Google
WWW を検索 ブログ内検索

ローン・レンジャー : キモサベの意味がどうでもよくなる位面白い2013年08月06日 19:32

ローン・レンジャー
 J2札幌に、ベトナム人初のJリーガーが誕生しました。広島とは関係のない話ですが、少しだけ興味わきますよね。あくまでも私見ですが、Jリーグのレベルアップのため、アジア人に関しては外国人枠に入れないというのはどうでしょう。面白くなると思いますけどね。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ローン・レンジャー

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 少年時代のある忌まわしい事件のせいで復讐に燃える戦士となった悪霊ハンター、トント(ジョニー・デップ)は、その悲願のために、不思議な白馬シルバーの導きと自らの聖なる力によって、瀕死の状態にあった検事のジョン・リード(アーミー・ハマー)を甦らせる。レンジャー部隊の英雄である兄ダンを何者かに殺された過去があるジョンは、兄の敵を探すためにトントと手を組む。しかし、法に基づく正義の執行を求めるジョンと、復讐のためなら手段を選ばないトントはまったく噛み合わない。しかし、愛する者に再び魔の手が迫り、マスクをつけた謎のヒーロー“ローン・レンジャー”として生きる覚悟を決めたジョンは、白馬シルバーを従え、無敵の相棒トントと共に巨悪に立ち向かう……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ローン・レンジャー」は、1930年代にラジオドラマ、50年代にはTVシリーズや映画も製作されて人気を博した往年の西部劇ヒーローを、新たに映画化した西部劇アクションです。悪霊ハンターのトント役には、「ラム・ダイアリー 」のジョニー・デップ。兄の敵を探すためにトントと手を組む検事のジョン・リード役には、「白雪姫と鏡の女王」のアーミー・ハマー。鉄道会社の役員で野心家のレイサム・コール役には、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のトム・ウィルキンソン。西部開拓時代のならず者でジョンの兄を殺したブッチ・キャベンディッシュ役には、「ザ・ビッグバン」のウィリアム・フィクナー。娼婦館を営む謎の女であるレッド・ハリントン役には、「レ・ミゼラブル」のヘレナ・ボナム=カーター。監督は、「ランゴ」のゴア・ヴァービンスキー。

 ローン・レンジャーは、アメリカでは昔からヒーローだったんですね。1930年代には、ラジオドラマを放送していたとのことですから。トントから話を聞かされる少年が、何故ローン・レンジャーの姿を真似ていたのかよく理解できましたよ。

 そんな日本の「ゴジラ」シリーズにも負けない歴史を持つヒーローの作品だけあって、高かった期待値を上回る素晴らしい作品でした。149分という長い上映時間も、私の膀胱以外感じることはありませんでした。

 先ずは、アクション映画に重要な映像、これが抜群でした。西部の荒涼とした大地に、鉄道を敷設する時代。そんな歴史が移り変わる時代を、見事に表現していました。そして、ラストのアクションシーン、ここまでハラハラドキドキさせられるとは思いもよりませんでした。流石、ゴア・ヴァービンスキーは天才ですね。

 あらすじも、逸品のデキでした。無論、ヒーロー物ですからエンディングは誰でも想像できる予定調和的なもの。但し、それを飽きさせないための工夫が、随所に盛り込まれていましたよ。その中で個人的に一番Goodと思えたのが、コメディー要素の多さ。館内から笑い声が結構聞こえていました。とにかく、白馬ちゃんが大活躍ですから。この部分は期待していなかっただけに、得した気分になれましたね。

 このように「ローン・レンジャー」は、娯楽映画としての様々な要素が詰め込まれた西部劇アクションの逸品です。本作では、ローン・レンジャー誕生秘話というべき作品となっているので、是非とも続編を期待したいものです。では、本日はこの辺で (o´∀`)ノ⌒【・.。*゚+.βyё☆βyё.+゚*。.・】 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

_ ぷっちん ― 2013年08月07日 07:58

おはようございます。

先日、行って参りました。
予想外に良かったですよね。
あのテーマソングと一緒に白馬が列車と並行して走るシーンなんて、
興奮してしまいました。
スクリーンで観て良かったです。

「オズ はじまりの戦い」を映画館で観なかったことが残念で、
この作品は行こうと決めました。

_ ウマキング ― 2013年08月07日 12:47

ぷっちんさん、こんにちは~。

本作は、映画館の大きなスクリーンで観てよかったと思える作品ですよね。
特に、ラストのアクションシーンは、これぞハリウッド的な素晴らしさ。
私も、興奮しっぱなしでしたよ。

>「オズ はじまりの戦い」を映画館で観なかったことが残念
「オズ はじまりの戦い」も、映像は素晴らしかったですからね。
確かに、映画館向けの映画でしたね。

ではでは。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/08/06/6937995/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年08月06日 19:55

テロリストのキモサベ
公式サイト。原題:The Lone Ranger。ジョージ・W・トレンドル、フラン・ストライカー原作、ゴア・ヴァービンスキー監督。ジョニー・デップ、アーミー・ハマー、ヘ ...

