Google
WWW を検索 ブログ内検索

ウルヴァリン:SAMURAI : あれ?福山駅だ!!2013年09月14日 18:56

ウルヴァリン:SAMURAI 
 昨日は、「許されざる者」と本日紹介する本作の2本を観ました。正直言って、「許されざる者」が凄すぎたので、本作は今一つに感じました。それでも、それなりに面白かったですけどね。
【題名】
ウルヴァリン:SAMURAI

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【ロケ地】
秋葉原、福山駅、福山市鞆の浦、愛媛県大三島等
【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 鋭利なカギ爪と人並み外れた治癒能力を併せ持つミュータントのウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、カナダでひっそりと暮らしていたところ、大物実業家・矢志田から連絡が入る。かつて命を救った旧友の頼みということで日本へ向かうが、再会も束の間、矢志田は病状が悪化し亡くなる。矢志田の孫娘・マリコ(TAO)がある組織から追われているところを助けたローガンは、彼女と逃げるうちにマリコに惹かれていく。しかし何者かの策略にはまり治癒能力が発揮できなくなってしまい、大きな痛手を負ったローガンは死を意識する。追い打ちをかけるように、さらなる試練が彼を待ち受けていた……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ウルヴァリン:SAMURAI」は、ウルヴァリンを主人公とした「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の続編となる作品です。鋭利なカギ爪と人並み外れた治癒能力を併せ持つミュータントのウルヴァリンことローガン役には、「レ・ミゼラブル」のヒュー・ジャックマン。大物実業家・矢志田の息子であるシンゲン役には、「最終目的地」の真田広之。矢志田の孫娘・マリコ役には、日本のトップモデルの一人であるTAO。ウルヴァリンを日本へと導くユキオ役には、同じく日本のトップモデルの一人である福島リラ。監督は、「ナイト&デイ」のジェームズ・マンゴールド。

 アメリカ映画が描く日本、こいつら舐めてんのかと思える作品が多々ありますよね。妙に礼儀正しくて、清潔好きで、武道好きで、ヤクザの戦闘能力が半端なかったり。大金投じて映画作るんだから、少しは本当の日本を調べろって思いますよ。その辺をきっちりやっている方もいらっしゃいますからね。クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」なんて感動したもんなぁ。日本人の本音の部分を理解して撮られてましたよ。ちなみに、本作はきっちりとやってない方になります。でも、観ている途中でびっくらこいたんですよ。だって、ウルヴァリンとマリコがヤクザから逃れるために降り立った駅は、何と福山駅だったわけです。そうこうしていると、舞台は鞆の浦。本作のような大作のロケ地の一つに広島県が入っているとは、同じ広島県民として嬉しかったですね。サラリーマン時代に、週一で福山に通ってましたから。無論、鞆の浦も仕事や観光で何度か行っています。そのため、ちょっと思い入れのある作品になりましたね。

 但し、肝心の中身はツッコミどころ満載。特にあらすじがいいかげんでした。先ずは、マリコを守るイケメン忍者。あんなにころころ態度を代えるなんて、日本人の思考からすれば考えられない。また、長崎原爆投下時に命を助けてくれたウルヴァリンを裏切る外道ジジイ。何なんでしょう。これだったら、会社の経営をマリコに委ねる意味ないじゃん。ここって、肝心なところだと思うんですけど。こんなことをやっていると、シリーズ全般の信頼に関ってくると思いますよ。

 その代わり、映像の迫力は流石の一言。特に、新幹線上での闘いのシーン。予告編映像でも流れていたので観ている方も多いと思います。あのシーン、映画を観る前はミュータントと闘っているシーンだと思っていましたが、相手は何とヤクザです。まあ、普通ならウルヴァリンの圧勝ですが、この時は治癒能力を失っていた状態。ヤクザの大健闘もあって、楽しめるシーンとなっていました。

 演者の中で光っていたのが、ユキオを演じた福島リラ。何ともいえない絶妙な顔で、存在感抜群でした。今後、日本映画界だけでなくハリウッドでの活躍が期待できると思いますよ。

 ここで、少し本題と離れたいと思います。本作のロケ地となった福山市鞆の浦。昔、朝鮮通信使の従事官が「日東第一形勝」と賞賛した地であります。そのため、日本国内だけでなく海外でもそれなりの知名度があります。このような地に橋を架ける架けないで、以前から福山で揉めているのをご存知ですか。橋を架けることは、その美しい景観を著しく損ねることになります。世界遺産級ともいわれている観光資源をドブに捨てることになるのです。現福山市長の羽田氏は、架橋推進派。その彼は、本作主演のヒュー・ジャックマンを、福山の観光大使に任命しました。ということは、架橋を諦めたと考えて宜しいのでしょうか、羽田市長。でなければ、ヒュー・ジャックマンの好意を無にすることになりますからね。日本人なら、そんな人を裏切る行為は出来ないですよ。

