Google
WWW を検索 ブログ内検索

キャプテンハーロック : そして、伝説は語り継がれる…。2013年09月07日 19:07

キャプテンハーロック
 NTTドコモが、ようやくIPhoneを発売するみたいですね。製品の良し悪しは別にして、領土問題や歴史問題で揉めている国の商品を主力に位置づけるのは、経営陣の傲慢さが現れていたような気がします。まあ、これでキャリアに関係なくIPhoneを選べる”自由”を日本国民は得たわけです。ちなみに、乗り込む時には「自由を求めて」と答えなければ、大変な目に会わされるアルカディア号が大暴れのこちらになります。
【題名】
キャプテンハーロック

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 人類が銀河の果てまで進出していた時代、戻るべき場所、地球への居住権を巡って紛争が起こっていた。そんな中、四隻のデス・シャドウ級宇宙戦艦がこの紛争の切札として建造され、その四番艦艦長にハーロック(声:小栗旬)が任命される。だがその大戦中に英雄と呼ばれていたハーロックは終戦ととともに姿を消してしまう……。やがて、艦首に巨大な髑髏を刻んだ海賊船を駆りながら現れたハーロック。宇宙海賊として地球連邦政府に叛旗を翻した彼は、全宇宙に追われる広域指名手配犯となっていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「キャプテンハーロック」は、1978~79年にTV放送された松本零士原作の「宇宙海賊キャプテンハーロック」を、総製作費3000万ドルをかけて描いたフルCGアニメーションです。宇宙海賊戦艦アルカディア号の船長であるキャプテンハーロックの声優には、「宇宙兄弟」の小栗旬。キャプテンハーロックの暗殺を目的にアルカディア号に乗り込んだヤマの声優には、「東京公園」の三浦春馬。監督は、「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」の荒牧伸志。

 「キャプテンハーロック」、彼の名前だけは知ってましたよ。でも、原作も未読、TVアニメも全く観なかったですね。そんな私がキャプテンハーロックを始めて観たのは、昔大好きだった「銀河鉄道999」の劇場版でした。細かいことまで覚えてませんが、この時のキャプテンハーロックがかっこよかった記憶だけはあります。まあ、そんな感じですが、劇場での予告編が良かったので観に行ってきましたよ。

 少し調べてみると、原作やアニメとは随分と違った設定になっているようでした。でも、そのおかげですんなりと作品の中に引き込まれていきました。日本が製作するフル3DCGアニメは初見でしたが、ここまでの作品を作るなんて中々やりますよねぇ。

 とにかく、キャプテンハーロックがかっこよかった。小栗旬の声もサイコーにはまっていましたよ。彼がキャプテンハーロックの声優でないと、ここまでかっこよいと思えなかったのではないかな。アニメキャラなのに、若干オーラを感じましたからね。

 そして、あらすじがよく練られた面白いものになっていました。作品のテーマになっているものは、「自由」「友情」「愛情」「信頼」「自己犠牲」といった世界中の人々が共通して持てる普遍的なもの。だからこそ、観る者が熱くなれるんでしょうねぇ。この作品で世界に打って出る、製作陣の熱い想いが観る者にも伝わってきましたよ。

 このように「キャプテンハーロック」は、思い入れのない私が観ても、熱くなれる作品となっております。私の行った映画館ではガラガラでしたが、興業的に世界的成功を収めて欲しいところです。では、本日はこの辺で ☆・゚:*ヾ(●´゚∀゚`●)ノゞバイバイキ━ン*:゚・☆ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/09/07/6974782/tb

_ あーうぃ だにぇっと - 2013年09月07日 19:19

キャプテンハーロック@スペースFS汐留

_ ペパーミントの魔術師 - 2013年09月08日 02:07




人生x僕= (通常盤)ONE OK ROCK A-Sketch 2013-03-05売り上げランキング : 256Amazonで詳しく見る by G-Tools
ONE OK ROCKが歌う主題歌「Be the light」は
既に発売されてるこのアルバムに収録されてます。めっちゃイイ!!!

昔リアルタイムで見たことあるはずなんだ...

