Google
WWW を検索 ブログ内検索

風立ちぬ : 完全大人仕様のジブリ作品2013年07月20日 21:53

風立ちぬ
 暑い、暑い、暑い、ですねぇ。こんな日は海水浴にでも行くか、エアコンの効いた映画館に行くのがよいのではないでしょうか。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
風立ちぬ

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 少年の頃から飛行機に憧れ、東京の大学に進学、ドイツへの留学を経て、航空技術者となった堀越二郎(声:庵野秀明)。夢や憧れ、恋、やがて近づく戦争など、零戦を設計したことで知られる彼の若かりし頃を描く。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「風立ちぬ」は、宮崎駿の「崖の上のポニョ」以来5年ぶりとなる監督作品です。零式艦上戦闘機(零戦)を設計した堀越二郎の声優には、ヱヴァンゲリヲンシリーズの監督して知られている庵野秀明。二郎の妻となる里見菜穂子の声優には、「彼岸島」の瀧本美織。二郎とは大学時代からの旧友で同じく三菱で航空機の設計者として働く本庄の声優には、「ストロベリーナイト」の西島秀俊。二郎の上司である黒川の声優には、「東京家族」の西村雅彦。二郎と夢で語り合うイタリア人のカプローニ伯爵の声優には、「のぼうの城」の野村萬斎。

 実を言うと、ジブリ作品を映画館で観たのは本作が初めて。それどころか、DVDさへレンタルしたことがありません。せいぜい、TVで観る程度でした。嫌いなわけではありませんが、それほど好きでもありません。私が一番好きなアニメは「装甲騎兵ボトムズ」ですから、ジブリ作品の対極に位置する作品が好みなのは分かっていただけると思います。でも、本作は映画館で予告編を初めて観た時から映画館で観ると決めていました。短い予告編ながらも、その映像から発せられる”何か”を感じたからです。

 そして、実際に作品を観て、その”何か”を私なりに感じることが出来ました。それは、”生きる”ということの大切さです。それも、ただただ長生きするといったことではありません。一生懸命大切に一日一日をかみ締めながら必死に”生きる”ということです。カプローニが夢の中で二郎に語る「創造的人生の持ち時間は10年だ」という台詞、結核のため余命いくばくも無い菜穂子との新婚生活、二郎はその時間を大切にしながら必死に”生きる”ことに全力を傾けたのです。そこに、私は熱いものを感じずにはいれませんでした。例えば、私のような零細企業の経営者や一般的なサラリーマン、いわゆる凡人には創造的人生というものを意識することはないでしょう。それは、特別な人たちに与えられたものです。身近な例で言うと、若干主旨は異なりますがスポーツ選手。彼らは、その肉体的な衰えから一線での活躍から引退しなければならない時期が訪れます。私たちは、それをTVや新聞のニュースで見聞きしています。しかし、我々凡人が働くことに対し、彼らのような限界を感じることは中々ないはずです。その辺が、創造的な設計を行った堀越二郎、短くも幸せで悲しい結婚生活を経験した堀辰雄、彼らのような人たちと我々が一番違うところだと感じました。

 但し、残念なところもありました。それは、堀越二郎が自身で設計した航空機に乗り命を落とした英霊への思いが弱いと感じたことです。正直、この辺はジブリ作品だからといって幼い子供を同伴する親たちに対する配慮だと思います。これは、宮崎駿の優しさと解釈するしかないのかもしれないですね。

 ちなみに、ミリタリーオタクの私から一言。零式艦上戦闘機の優秀さ、これを持って当時の日本の技術力が高いと未だに語っている人たちがいます。しかし、それは大きな間違いです。本作でも語られているのすが、日本はエンジンの開発技術で欧米に大きく遅れをとっていました。これは、精巧なネジ一本を作ることが出来ない当時の日本の技術の限界を意味しています。つまり、零式艦上戦闘機の優秀なのは、堀越二郎が天才的な設計者であったということです。つまり、一人の天才が一時とはいえアメリカを苦しめたということです。

 このように「風立ちぬ」は、完全大人仕様のジブリ作品となっております。くれぐれも、幼いお子様を同伴されないようにして下さい。実際、私の前の席にも幼い子供を連れて来た母親がいましたが、この内容で長時間の作品ですから子供にとっては罰ゲーム以外の何物でもありません。では、本日はこの辺で ☆・゚:*バィバィ*:゚・☆p´∀`◎)ノ゛ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

※トラックバックの受付件数を超えているため、この記事にトラックバックを投稿することができません。

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年07月20日 22:25

庵野秀明、瀧本美織サイコー!!
公式サイト。宮崎駿原作・監督、主題歌:荒井由実「ひこうき雲」。(声)庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜 ...

_ 悠雅的生活 - 2013年07月20日 22:51

帽子。パラソル。紙飛行機。試写会にて。

_ 映画@見取り八段 - 2013年07月20日 23:02

風立ちぬ      監督: 宮崎駿    出演: 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎 公開: 2013年7月20日 2013年7月4日。劇場観賞。(試写会) 2週間も前に試写会で見たの…

_ こねたみっくす - 2013年07月20日 23:23

人が見る夢は儚い。でもだからこそ美しい。
これは『コクリコ坂から』以上に大人の映画。しかも宮崎吾郎監督のような若造が描く懐かしさではなく、宮崎駿監督のように実体験を反 ...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2013年07月20日 23:29

ジブリ製作の作品だけど子供向けではない。文学的であり夢想的でもあり、ただ生きることを賛美している。零式艦上戦闘機がもしなければ日本は太平洋戦争を起こせなかったと考えても、設計者の責任など問えない。大きな時代の流れで日本全体が向かった先を知っている我々は、

_ 時間の無駄と言わないで - 2013年07月21日 02:43

久々に映画館で宮崎アニメを観た。
「千と千尋」以来だから結構経ってますねぇ。

わざわざ映画館で観るのにモノラルサウンドってのはさておき、今までのとは大分毛色の違う感じ ...

_ 映画レビュー トラックバックセンター - 2013年07月21日 02:56

アニメ映画「風立ちぬ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):堀越二郎(庵野秀明)、里見菜穂子(瀧本美織)、本庄季郎(西島秀俊)、黒川(西村雅彦)、カストルプ(スティーブン・アルパート)、里見(風間杜夫)、二郎の母(…

_ あーうぃ だにぇっと - 2013年07月21日 05:45

風立ちぬ@スペースFS汐留

_ 映画のブログ - 2013年07月21日 08:33

 宮崎駿監督の育った家は、戦争中とても景気のいい家だった。
 自動車の個人所有が一般的ではなく、しかも原油不足から民間では木炭自動車が使われていた当時にあって、彼の父はガソリンの自家用車に乗って...

_ 僕らのドラマ - 2013年07月21日 08:38

映画【風立ちぬ】/ けれど しあわせ

_ 2ちゃんねるコメントNEWS - 2013年07月21日 08:46

1: 『崖の上のポニョ』以来、5年ぶりとなる宮崎駿監督の長編映画『風立ちぬ』が7月20日に公開される。同作は、東京、名古屋、ドイツを舞台に、1982年に亡くなった航空技術者の堀越二郎をモデルとした主人公の半生を描いた、フィクション作品だという。

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2013年07月21日 08:47

☆・・・いやぁ、風が立ちまくっていました!!!

 たいがい 宮崎駿監督の独りよがりの作品に思え、批判する準備をしていたのだが、あまりの傑作に驚いた。

 取り急ぎ、幾つかのことについて言及しておく。

 なんか、マッチョ好きのホモの映画評論家気取りが、この作...

_ たいむのひとりごと - 2013年07月21日 09:18

とても美しくて、良い映画だった。でもこんなにキスシーンがある宮崎作品は初めて観た気がする。だからということではないが、幼児から”ポニョ気分”でせがまれて劇場に足を運んだ親は、場合によっては途中で退出を

_ 水曜日のシネマ日記 - 2013年07月21日 11:08

1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の物語です。

_ 風に吹かれて - 2013年07月21日 16:07

ジブリは後継者がいないのね公式サイト http://www.kazetachinu.jp7月20日公開宮崎駿が月刊模型雑誌「モデルグラフィックス」に連載していた漫画を基に、零式艦上戦闘機の設計者として

_ オールマイティにコメンテート - 2013年07月21日 17:37

「風立ちぬ」は宮崎駿監督5年ぶりの新作で関東大震災から太平洋戦争に掛けて描かれ、零戦の設計者堀越二郎を主人公に堀越二郎が飛行機設計に注ぎ込みながらもその間に出会った1 ...