 このように「ウルヴァリン:SAMURAI」は、広島県人なら観ておいて損はしない作品となっております。但し、鞆の浦でのロケがあったことを考慮しなければ、シリーズ最低の作品であったと思います。では、本日はこの辺で ⊂(○´(工)`)⊃【八゛レl八゛レl】⊂(´(工)`○)⊃ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

_ ぷっちん ― 2013年09月15日 10:29

現在、10時半ですが、
まだ、行こうかどうしようか迷っています。
突っ込みどころ満載ですか?
そこを楽しむといった手もありますよね。

_ ウマキング ― 2013年09月15日 12:51

ぷっちんさん、こんにちは。

>そこを楽しむといった手もありますよね。
そういった気持ちで観るなら悪くないかもですね。
まあ、広島県がロケ地の一つになった映画ですから、
個人的には満足できましたけどね。
まあ、ハリウッドが描く日本を楽しんでもよいかも。

ではでは。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/09/14/6981953/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年09月14日 19:43

武士道とは死なないことと見つけたり
公式サイト。原題:The Wolverine(クズリ)。ジェームズ・マンゴールド監督、ヒュー・ジャックマン、TAO、福島リラ、真田広之、ハル・ヤマノウチ、ス ...

_ こねたみっくす - 2013年09月14日 23:35

ウルヴァリン、SAMURAI、トンデモジャパン。
今更、いや今時こんなトンデモ日本を描くとは…。そう思い始めると失笑せずにはいられないこのスピンオフ企画第2弾。原作コミックにも ...

_ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ - 2013年09月14日 23:38

【THE WOLVERINE】 2013/09/13公開 アメリカ 125分監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ウィル・ユン・リー、ブライアン・ティー スヴェトラーナ・コドチェンコワ、ファムケ・ヤンセン
散ることのな...

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2013年09月14日 23:46



何たってウルヴァリンって、Xメンの中心人物。
その彼が過去の因縁で、とはいえ日本それも増上寺、秋葉原、上野、都内とか未近な場所に出没!
だけでなく、新幹線廊下、新幹線車両の上(笑)、そして長崎などなどで大暴れ!
それだけでもう〜ニコニコなのだ!

最近では...

_ Akira's VOICE - 2013年09月15日 09:37

不死と爪の一蓮托生。
 

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2013年09月15日 11:12

☆本日公開作の、本来の時代からズレた「侍」をフィーチャーした2作品を観てきましたよ。
 いやはや、どちらも面白かった。
 とりあえず、夜の仕事を終えて帰宅してから感想を書きますな^^
   ◇
   『許されざる者』
 
 イーストウッド作の邦画リメイク...

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年09月15日 21:23

アメリカでは「X-MEN」シリーズに登場するミュータントの中でウルヴァリンの人気

_ だらだら無気力ブログ! - 2013年09月16日 00:36

ツッコミどころは多いけど、面白かった。

_ 【徒然なるままに・・・】 - 2013年09月16日 01:14

かつて自ら愛する女性ジーンを手にかけたローガンは、カナダの山中で隠遁生活を送っていた。そんな彼の前に日本の実業家・矢志田の使者と名乗るユキオという女性が現れる。かつてローガンは第二次大戦中の長崎で、原爆の投下された日に一人の日本人青年を助けていた。戦後その青年・矢志田は巨万の富を築きあげたが大病を患い余命幾ばくもない。死に臨んで恩人にお礼がしたというのだった。

矢志田と再会したローガンは彼から意外な提案を受ける。その治癒能力を与えてくれたら、不老不死の身体に苦しむローガンに、普通の死を与えようと言うのだ。動揺するものの、その申し出を断るローガン。その夜、矢志田は息を引き取る。
...

_ Memoirs_of_dai - 2013年09月16日 17:24

エンドロールの胸の高まり


【Story】
カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユ...

_ こねたみっくす - 2013年09月16日 17:51

ウルヴァリン、SAMURAI、トンデモジャパン。
今更、いや今時こんなトンデモ日本を描くとは…。そう思い始めると失笑せずにはいられないこのスピンオフ企画第2弾。原作コミックにも ...

