Google
WWW を検索 ブログ内検索

謝罪の王様 : 土下座、ワチャワチャ。2013年09月28日 17:36

謝罪の王様
 東電のK前会長やS前社長、こやつらは天下り先でヨロシクやっているわけですよ。こいつらにこそ、本日紹介する作品の主人公である黒島譲が側にいれば、今ほど恨まれることもなかったでしょうに。ということで、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
謝罪の王様

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 東京謝罪センター所長、“謝罪師”を生業とする黒島譲(阿部サダヲ)は、ケンカのような小さなトラブルから国家存亡の危機まで、ひと癖もふた癖もある依頼人から舞い込む様々な事件に遭遇。降りかかる難問を次から次へと謝罪のテクニックを駆使して解決していくのだった……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「謝罪の王様」は、脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生のトリオが「舞妓Haaaan!!!」(2007)、「なくもんか」(09)に続いて生み出したオリジナルコメディです。“謝罪師”を生業とする黒島譲役には、「ぱいかじ南海作戦」の阿部サダヲ。司法書士を目指す帰国子女で黒島の助手でもある倉持典子役には、「綱引いちゃった!」の井上真央。下着メーカーの中堅社員で共同プロジェクトの担当者からセクハラで訴えられた沼田卓也役には、「宇宙兄弟」の岡田将生。沼田卓也をセクハラで訴えた宇部美咲役には、「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」の尾野真千子。宇部美咲の弁護士で典子の大学時代の講師でもある箕輪正臣役には、「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」の竹野内豊。

 私も新卒で入った会社では、よく謝罪にいきましたよ。いわゆる宅配業界で、クレーマーからの突っ込みのきつさは半端なかったなぁ。その頃、上司に教わった謝罪のテクニックの一つに、低い声でゆっくりとしゃべること。これを教わってから、随分と問題解決の効率が上がりました。でも、その上司から土下座だけはするなといわれました。会社員以前に人として譲ってはならない一線だといわれたのです。でも、この映画はそんなことを軽く超越しています。だって、土下座の向こう側に”何か”があるわけですから…。

 宮藤官九郎、阿部サダヲ、水田伸生といえば、黄金のトライアングルともいえるスーパートリオ。劇場の予告編も良い感じで、期待して観に行ったわけです。でも、その期待値を上回ることはなかったなぁ。う~ん、何というか詰めの甘さを感じたわけです。では、私が詰めの甘さを感じたのは、どの辺なのでしょうか。

 それは、映画において一番肝心なオチです。本作のキャッチコピーでもある「土下座の向こう側」、これが弱過ぎた。正直、私には「土下座の向こう側」が全く伝わってきませんでした。阿部サダヲを始めとする俳優陣の演技、水田伸生監督の痒いところまで手が届くような気の利いた演出、これらには全く問題がありません。というよりも、キレッキレですよ。これはひとえに、宮藤官九郎の脚本に原因があるというほかありません。「あまちゃん」で、少し息切れしてたのですかね。まあ、天才にも休養が必要なのではないでしょうか。

 でも、オチ以外は完璧ともいえる作品でした。その中で、個人的MVPは倉持典子を演じた井上真央。ちょっと小生意気でエロくて、でも憎めない絶妙な演技でした。レオタード姿の彼女の谷間、意外な美しさに驚きましたよ。次点は、沼田卓也を演じた岡田将生。男性目線からすると、全くもって理解できるが、彼のように行動する勇気は誰も持ち合わせておりません。そんな、開けっ広げな性格のキャラをイヤミなく演じていました。ある意味、二人とも役者として新境地を開いたのではないでしょうか。

 このように「謝罪の王様」は、オチ以外は完璧ともいえる作品となっております。特に、井上真央の演技は阿部サダヲを喰うほどのインパクトがあります。これだけでも、本作を観賞する価値はあるのではないかな。では、本日はこの辺で ヽ(●`・∀・´)八゛レl八゛レl(`・ω・´★)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品