Google
WWW を検索 ブログ内検索

エリジウム : 等身大ヒーローの熱い決断2013年09月20日 20:24

エリジウム
 新型IPhoneのスタート、過去のものと比べると今一のようですね。ドコモのガラケーを利用中の私としては、騒動が冷めてから購入を考えていましたが、スコスは早く手に入れることができるかもしれないですね。ちなみに、本日紹介する作品は最新治療が手に入らない地球の住人が大暴れするこちらになります。
【題名】
エリジウム

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 2154年。限られた富裕層の者たちは汚れを排除したスペースコロニー“エリジウム”に、その他の者たちは地球に住んでいた。人口過密となった地球は荒廃しきり、犯罪と貧困がはびこっていた。マックス(マット・デイモン)も犯罪に手を染めては留置所送りになっていたが、この繰り返しを断ち切るべくアーマダイン社の工場で働き始め、組立ラインに従事する。更生したかに見えたある日、事故が彼を変える。なんとしてでもエリジウムに行かなければならない理由のできたマックスは潜入を試みるが、彼の前に、不法入国者からエリジウムを守るデラコート高官(ジョディ・フォスター)が立ちはだかる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「エリジウム」は、富裕層と貧困層に二分された世界を舞台に描くSFサスペンスアクションです。かっては犯罪に手を染めていたが更生しアーマダイン社の工場で働いているマックス・ダ・コスタ役には、「幸せへのキセキ 」のマット・デイモン。エリジウムの防衛責任者であるデラコート高官役には、「それでも、愛してる」のジョディ・フォスター。幼い頃、マックスと同じ孤児院で育ち現在は白血病の娘と生活しているフレイ役には、「ザ・ライト エクソシストの真実」のアリシー・ブラガ。デラコートと結託しマックス達を執拗に追うクルーガー役には、「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」のシャルト・コプリー。監督・脚本は、「第9地区」のニール・ブロンカンプ。

 本作もテーマの根底にあるのは、”格差社会”。でも、今一つ表現できていなかったような気がしますね。そもそも、宇宙に浮ぶスペースコロニーであるエリジウムにお金持ちが住み、地球に貧乏人が住む。様々な意味でスペーススコロニーの方が危険度は高いわけで、そんなに宇宙空間に住みたいならダチョウ倶楽部のごとく率先して譲っちゃいますよ。しかも、両者の一番の違いが、医療の格差であるということ。たくさん生産すれば済むような物を独占的に使用するなんて、そんな罰当たりが住むエリジウムなんか隕石が衝突して宇宙の藻屑にでもなりますよね。

 そんな肝心なところがモヤモヤした作品ながら、見所もたくさんある作品でした。先ずは、ゲーハーにしたマット・デイモン。彼の凄みと共に、本作にかける意気込みのようなものを感じました。流石は、一流の俳優です。そして、荒涼とした世界感、上手く表現されていました。「第9地区」で、その真髄を見せたニール・ブロンカンプ監督だけのことはあります。そして、何よりも良かったのは、本作のあらすじなのです。

 マット・デイモン演じるマックス・ダ・コスタは、いわゆる元けちな犯罪者。そんな彼が演じるのは、等身大のヒーロー。ヘンテコバトルスーツ的な物を装着しても、スーパーマンのようになるわけではありません。そんな等身大のヒーローが下す最終決断、熱くなるに決まってんじゃないですか。

 このように「エリジウム」は、若干モヤモヤ感がありますが、きっちりと魅せてくれる作品に仕上がっております。ジョディ・フォスター演じるデラコートが、あっけなさ過ぎるのも観ている間は気にならないですよ。では、本日はこの辺で (○ФcФ)ノ【l£〃レll£〃レl】  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品