_ たいむのひとりごと - 2013年09月16日 18:43

「X-MEN」シリーズのスピンオフ作品であり、2009年の『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の続編ということで楽しみにしていた作品。ただ、日本が舞台となるハリウッド映画には毎度のことながら不安を覚

_ 映画感想メモ - 2013年09月16日 21:14

お背中、流しますね。 ウルヴァリン最新作。 いい加減あらすじ 山の中で孤独に暮ら

_ 象のロケット - 2013年09月17日 03:50

ウルヴァリンは、かつて命を救った旧友との再会を果たすため、ミステリアスな異国の地・日本を訪れる。 マリコという日本人女性と恋に落ちた彼を待ち受けていたのは過酷な運命だった。 心身共に極限まで疲弊し、初めて“限りある命”を意識するのだが…。 近未来SFアクション。

_ 我想一個人映画美的女人blog - 2013年09月17日 07:22




ランキングクリックしてね ←please click

ぜったい2Dでふつうに観たかったのに、有楽町も渋谷も3Dでしかやってないので
仕方なく、、、、3D鑑賞 

これ、まったく3Dの意味ないからカネカエセ!

大好きなX-Menシリーズのスピンオフ。
前作「...

_ うろうろ日記 - 2013年09月17日 23:08

映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 ヒューさんが日本で大暴れ。みたいな感じ

_ 京の昼寝〜♪ - 2013年09月18日 08:34



□作品オフィシャルサイト 「ウルヴァリン:SAMURAI」□監督 ジェームズ・マンゴールド□キャスト ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ■鑑賞日 9月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感...

_ to Heart - 2013年09月19日 18:15


散ることのないサムライ。
原題 THE WOLVERINE
上映時間 125分
製作年度 2013年
原作 クリス・クレアモント/フランク・ミラー
脚本 マーク・ボンバック 、スコット・フランク
監督 ジェームズ・マンゴールド
出演 ヒュー・ジャックマン/真田広之/TAO/福島リラ/ウィル・...

_ カノンな日々 - 2013年09月19日 22:41

『X-メン』シリーズのウルヴァリンを主人公にしたスピンオフ・ムービーの第2弾です。大量宣伝で周知の通り今作の舞台は我らが日本。この大作ヒットシリーズで日本が舞台となるのは ...

_ 新・辛口映画館 - 2013年09月19日 23:22

 公開二日目の夕方。この劇場自慢のハイクオリティーサウンドを搭載したimm3Dサウンドシアターには、私を含めてたったの11名と惨たんたる客入りだ。+¥400を払い3D吹き替え版を鑑賞した。

_ ☆お気楽♪電影生活☆ - 2013年09月21日 09:09

不死の男は初めて死に直面する

_ 花ごよみ - 2013年09月21日 10:34


ヒュー・ジャックマン主演で
今回は日本が舞台の、
スピンオフ色のある作品。

監督はジェームズ・マンゴールド。

過去に命を救った大物実業家・矢志田との、
再会を遂げるためウルヴァリンは日本へ。

間もなく矢志田は亡くなり、
ウルヴァリンは矢志田の孫娘、
マリ...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2013年09月22日 00:24

走る新幹線の上で繰り広げられる格闘はすごい。アダマンチウムという隕石から採取された特殊な金属を体内に持っている故に不死の身体を得たのに、それが失われるピンチに自分のオリジナリティーを見直す。日本でロケをしたサービス満点の内容だった。

_ アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) - 2013年09月22日 04:47

【戦姫絶唱シンフォギアG 第11話】やんちゃする杉田さんと凹むひよっちの巻。いや、杉田さんじゃなくてウェル博士で、ひよっちじゃなくてマリアさんなんですけどねw月に手をか ...

_ じゅずじの旦那 - 2013年09月23日 10:26

散ることのないサムライ!  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガンは、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユキオと共に日本へと向かう。不敵なまなざしを向ける矢志田の息子シンゲン(真田広之)に迎えられ、病身の矢志田と再会したローガンは彼から謎めいた言葉を告げられる。ほどなくして亡くなった矢志田の葬儀が執り行われるが、そこをギャングたちが襲撃。ローガンは矢志田の孫娘・マリコを連れ、その混乱から逃げ出すが・・・監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ウィル・ユン・リー、ブライアン・ティー、スヴェトラーナ・コドチェンコワ、ファムケ・ヤンセン・・・不死の体を持ちながら、生きることに疲れたウルヴァリン。末期ガンに侵されながら、生き続けたいと願う矢志田。矢志田は巧妙な手でウルヴァリンを誘い込むのだが!?日本を舞台にすること自体、いろいろと違和感はあるわけですが、今の日本も出せていてよかったんじゃないのかなぁ。どうしても日本からはずせない侍、腹切り、忍者はご愛嬌ってことで。福島リラは知りませんでしたが、強烈なインパクトでした。ただ周りを固める俳優陣はちょっと存在感が薄かったかな。もちろんアクションはハンパない。全編見所がいっぱいでした。そして最後のどんでん返し、やっぱりそうきましたか、、、の、ポチッ エンディングロール、楽しかったな!ところで、第2次大戦中、日本軍の捕虜になっていたウルヴァリン?どうやって捕まえたんだろうか 映画「ウルヴァリン:SAMURAI 」公式サイト
JUGEMテーマ:映画

