Google
WWW を検索 ブログ内検索

クロユリ団地 : 久々に怖いJホラー2013年10月12日 10:12

 国会議事堂内の売店スペースに、何と牛丼チェーンの「吉野家」がオープンしたとのこと。しかも、国会限定メニューとして「牛重」なるものがラインナップされています。和牛の肩ロースを使ったメニューで、価格は1,200円。食べてはみたいが、あの人たちの金銭感覚はとイヤミの一つもいいたくなるような、複雑な気持ちにさせてくれますね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
クロユリ団地

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 クロユリ団地に引っ越してきた明日香(前田敦子)。老朽化の進むこの団地で、13年前から謎の死が相次いでいることを彼女は知らなかった。明日香は引っ越したその夜から、隣りの部屋からの不気味な音に悩まされ続ける。ある日、目覚ましの音が鳴り続いているのを不審に思った彼女が隣室を訪ねると、老人が独りきりで死んでいるのを見つける。明日香は老人の死を防げなかった自責の念と、その日から次々と彼女を襲う恐ろしい出来事に神経をすり減らす。老人が何か伝えようとしているのではないかと考えた明日香は、隣室の遺品整理に来た特殊清掃員の笹原(成宮寛貴)の力を借りて手がかりを探そうとするが……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「クロユリ団地」は、「リング」シリーズで”Jホラー”ブームの先駆者となった中田秀夫監督が、6年ぶりにホラーに挑戦した作品です。クロユリ団地に引っ越してきた二宮明日香役には、「苦役列車」の前田敦子。遺品整理の会社で働く笹原忍役には、「のぼうの城」の成宮寛貴。

 久々に怖いと感じた”Jホラー”でした。流石は、中田秀夫監督といったところでしょうか。他の”Jホラー”を撮った監督とは格が違います。「リング」シリーズほどの映像的派手さはないものの、静かに忍び寄る恐怖感を感じました。そう、”トントン”とね。

 主演の前田敦子も、なかなか良かったですね。女優としての彼女を初めて映像で観ましたが、少し影のある女性を上手く演じていました。でも、本作のMVPはミノルを演じた田中奏生くんではないでしょうか。子供らしい可愛らしさの中に内包された不気味さを、見事に表現していましたね。彼の演技なしには、本作の成功はありえなかったでしょう。

 あらすじも、ホラーとは思えぬ凝ったものでした。単なる少年の怨念物語にしていないところが、製作側のセンスの良さを感じずにはいれません。しかも、伏線が丁寧に張られているので、変な強引さもNothing。この辺は、キレッキレでしたよ、マジで。

 でも、本作を観る前に、予習の意味を込めて観ておいて欲しい作品があります。それは、「クロユリ団地~序章~」です。本作を観ることで、ミノルの怨念が何故それほどまでに強いのか、よく理解できる筈です。勿論、「クロユリ団地~序章~」を観ていなくても、本作は十分に楽しめるつくりになっているのでご心配なく。

 このように「クロユリ団地」は、久々に怖いと感じる”Jホラー”でした。シリーズ化されるようなので、次回作は是非映画館で観たいと思っております。では、本日はこの辺で (*ノω`)ノ・.。*゚+。・.。*βyё☆βyё*。.・゚+。*。.・ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/10/12/7006441/tb

