Google
WWW を検索 ブログ内検索

ナイト&デイ : リトル・イーサン登場2013年09月27日 16:18

ナイト&デイ
 広島カープの前田智徳選手が、今季限りでの引退を表明しました。好きな選手だっただけに残念です。彼に引導を渡したヤクルトの江村、広島出身だけに複雑な想いがあるでしょう。でも、このことを悔いずに、今後も厳しい内角攻めを続けてプロ野球の世界で成功してもらいたいものです。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ナイト&デイ

【製作年】
2010年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 理想の男性との出会いを夢見る平凡な女性ジューン(キャメロン・ディアス)は、妹エイプリル(マギー・グレイス)の結婚式に出席するために乗ったボストンへと向かう飛行機で、ロイ・ミラー(トム・クルーズ)と名乗る謎の男性と出会う。だが、その男は1週間前までCIAエージェントだったことが判明。ロイと出会って以来、ことあるごとに危険な目に遭うジューンだったが、いくつもの危機を助けられ、次第に彼に惹かれていく。しかし、ミステリアスなロイの背後に巨大な陰謀の影が忍び寄り、ロイと行動を共にすることだけが、ジューンにとって生き延びる唯一の方法となっていく……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ナイト&デイ」は、トム・クルーズとキャメロン・ディアスの共演によるロマンティック・アクションです。1週間前までCIAエージェントだったロイ・ミラー役には、「オブリビオン」のトム・クルーズ。理想の男性との出会いを夢見る平凡な女性ジューン・ヘブンス役には、「運命のボタン」のキャメロン・ディアス。CIAエージェントのフィッツジェラルド役には、「エスター」のピーター・サースガード。永久機関の電池を発明した天才のサイモン役には、「LOOPER ルーパー」のポール・ダノ。監督は、「ウルヴァリン:SAMURAI」のジェームズ・マンゴールド。

 普通に面白い、それが本作を観た率直な感想。派手なアクション有り、美女との恋愛有り、何も考えないで観れる映画ですよ。そういった意味では、正にアメリカ人向けの映画でしょう。だって、中身なんてペラッペラですから。

 いわゆる主人公のロイ・ミラーは、リトル・イーサン・ハントといった存在。但し、女性を口説くテクだけは、ロイ・ミラーが上かな。そして、ロイ・ミラーに口説かれるジューン・ヘブンス、魅力的でした。こんなキュートな女性、キャメロン・ディアスのはまり役ですよね。

 あらすじも、テンポが抜群で観る者を飽きさせません。ロイ・ミラーも強過ぎて、安心して観ることができます。全てが予定調和で進行するので、あとはオチの付け方の問題。そこも無難にこなしてましたよ。ソツがないですねぇ。

 このように「ナイト&デイ」は、観ている間は間違いなく心地よい気分にさせてくれる映画です。本作を観て今日が五日目、中身Nothignなので細かいことは既に記憶にないですけど。では、本日はこの辺で ヽ(●`・∀・´)八゛レl八゛レl(`・ω・´★)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品