Google
WWW を検索 ブログ内検索

ウォーム・ボディーズ : ゾンビの”体温上昇中”2013年10月04日 17:13

ウォーム・ボディーズ
 サッカー日本代表の香川選手、マンU内での立場が厳しくなってきたようです。やはり、本場は半端なく厳しいですね。こうなったら、古巣のドルムントに戻って、マンUにサムライの意地をみせてもらいたいものです。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ウォーム・ボディーズ

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 近未来。秩序は崩壊し、ゾンビは人間を喰らい、人間は捕食者であるゾンビを敵対視していた。ゾンビのR(ニコラス・ホルト)が仲間たちといつものように人間を食べに出かけたところ、食べ物であるはずの人間の女の子・ジュリー(テリーサ・パーマー)に恋をしてしまう。Rはジュリーを守りながら自分の居住区へ連れて行く。ジュリーは食べられまいと必死に抵抗していたが、Rが不器用ながらも自分に寄せる好意や彼の純粋さに触れ、次第に警戒心を解き心を開いていく。Rもまたジュリーと交流するうちに、生ける屍である自分の中であたたかな気持ちが広がっていくのを感じる。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ウォーム・ボディーズ」は、ゾンビと人間の恋愛を描いた異色のラブコメディーです。人間の女性に恋をしたゾンビのR役には、「ジャックと天空の巨人」のニコラス・ホルト。ゾンビに恋されたジュリー役には、「アイ・アム・ナンバー4」のテリーサ・パーマー。Rの親友のゾンビであるM役には、「エンド・オブ・ザ・ワールド」のロブ・コードリー。ジュリーの父で生き残った人間のリーダーであるグリジオ大佐役には、「RED」のジョン・マルコビッチ。監督・脚本は、「50/50 フィフティ・フィフティ」のジョナサン・レヴィン。

 ゾンビ映画といえば、ホラー、アクションといったところでしょうか。たまに、コメディーも見かけますが、本作は何と恋愛物。しかも、この映画はゾンビ目線で物語が進行して行きます。こんなゾンビ映画、個人的に初体験ですよ。

 とはいえ、単に奇をてらった作品ではなく、きっちりと考え抜かれて作られた作品との印象を持ちました。ゾンビから身を守るため壁を作った人間たち、人間を食べ物として”考える”ゾンビたち、そして最終型ゾンビの“ガイコツ集団”。この作品のテーマの底辺にあるものは、以外に”重い”ものを感じました。

 映像も、期待以上の作りになっていました。荒廃した近未来の地球、その辺のB級ゾンビ映画を凌駕しています。あらすじもよく練られたものになっており、ゾンビが死人の最終形態ではなく病気の一種として感じられるものになっていました。だからこそ、本作のようなあらすじが成り立つのでしょう。ゾンビになるのは”ウィルス”というお決まりを、逆手に取った素晴らしいアイデアですよね。

 このように「ウォーム・ボディーズ」は、今まで観たこととのないゾンビ映画となっております。ぶれない芯が一本通ったあらすじも加味すると、映画館で観てもちょっと得した気分になれる作品ですよ。では、本日はこの辺で ヽ(●・ω・)ノ-○-お団子ふりバイバイ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品