_ Akira's VOICE - 2013年10月12日 11:09

なにこれ全然、怖くない・・・気の毒なだけ・・・
 

_ ダイターンクラッシュ!! - 2013年10月12日 13:28

2013年5月19日(日) 17:00~ 109シネマズ川崎4 料金:1000円(ブルーカード会員割引) パンフレット:未確認 日本ホラーの迷走、どこまで続く 『クロユリ団地』公式サイト 例によって、まったく怖くない訳だ。怖くないだけなら許してやってもいいのだが・・・。 前田敦子の家族が朝しか出てこないことにいきなり不信感。 新しい制服で高校に行ったのかと思いきや、こんどは私服で短大らしきところ、そしたら次に養護学校か。 物語の途中までは、精神の壊れた前田敦子テーマ(夢おちとか)なのかと思ったね。 それはそれで諦めもつくのだが、何故か隣の爺(死体)や孤独な男子幼児が出てきて、また、あらぬ方向へ。とりつかれる敦子。 成宮がどういう訳か頼れる男で登場するが、敦子の除霊のため成宮が手配した真田の元夫人による祈祷(とてつもなく変な上、全く効かない!)も、成宮のアホらしいミスで失敗。 あの手この手で、ドアを開けさせようとする幼児は、ダミアン級の狡猾さ。実際、相当邪悪のようで、それはそれでいいのだが、何でそうなったかなど、その辺りは説明不足。 クライマックスは焼却炉にテレポートされ焼かれる成宮、そのショボイ特殊効果。 そもそも、ミノル、最初、敦子に声かけられた時、逃げなかったか? エンドロールに、中田秀夫の名前を見て、さらにガッカリ。 そしてなんと、「ラピッド・ホラー3D」でしでかした清水崇の次回作に「魔女の宅急便」の名前がWikiにあるでないか。 ま、やはりホラーは髪の長い女にお願いします。ってことで、もう「座敷女」しかない。 お勧め度:☆☆ 丸焼け度:☆★ 俺度:☆☆

_ いやいやえん - 2013年10月12日 15:00



甥っ子と札幌街なか観光の最期の〆に見てきました。甥っ子が見れるような作品で、レーティングもOKなのってこれくらしかなかったというのもあり^;
ま、微妙…というのが最初に思った印象でしょうか。途中から物語がかくっとかわってしまったみたいなね。全く怖くないという噂どおり、ほんとに全く怖くない。
恐怖が子供からやってくるというのも、ベタながら恐怖の元凶としてはいいネタなんだけど、見飽きたパターンではある。(これで怖ければ文句なかったのだが)恐怖の根幹であるものの背景が薄すぎるんですよね。家族を亡くした明日香、婚約者が植物状態の笹塚、孤独死した老人、隠れんぼで焼け死んだ少年。孤独がテーマだとは思うのですが、それを伝え切れなかった展開の無念さが残る。団地を舞台にしたのは、近くて遠い壁一枚の個々の生活があるからだろう。確かに一軒屋よりも何となく孤独感を感じる舞台ではある。
それにしても、笹塚があれだけヒロインにドアを開けさせないようにしていたのに、自分の心の弱みにつけこまれると簡単に開けてしまうのも、人間らしいといえば人間らしいけれど「えっそこで開けるの?」みたいなね。そういえば喀血してた霊媒師?の女性はどうなったのであろうか。
最初から違和感があった食卓風景が虚像だったことや、あの団地が呪われている的な事実があとからポポンと提示されてくるのも、やっぱり都合のよさというか展開ありきの演出を感じてしまった。序盤からタブーになっているある事件とか、やたらと引っ越す人々の風景とかそういうのが欲しかったかもしれない。
終盤のみのる君のCGもイマイチでした。怖くないし、気持ち悪くもないという…。炎にまかれる笹塚もだな。笹塚が引き込まれた焼却場も、あんな小さいレベルのものだったのかー。焼却施設ってもっと巨大なところを想像していました。
前田敦子さんの演技に関しては期待してなかったのもあり、またぶさいくな写りにも、特に別に…という感じでした(可愛さの欠片はどこへいったのか)。エンドロールで企画が秋元さんと出てたので、ある意味でなにかしら腑に落ちた感はありましたね。

【概略】
13年前から謎の死が続いているクロユリ団地に、そうとは知らずに引っ越してきた若い女性・明日香は、隣の部屋から響く不気味な音に悩まされる。そして、隣室で孤独死した老人を発見してしまい、その日を境に周囲でおぞましい出来事が続発。老人の遺品整理にやってきた青年・笹塚の助けを借りながら、老人が伝えようとしていた事実を探るが……。

