Google
WWW を検索 ブログ内検索

そして父になる : 父親とは不器用なもんですよね2013年10月01日 13:43

 今日は、久々の30度超え。全くもって、おデブさんには辛い世の中になってきたもんです。そんな中、消費増税が発表されますが、その後の経済の流れ、格差問題、どのようになっていくのでしょうか。本日紹介する作品の主人公のように、不器用な対応だけはしないでもらいたいものです。
【題名】
そして父になる

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 学歴、仕事、家庭といった自分の望むものを自分の手で掴み取ってきたエリート会社員・良多(福山雅治)。自分は成功者だと思っていた彼のもとに、病院から連絡が入る。それは、良多とみどり(尾野真千子)との間の子が取り違えられていたというものだった。6年間愛情を注いできた息子が他人の子だったと知り、愕然とする良多とみどり。取り違えられた先の雄大(リリー・フランキー)とゆかり(真木よう子)ら一家と会うようになる。血のつながりか、愛情をかけ一緒に過ごしてきた時間か。良多らの心は揺らぐ……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「そして父になる」は、愛情をかけて育てた息子が出生時に病院で取り違えられた別の子どもだったことを知らされた父親が抱く苦悩や葛藤を描いたヒューマンドラマです。学歴、仕事、家庭といった自分の望むものを自分の手で掴み取ってきたエリート会社員野々宮良多役には、「真夏の方程式」の福山雅治。良多の妻であるみどり役には、「謝罪の王様」の尾野真千子。電気屋を営む斎木雄大役には、「アフロ田中」のリリー・フランキー。雄大の妻であるゆかり役には、「外事警察 その男に騙されるな」の真木よう子。監督は、「空気人形」の是枝裕和。

 おもいっきり泣いてやろう、そう思って映画館に入りました。一人、端っこの席に座り、ハンドタオルも持って準備万端。でも、そんな準備は全く不要でした。あくまでも、良い意味でね。

 子どもが取り違えられた二つの家族は、様々な意味で対照的。その違いは、二人の父親からきている。良多は建築会社に勤める超エリート、雄大は潰れかけの電気屋を営む甲斐性なし。良多は裕福で誰もが羨むような生活だが家庭を余り顧みない父、雄大は決して裕福な暮らしではないが子どもとの時間を大切にする父。でも、二人に共通するものは、子どもに対する愛情。確かに、良多は愛情表現が下手で、とっても不器用。逆に、雄大は子どもの目線まで下りてきて一緒に遊ぶ。そして、子どもたちにも共通するのが、両親のことを愛していること。これが、映像から見事に伝わってきました。

 これを可能にしたのが、是枝裕和監督の演出力でしょう。「空気人形」の時もそうでしたが、人物描写が抜群に上手いですよねぇ。そして、その人物を上手くロケーションと重ね合わせてるんですよ。だからこそ、二つの家庭をより対照的に感じる事ができ、その愛情の強さが観る者に伝わってくるのでしょう。

 でも、監督の演出力が活かされているのも、演者の演技力の賜物です。特に、福山雅治は良かったですね。父親として何が一番大切なのか、それを苦悩しながら理解していく姿をよく演じていました。福山雅治の場合、決して幅広い演技が出来るタイプではありませんが、自分のポジションに限っては一流の仕事をししてくれますね。リリー・フランキーも良かった。ちょっといやらしい面と、子煩悩な面を併せ持つ父親を上手く演じていたなぁ。そして、子役たちが良かった。変に演技をしていないんですよ。それがかえって、子どもという存在を際立たせていました。F田Fくんのようないかにも仕込まれた演技は、もうたくさんですよ。

 このように「そして父になる」は、是枝裕和監督らしい報画の秀作です。但し、本作を映画館で観る価値があるかと聞かれれば、レンタルで十分と答えざるを得ないかな。では、本日はこの辺で ヽ(´ω`●)バィバィ(★´ω`)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

_ ぷっちん ― 2013年10月01日 18:56

毎度、お邪魔してすみません。

こういった場合どうするか?私なりに考えました。子供のとり違いも、血か時間かと悩むことも、何も知らない子供に責任はないですよね。
大人のそういった事情よりも、ラストは子供の心の傷を少しでも少なくする方向であることを祈ります。

_ ウマキング ― 2013年10月02日 13:42

ぷっちんさん、こんにちは。

この映画のラストは、ぷっちんさんが望まれるような形でした。
しかも、ラストシーンにおける是枝裕和監督の演出も素晴らしかった。

ではでは。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/10/01/6997561/tb

_ Akira's VOICE - 2013年10月01日 14:10

家族は一日にして成らず。
 

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年10月01日 14:14

公式サイト。英題:Like Father, Like Son。是枝裕和監督、福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升荽、風吹ジュン、樹木希林、夏八木勲、高橋和也、中村ゆ ...

