Google
WWW を検索 ブログ内検索

そして父になる : 父親とは不器用なもんですよね2013年10月01日 13:43

 今日は、久々の30度超え。全くもって、おデブさんには辛い世の中になってきたもんです。そんな中、消費増税が発表されますが、その後の経済の流れ、格差問題、どのようになっていくのでしょうか。本日紹介する作品の主人公のように、不器用な対応だけはしないでもらいたいものです。
【題名】
そして父になる

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 学歴、仕事、家庭といった自分の望むものを自分の手で掴み取ってきたエリート会社員・良多(福山雅治)。自分は成功者だと思っていた彼のもとに、病院から連絡が入る。それは、良多とみどり(尾野真千子)との間の子が取り違えられていたというものだった。6年間愛情を注いできた息子が他人の子だったと知り、愕然とする良多とみどり。取り違えられた先の雄大(リリー・フランキー)とゆかり(真木よう子)ら一家と会うようになる。血のつながりか、愛情をかけ一緒に過ごしてきた時間か。良多らの心は揺らぐ……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「そして父になる」は、愛情をかけて育てた息子が出生時に病院で取り違えられた別の子どもだったことを知らされた父親が抱く苦悩や葛藤を描いたヒューマンドラマです。学歴、仕事、家庭といった自分の望むものを自分の手で掴み取ってきたエリート会社員野々宮良多役には、「真夏の方程式」の福山雅治。良多の妻であるみどり役には、「謝罪の王様」の尾野真千子。電気屋を営む斎木雄大役には、「アフロ田中」のリリー・フランキー。雄大の妻であるゆかり役には、「外事警察 その男に騙されるな」の真木よう子。監督は、「空気人形」の是枝裕和。

 おもいっきり泣いてやろう、そう思って映画館に入りました。一人、端っこの席に座り、ハンドタオルも持って準備万端。でも、そんな準備は全く不要でした。あくまでも、良い意味でね。

 子どもが取り違えられた二つの家族は、様々な意味で対照的。その違いは、二人の父親からきている。良多は建築会社に勤める超エリート、雄大は潰れかけの電気屋を営む甲斐性なし。良多は裕福で誰もが羨むような生活だが家庭を余り顧みない父、雄大は決して裕福な暮らしではないが子どもとの時間を大切にする父。でも、二人に共通するものは、子どもに対する愛情。確かに、良多は愛情表現が下手で、とっても不器用。逆に、雄大は子どもの目線まで下りてきて一緒に遊ぶ。そして、子どもたちにも共通するのが、両親のことを愛していること。これが、映像から見事に伝わってきました。

 これを可能にしたのが、是枝裕和監督の演出力でしょう。「空気人形」の時もそうでしたが、人物描写が抜群に上手いですよねぇ。そして、その人物を上手くロケーションと重ね合わせてるんですよ。だからこそ、二つの家庭をより対照的に感じる事ができ、その愛情の強さが観る者に伝わってくるのでしょう。

 でも、監督の演出力が活かされているのも、演者の演技力の賜物です。特に、福山雅治は良かったですね。父親として何が一番大切なのか、それを苦悩しながら理解していく姿をよく演じていました。福山雅治の場合、決して幅広い演技が出来るタイプではありませんが、自分のポジションに限っては一流の仕事をししてくれますね。リリー・フランキーも良かった。ちょっといやらしい面と、子煩悩な面を併せ持つ父親を上手く演じていたなぁ。そして、子役たちが良かった。変に演技をしていないんですよ。それがかえって、子どもという存在を際立たせていました。F田Fくんのようないかにも仕込まれた演技は、もうたくさんですよ。

 このように「そして父になる」は、是枝裕和監督らしい報画の秀作です。但し、本作を映画館で観る価値があるかと聞かれれば、レンタルで十分と答えざるを得ないかな。では、本日はこの辺で ヽ(´ω`●)バィバィ(★´ω`)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

バーニング・ブライト : モノホンの迫力をどうぞ2013年10月03日 19:27

バーニング・ブライト
 本当に、T電には困ったものです。しかも、漏れる度に「わざとじゃないか」と勘繰るほどのヘタレな理由。しかも、謝罪の時の頭の下げ方は、お話になっていなかったですね。早いとこ、「謝罪の王様」を観るべきですよ、全く。こんな方たちには、本日紹介する作品のシチュエーションに陥れるのがGoodなのではないでしょうか。
【題名】
バーニング・ブライト

