Google
WWW を検索 ブログ内検索

許されざる者 : 魂を揺さぶる映画2013年09月13日 21:18

許されざる者
 無人探査機ボイジャー1号が昨年8月25日ごろ、人工物として初めて太陽圏を離れたとのこと。ちなみに、本日紹介する作品も今までの報画の枠を離れたといえるこちらになります。
【題名】
許されざる者

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【ロケ地】
北海道・上川町

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 明治13年。開拓が進められている北海道に、かつて人斬り十兵衛との異名を持ち恐れられていた幕府軍残党・釜田十兵衛(渡辺謙)がいた。十兵衛は愛する女性と出会ってから刀をしまい、子どもをもうけた。幸せも束の間、妻は早世し、男は幼い子どもを抱えて貧しく厳しい生活をしていた。そこへ、かつての仲間がやってくる。そして、無残にも切りつけられた女郎のこと、街を牛耳る暴力的な支配者がその事件に関して深追いさせないこと、女郎は支配者に逆らい仲間たちとともに賞金を作り敵を討ってほしいと懇願していることを話す。十兵衛は自分のためではなく他の者のために、あらゆる覚悟を背負い、再び刀を手にするという苦渋の決断をする……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「許されざる者」は、第65回アカデミー賞で作品賞など4部門に輝いたクリント・イーストウッド監督による名作を、日本を舞台にリメイクしたヒューマンドラマです。かつて人斬り十兵衛との異名を持ち恐れられていた幕府軍残党・釜田十兵衛役には、「はやぶさ 遥かなる帰還」の渡辺謙。十兵衛と幕軍時代からの相棒である馬場金吾役には、「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」の柄本明。十兵衛と共に賞金首を追うアイヌの青年である沢田五郎役には、「戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH」の柳楽優弥。鷲路の町の警察署長である大石一蔵役には、「のぼうの城」の佐藤浩市。女郎を傷付け賞金が掛けられた堀田佐之助役には、「脳男」も小澤征悦。佐之助の弟で同じく賞金が掛けられた堀田卯之助役には、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の三浦貴大。佐之助に斬りつけられた女郎のなつめ役には、「ペタル ダンス」の忽那汐里。なつめと同じ女郎屋で働く年長の女郎であるお梶役に、「ペンギン夫婦の作りかた」の小池栄子。監督は、「悪人」の李相日。

 ”凄い”映画を観てしまった、それが本作を観て一番感じたこと。感動したとか、何時もの「超おすすめ!!」などとは、確実に一線を画す作品でした。そう、この「許されざる者」は、魂を揺さぶる映画だったのです。

 先ずは、ドラマの時代背景、これがサイコーに良かった。開拓時代の混沌とした北海道。様々な事情から本土に住めない和人、その和人に虐げられるアイヌ人。ここまで露骨に当時の時代を解釈した作品は、個人的には本作が初めて。でも、アイヌ人を和人が虐げてきた歴史は、学校でも習ったはずですよね。先日、ニュースで流れていた「アイヌ人との共生云々」とオリンピック向けに語られていた某政治家の脳内はどんなことになっているんでしょうかねぇ。

 演者の演技もキレッキレでした。主人公の釜田十兵衛、この役は渡辺謙以外ありえないでしょう。特に、亡き妻との誓いを破り、人斬りに戻る十兵衛の姿は鳥肌物でした。無論、柄本明や佐藤浩市も渡辺謙に負けない演技だし、「戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH」で酷評した柳楽優弥も素晴らしかった。でも、世界のケン・ワタナベの次にインパクトがあったのは、元おっぱい天使こと小池栄子。彼女が演技の何が凄かったのか、それは渡辺謙演じる釜田十兵衛同様、”罪”を背負った女を演じていたからです。

