Google
WWW を検索 ブログ内検索

男はつらいよ 寅次郎紙風船 : 二人の女優の名演が光る名作2013年09月01日 17:32

男はつらいよ 寅次郎紙風船
 消費増税どうなるのでしょうか。個人的には税率を上げた上で、無駄な事業を公務員の人件費共々削ってもらいたいところですが。では、本日紹介する作品は、日本の社会問題の蚊帳の外のいる主人公の恋愛物語が中心のこちらになります。
【題名】
男はつらいよ 寅次郎紙風船

【製作年】
1981年

【製作国】
日本

【ロケ地】
東京都葛飾区柴又、福岡県(秋月)朝倉、大分県(夜明)、静岡県(焼津市)

【マドンナ】
倉冨光枝(テキ屋仲間の女房):音無美紀子

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 秋も深まってきた九州。気ままな旅暮らしの寅は、家出娘の愛子と知り合った。なかたか面白い彼女は、寅のバイに“サクラ”になったりして、二人は稼いだ。ある縁日。寅の向いで、あかぬけた三十女がバイをしている。光枝というその女は、寅のところにやって来ると「寅さんでしょ、主人から聞いてます」と話す。昔のテキ屋仲間、常三郎の女房だった。今、重い病に伏している亭主に代って仕事に出ているという。翌日、常三郎を見舞いに行った寅は、喜ぶ彼から「俺が死んだら、あいつを女房にしてやってくれ」と言われる。頷く寅は渡世人の末路に寂しさを感じ、光枝に何でも相談に乗ると手紙を残すと、まともな暮らしをしようと柴又に帰った。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「男はつらいよ 寅次郎紙風船」は、日本映画界の至宝ともいえる「男はつらいよ」シリーズの第二十八作目となる作品です。主役の車寅次郎を演じるのは、このシリーズが代表作となる渥美清。レギュラー陣では、その妹であり博の妻となったさくら役には倍賞千恵子、第一作でさくらと結婚し夫となった諏訪博役には前田吟、博とさくらの子供である満男役には吉岡秀隆、おいちゃんこと車竜造役には下條正巳、竜造の嫁でおばちゃんこと車つね役には三崎千恵子、裏の印刷工場の経営者であるタコ社長こと桂梅太郎役には太宰久雄、柴又題経寺(柴又帝釈天)の住職である御前様役には笠智衆、題経寺の寺男である原公役には佐藤蛾次郎。準レギュラー・ゲスト陣では、本作のマドンナでテキ屋仲間の女房である倉冨光枝役に音無美紀子、家出娘の小田島愛子役に岸本加世子、満枝の旦那である倉富常三郎役に小沢昭一、愛子の兄である小田島健吉役に地井武男、寅次郎の同級生役で前田武彦、犬塚弘、東八郎。監督には、「おとうと」「武士の一分」など、数々の名作を世に送り届けた山田洋次がメガホンをとる。

 とても盛り沢山で、味わい深い作品でした。それは、マドンナ役の音無美紀子、フーテン娘を演じた岸本加世子、二人の女優がお互いに与えられた役を引き立てあいながら演じきったからでしょう。そして、二人の女優との渥美清の掛け合い、これが見事でしたねぇ。

 先ずは、マドンナである倉冨光枝を演じた音無美紀子、色っぽかったなぁ。セクシーともエロいとも違う、当時の彼女でないと出せない色気でした。そんな女房を自分が死んだら一緒になってくれと頼む寅のテキ屋仲間の常三郎。彼の気持ちはとても自分勝手、でも男なら理解できる人は多いのではないかな。そして、常三郎が亡くなって東京に出てきた光枝、これは明らかに寅さんを頼ってのこと。それは常三郎の遺言というだけではなく、彼女の本心でもあったはず。「病人の言うことだから…。」という寅さんの言葉を聞いた彼女の表情は、何とも悲しげで艶っぽかったなぁ。

 光枝と対極の位置にいるのが、岸本加世子演じる小田島愛子。今でも年齢の割りに可愛い岸本加世子ですが、本作における彼女ははまり役といってもよい魅力的なキャラでした。とにかく元気で、ふわふわしていて、楽天的な彼女は、まさにフーテン娘と呼ぶに相応しい存在だったなぁ。

 このように「男はつらいよ 寅次郎紙風船」は、音無美紀子と岸本加世子の好演が光るシリーズ中の名作の一本です。でも、寅さんはどうして光枝にあんな言葉を言ったのかなぁ。まあ、だから寅さんなんですけどね。では、本日はこの辺で 。,゚βyё(ノД`)ノシβyё゚,。 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品