ホラー

_ いやいやえん - 2013年10月12日 15:00



甥っ子と札幌街なか観光の最期の〆に見てきました。甥っ子が見れるような作品で、レーティングもOKなのってこれくらしかなかったというのもあり^;
ま、微妙…というのが最初に思った印象でしょうか。途中から物語がかくっとかわってしまったみたいなね。全く怖くないという噂どおり、ほんとに全く怖くない。
恐怖が子供からやってくるというのも、ベタながら恐怖の元凶としてはいいネタなんだけど、見飽きたパターンではある。(これで怖ければ文句なかったのだが)恐怖の根幹であるものの背景が薄すぎるんですよね。家族を亡くした明日香、婚約者が植物状態の笹塚、孤独死した老人、隠れんぼで焼け死んだ少年。孤独がテーマだとは思うのですが、それを伝え切れなかった展開の無念さが残る。団地を舞台にしたのは、近くて遠い壁一枚の個々の生活があるからだろう。確かに一軒屋よりも何となく孤独感を感じる舞台ではある。
それにしても、笹塚があれだけヒロインにドアを開けさせないようにしていたのに、自分の心の弱みにつけこまれると簡単に開けてしまうのも、人間らしいといえば人間らしいけれど「えっそこで開けるの?」みたいなね。そういえば喀血してた霊媒師?の女性はどうなったのであろうか。
最初から違和感があった食卓風景が虚像だったことや、あの団地が呪われている的な事実があとからポポンと提示されてくるのも、やっぱり都合のよさというか展開ありきの演出を感じてしまった。序盤からタブーになっているある事件とか、やたらと引っ越す人々の風景とかそういうのが欲しかったかもしれない。
終盤のみのる君のCGもイマイチでした。怖くないし、気持ち悪くもないという…。炎にまかれる笹塚もだな。笹塚が引き込まれた焼却場も、あんな小さいレベルのものだったのかー。焼却施設ってもっと巨大なところを想像していました。
前田敦子さんの演技に関しては期待してなかったのもあり、またぶさいくな写りにも、特に別に…という感じでした(可愛さの欠片はどこへいったのか)。エンドロールで企画が秋元さんと出てたので、ある意味でなにかしら腑に落ちた感はありましたね。

【概略】
13年前から謎の死が続いているクロユリ団地に、そうとは知らずに引っ越してきた若い女性・明日香は、隣の部屋から響く不気味な音に悩まされる。そして、隣室で孤独死した老人を発見してしまい、その日を境に周囲でおぞましい出来事が続発。老人の遺品整理にやってきた青年・笹塚の助けを借りながら、老人が伝えようとしていた事実を探るが……。

ホラー

_ 象のロケット - 2013年10月12日 16:12

両親と弟と共に老朽化した集合住宅『クロユリ団地』へ引っ越してきた二宮明日香は、不気味な物音や、連日鳴り続ける隣室の目覚まし時計に悩まされていた。 砂場で遊んでいた少年ミノルが隣人らしいことを知った彼女は隣室を訪ね、そこで孤独死した老人を発見してしまう。 その後、恐ろしい出来事が起こるようになり、団地内で謎の死亡事件が続いていることを知らされるのだが…。 ホラー。 ≪誰から、死ぬ?≫

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年10月12日 17:00

ここでもあっちゃんがセンターで仕切っていた
公式サイト。秋元康企画、中田秀夫監督、前田敦子、成宮寛貴、勝村政信、西田尚美、田中奏生、並樹史朗、筒井真理子、諏訪太朗、手 ...

_ 映画@見取り八段 - 2013年10月15日 02:24

クロユリ団地     監督: 中田秀夫    出演: 前田敦子、成宮寛貴、勝村政信、西田尚美、田中奏生、高橋昌也、手塚理美、並樹史朗、筒井真理子、諏訪太朗、柳憂怜、青山草太、佐藤めぐみ、岩松了、朝加真由美 公開: 2013年5月18日 2013年5月22日。劇場観賞。 …

_ kintyre's Diary 新館 - 2013年11月03日 17:28

13-44.クロユリ団地■配給:松竹■製作年、国:2013年、日本■上映時間:106分■料金:1,800円■観賞日:5月19日、新宿ピカデリー(新宿)□監督:中田秀夫◇前田敦子◇成宮寛貴◇勝村政信◇西田尚美◇手塚理美【ストーリー&感想】(ネタバレあり)クロユリ団地に引...