【製作年】
2010年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 ケリー(ブリアナ・エヴィガン)は、母を亡くしてからずっと、1人で自閉症の弟トム(チャーリー・ターハン)の面倒を見ながら暮らしてきた。大学進学が決まり、弟を施設に預けることにしたケリーだったが、母が銀行に残していた預金は、一儲けを企む義父のジョニー(ギャレット・ディラハント)がすべて使い込んでいた。その金で手に入れたのは、1頭のシベリアン・タイガー。だが、ジョニーはトラの入った檻を家の中に放置したまま外出してしまう。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「バーニング・ブライト」は、密閉された家の中に虎と一緒に閉じ込められた姉弟の恐怖を描いたシチュエーションホラーです。自閉症の弟の面倒を見ながら大学進学を目指すケリー・テイラー役にはブリアナ・エヴィガン、ケリーの自閉症の弟のケリー役には「水曜日のエミリア」のチャーリー・ターハーン、姉弟の義父親であるジョニー役には「ウィンターズ・ボーン」のギャレット・ディラハント。監督は、カルロス・ブルックス。

 とにかく、凄いシチュエーションの映画です。台風接近のため密閉された家の中に虎がいる、半端ない恐怖ですよ。しかも、その虎ちゃん、お腹ペコペコリンときたもんだ。最高についていない姉弟ですよ。無論、アメリカ映画なのでハッピーエンドとなるわけですが、どうやってこの絶望的状況を脱するのかは観てのお楽しみということで…。

 とにかく、本作の一番の見所は虎ちゃんの迫力。部屋に隠れていても、扉ぶっ壊して侵入しますからね。「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 」において少年とボートで漂流する虎はCGであったのですが、こちらの虎はモノホンです(公式ページ参照)。道理で、凄みがあるわけだ。こんな撮影をして、姉弟役の二人がよくCGにならなかったですよ。俳優という職業は、本当に大変ですよねぇ。

 また、あらすじが超シンプルなのもGood。要は、密閉された家の中に虎と閉じ込められるだけですから。このように無駄なものを極力排除することで、虎に対する恐怖が増幅されるのでしょうね。上手いことやりますなぁ。

 このように「バーニング・ブライト」は、シチュエーションホラーの秀作です。CGではない本物の凄み、皆さんも味わってみてください。では、本日はこの辺で (´゚C_,゚`。)ノシьчё-ьчё...  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ウォーム・ボディーズ : ゾンビの”体温上昇中”2013年10月04日 17:13

ウォーム・ボディーズ
 サッカー日本代表の香川選手、マンU内での立場が厳しくなってきたようです。やはり、本場は半端なく厳しいですね。こうなったら、古巣のドルムントに戻って、マンUにサムライの意地をみせてもらいたいものです。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ウォーム・ボディーズ

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 近未来。秩序は崩壊し、ゾンビは人間を喰らい、人間は捕食者であるゾンビを敵対視していた。ゾンビのR(ニコラス・ホルト)が仲間たちといつものように人間を食べに出かけたところ、食べ物であるはずの人間の女の子・ジュリー(テリーサ・パーマー)に恋をしてしまう。Rはジュリーを守りながら自分の居住区へ連れて行く。ジュリーは食べられまいと必死に抵抗していたが、Rが不器用ながらも自分に寄せる好意や彼の純粋さに触れ、次第に警戒心を解き心を開いていく。Rもまたジュリーと交流するうちに、生ける屍である自分の中であたたかな気持ちが広がっていくのを感じる。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ウォーム・ボディーズ」は、ゾンビと人間の恋愛を描いた異色のラブコメディーです。人間の女性に恋をしたゾンビのR役には、「ジャックと天空の巨人」のニコラス・ホルト。ゾンビに恋されたジュリー役には、「アイ・アム・ナンバー4」のテリーサ・パーマー。Rの親友のゾンビであるM役には、「エンド・オブ・ザ・ワールド」のロブ・コードリー。ジュリーの父で生き残った人間のリーダーであるグリジオ大佐役には、「RED」のジョン・マルコビッチ。監督・脚本は、「50/50 フィフティ・フィフティ」のジョナサン・レヴィン。

 ゾンビ映画といえば、ホラー、アクションといったところでしょうか。たまに、コメディーも見かけますが、本作は何と恋愛物。しかも、この映画はゾンビ目線で物語が進行して行きます。こんなゾンビ映画、個人的に初体験ですよ。

 とはいえ、単に奇をてらった作品ではなく、きっちりと考え抜かれて作られた作品との印象を持ちました。ゾンビから身を守るため壁を作った人間たち、人間を食べ物として”考える”ゾンビたち、そして最終型ゾンビの“ガイコツ集団”。この作品のテーマの底辺にあるものは、以外に”重い”ものを感じました。

