Google
WWW を検索 ブログ内検索

パシフィック・リム : おっさんに、超おすすめ映画!!2013年08月09日 20:11

パシフィック・リム
 CSKAモスクワ所属の本田のACミラン遺跡が濃厚になったようですね。個人的には、香川よりも自分の意見をはっきりと述べる本田の方が好みなので、よい方向に進むことを大いに期待しています。ちなみに、広島県民の大いなる懸案材料であるヘボ野村監督の移籍もしくは解雇のために、私は今シーズンの広島カープの応援を止めようと思います。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
パシフィック・リム

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 2013年8月11日午前7時。太平洋の深海から突如現れた謎の巨大生命体によって、まずサンフランシスコ湾が襲撃された。打つ手のないまま3つの都市がわずか6日間で壊滅、人類は絶滅の危機に晒される。人類に残された道は“絶滅”するか“戦う”かのふたつしかない。そんな中、環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は、PPDC(パン・パシフィック・ディフェンス・コープ)を設立、専門家たちの英知を結集して人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。だが、人類をあざ笑うかのように、巨大生命体は次々と海底から姿を現し、破壊を繰り返す
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「パシフィック・リム」は、深海から出現した巨大生命体(KAIJU)と人類が開発した巨大ロボットとの戦いを描いたSFアクションです。、かつてKAIJUにより兄を亡くし、失意のどん底にいたイェーガーのパイロットであるローリー・ベケット役には、「ザ・レッジ-12時の死刑台-」のチャーリー・ハナム。PPDCの司令官であるスタッカー・ペンテコスト役には、「プロメテウス」のイドリス・エルバ。日本人研究者のマコ・モリ役には、「小川の辺」の菊地凛子。監督は、「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」のギレルモ・デル・トロ。

 幼い頃は、怪獣が出るTV番組や映画をよく観ていました。ウルトラマンシリーズ、ゴジラ、ガメラ、大好きだったなぁ。そして、巨大ロボット。これも、アニメから実写までよく観ましたよ。そんな怪獣や巨大ロボットが大画面で暴れまくる作品をハリウッドが作るわけですから、中年おっさん世代としては期待値が半端なく上がっちゃうわけです。しかも、本作はその期待値を軽く上回るデキに仕上がっていましたよ。

 先ずは、映像が抜群でした。KAIJU、巨大ロボットのイェーガー、どちらも流石ハリウッドといえるクオリティー。日本人には、表現できないレベルの映像です。しかも、日本の怪獣映画に対するオマージュまで感じられるわけですから、中年のおっさんほど本作に感慨深さを感じるでのはないかな。太平洋の深海の裂け目から出現するKAIJUなんて、ほぼゴジラでしょう。

 次に、あらすじ自体もGoodな出来栄えでしたね。というのも、本作で登場する巨大ロボットのイェーガー、パイロットが二人というところがミソになっています。二人が”繋がる”ことで、イェーガーの力が初めて発揮されるわけです。この人と人が”繋がる”ということは、本作の要にもなっております。だからこそ、観ている我々が熱いものを感じる事ができるのでしょう。

 そして、映像という部分以外で、ハリウッド映画と日本映画の格の違いを感じたところもありあました。それは、本作のヒロインともいえるマコ・モリを演じた菊地凛子。彼女の発するオーラは、素晴らしかったですね。でも、彼女は多くの日本映画にも出演しています。しかしながら、ハリウッド作品に出演した時の彼女の方が魅力的に見えてしまうのはどういったことでしょうか。肝心の人物描写に関しても、日本映画はハリウッド映画に適わないということなのかな。だとすると、ちょっと残念ですね。

 このように「パシフィック・リム」は、子供よりも中年おっさん世代の方が熱くなれるSFアクション映画の逸品となっております。この夏は、観たい映画目白押しですが、本作は観終わった後の満足度で上位に来ることは間違いないと思いますよ。では、本日はこの辺で (*`・Д・*)ノバィバィ!!!  …【・ω・`】 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/08/09/6941660/tb

_ とりあえず、コメントです - 2013年08月09日 20:36

特撮や日本の怪獣もの&アニメも大好きなギレルモ・デル・トロ監督が創り上げたSFアクションです。 巨大怪獣に立ち向かう巨大ロボットという映像を観て、凄そうだなと楽しみにしていました。 昔に観た怪獣たちを合体させたような強敵KAIJUと2人組で操縦するロボットたちの活躍に、 何か懐かしさを覚えるような作品でした。

