Google
WWW を検索 ブログ内検索

マダガスカル3 : 高値安定のファンタジー2013年08月04日 15:31

マダガスカル3
 暑い…、暑すぎますなぁ…。でも、我が家の愛犬は、妙に元気すぎて散歩が大変です。冬は用を足したら、あっという間に家に戻るのに、夏場は戻る気ゼロですからね。まあ、元気が何よりということでしょうか。ちなみに、本日紹介する作品も動物が大暴れのこちらになります。
【題名】
マダガスカル3

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 アフリカ大陸からニューヨークへ帰ることにしたアレックス(声:ベン・スティラー/日本語吹替版:玉木宏)らは、ペンギンズを探すためにモナコ・モンテカルロにあるカジノに潜入。しかしそこで大騒動を起こしてしまい、動物管理局のデュボア警部に追われる。逃げまどうアレックスたちをサーカス一座の動物たちが匿い、彼らは難を逃れる。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「マダガスカル3」は、都会育ちの動物たちが巻き起こす騒動を描いた「マダガスカル」シリーズの第3作目となる作品です。ライオンのアレックスの声優には、「ペントハウス」のベン・スティラー。シマウマのマーティの声優には、「アダルトボーイズ青春白書」のクリス・ロック。カバのグロリアの声優役には、「再会の街で」のジェイダ・ピンケット=スミス。グロリアの彼氏でキリンのメルマンの声優には、「ジョン・カーター」のデヴィッド・シュワイマー。監督は、「マダガスカル」「マダガスカル2」のエリック・ダーネルと「モンスターVSエイリアン」のコンラッド・ヴァーノン。

 本シリーズは全て観ていますが、やっぱり楽しめますよね。しかも、子供から大人まで楽しめるんですから、素晴らしいですよ。この安定感は、半端ないですね。日本の株もこの位高値安定してくれれば、この国も良くなるのですが…。

 とにかく、テンポが抜群。しかも、息切れ無く最初から最後まで突っ走っちゃいます。次から次へと展開が代わり、観る者を全く眠くさせません。もともと長くはない93分という上映時間が、あっという間でしたよ。エリック・ダーネルとコンラッド・ヴァーノンは、本当に凄い才能の持ち主ですねぇ。

 あらすじとしては、ベタな感じであくまでも想定の範囲内。臭くなることも、決してありません。こういったところも本当に絶妙で、ただただ感心するのみです。いよいよもって、エリック・ダーネルとコンラッド・ヴァーノンは凄い奴らですよ。

 キャラクターも相変わらず可愛くてGoodでした。新キャラクターのビターリ、ジア、ステファノも良いのですが、私としてはペンギンズが一番かな。彼らこそ、不可能なミッションを可能にする一流のエージェントですからね。

 このように「マダガスカル3」は、子供から大人まで楽しめる良質のアニメとなっております。ブラックなネタも無く可愛いキャラクターが画面の中を大暴れする本作は、観る人を選ばないGoodな作品だと思いますよ。では、本日はこの辺で ☆・゚:*【人*・3・】。o○ВЧЁВЧЁ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/08/04/6934816/tb

_ Akira's VOICE - 2013年08月04日 17:06

笑いと興奮いっぱい。愉快!