_ 象のロケット - 2013年09月08日 11:21

はるかな未来、もしくは遠い過去かもしれない。 地球への居住権をめぐる紛争の切札として建造されたデス・シャドウ級宇宙戦艦の四番艦艦長ハーロックは、英雄として名を馳せたが終戦と共に姿を消してしまう。 …次に姿を現した時、彼は艦首に巨大なドクロを刻んだ海賊船を駆る、呪われた宇宙海賊となって政府に叛旗を翻した…。 SF大ロマンアニメ。

_ ぷかざの映画感想記 - 2013年09月08日 15:29

キャプテンハーロック-SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK観

_ 時間の無駄と言わないで - 2013年09月08日 16:04

CG技術は立派なもんです。
でもそれだけ。
お話はもうクチャクチャ。
もうちょっと熱い感じを期待したんだけどなぁ・・・。

随所に「3Dだと凄い格好イイんですよ〜」という押し ...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年09月08日 17:17

公式サイト。英題:Space Pirate Captain Harlock。松本零士原作、荒牧伸志監督。(声)小栗旬、三浦春馬、蒼井優、古田新太、福田彩乃、森川智之、坂本真綾、沢城みゆき、小林清志、大塚周夫。 ...

_ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 - 2013年09月08日 21:12

評価:★★★★【4点】(F)


遂にここまで来たかフルCGアニメ!コレに尽きる。

_ とりあえず、コメントです - 2013年09月08日 23:40

松本零士著の人気コミックをリブートして新たな世界を創り上げたSFアニメです。 あのハーロックでどんな物語が描かれたのだろうと気になっていました。 人類が地球を巡って大戦争を起こした後の、未来を失った世界が宇宙全体に広がっていました。

_ だらだら無気力ブログ! - 2013年09月09日 00:20

どうせだったら「ヤマト2199」みたいにセルアニメでリメイクして欲しかったかな。

_ 【徒然なるままに・・・】 - 2013年09月09日 20:43

フルCGで描かれるハーロック、今回はちょっと3D版に興味がありましたが、上映回数が少ない上に時間が合わずに2D版で鑑賞。

先にノベライズを読んでいたので、お話は頭に入った上で臨みました。
『ハーロック』というより『地球へ…』とか『銀河英雄伝説』みたいなシチュエーションで展開される『ガンダム』みたいな物語。ノベライズの感想にも書きましたけど、ラストの方は『大海賊ハーロック』みたいでしたけど、全体としては松本零士色は希薄です。
しかもハーロックは殆ど活躍せず、実質的な主人公はヤマ。それにイソラとナミとの相克と葛藤がメインになってます。

思っていたよりは遥に緻密に作られており、...

_ 真・天文台 - 2013年09月10日 16:59

監督:荒牧伸志 脚本:福井晴敏、竹内清人

_ 健康への長い道 - 2013年09月10日 23:43

 『キャプテンハーロック』と『共喰い』どちらを観るか、少し迷いましたが(どんな比較だ)、怖いもの見たさで『キャプテンハーロック』へ。 Story 人類は銀河の果てまで進出し、爆発的に人口を増やしたものの、種としての終焉を迎えつつあった。最期は地球で・・・。し…

_ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 - 2013年09月11日 19:03

 松本零士原作の伝説的スペースオペラコミックを、「APPLESEED」の荒牧伸志監督、「機動戦士ガンダムUC」の福井晴敏脚本で長編CGアニメ映画化。 数ある松本作品の中でも、「銀河鉄道999」と人気を二分すると言われる本作。おそらく、全国の熱烈なハーロックファンから

_ こみち - 2013年09月14日 21:20

 

 

小説を読んだときデスシャドウ級4番艦というのが気になっていましたが

 

映像を見るとミーメ以外にも3人いたからデスシャドウ級が4隻も

 

存在していたのですね。

 

ハーロックのサーベルさばきは、CGだからこそ表現できたようなもの。

 

ファイナルファンタジーシリーズよりも実画に近い印象を埋めました。

 

あとは、ミーメがよくしゃべること。

 

当初は、あまりしゃべりませんが後半になるといろいろなアドバイスをしたり

 

過去の話としたりとビックリするくらい話をしていました。

 

まあ良くできた映画でしたね。

 

 

 

2013年 東映

 

キャスト

 キャプテンハーロック・・・・小栗旬

 ヤマ・・・・・・・・・・・・三浦春馬

 ミーメ・・・・・・・・・・・蒼井優

 ヤッタラン・・・・・・・・・古田新太

 トリさん・・・・・・・・・・福田彩乃

 イソラ・・・・・・・・・・・森川智之

 ナミ・・・・・・・・・・・・坂本真綾

 ケイ・・・・・・・・・・・・沢城みゆき

 

 

 

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

キャプテンハーロック 公式サイト



 

 

 

【言及】

http://d.hatena.ne.jp/synkronized417/20130910/1378816989

 

 

 