_ あーうぃ だにぇっと - 2013年08月09日 20:50

パシフィック・リム@よみうりホール

_ ヤジャの奇妙な独り言 - 2013年08月09日 22:04

人形巨大兵器「JAEGER(イエーガー)」  VS 怪獣「KAIJU(カイジュー)」のド突き合い 公

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2013年08月09日 23:21



何たって、監督が ギデルモ・デル・トロ!
前作「パンズ・ラビリンス」の文学的なキモ怪しさは勿論、ユーモラス満載で超キモい悪役たちを最高峰に面白く演出した「ヘルボーイ」が素晴らしい。
実は彼、子供のころは初日に駆けつけるほど東宝物・大映物の特撮ファン。
そ...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2013年08月09日 23:44

古き怪獣映画から発展させて近未来的にした人型ロボットとの対決を描いている。怪獣は海溝の中の異次元から出現するものすごく強く、対決するロボットもそれに負けないくらい巨大で威力がある。ガンダムやエヴァの世界を実写版でやってしまうとはハリウッドのスケールの違い

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2013年08月10日 00:53

☆待望の『パシフィック・リム』、甥っ子を連れて朝一で観に行きましたよ。
 とてもキチッと作られた作品だったので、荒削りな作品の持つ異常なテンションはなかったのですが、素晴らしい完成度に満足しました。
 私は、「仮面ライダー」よりも「ウルトラマン」派の男...

_ Akira's VOICE - 2013年08月10日 10:05

ツッコミ満載で興奮度は低い・・・。
 

_ ガメラ医師のBlog - 2013年08月10日 16:13

 昨日のご紹介に続いて、
ギレルモ・デル・トロ監督のVFX 映画
『パシフィック・リム』が満を持して、
http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/index.html
9日から全国ロードショー公開となりました。
公開初日の鑑賞記など、関連情報をまとめてご紹介しております。
...

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年08月10日 19:34

巨大ロボットVS怪獣、それは男の子ならば観てみたいと一度は思うもの・・・。 それ

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年08月10日 20:22

公式サイト。原題:Pacific Rim。ギレルモ・デル・トロ監督、トラヴィス・ビーチャム脚本。チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、バーン・ゴーマン、ロ ...

_ MESCALINE DRIVE - 2013年08月10日 21:24

ギレルモ・デル・トロ最新作、「パシフィック・リム」を観た。ちなみに2D吹替版とIMAXの3D字幕版の両方を。 吹替版は、ロン・パールマンの声を芸人ケンドーコバヤシが務めていて、その点に違和感を覚えたものだが、それ以外は満点といえるキャスティング。「ちゃんとわかっている」配役に、ただただ唸るのみ。いちいち挙げることはしないけれど、役柄にピッタリの声優起用に感謝したいくらいだ。そうではない作品も市場に出回っていて。 吹替未経験の芸能人を抜擢することで良くも悪くも話題になる。マスメディアに取り上げられることで周知を図るという手法は有効なのだろうし、そのために旬の芸能人を起用するというのも理解はできる。しかしそのせいで作品自体の価値を減ずるのは本末転倒だ。ありがたいことに、本作にそのようなことはない。 字幕版は、視覚的な情報量という点において日本語が優れていることを再認識する契機となった。漢字・ひらがな・カタカナが混在することで、一般名詞や固有名詞の区別ばかりではなく、未知の概念であってもなんとなく意味を捉えられる。便利だねえ、日本語。 日本語字幕の利点だけではなく、俳優本人の科白まわしを楽しめ、チャーリー・ハナムやイドリス・エルバが慣れない日本語を操ったり、菊地凛子演じる森マコが心中を吐露する際に日本語を話すのが効果をあげているのだけど、吹替版にはそこのところが表れておらず、監督としては日本語が話されることによる心象を描きたかったに違いない。これを思うと、完璧に近い吹替版に瑕疵を見つけてしまう。残念だ。 さて、日本のポップ・カルチャーを好きだと公言するのが、本作の監督であるギレルモ・デル・トロ。日本の怪獣特撮映画やロボットアニメ、漫画から大いに影響を受けたこのメキシコ人は、デビュー以来、着実にキャリアを積み重ねてきた。その甲斐あって「自分の観たい特撮映画」に、ハリウッドの潤沢な製作資金を注ぎ込むことができるのだから大したものだ。...