 そう、本作の根底にあるテーマは”罪”。でも、その”罪”は、キリスト教内の西方教会にて解釈されている人類が産まれながらに持っている”原罪”であると、個人的には解釈しました。だからこそ、本作は暗くて重いイキフンを漂わせているのでしょう。和人に虐げられるアイヌ人、貧しい家に生まれただけで女郎屋に売られてくる女性、これらの根本的原因は”原罪”といえます。だからこそ、本人の力ではどうにもならないやるせなさを感じるのです。それを在日の李相日監督が撮る、だからこそ観る者の魂を揺さぶる作品になったのでしょう。

 このように「許されざる者」は、私が今まで観てきた邦画の中で間違いなくNo.1の作品といえます。オリジナルは未見ですが、これも観てみたくなりました。後、来年の日本アカデミー賞、本作が何部門受賞するか今から楽しみでもあります。では、本日はこの辺で (●´エ`)ノ○o。【ьчёьчё】。o○ヽ(´エ`●) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/09/13/6980627/tb

_ あーうぃ だにぇっと - 2013年09月13日 21:48

許されざる者@よみうりホール

_ こねたみっくす - 2013年09月13日 23:16

人斬り十兵衛、あまりにもストイックすぎる男。
アカデミー作品賞にも輝いたクリント・イーストウッドの代表作であり、西部劇の傑作である『許されざる者』を李相日監督により日 ...

_ うろうろ日記 - 2013年09月14日 00:45

試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 北海道で賞金目当てに人殺しに出かける謙

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2013年09月14日 09:39

1992年にクリント・イーストウッド監督・主演でアカデミー賞他数々の賞を総なめにした「許されざる者」を日本を舞台に焼きなおした作品。
これ以上のキャストはいない、これ以上の壮大な景色はない、申し分のない条件が揃ったこの映画の、何故か1つだけ引っかかるものは・・・・

_ 風に吹かれて - 2013年09月14日 15:16

その男 人斬り十兵衛 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/yurusarezaru9月13日公開1992年のクリント・イーストウッド監督・主演作のリメイク監督: 李相

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2013年09月14日 15:54





1992年クリント・イーストウッド監督・主演の西部劇(アカデミー賞作品賞受賞)のリメイク。

まず特筆すべきは、北海道でのオールロケ。
これがとても美しく、映画の醍醐味のひとつを十二分に楽しんだ。
(写真:物語の中心となるセット)

そして渡辺 謙。
ハリウッ...

_ Akira's VOICE - 2013年09月14日 17:06

殺生な人生ってツライね。。
 

_ 象のロケット - 2013年09月14日 17:06

1880年(明治13年)、北海道。 かつて“人斬り十兵衛”と恐れられていた江戸幕府軍の残党・釜田十兵衛は、人里離れた僻地で細々と暮らしていた。 妻に先立たれ、幼い子供たちと極貧の生活を送っていた彼のもとに、昔の仲間が“賞金首”の話を持って来る。 金を払うのは元武士である開拓民の狼藉に腹を立てた女郎たち。 二度と刀を持たないと決めていた十兵衛だったが…。 アクション。

_ 新・辛口映画館 - 2013年09月14日 22:49

 テレビ東京さん主催の試写会だ。客入りは85%くらい、客年齢は高い。

_ 悠雅的生活 - 2013年09月15日 09:06

不殺の誓い。賞金首。別の生き方。(試写会)

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2013年09月15日 11:07

☆本日公開作の、本来の時代からズレた「侍」をフィーチャーした2作品を観てきましたよ。
 いやはや、どちらも面白かった。
 とりあえず、夜の仕事を終えて帰宅してから感想を書きますな^^
   ◇
   『許されざる者』
 
 イーストウッド作の邦画リメイク...

_ ハリウッド映画 LOVE - 2013年09月15日 13:14

監督:李相日出演:渡辺謙、佐藤浩市、柄本明、柳楽優弥、・・・

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年09月15日 15:51

クリント・イーストウッドの「許されざる者」が公開されたのは日本では1993年で、

_ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ - 2013年09月15日 22:14

2013/09/13公開 日本 PG12 135分監督:李相日出演:渡辺謙、柄本明、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、近藤芳正、國村隼、滝藤賢一、小澤征悦、三浦貴大、佐藤浩市
人は、どこまで許されるのか。
[Story]1880年、北海道。かつて幕府軍最下層の兵士として幕末の志士を斬り...