_ ダイターンクラッシュ!! - 2013年09月16日 23:12

2013年9月14日(土) 16:15~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 妙に観念的で辛気臭くてヒロイズムの欠片も無し 『キャプテンハーロック』公式サイト その昔のコミックやアニメの記憶はあまり無いのだが、その記憶と照らし合わせても、キャラクター設定が明白に改悪されている。 脚色脚本監督と期待を抱かせるスタッフなのだが、どうしたことなんだろう。そして、話は完全に悪い方向にオリジナル。 特に、主役のキャプテンハーロックが、活躍もろくにせず、内に篭って反省しているだけで、ヒロイズムの欠片も無い。あまつさえ、全人類諸共自決しようとする。そのため、妙に観念的で理解不能なストーリーは猛烈に退屈だ。 「ファイナル・ファンタジー」のようなキャラクター造詣は、ヤッタランの巨大化筆頭に、原作の面影が無い。「宇宙戦艦ヤマト2199」のようなセルアニメのほうがいい。 有紀蛍の異常なまでの屈強さ。ヤマ(台羽正に相当するらしい間抜け者)が、唐突に2代目襲名。トチローの説明不測(ただのオタク)。ミーメの不気味化(酒飲まない)。エメラルダス、魔地、酒造みたいな医者など不在というキャラクターの大幅削減。 と、文句は沢山あるが、話が兎に角つまらないのが、最大の問題だ。すべては、ハーロックのキャラクターに起因するのだが。 キャメロンは、「ピラニア3D」をコケおろしておいて、本作を絶賛したのだとしたら、頭がおかしいとしか思えない。絵だって、それほどでもないぞ。アルカディア号強すぎて、いい戦闘シーン無い。 とりあえず、福井には「富野」愛はあっても、「松本」愛がないことは判った。 お勧め度:☆★ ヒロイック度:★ 俺度:☆★

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年09月21日 19:05

松本零士さんのマンガ「宇宙海賊キャプテンハーロック」の映画化作品。 こちらは今ま

_ No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer. - 2013年09月26日 09:21

【52 うち今年の試写会5】 このブログ、社労士ネタとか仕事ネタを書かないようにしようとしたら、波乗りと映画の話ばっかやん。
書記長社労士の方のブログは更新をストップしようと思ったけど、ちょっと実験的に仕事ネタだけのブログにしてみようということにしてるので、こっちがますます遊びのみブログになってしまうのだな。
しばらく流動的です。


  銀河の果てまで移動が可能となった時代。開拓...

_ 黎明の詩 - 2013年09月29日 07:29

 3D-フルCG映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』を観てきました。生まれて初めての3D映画鑑賞です。  最近、松本零士氏のアニメ作品をいくつも見直していましたが、ハーロックの映画化の話を知った時に、おそらく特別な意味を持っ…

_ いやいやえん - 2014年02月22日 09:29



松本先生の絵柄が好きではない中でも、このキャプテン・ハーロックは好きで漫画も持っていたが今はもう手元にない。
思い切ったフルCGアニメですが、なんだかゲームの美麗ムービーをずっと見せられているような感じもした。圧巻ではあるのですが、今更このレベルで心底から凄いとは思えず。いや、なかなか滑らかで日本も大金をかければここまでのCGで描けるんだと、そこは良かったですけどね。
キャラクター設定やストーリーは本作用に変更されていて、そこは良かったかも知れない(こんなのハーロックじゃない!が軽減されて)。冒頭から戦闘シーンでテンションを上げてくる。
汚染で失われた地球、そしてその優しい幻影を信じたがる人々。キャプテン・ハーロックは罪びとなのである。地球の偽善を許す事が出来ずに地球をダークマターで汚染させてしまったのは、ハーロック自身だったのだ。そして今、呪いによって不死の身体を与えられたハーロックは、宇宙にビッグバンを再現しようとしている。これはまるで宇宙規模の生贄である。
ハーロックの絶望から友の願いへ。地球に咲いていた花、「繰り返す一瞬が、永遠に至る。…これが自由か」現実に向き合い壮絶にあらがったその先にあるものとは…。
絶対なる正義や答えを持たずに、それでも自らの信念に基づいて行動する事こそ、真の「自由」たる所以なのかもしれない。
いやー漢の中の男ハーロックと黒煙を噴出して現われるアルカディア号がカッコよかったですね!ロマンがあるよねえ。

【概略】
広域指名手配犯・宇宙海賊キャプテンハーロック。大戦中の英雄にして政府に叛旗を翻す、全宇宙の敵。政府より下ったハーロック暗殺命令を受けた青年ヤマは海賊船アルカディア号に乗組員を装い潜入するが、ハーロックに近づくにつれ、彼の目的とアルカディア号の正体、そして地球に隠された真実を知ることになる。

CGアニメーション