_ 2ちゃんねるコメントNEWS - 2013年08月10日 22:34

1: 女優の菊地凛子(32)、子役の芦田愛菜(9)が10日、映画『パシフィック・リム』公開記念舞台あいさつを都内で行った。激しいアクションシーンをこなし「こういう映画に出るために生まれてきた」と菊池が胸を張れば、芦田は「凛子さんがとてもかっこよかったので、もしチャンスをいただけたらチャレンジしたいです」と次のハリウッド作出演に意欲を見せた。

_ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ - 2013年08月10日 23:39

【PACIFIC RIM】 2013/08/09公開 アメリカ 131分監督:ギレルモ・デル・トロ出演:  チャーリー・ハナム/ローリー・ベケット(杉田智和)  イドリス・エルバ/スタッカー・ペントコスト(玄田哲章)  菊地凛子/森マコ(林原めぐみ)  チャーリー・デイ/ニュートン...

_ グドすぴBlog - 2013年08月11日 04:23

(※いつも通り、むしろいつも以上に「あらすじ」以降からネタバレ全開です)





メキシコ出身アメリカ在住の日本オタクの監督が製作費200億円でハリウッドの技術を注ぎ込んで作り上げた、巨大ロボット...

_ こねたみっくす - 2013年08月11日 10:35

熱いぜ!この中二病的ヲタク魂!
「ウルトラマン」を始めとする怪獣モノで熱くなった魂が、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を始めとする人型巨大兵器で燃えた魂が、『マトリックス ...

_ 映画のブログ - 2013年08月12日 02:31

 【ネタバレ注意】

 ジャンボーグA対大悪獣ギロン!
 『パシフィック・リム』には冒頭から度肝を抜かれた。全編がこんな夢の対決で溢れているのだ。

 映画『風立ちぬ』はそれだけでも充分素晴らし...

_ 象のロケット - 2013年08月12日 08:18

2013年8月、太平洋の深海から出現した、謎の巨大生命体“KAIJU(カイジュウ)”によって、3つの都市が瞬く間に壊滅。 環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は、PPDC(パン・パシフィック・ディフェンス・コープ)を設立し、人型巨大兵器“イェーガー”を開発するが、KAIJUとの戦いは5年、10年と長引いていった。 一線を退いていたイェーガーの元パイロット、ローリーは再び戦線に復帰し、日本人女性マコとコンビを組もうとするが…。 SFアクション。 

_ 映画雑記・COLOR of CINEMA - 2013年08月12日 19:36

『パンズ・ラビリンス』『ヘルボーイ』シリーズなどのギレルモ・デル・トロ監督による怪獣巨大ロボット映画『パシフィック・リム』。出演はチャーリー・ハナム、菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜、他、怪獣や巨

_ 【徒然なるままに・・・】 - 2013年08月12日 20:01

話題の巨大ロボットVS巨大怪獣の映画です。
自分が見たり聞いたり読んだりした限りでは、凡そ好意的な意見以外は入って来ないので、逆に期待値を思いっきり下げて見てきました。

一見して皆さん仰る通り日本製の特撮モノやらアニメやらからの影響、否、露骨な引用(オマージュともいう)が目に付きますね。その分日本人が、世界で一番この世界観に違和感なく入り込めるのではないかとも思います。

逆にディティール含めてなかなか怪獣の姿がバッチリと映らないことや、巨大ロボット”イェーガー”たちが案外脆かったりするあたりが、日本人の感覚とはちょっと違うのかなという気もしますが、いやこれが現代的感覚なのか...