_ 映画感想メモ - 2013年08月06日 20:54

キモサベ! いい加減あらすじ 列車で運ばれているのは指名手配犯のキャベンディッシ

_ みはいる・BのB - 2013年08月06日 21:03




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
8月2日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 18:50の回を鑑賞。

_ カノンな日々 - 2013年08月06日 21:12

この『ローン・レンジャー』てその昔TVドラマでもやってたたお話ですよね?見ていた記憶はさっぱりありませんけど、タイトルは知ってますしテーマソングみたいなのが何となく耳に ...

_ ぷかざの映画感想記 - 2013年08月06日 22:30

ローン・レンジャー観ました。 [満足度:★★☆☆☆] ※ネタバレ含む感想ですので

_ Akira's VOICE - 2013年08月07日 09:39

快走コンビプレイ最高!!
 

_ ☆みぃみの日々徒然日記☆ - 2013年08月07日 10:58

平成25年8月7日(水)。 映画:「ローン・レンジャー」。 監  督:ゴア・ヴァービンスキー 音  楽:ハンス・ジマー キャスト: トント(ジョニー・デップ) ジョン・リード/ローン・レンジャー(アーミー・ハマー) レイサム・コール(トム・ウィルキンソ…

_ こねたみっくす - 2013年08月07日 22:51

陸に上がった『パイレーツ・オブ・カリビアン』じゃなイカ!
コスプレを楽しむジョニー・デップ、ストーリーよりもリズムを重視するゴア・ヴァービンスキー、シリーズ化を企むジ ...

_ 風に吹かれて - 2013年08月08日 00:13

ハイヨ シルバー!公式サイト http://www.disney.co.jp/loneranger監督: ゴア・ヴァービンスキー  「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ1869年、絞首刑のなるはず

_ I am invincible ! - 2013年08月08日 19:38

若き検事ジョン・リード(アーミー・ハマー)は、故郷に向かう列車の中で、2人の囚人と出会った。

_ 映画@見取り八段 - 2013年08月08日 20:52

ローン・レンジャー~ THE LONE RANGER ~    監督: ゴア・ヴァービンスキー    出演: ジョニー・デップ、アーミー・ハマー、ヘレナ・ボナム=カーター、トム・ウィルキンソン、ウィリアム・フィクトナー、バリー・ペッパー、ジェームズ・バッジ・デール、ルース・…

_ 心のままに映画の風景 - 2013年08月08日 23:35


西部開拓時代のアメリカ。
正義感あふれる郡検事のジョン・リード(アーミー・ハマー)は、勇敢なテキサス・レンジャーの兄ダンを無法者一味に殺され、自らも凶弾に倒れて生死をさまよう。
スピリチュア...

_ 象のロケット - 2013年08月09日 15:32

テキサス・レンジャーの兄を殺され自らも凶弾に倒れた元検事のジョンは、コマンチ族の悪霊ハンター、トントによってローン・レンジャーとして甦った。 二人の共通の敵は脱走した無法者のキャンベルディッシュ。 法に基づく正義の執行を求めるジョンと、復讐のために手段を選ばないトントは、対立しながらも敵を追い詰めてゆくのだが…。 サスペンス・アクション。 ≪世界を救うのは、正義か? 復讐か?≫

_ よくばりアンテナ - 2013年08月09日 19:33



アメリカ西部開拓時代。サンフランシスコ。
銀鉱山を発見し、
先住民を騙し、鉄道を敷いて大もうけしようとした横暴な白人に
復讐しようとしていたトントと
死の淵から甦らされた検事ジョンの、
アク...

_ 映画のブログ - 2013年08月09日 20:05

 かつてダグラス・フェアバンクスやエロール・フリンが主演して人気を博した海賊映画。
 だが、それが作られたのは、せいぜい1950年代までだろうか。20世紀後半になると海賊映画はめっきり減ってしまい、た...

_ たいむのひとりごと - 2013年08月09日 22:17

”ジャック・スパロウ”が陸に上がったらこんな感じになるのかなぁ~というのがトントという、そのまんまな作品だった。でもやっぱり”ジャック・スパロウ”は海賊で、海でこそと思うわけで、トントもあくまでもトン

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2013年08月11日 02:34

☆朝一で観てきました。
 かなり堅実に作られ、アクションも豪快でありながら、往年の「追っかけっこ」的な、登場人物の個性を活かしたもので良かったっス。
 主役の生真面目な保安官を差し置いて、相棒のインディアンの呪術師が目立っているが、
 そのジョニー・デ...