_ No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer. - 2013年09月25日 10:28

【51うち今年の試写会5】 最近やけに職場PCもモバイルPCも動きが悪くて、WindowsXPがサービス切れることを前提とした嫌がらせ爆弾が爆発したのかと思いきや、InternetExplorerを使うの止めて、Mozilla Firefoxにプラウザーを変えてみたら、がしがし動くようになったのだけど・・・。
今までのPC動かなくて頭抱えていた苦難の日々はなんやったんやろ。


 カ...

_ みはいる・BのB - 2013年09月29日 12:50




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
9月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:55の回を鑑賞。

_ 映画のブログ - 2013年10月04日 08:17

 2013年公開の『ウルヴァリン:SAMURAI』は2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の続編だと思っていたが、意外や『X-MEN』三部作の後日談だった。
 映画を作中の時系列で並べれば次のようになる。

 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 2011年公開
 『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』 2009年公開
 『X-メン』 2000年公開
 『...

_ ルナのシネマ缶 - 2013年10月06日 00:58

ウルヴァリンのスピンオフ第2弾は、
『X-MEN ZERO』の続きではなく
『X-MEN: ファイナル ディシジョン』の
続きになっておりました。
そして、舞台は日本!!!
新幹線やラブホテルから
パチンコ店にアキバ、ネオン街
そしてヤクザ、坊さん、忍者・・・
とにかく、時代錯誤に
てんこ盛り状態でした!!!

ウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、
カナダで人目を避けるように暮らしていたが、
長崎の原爆時に命を救った日本人・矢志田からの誘いで、
彼の部下ユキオ(福島リラ)と共に日本へと向かう。
病身の矢志田は、謎めいた言葉を告げ亡くなった。 ...

_ 映画雑記・COLOR of CINEMA - 2013年10月07日 12:23

注・内容、台詞に触れています。『X-メン』シリーズのメインキャラクターのひとり、ウルヴァリンを主人公にした第2弾『ウルヴァリン:SAMURAI』。出演はウルヴァリン=ローガンにヒュー・ジャックマン、他

_ いやいやえん - 2014年01月09日 09:36



タイトルを見ただけでハリウッドも困ったもんだという笑いがこみ上げてきてしまう作品なのですが、実際に原作で日本人妻を娶るウルヴァリンの話があるもんだから、なんともいえなくなる。新幹線上で戦うのとか失笑予告を見せられていたので、期待せずに鑑賞。舞台が日本ってだけで好きになれないのが不思議。
実業家の矢志田に請われて日本を訪れるウルヴァリンは彼の孫娘に惹かれる。しかし何者かの罠により治癒能力を奪われ…。
愛するジーンを殺した罪悪感と絶望からウルヴァリンが再生する話になっていますね。ヤクザたちの実際にはありえない戦闘能力も笑えますが(忍者がいちいち回転する姿にも失笑)、元が「とんでも映画」だからある程度の割り切りが必要です。

シリーズにあったメッセージ性は皆無。全体的に微妙です。ニンジャの守る里があって五重塔が決戦の舞台となり、ロボットがラスボスとなります。書いてて呆れてきた。ただもっと酷いかと思ったらそうでもなかったかな。
しかし、生への執着から恩を仇で返すというのは日本の美意識から外れていることで、でもだからこそ哀れさが際立ちます。
顔形逆三角形のユキオが思ったよりアクションなど良かったと思います。
エンドロール途中にはお約束の次回作への布石がまっています。あの人とあの人がアレで…。うむ!楽しみ!

【概略】
病死した旧友・矢志田の葬儀に参列したウルヴァリンは、謎の組織に襲われた矢志田の美しい孫娘・マリコを救い、逃避行の最中に恋に落ちる。

アクション

_ 銀幕大帝α - 2014年01月21日 21:11

THE WOLVERINE
2013年
アメリカ
125分
SF/アクション
劇場公開(2013/09/13)



監督:
ジェームズ・マンゴールド
製作総指揮:
スタン・リー
出演:
ヒュー・ジャックマン:ローガン/ウルヴァリン
真田広之:シンゲン
TAO:マリコ
福島リラ:ユキオ
ハル・ヤ...

_ 映画大好きだった^^まとめ - 2014年08月04日 03:56

998 : 名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2013/09/15(日) 20:39:43.36 ID:pfcYG9/Aとんでも日本だけど面白かった。いいんじゃないのウルヴァリンだもの。ヒュー・ジャックマン、かっこいいよ457 : ...