_ 映画感想メモ - 2013年08月12日 21:22

ロボットvs怪獣映画!熱い!迫力ある!面白かった! いい加減あらすじ 裂け目から

_ ダイターンクラッシュ!! - 2013年08月13日 20:55

2013年8月10日(土) 18:25~ 109シネマズ川崎7 料金:2200円(IMAX 3D) パンフレット:未確認 大正義映画 『パシフィック・リム』公式サイト 主人公、ライバル、上官、科学者、主人公の過去など、集団戦闘活劇映画における極めて正しい設定。 後、怪しい商人なんてのも、日本のアニメには良く出てくる設定のような。 惜しむらくは、相棒兼ヒロインが、ハリウッドが信用しているであろう菊地凛子でなく、綾瀬はるか、上戸綾、長澤まさみ、新垣結衣だったら、なお良かったのだが。ガッキーとまさみちゃんには、アクション出来るのかという懸念はある。天道あかね役や「岳」出演などの微妙な実績はあるけど。 怪獣に関しては、日本的なフィギュアにすると少々可愛いようなスッキリした形態(アンギラスとかレッドキングとかギャンゴとか)のものでなく、はたまた「バンズ・ラビリンス」のデル・トロ的ファンタジックなものでなく、ぬめぬめとした粘着的生物になっている。(「ミミック」に近い?) 包丁怪獣以外は。(後述) ロボットのほうは、ほとんど参照したものが無いようなオリジナリティ溢れるものだ。「スカイライン 侵略」なんて宇宙生物がアッガイの形態をしていたけど。 でも、「ボトムズ」とか「ダグラム」の影響はあるのかなぁ。無骨そうなところ。両アニメともほとんど観ていないので、良く判りません。 海外のサイトでデザインをコメントしているサイトがあった。 上のEVOLUTIONの絵で、 JAEGAR(イエーガー)ロボットには、GIGANTOR(鉄人28号)、VOLTRON(ゴライオン)、KURATAS(水道橋重工製作のリアルロボット)、ガンダム、エヴァンゲリオンが日本から選出。 KAIJU怪獣には、ゴジラ、ギャオス、ギロンが日本から選出。怪獣の数が少ないな。 韓国からは、グエムルが見事選出される。「パトレイバー」のパクリとも言われる奴だが。(造詣じゃなくて出生の理由がね) パクリと言えば、「テコンV」はいないし、本家の「マジンガーZ」も選出されていない。映画の主人公ロボには、ロケットパンチみたいな武器はあった。ついでに、天空剣みたいなのも。「ボルテスⅤ」知っているのか? 映画観ている最中に思ったのだけど、怪獣の左側の奴は、流石にギロン(包丁怪獣)にインスパイアされたのでないか。 操縦は、勇者ライディーンやジャンボーグA、Gガンダムのモ...

_ だらだら無気力ブログ! - 2013年08月13日 21:50

中露のイェーガーの噛ませ犬っぷりにはワロタ。

_ 風に吹かれて - 2013年08月14日 14:05

監督の日本愛公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim監督: ギレルモ・デル・トロある日突然、未知の巨大生命体が、太平洋の深海の裂け目を通って異次元から

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2013年08月14日 20:57

2013年・米/ワーナー=レジェンダリー・ピクチャーズ 配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Pacific Rim 監督:ギレルモ・デル・トロ原案:トラビス・ビーチャム脚本:トラビス・ビーチャム、ギ

_ みはいる・BのB - 2013年08月15日 21:01




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
8月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 18:10の回を鑑賞。2D:字幕版
8月15日(木) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 15:40の回を鑑賞。2D:吹替版

_ カノンな日々 - 2013年08月16日 23:29

初めて劇場予告編を観たときに、コレは絶対に日本の影響を受けた作品でしょと思ったのですが、やっぱりそのようで劇中に登場する巨大生物は日本でお馴染みの怪獣そのままに“KAIJU ...

_ 真・天文台 - 2013年08月17日 00:20

監督:ギレルモ・デル・トロ 脚本:トラヴィス・ビーチャム、ギレルモ・デル・トロ

_ キノ2 - 2013年08月17日 10:01

★ネタバレ注意★


 ギレルモ・デル・トロ監督作品だということ以外、出演者どころかジャンルすら確かめず、果たしてこの作品がファンタジーなのかSFなのかサスペンスなのかミリタリーアクションなのかシリアスな戦争映画なのか、それすら知らなかったのですが、とりあえず劇映画ということで、いつものように2D上映で観たのだけど、もしかしたら失敗だったかも。これは、劇映画というより体感型アトラクション、映像偏重93%のアメージング体験。3Dどころか、いっそIMAXで観るのが正しい鑑賞の仕方だったかも。

 近未来の地球。宇宙人の侵略は空からはでなく深海から始まった。
 太平洋沖合いの海底に...

_ たいむのひとりごと - 2013年08月17日 14:52

2Dでも十分だろうと思っていたのだけど、3Dとは相性のよいロボットものだし、何より吹替の声優陣が豪華というか珍しいメンツが集っていたので、それを楽しみにあえて”3D吹替”で鑑賞。(俳優陣に思い入れのあ

_ 時間の無駄と言わないで - 2013年08月18日 00:24

「俺、こういうのが大好きなんだよぉ!!」という監督の叫びがビンビンに伝わってくる怪獣映画。
監督の特撮趣味全開。
この映画を楽しむために大事なのは主人公に感情移入出来るか ...