_ カノンな日々 - 2013年09月16日 16:45

あのクリント・イーストウッドの監督・主演による1992年の名作西部劇を『悪人』の李相日監督が開拓時代の北海道に舞台を移し江戸幕府最強の刺客として恐れられた男を主人公の物語に ...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年09月16日 17:04

公式サイト。李相日監督、渡辺謙、柄本明、佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、國村隼、近藤芳正、小澤征悦、三浦貴大、滝藤賢一。クリント・イーストウッド監督の「許され ...

_ 映画のブログ - 2013年09月16日 22:07

 【ネタバレ注意】

 なんと稀有なことだろう。
 クリント・イーストウッドが監督・主演した1992年の映画『許されざる者』は、まごうことなき傑作だ。アカデミー賞の作品賞をはじめ、多くの賞を受賞して...

_ 京の昼寝〜♪ - 2013年09月19日 08:20



□作品オフィシャルサイト 「許されざる者」□監督・脚本 李相日□キャスト 渡辺 謙、柄本 明、佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、        國村 隼、近藤芳正、滝藤賢一、小澤征悦、三浦貴大■鑑賞日 9月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyaz...

_ とりあえず、コメントです - 2013年09月21日 20:53

クリント・イーストウッドのあの名作を李相日監督が渡辺謙主演で創り上げた日本版リメイクです。 オリジナルは観たことがあるのですけど、あまり覚えていないので、 新鮮な気分で観られるかなと楽しみにしていました。 大自然の厳しい環境の中でぎりぎりの生活を送る人々の痛みが真っ直ぐに伝わってくるような作品でした。

_ 笑う社会人の生活 - 2013年09月23日 00:47

3日のことですが、映画「許されざる者」を鑑賞しました。

試写会にて

あのイーストウッド監督作
「許されざる者」の日本リメイク

渡辺謙、柄本明、佐藤浩市、監督は李相日
期待できるメンバーながら、元が素晴らしい作品だけに 不安もあったが・・・

全体としては 悪...

_ みはいる・BのB - 2013年09月23日 10:47




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
9月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 12:50の回を鑑賞。

_ トピスタ☆ - 2013年09月23日 15:59

渡辺謙主演、李相日監督作品、 映画「許されざる者」の感想や雑記です。 注意 内容にネタバレが含まれますので、ご注意願います。 クリント・イーストウッド監督作の傑作映画「許されざる者」 の舞台を日本に置き換えてリメイクされた今回の作品。 渡辺謙さんが語っているとおり、「基本的な ストーリーはすべてオリジナルのままでしたが、 日本版独特の世界観が魅力的」でした。 許されざる者の感想 1880年、開拓が進む江戸幕府崩壊後の北海道。人里離れた土地で子どもたちとひっそりと暮らす釜田十兵衛(渡辺謙)だが、その正…

_ FREE TIME - 2013年09月23日 20:37

映画「許されざる者」を鑑賞しました。

_ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 - 2013年09月26日 19:12

 「悪人」の李相日監督、「硫黄島からの手紙」の渡辺謙主演。第65回アカデミー賞作品賞を受賞したクリント・イーストウッド監督(及び主演)作品を、舞台を明治初期の北海道に移してのリメイク。 ちなみに1960年に公開された、オードリー・ヘプバーン主演の同名作品と

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2013年09月27日 00:40

2013年・日本 配給:ワーナー・ブラザース映画 監督:李 相日原作:デビッド・ウェッブ・ピープルズアダプテーション脚本:李 相日撮影:笠松則通製作総指揮:ウィリアム・アイアトンゼネラルプロデューサー