_ たいむのひとりごと - 2013年10月01日 16:20

第66回(2013年)カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した話題作がやっと公開となった。6年前に2組の夫婦の息子が出生時に病院で取り違えられた事実が発覚したことから、両家の戸惑い、とりわけ福山雅治演じる

_ カノンな日々 - 2013年10月01日 21:54

『奇跡』の是枝裕和監督が福山雅治さんを主演に6年間育ててきた愛する息子が実は病院で取り違えられた他人の子どもだったという事実をつきつけられた二組の家族の姿を家族の愛と ...

_ 映画@見取り八段 - 2013年10月02日 04:38

そして父になる     監督: 是枝裕和    出演: 福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升、風吹ジュン、國村隼、樹木希林、夏八木勲、中村ゆり、高橋和也、田中哲司、井浦新、吉田羊、ピエール瀧 公開: 2013年9月28日 2013年9月2…

_ オールマイティにコメンテート - 2013年10月02日 06:06

「そして父になる」はある2つの家族が子供を取り違えられた事により6年間他人の子供を育てる事になった2つの家族の苦悩と葛藤を描いたストーリーである。今の時代では取り違えら ...

_ 映画のブログ - 2013年10月02日 08:08

 かつて社会問題になるほど頻発した「赤ちゃん取り違え事件」。
 『そして父になる』は1977年に発覚した事件を参考にしつつ、赤ちゃんを取り違えられてしまった二家族の苦悩を描く。

 現実に取り違えられた二人の女の子がたどった人生は、奥野修司氏が『ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年』に著している。
 だが、映画の公開時点で42歳になる彼女たちには、今の生活がありこれからの人生もあ...

_ こねたみっくす - 2013年10月02日 15:20

6年間育てた息子を、本当に他人の子と言えますか。
第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したこの作品は、是枝裕和監督らしい静かに語り、じわじわと心に響く今年の邦画を代表 ...

_ 象のロケット - 2013年10月02日 18:15

都内の大手建設会社に勤務する野々宮良多と妻みどりの一人息子・慶多と、群馬で小さな電気店を営む斎木雄大と妻ゆかりの長男・琉晴(りゅうせい)が、出産時に取り違えられていたことが判明する。 病院側の説明では100%の親が血を優先するとのこと。 顔合わせから徐々に付き合いを深めていった両家は、ついに息子たちを“交換”することにしたのだが…。 ヒューマンドラマ。

_ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 - 2013年10月03日 11:04

病院からの電話。 凧揚げとミッション。

_ 風に吹かれて - 2013年10月04日 18:28

家族になろうよ公式サイト http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp監督・脚本・編集: 是枝裕和  「誰も知らない」 「歩いても 歩いても」大手建設会社に勤めるエリート

_ 健康への長い道 - 2013年10月04日 19:51

 カンヌ映画祭審査員受賞で話題、新宿ピカデリーで先行公開中の『そして父になる』を観てきました。福山さん目当てか、女性客の比率が高いように思います。 Story 学歴、仕事、家庭といった自分の望むものを自分の手で掴み取ってきたエリート会社員・野々宮良多(福山雅…

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2013年10月05日 01:50

2013年・日本/フジテレビ=アミューズ配給:ギャガ 監督:是枝裕和脚本:是枝裕和参考文献:奥野修司著「ねじれた絆~赤ちゃん取り違え事件の17年」撮影:瀧本幹也製作:亀山千広、畠中達郎、依田巽 息子が

_ 京の昼寝〜♪ - 2013年10月05日 08:53



□作品オフィシャルサイト 「そして父になる」 □監督・脚本 是枝裕和□キャスト 福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、       黄升?、風吹ジュン、國村 隼、樹木希林、夏八木 勲■鑑賞日 9月28日(土)■劇場 TOHOシネマズ...

_ にきログ - 2013年10月06日 03:07

こちらカンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した作品ですね
是枝監督監督作品は「誰も知らない」以来の鑑賞ですね
いやぁ面白かったです
この監督はやっぱりTVドラマよりも映画畑の人間ですね


あらすじ
申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたこ...