_ とりあえず、コメントです - 2013年07月21日 18:14

大正から昭和の激動の日本で飛行機作りに夢をかけた青年の姿を描いたアニメです。 宮崎駿監督の最新作と言うことでとても楽しみにしていました。 夢へ真っ直ぐに生きた主人公の清々しさと共に、 彼の出会った悲しい恋の物語が胸を打つような作品でした。

_ 象のロケット - 2013年07月22日 01:21

1923年(大正12年)9月1日。 東京帝国大学工学部航空学科在学中の堀越二郎は、関東大震災の混乱の中、明るい少女・菜穂子と出会う。 卒業後、大企業のエリート技師となった彼は、航空機の設計部署に配属される。 ちょうどそれは、日本が戦争に向かっていた時代。 彼が設計を任されたのは海軍の戦闘機だった。 避暑地で菜穂子と再会した二郎は、彼女と恋に落ちるのだが…。 スタジオジブリ・アニメーション。

_ ペパーミントの魔術師 - 2013年07月22日 13:52



ジブリが夏休みにぶつけてくる大作は
子どもがみてワクワクドキドキなものだという固定観念は
どっかで捨てなきゃいけない。
ファンタジーばっかじゃないジブリの底力も見たような気がするし
これから何処へ行くのかを模索してるようにも見えた、そういう作品。
でも、...

_ Akira's VOICE - 2013年07月22日 18:20

生きるって切ないが嬉しい。
 

_ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 - 2013年07月22日 19:00

 「崖の上のポニョ」以来、5年ぶりとなる宮崎駿監督最新作。「モデルグラフィックス」で連載された、零式艦上戦闘機(通称:零戦)の設計者として知られる実在の人物・堀越二郎の半生を描いた同監督のコミックを映画化。 誤解を恐れず言えば、これは良くも悪くも宮崎駿と

_ 単館系 - 2013年07月22日 20:59

風立ちぬ MOVIXさいたま 7/20公開

宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、
1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。

大正から昭和にかけての日本。...

_ センタのダイアリー - 2013年07月22日 21:39

庵野英明のアテレコがひどいと言う前評判を聞いていたが、それ程のものではなかった。

確かに棒読みのセリフだが、逆に朴訥とした主人公の性格を上手く表しているともとれるし、これはこれでアリだと思う。...

_ ★ Shaberiba  - 2013年07月22日 22:19

美しい風景と共に描かれる風の描写が秀悦!

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2013年07月23日 22:39



オープニングから既に美しい映像。
早朝〜大地に降り注ぐ、太陽の日。
これだけで思う、
究極に美しいアニメーションだな これは!


その後も1カット、1カットにいちいち映像へのこだわりが。
現実とファンタジーが混在しつつ、それが次々と積み重なってくる。

と、...

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2013年07月23日 22:40



オープニングから既に美しい映像。
早朝〜大地に降り注ぐ、太陽の日。
これだけで思う、
究極に美しいアニメーションだな これは!


その後も1カット、1カットにいちいち映像へのこだわりが。
現実とファンタジーが混在しつつ、それが次々と積み重なってくる。

と、...