_ 映画@見取り八段 - 2013年08月18日 16:26

パシフィック・リム~ PACIFIC RIM ~     監督: ギレルモ・デル・トロ    出演: チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニー、ロン・パールマン、クリフトン・コリンズJr.、バーン・ゴ…

_ オールマイティにコメンテート - 2013年08月18日 22:35

「パシフィック・リム」は太平洋の底から突如怪獣が出現した事により人類は絶滅の危機に瀕する。怪獣に対抗するために人類は2人がシンクロして操縦する巨大兵器を開発して対抗する ...

_ 大吉! - 2013年08月21日 00:29




(2013年8月16日・ユナイテッドシネマ長崎・会員サービスデー・2D字幕版・11時20分~)

2013年8月、太平洋の深海の裂け目から突如KAIJUが現れ、3つの都市を破壊した。人類はKAIJUに対抗するため、人...

_ 単館系 - 2013年08月24日 22:19

パシフィック・リム ユナイテッドシネマ浦和 8/9公開
IMAX3D(字幕)にて鑑賞

2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。
それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破...

_ 映画観たよ(^^) - 2013年08月30日 00:12

『パシフィック・リム 3D』を吹き替えで観てきました。(今回いつもにも増してネタバレてます;;)パシフィック・リム - 映画.com実は何気にメッチャ楽しみにしていたんですよね~夏休み作品ではコイツを楽しみにしていたといっても過言ではないです。まぁ個人的に・・;; そんでもって、今日は久しぶりにコンタクトレンズを作ったので、お試し装着のまま折角だからと久しぶりに邪魔なもの(メガネ)なしに3Dメガネをかけてみたいと思ったりして3D+吹き替えで観てきた。実はそんでなくても、今回声優陣の豪華さ!!玄田哲章、杉田智和、林原めぐみ、古谷徹、池田秀一、浪川大輔、三ツ矢雄二..これに目がくらんで吹き替えを観たんだけどね。。。実際、たぶん字幕+このキャストだったら日本の優秀な声優陣が吹き替えたほうが日本人が鑑賞する作品的には良く仕上がっている気がしました(^^) 題材として巨大ロボット!が侵略者の刺客巨大怪獣「KAIJU」から人類を守るという設定は、日本人になじみの深い設定。この設定って、日本人はふつうに受け入れられますが、海外の人たちってどういう心境で観てるんでしょうね!?巨大ロボットを使うあたりがキワモノ監督的に扱われてしまったりしてませんでしょうか?まぁ監督であるギレルモ・デル・トロも「鬼才」とか枕詞が付いちゃうくらいだからね;; 今回重要な役柄の森マコ役の菊地凜子ですが、地声の彼女(きっと英語)より林原めぐみの刹那的な声(どんな声じゃ)のほうがこの作品に似合っていた気がします。アクションもあり強気と弱気のまなざしがいい仕事したなぁ~と感じちゃいました。唯一気になったのが、、、、オトナの彼女の前毛足が青いのはナゼ??オシャレ??キワモノ感が増しただけの気がしました。。。どうせなら青とかオレンジとか思いっきりアニメ設定のほうがまだ良かった気がした。 ちょい役で子役の芦田愛菜ちゃん出てましたが、ハリウッドデビューと騒ぐほどのものじゃないです。 あとは、、バカ息子の父ハーク・ハンセン役の声を担当した池田秀一(ハッキリ言ってもはやハリウッド俳優のだれがやろうが関係ない状態!)!!作品の影響上ずっと彼(キャスバル)らしい声を意識させないようにしていたのだと思うんだけど、最後に指令になるんだけど、、やはり士官となると、出ちゃいますネ(^^)~最後は丸っきりシャアでした(^^)/ 声優陣でいうと、、博士2人!!三ツ矢雄二は...

_ ケントのたそがれ劇場 - 2013年09月01日 10:04

★★★★ 製作:2013年米国 上映時間:131分 監督:ギレルモ・デル・トロ  深海にある時空の裂け目から、次々に現れて地球を襲う怪獣たち。これを向かい打つために全世界の英知を集めて創られた巨大ロボットとの戦いを描くSFアクションバトル作品である。  分

_ 嶋津球太の映画主体のレビュー日記.。.:*・゚☆.。.:*・゚ - 2013年09月01日 15:22

こんにちは(*´-`*)ノ映画を観てきましたー大注目のSF映画『パシフィック・リム』怪獣とロボットが戦う映画ですねーとても迫力のある映画でした(*´-`*)ノロボットの重量感がすごかったですね!そしてかっこい...