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年10月06日 17:44

6年間育てていた子供が実は他人の子供だった。 その事実に直面した2組の家族・・・

_ FREE TIME - 2013年10月06日 18:44

話題の映画「そして父になる」を鑑賞しました。

_ No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer. - 2013年10月06日 20:46


【55うち今年の試写会6】 うちの娘2人が中高生の頃、我が家のあちらこちらには娘たちが可愛い盛りの頃の写真を飾りまくっておいて、反抗期の娘の言動によって衝動的に生じる娘への「殺意」は、その写真を見ることによって解消していた…、わかる人わかるでしょ。

 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育て...

_ No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer. - 2013年10月06日 20:50


【55うち今年の試写会6】 うちの娘2人が中高生の頃、我が家のあちらこちらには娘たちが可愛い盛りの頃の写真を飾りまくっておいて、反抗期の娘の言動によって衝動的に生じる娘への「殺意」は、その写真を見ることによって解消していた…、わかる人わかるでしょ。

 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育て...

_ 悠雅的生活 - 2013年10月06日 21:28

6年めの事実。強くなるためのミッション。負けたことのない男。

_ とりあえず、コメントです - 2013年10月06日 23:48

世界の映画祭で話題になった是枝裕和監督&福山雅治主演のヒューマンドラマです。 是枝監督作品はいつも見応えがあるので、今作も楽しみにしていました。 何気ない日常を綴りながら、子を想う親の愛をじっくりと映し出している作品でした。

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2013年10月07日 22:35

映画『そして父になる』は、予告編の段階でもう涙が出てきた作品。「大泣きするんだろ

_ Mangosteen CINEMAlog/追いかけてサムソン - 2013年10月09日 23:08

 

 
『そして父になる』  (2013)


申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。

順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。

血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩する・・。




製作国 日本  (120分)

監督: 是枝裕和
製作: 亀山千広 etc
脚本: 是枝裕和
出演:...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2013年10月10日 21:04

 『そして父になる』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)あちこちで流される予告編で本編を見た気になってしまい、わざわざ行くまでもないのではと思い始めたものの、これほど評判の作品ならばやはり見ておかなければと考え直し、映画館に行ってきました。

 映画の始...

_ ケントのたそがれ劇場 - 2013年10月13日 11:14

★★★★ 製作:2013年 日本 上映時間:120分 監督:是枝裕和  子供が6歳になったとき、出産時に他人の赤ちゃんと取り違えたという事実が判明。その子供を持つ2組の家族の葛藤と、愛と絆、血の繋がりと家族といったテーマを感動的に描いたヒューマンドラマてあ

_ 単館系 - 2013年11月21日 22:56

そして父になる 新宿ピカデリー 9/28公開

申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。
順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で
他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。
血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩し……。

映画館で幾度か予告を見て気になった作品。 ...

_ ここなつ映画レビュー - 2014年01月20日 16:12

2013年は例年になく邦画を鑑賞した年だった。そのほとんどが息子への「お付き合い」だったとはいえ、中にはもちろん「参りました」というような作品もある。この「そして父になる」は、第66回カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞した作品だというだけでなく、是枝監督の作品はいつも、心して観なければならない、精神的にハードな作品が多く、取り上げている題材とあいまって、覚悟のいる鑑賞となる事は始めから判っていた。案の定、とてもヘビーな作品だった。いや、実はそうとは言い切れない。観客が感情移入をし過ぎないようむしろ淡々と展開しているかも。扱っている題材からみると、このヘビーなテーマを心に染み込ませるべく、逆にラ…

_ こみち - 2015年02月11日 00:41

JUGEMテーマ:邦画 



 

 子供の取り違えを扱った、ちょっと重いテーマの映画

 

育てた子供を今まで通りに育てるのか。

 

それとも本当に違繋がっている子供を

 

交換して育てるのか。

 

非常に深刻な問題です。

 

 

 

 子供から見れば、今までの環境から別の環境に

 

一変するので、不安増大。

 

物心つく前なら良いけど

 

物心ついた後に今まで親と信じてきた人が

 

他人だなんて残酷な仕打ちです。

 

 

 

2013年 ギャガ

 

 

キャスト

 野々宮良多・・・・福山雅治

 野々宮みどり・・・尾野真千子

 斎木ゆかり・・・・真木よう子

 斎木雄大・・・・・リリー・フランキー

 野々宮慶多・・・・二宮慶多

 斎木琉晴・・・・・黄升?

 宮崎祥子・・・・・中村ゆり

 野々宮大輔・・・・高橋和也

 鈴本悟・・・・・・田中哲司

 山辺真一・・・・・井浦新

 

 

映画「そして父になる」公式サイト



 



 

【言及リンク】