_ ハリウッド映画 LOVE - 2013年08月11日 11:58

原題:The Lone Ranger監督:ゴア・バービンスキー出演:ジョニー・デップ、アーミー・ハマー、ヘレナ・ボナム・カーター、トム・ウィルキンソン、ウィリアム・フィクトナー

_ 京の昼寝〜♪ - 2013年08月13日 08:39



□作品オフィシャルサイト 「ローン・レンジャー」 □監督 ゴア・バービンスキー□脚本 ジャスティン・ヘイス、テッド・エリオット、テリー・ロッシオ□キャスト ジョニー・デップ、アーミー・ハマー、トム・ウィルキンソン、ウィリアム・フィクトナー、バリー・ペッ...

_ とりあえず、コメントです - 2013年08月15日 13:30

ラジオドラマからテレビドラマ、映画と何度も映像化されてきた人気冒険ストーリーを 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのスタッフが映画化したアクション・アドベンチャーです。 予告編を観た時から、トントに扮装したジョニー・デップが楽しそうだなあと気になっていました。 壮大な風景と細かいユーモア、そしてラストの怒とうのアクションが楽しい作品でした。

_ CINEMA見聞録 - 2013年08月16日 23:22

 悪霊ハンターのトントは、瀕死の検事ジョン・リードを聖なる力で甦らせる。レンジャ

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年08月17日 08:11

ジェリー・ブラッカイマー製作、ゴア・ヴァービンスキー監督、ジョニー・デップ出演と

_ あーうぃ だにぇっと - 2013年08月18日 20:46

ローン・レンジャー@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

_ ★ Shaberiba  - 2013年08月19日 20:24

壮大なアクションと共に圧巻な風景が冒険要素を際立たせる!異色西部劇〜!!  

_ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) - 2013年08月21日 13:07

「ローン・レンジャー」監督:ゴア・ヴァービンスキー(『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』)出演:ジョニー・デップ(『ダーク・シャドウ』『パイレーツ・オブ・ ...

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2013年08月21日 22:33

映画『ローン・レンジャー』は、あの『パイレーツ・オブ・カリビアン』の、もっと言え

_ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 - 2013年08月28日 19:17

 1933年のラジオドラマ放映以降、様々なジャンルにメディア展開され、今なお広く愛される伝説的西部劇を、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのゴア・ヴァービンスキー監督、「白雪姫と鏡の女王」のアーミー・ハマー×ジョニー・デップ主演で映画化。 我々世代

_ いやいやえん - 2014年01月19日 11:15



インディアン・老トントが語るローン・レンジャーの真実。
ローン・レンジャーで知ってる事といえば相棒のインディアンが「インディアン、嘘つかない」と、まるで呪詛のようにくり返す台詞だけ。
子供の頃何気に使った「インディアン、嘘つかない」という言葉はここから来てたんだろうな〜と今更ながら。
ジョニー・デップ、アーミー・ハマー共演のディズニー作品で、パイレーツのスタッフ結集ってことでまた面白いのを見れるのかと思ってたけど、後半の「ウィリアム・テル序曲」でテンションはぐんと↑↑上がりましたけれども、正直本編は中だるみしているよね。
トントとジョンの気の合わないドタバタぶりは可笑しいですが、冒頭と終盤の列車上での銃撃戦は見応えあるシーンだったものの、正直、その間の展開一連はダレてしまい、冗長に感じられる部分がほとんどだった。
わーまだ半分あるよーとか思いつつ見てました^;面白くないわけじゃないんだけど、パイレーツみたいな誰にもわかりやすいエンタメじゃなくて、西部劇ってところが単純な物語をめんどくさい気にしている感じがするんだよね。
後半のウィリアム・テル序曲アレンジがまたぴったり合ってて愉快。象牙の義足銃をもつヘレナ・ボナム・カーターも愉快。
野生のうさぎさんたちが面白かった。見掛けは可愛いのに…野生上等なところが(笑)

【概略】
少年時代のある忌まわしい事件のせいで、復讐に燃える戦士となった悪霊ハンターのトント。彼は自らの悲願のために、不思議な白馬シルバーの導きと、自らの聖なる力によって瀕死の男、検事のジョン・リードを甦らせる。レンジャー部隊の英雄である兄ダンを何者かに殺されたジョンは、兄の敵を探すためにトントと手を組むが、法に基づく正義の執行を求める彼と、復讐のために手段を選ばないトントとは、全くかみ合わないチームだった。だが、愛する者に再び魔の手が迫る時、ジョンは白馬シルバーを従え、マスクをつけた謎のヒーロー“ローン・レンジャー"として生きることを決意し、無敵の相棒トントと共に巨悪に立ち向かう。果たして、最後に世界を救うのは―正義か?復讐か?

西部劇アクション