_ 無限回廊幻想記譚 - 2013年09月02日 22:17

 【ストーリー】 かつて人々は地球外生命との接触は宇宙からもたらされると考えてい

_ FREE TIME - 2013年09月04日 00:18

映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2013年09月23日 05:49

 『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。

(1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。

 本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンティヴァース」)から次々と送られてくる巨大な怪獣(“kaiju”)に...

_ よしなしごと - 2013年11月17日 13:37





(基本的にネタバレありですのでご注意ください。)
●パシフィック・リム
 2013年、太平洋グアム沖の深海に異世界とつながる割れ目が生じ、そこから怪獣が現れ、サンフランシスコを襲撃する。米軍は陸海空軍総攻撃をかけ、その怪獣を倒すことに成功する。しかし喜ぶのもつかの間、次々と怪獣が出現する。関係各国は協力して環太平洋防衛軍、通称PPDCを設立し、対怪獣用巨人兵器イェーガーを開発する。イェーガーの操縦には精神的、肉体的にも負担がかかることから、2人のパイロットが脳の同調回路...

_ いやいやえん - 2013年12月13日 12:19



かかか、KAIJU!
ギレルモ・デル・トロ監督作品。巨大モンスターを「KAIJU」とよぶ事からも分かるとおり、かなり日本の特撮映画をリスペクトしています。どうやら昔日本の特撮をみてたようですよ(放送してたの?)。
対KAIJU兵器「イェーガー」には精神的負担の軽減からパイロットは二人、そのシンクロ率は作品の中でも重視されていて、二人の記憶を共有してしまうなどの面も。

特撮の設定を実写でやったらバカみたいだろうというのをハリウッド級の映像でやっちゃうから、ツッコミどころが多くて仕方ないのに、なんだか嬉しい笑みを浮かべてしまうのはなぜだろうか(必殺技を出す時、パイロットが技の名前を叫ぶとかさー)。なんか、ガチでやっちゃうとこが素敵だ。

ゴジラとかをやっぱり昔みてたから、こういうのにときめいちゃうんだよね。音楽もまたそれ(ときめき)に拍車をかける。怪獣オタクと数学オタク、オペレーターも濃くて素敵だ。司令官もだけど、ハーク(ハンセン父)もかっこよかったよねー。
物語は、捻りはなく一直線ですが、このイェーガーの設定だけでときめけちゃうから、私は満足だな。同じロボットものでも、「トランスフォーマー」シリーズみたいな素早い動きがないガチガチの動きが、いかにもロボットっぽくていいのよ。ロケットパンチに痺れたー。

森マコ役の菊地凜子さんも、あまり好きではないのですがこの作品では良かったと思う。また主人公側にあまり有名な俳優を持ってこなかった事も正解かも。興奮しすぎて記事が書けない(笑)もうとにかく単純に見ていて熱くなります。胸熱です。これ劇場で観たかったー。
超面白かった!男の子の夢と希望と憧れを一緒くたにした映画。ある意味で日本人の夢も叶えてくれた。でもこれは人を選ぶかな。ウルトラマンの好きな甥っ子は喜びそう。

【概略】
深海から突如現れた巨大エイリアン“KAIJU”が大都市を襲撃。絶滅の危機に瀕した人類は人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。

SFアクション

_ kintyre's Diary 新館 - 2014年01月05日 18:22

13-67.パシフィック・リム 3D■原題:Pacific Rim■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:2、100円■観賞日:8月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)
□監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ□脚本:トラヴィス・ビーチャム◆チャーリー・...

_ 映画好きパパの鑑賞日記 - 2014年01月29日 12:54

 2013年マイベストテンで1位はパシフィック・リム   作品情報 2013年米国映画 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:チャーリー・ハナム、菊地凛子、イドリス・エルバ 上映時間:131分 評価★★★★★(五段階) 鑑賞場所(TOHOシネマズららぽーと船橋)…

_ エンタメ ウェブロッジ SunHero - 2014年01月31日 19:46

今夏も人類滅亡を様々な視点から描いたハリウッド映画が、まるでゾンビの来襲のように、ウジャウジャ日本に押し寄せてきた。その中でも頭ひとつ抜きん出ている印象なのが、日本人キャストが活躍する「パシフィック・リム」じゃないだろうか?その活躍振りは、別所哲也が主…

_ 映画大好きだった^^まとめ - 2014年08月09日 22:12

1 : 名無シネマ@上映中 : 2013/08/09(金) 15:37:35.89 ID:Sqa5NQBz人類最後の望みは、この巨兵。米公開 2013年7月12日 日本公開 2013年8月9日【監督】 ギレルモ・デル・トロ【出演】 イドリス・エ ...