 映像も、期待以上の作りになっていました。荒廃した近未来の地球、その辺のB級ゾンビ映画を凌駕しています。あらすじもよく練られたものになっており、ゾンビが死人の最終形態ではなく病気の一種として感じられるものになっていました。だからこそ、本作のようなあらすじが成り立つのでしょう。ゾンビになるのは”ウィルス”というお決まりを、逆手に取った素晴らしいアイデアですよね。

 このように「ウォーム・ボディーズ」は、今まで観たこととのないゾンビ映画となっております。ぶれない芯が一本通ったあらすじも加味すると、映画館で観てもちょっと得した気分になれる作品ですよ。では、本日はこの辺で ヽ(●・ω・)ノ-○-お団子ふりバイバイ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

R100 : 松ちゃんの良いところと悪いところが観れる作品2013年10月05日 19:47

R100
 今日の広島は、朝からずっと雨です。愛犬のLOVEは、雨が嫌いなのでウ○コをしてくれません。まあ、その辺は彼女のポリシーなので仕方ないといったところでしょうか。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
R100

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 都内有名家具店に勤務する片山貴文(大森南朋)には、決して他人に言えない秘密があった。それは、ちょっとした気の迷いから入会してしまった謎の秘密クラブ“ボンデージ”から派遣される女王様の責めを受けなければならないということだった。契約は1年間で、途中退会はできない。以降、様々なタイプの個性的な美女たちが片山の日常生活の中に突然現れ、彼をこれまで味わったことのない世界へと誘う。しかしその内容は次第にエスカレート。女性たちは彼の職場や家庭にも現れるようになる。耐えられなくなった片山は、プレイの中止を求めるが、まったく受け入れられない。さらなる予測不可能な事態が次々と巻き起こる中、果たして彼の運命は……!?
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「R100」は、入会すると1年間絶対に退会する事ができない謎のクラブに入会してしまった男に降りかかる不思議な出来事の数々が描かれたシュールなコメディー映画です都内有名家具店に勤務する片山貴文役には、「ポテチ」の大森南朋。謎の男である岸谷役には、「外事警察 その男に騙されるな」の渡部篤郎。片山の義理の父役には、「男はつらいよ」シリーズの前田吟。謎のクラブの支配人役には、「悪人」の松尾スズキ。女王様には、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、佐藤江梨子、渡辺直美。監督・脚本は、「大日本人」の松本人志。

 地元放送局のインタビューで松ちゃんが、性癖を描いた映画ではないと答えていました。でも、私には性癖を描いたように感じたなぁ。テレビCMでも流れている映像で、大森南朋の顔がダンカンみたいになるやつ。あれは、個人的にエクスタシーだと思うのですが…。

 そんなことはさて置き、作品自体はそれなりに観れるものに仕上がっていました。何といっても、掴みはサイコーでした。6人の中では一番のはまり役ともいえる冨永愛の女王様姿、しびれましたよ。かっこよくてエロくて、文句のつけようのない女王様。ちょいMの私も、エクスタシーでしたね。

 でも、時間を重ねるほどに女王様が劣化していきます。佐藤江梨子は冨永愛ほどではないにしろ結構セクシーだし、寺島しのぶもオッパイ大きくてよかったですよ。でも、大地真央はボンテージが今一だし、渡辺直美はすべりまくりのコメディーのようだし、以外にスタイルの良い片桐はいりにいたっては完全なる怪物。でも、本作がちょっといけなかったのは、作品としてのクオリティーも劣化していくんですよねぇ。特に、外人レスラーみたいな謎のクラブのCEOが登場してからは、様々な意味で雑な印象を受けたなぁ。

 それは、脚本のできの悪さが原因だと思います。渡部篤郎なんて完全に投げっぱなし。そして、最後の強引なオチ。その他にも、ツッコミどころ満載でしたよ。まあ、ほとんどのツッコミどころは、映画会社のスタッフ的な人たちの会話の中で拾われて入るんですけどね。でも、松ちゃんファンとしては、番組でみせるベシャリのように計算し尽くされたものを期待してたんですけどねぇ。

 このように「R100」は、松ちゃんらしさは感じられるものの、全体的な作りに雑な印象を感じてしまう作品となっております。それと、観る者をかなり選ぶ作品でもあります。実際、観賞した映画館では、私を含め7名しかお客さんはいませんでした。では、本日はこの辺で 【0ω0】ノバィバィです 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎 : 最短でマドンナにふられる、しかもニート出現2013年10月08日 20:34