_ 映画@見取り八段 - 2013年09月27日 03:15

許されざる者     監督: 李相日    出演: 渡辺謙、柄本明、佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、國村隼、近藤芳正、小澤征悦、三浦貴大、滝藤賢一 公開: 2013年9月13日 2013年9月21日。劇場観賞。 原作…というか、オリジナルは1992年に公開されたクリン…

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2013年09月27日 20:43

 『許されざる者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)本作は、イーストウッド監督が制作し、アカデミー賞作品賞等を受賞した同タイトルの作品を、すべて日本に置き換えてリメイクしたものです。

 元の作品では、マニー(クリント・イーストウッド)、昔の相棒・ロー...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2013年09月29日 00:21

あらすじはほとんど西部劇版と同じなのだけど、日本の明治維新をはさんだ時代設定にしたので独特の風味が加わった。ロケーションがすばらしいので、日本の自然を見直すこともできた。渡辺謙の鬼のような演技に注目だ。

_ たいむのひとりごと - 2013年10月04日 16:25

クリント・イーストウッドが監督・主演した西部劇『許されざる者』(1992)の日本版リメイク作品。役者が揃っているとはいえ、ハリウッド作品の日本版はいかがなものかと思っていたが、これが意外にもマッチして

_ まっきいのつれづれあれこれ - 2013年10月05日 22:40

幕末の北海道、人斬りだった過去を捨て、子供と貧しく百姓暮らしをしていた十兵衛(渡

_ オールマイティにコメンテート - 2013年10月06日 23:59

「許されざる者」(PG12指定)は1992年に全米で公開された許されざる者の日本版によるリメーク作品で、開拓地時代の北海道の蝦夷で暮らすかつて幕府軍切っての殺し屋だった男がある依頼 ...

_ なんか飲みたい - 2013年11月06日 22:14

日記:2013年10月某日 映画「許されざる者」を見る. 2013年.監督:李相日. 出演:渡辺謙(釜田十兵衛),柄本明(馬場金吾),柳楽優弥(沢田五郎),忽那汐里(なつめ),小池栄子(お梶),近藤芳

_ いやいやえん - 2015年01月25日 09:40

【概略】
かつて「人斬り十兵衛」として恐れられた男は、刀を捨て極貧生活を送っていたが、昔の仲間から賞金首の話を持ち掛けられ…。
アクション



クリント・イーストウッドの名作「許されざる者」を邦画でリメイク。これだけでもうイタタタターなんですが。
渡辺謙さん主演。
ほとんどコピーです。「省略」とアイヌを交えてはいるけど。
大雪山を回って、ってどこに住んでんだ?と北海道在住の私は考えた、でもアイヌコタンの側っていってたしなあ…。どこなんだべ。まあそれはいいにせよ、ラストの銃撃&刀撃シーンの格好悪い事!
これはダメなのが演出なのか、カメラなのか、顔、ちょい離れ、顔、ちょい離れ、顔、ちょい離れの繰り返しです。刀の重みを感じることもないまま、「人斬り」なのに刀主体で戦わないとか、とにかく格好悪い一番の見せ場のシーン。
すみませんがこれは改悪です。製作側はイーストウッドのラスト見せ場のシーンを見習ってこいと。「映画の重心、根本的な部分が間違っている気がする。」
蝦夷=アイヌ=厳しい冬ってのも、ありがち。しかもラストは死んだ、アレ絶対死んだ。子供たちは、なつめとアイヌ混血青年とが育てるんでしょうか?そこで悲哀を出そうと考えるのも、なんか日本的で嫌い。オリジナルの、なんか違う土地で成功した、ってほうが都合は良いけどまだましに思える。
実はこの「許されざる者」、クリント・イーストウッド版→本作と同日続けて観たんです、だから余計に、邦画の作りの酷さが際立っていたね。そして何度観てもオリジナル版はかっこよいのでした。
実力が伴わないで難易度の高いものに挑戦した結果。