものでしたよ。では、本日はこの辺で (・д・★)д・)・д・)★・д・)βyёβyё (・ω・★)ノじゃぁЙё 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品