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎
 東電の毎度の人為的ミス、みずほ銀行のヤクザさんとの繋がり、この映画を観る度に真面目にやっているタコ社長が可哀相になってきます。まあ、今日はそんな映画の紹介です。
【題名】
男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

【製作年】
1982年

【製作国】
日本

【ロケ地】
東京都葛飾区柴又、大分県(杵築、湯平温泉、鉄輪温泉、由布院、志高湖、臼杵)、千葉県(谷津遊園)

【マドンナ】
小川蛍子(デパガ):田中裕子

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 大分は湯平温泉でバイをする寅は、馴染みの湯平荘に宿をとった。夜、寅と宿の親父、勝三が酒を飲んでいると、そこへ、ひとりの青年が現れた。三郎というその青年は、かつて、この宿で女中をしていた女性の息子で、その母がひと月ほど前に病死し、遺骨を埋めにこの地にやって来たという。勝三は美しい三郎の母親を覚えており、彼の親孝行に感心した寅は、さっそく昔の知り合いを集め、供養をしてやる。同じ宿に泊り合わせていた、東京のデパートに勤めている旅行中の螢子とゆかりという二人の娘も、寅はその席に座らせてしまう。翌日、二人の娘と見物をしていた寅は、車で東京に帰ろうとしていた三郎と出会い、その日は四人でドライブをすることになった。そして夜、二人の娘と別れるときになって、三郎は螢子に付き合って欲しいと言う。突然のことで、螢子はとまどうようにフェリーに乗り込んだ。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「男はつらいよ フーテンの寅」は、日本映画界の至宝ともいえる「男はつらいよ」シリーズの第三十作目となる作品です。主役の車寅次郎を演じるのは、このシリーズが代表作となる渥美清。レギュラー陣では、その妹であり博の妻となったさくら役には倍賞千恵子、第一作でさくらと結婚し夫となった諏訪博役には前田吟、博とさくらの子供である満男役には吉岡秀隆、おいちゃんこと車竜造役には下條正巳、竜造の嫁でおばちゃんこと車つね役には三崎千恵子、裏の印刷工場の経営者であるタコ社長こと桂梅太郎役には太宰久雄、柴又題経寺(柴又帝釈天)の住職である御前様役には笠智衆、題経寺の寺男である原公役には佐藤蛾次郎。準レギュラー・ゲスト陣では、本作のマドンナでデパートの店員である小川蛍子役には田中裕子、旅先で蛍子に惚れてしまう三郎役には沢田研二、蛍子の友人であるゆかり役には児島美ゆき、寅次郎が馴染みにしている温泉旅館の主人である勝三役には内田朝雄、寅次郎の顔馴染みである桃枝役には朝丘雪路。監督には、「おとうと」「武士の一分」など、数々の名作を世に送り届けた山田洋次がメガホンをとる。

 本作はシリーズの中で、最も風変わりな作品となっています。一応、本作のマドンナは小川蛍子を演じる田中裕子となっていますが、実質的なマドンナは桃枝を演じた朝丘雪路。しかも、開始15分も経たないうちにふられてしまうのです。これは、シリーズ中ぶっちぎりの第一位。ギレン・ザビ閣下の「圧倒的じゃないか、我が軍は。」という迷台詞が脳裏をよぎるほどのぶっちぎり。これには、とらや一家ならずとも情けなくなる始末ですよ。

 そして、寅さんが朝丘雪路にふられてからが、本作のメインとなります。ちなみに本作は、シリーズ御馴染みの寅さんキューピットが大活躍する作品。田中裕子演じるマドンナの小川蛍子に惚れるのは、当時イケメンベストナインの一人である沢田研二。今となっては考えられない理由ですが、二枚目過ぎて恋人が出来ない青年という設定なのです。それを究極の三枚目である寅さんが、サポートするわけですから笑えないはずないよねぇ。

 また、何気に興味を引いたのが蛍子の弟。これが、今でいうニートなんですよ。どちらかというと、思いっきり時代遅れな「男はつらいよ」ですが、この部分は時代の最先端というか、予言的中といったレベル。しかも、やくみつる的な風貌の俳優が演じているので、妙にはまっているわけです。山田洋次監督の時代観察力や人物観察力の高さでしょうねぇ。

 このように「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」は、シリーズ中でも異色の作品となっております。序盤での見事なふられっぷりは、水戸黄門一行が印籠を振りかざしながら街道を歩いているようなもんです。では、本日はこの辺で ヽ(☆・Д・)ノ○ー○メガネふりバイバイ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品