_ ダイターンクラッシュ!! - 2013年08月05日 00:24

2012年8月1日(水) 20:45~ TOHOシネマズ川崎6 料金:300円(フリーパスポート+3D料金メガネ持参) 『マダガスカル3』公式サイト フリーパスポート22本目。 字幕版は、新宿ピカデリーくらいでしか上映していない模様。 これは3D日本語吹き替え版。 驚くべき傑作だった前作に続いての本作は、より一層派手でスペクタクルになった傑作だった。 前作で出生の地に戻り親と再会し、長となったかに見えたライオンのアレックスだが、4人組でニューヨークに帰りたいとの出だし。どうやら親はいないことになっているようだ。親どころか周辺の動物も。 前作最後にモンテカルロに向かったペンギンを追って、アフリカから泳いでモンテカルロにたどり着く4人組。ペンギンの飛行機で帰路に着くが、フランスで墜落。動物取締官(?)の女ターミネーターのような不死身のオバサンに追い掛け回される。逃げ込んだ先はサーカス団。ペンギンはサーカス団を買収するが・・・。 オバサンの4人組を追いかける動きが脅威だ。サーカスが派手で楽しい。飛び出す3Dも沢山。 相当なアニメーションなんで、どんなに大勢のスタッフがいるのか、異常に長いエンドロールだけが欠点。 「ディープインパクト」級に長いので、途中退室も止むを得ない。最後に何もないし。 スタッフにコンピュータ環境構築のSE系らしき名前もあった。 基本的には避ける日本語吹き替えだが、玉木だとか柳沢だとか高島礼子だとか気が付かなく、普段は鬱陶しい柳沢も、十分受け入れられる状態だ。評判の悪いお笑い芸人の吹き替えだが、おぎやはぎなる連中は認められる。1から代わっていないしなので、好評なのだろう。 まあ、でも字幕版も観たい。特に、音楽シーンなど。オバサンの歌は、吹き替えでなかった。 でも、吹き替えの連中の歌も悪くないよ。 前作でペンギンにボコられたドリームワークスの釣り少年は、今回は被害無し。 お勧め度:☆☆☆☆ ターミネーター3度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆☆

_ ☆みぃみの日々徒然日記☆ - 2013年08月05日 09:48

平成24年8月3日(金)。 映画:「マダガスカル3」。 監  督 エリック・ダーネル /コンラッド・ヴァーノン 脚  本 ノア・バームバック 製  作 ミレイユ・ソリア/マーク・スウィフト 音  楽 ハンス・ジマー キャスト   ライオン・アレックス:玉木…

_ カレサンスイノTTZMI - 2013年08月06日 20:10

『マダガスカル3』 “MADAGASCAR 3: EUROPE'S MOST WANTED” (2012・アメリカ・1h33) 監督 : エリック・ダーネル/コンラッド・ヴァーノン/トム・マクグラス 声の出演 : ベン・スティラー、クリス・ロック、デヴィッド・シュワイマー、ジェイダ・ピンケット・スミス、サシャ・バロン・コーエン、フランシス・マクドーマンド ニューヨーク育ちアフリカ在住のライオンとシマウマとカバとキリンの仲良し4匹はニューヨークに戻る事を決めた。それにはモンテカルロのカジノにいるペンギンとチンパンジーの力が必要だった。 『2』の面白さを超えられるのか。という所に期待と不安があった。何しろ『2』は傑作アニマルコメディなので。 残念ながら越えられなかった。というのが正直な感想。それでも面白かったが。 アフリカからヨーロッパのサーカスに場所を移すのにかなり強引に話しを展開させる。それはこのシリーズ自体強引な所が面白さでもあるわけだから気にする所ではないんだろうけど。『2』にしたって早々にマダガスカルを離れてタイトルのマダガスカルを関係ないものにしているのだし。 だけどアフリカを離れるにあたってもう少し丁寧に親子の別れとかあった方が良かったんじゃないかと思った。 親子の別れが無かったのはライオンの父親の声を担当していたバーニー・マックが亡くなったというのが少なからず関係しているのだろうか。 前2作に出ていた人間のおばあさんの出演が無かったのも残念。どっかにこっそり出ていたのかも。 エンドロールで「踊るのスキスキ」と「サーカスアフロ」が見事にコラボされていた。上手い事コラボさせんなあと感心するしかない。 3D。特に印象に残る所は無かったけど、新宿ピカデリーでの3Dは薄暗かった。サーカスのショーのキラキラしたシーンは2Dで観た方がよりキラキラしていたのかも。

_ 象のロケット - 2013年08月06日 23:41

故郷アフリカからニューヨークへ戻ることを決意したアレックスたち。 まずはモンテカルロにいるペンギンズを探しにカジノへ潜入するが、大騒ぎを起こして、スゴ腕のデュボア警部率いる動物管理局に追われることになってしまった。 必死で逃げるアレックスたちは動物サーカス団に紛れ込む。 ニューヨーク公演も予定しているという話だったが、彼らは古くさい芸しかできないおんぼろ一座だった…。 動物冒険アニメ第3弾。