_ 小人閑居為不善 - 2013年07月24日 02:35

■7/20鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年41本目の邦画22本目。あまりアニメが好きではないオレ、当初は観る気がなかったのだが、ジブリ=東宝は卑怯な手段を仕掛けてきた。必ず映画一本に対し予告編(4分!)を観せるようにすること。当初は映画の上映終了後だったのだが、たいがいの興味のない人は本編終わったら出て行くわな。それで途中から、本編上映前に切り替えたようだ。本編ギリに劇場に入ってくる客は関係ないだろうけど、オレも含めてパンクチュアルな日本人は映画館の指定通りの時間に席につき複数回予告編を観せられる。そりゃ脳内にインプリントされるでしょ。ずるいよな、もとの映像がいいだけに。というわけで、ジブリ作品としては「千と千尋の神隠し」以来の劇場鑑賞と相成った。つまり12年ぶりだ。げっ。 ■すいません、前置きが長すぎました。タイトルから分かる通り、文豪堀辰雄の同名作品の映画化と思いきや、同時期にいたゼロ戦の設計者、堀越二郎の話がベースらしい。堀越二郎の半生ノンフィクションに、堀辰雄「風立ちぬ」での結核を病んだ少女とのサナトリウムでの恋、のミクスチャーというのが話のあらすじ。もちろんフィクションなので、堀越二郎の奥さんが結核で早世したという事実はない。 ■今さらなんだけど、アニメ映画の表現の可能性を強く感じた。劇中で関東大震災のシーンが出てくるが、地面のうねりとかの表現、これ実写CGでやったらやたら金はかかるし逆にリアリティがなかったかも。出現当初はともかく、粗製濫造のCG映画が出廻ってる現状ではね。飛行機の飛び交うシーンも同様。 ■乗り物(飛行機/戦闘機、列車/市電、バス)の描写も素晴らしい。どこまで現実に即しているかはオレなんかには分からないのだけど、すべての事柄に関して膨大な考証が行われたはずだ。そのうえでデフォルメすべきところはデフォルメするという形にしたのではと。乗り物好きにはたまらんです。今年の4月末に沖縄に行った際、沖縄県立美術館で「スタジオジブリ・レイアウト展」をやっていたのでふらっと立ち寄ったのだが、絵コンテや設定資料の緻密さに圧倒された記憶が。 ■ところが、肝心のお話自体がどうにもピンとこないのだ。安易なお涙頂戴にしなかったのは評価できるけど、堀越二郎の心の動きがあまり理解できないし、肝心のゼロ戦が出てくる場面も少ないし。ま、根本はオレ自身のアニメへの耐性が低いので、セル画の登場人物に感情移入でき...

_ 京の昼寝〜♪ - 2013年07月24日 12:32



□作品オフィシャルサイト 「風立ちぬ」□監督・脚本・原作 宮崎駿□キャスト(吹替) 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート
■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>...

_ Mangosteen CINEMAlog/追いかけてサムソン - 2013年07月24日 14:53

 

 
『風立ちぬ』  (2013)


大正から昭和にかけての日本。 戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。

航空機の設計者である堀越二郎は、イタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。

関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子と、ある日再会。

二人は恋に落ちるが、菜穂子が結核にかかってしまう・・。


製作国 日本  (126分)

監督: 宮崎駿
プロ...

_ カノンな日々 - 2013年07月25日 21:45

『崖の上のポニョ』以来5年ぶりとなる宮崎駿監督の最新作です。公開前から既に超話題作って感じですが、宣伝手腕も巧みでTOHOシネマズに映画を観に行くとほぼ必ず目にする4分間の特 ...

_ 映画のインデックスノート - 2013年07月26日 12:11


フィルムコミック 風立ちぬ(上) (アニメージュコミックス) (アニメージュコミックススペシャル)徳間書店 アニメージュ編集部 Amazonアソシエイト by
⇒宮崎駿が自分の作った作品で初めて泣いた。みっともない監督だ。と恥じていたので、その期待感は膨らむばかりだったが、どうも宮崎駿の泣きどころは別のところにあったようで、ぼくはがんばったけど泣けなかった。

_ Something Impressive(KYOKOⅢ) - 2013年07月26日 18:13

一昨日、神保町の一ツ橋ホールで楽しみにしていた「風立ちぬ」試写会当日、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。


開場になって、入り口の招待券を渡す辺りですでに「ひこうき雲」が聞こえてきて、場内でも開映まで繰り返し流れていて、

何だか私は始まる前に、コンサート会場でもない、映画の試写会の場でユーミン曲、しかも往年のマイDNA”荒井由実”曲が実際大音量で流れてる、という状況だけで、早くも胸にジワ~ッとくるものが。


そして秋公開の高畑監督の「かぐやの物語」予告に続いて、本編開始。<チラシ→>

少年が家の屋根から小型機で...

_ Something Impressive(KYOKOⅢ) - 2013年07月26日 18:15

風立ちぬ(’13)<1>の続きです。

7/23追記:それにしても、この糸口になった「ユーミンの吐息・・」は、Amazon欄でもレビューなし、ひっそりしたユーミン本だったのかも。

この著者深海遙、という人は、今回ちょっと検索してみたら、別名とよだもとゆき、今73才のフリーランサーらしく、手元の写真+歌詞一部+短文の「探訪 松任谷由実の世界 Yuming World」(’98)の文もこの人だったり、

「ユーミンの吐息・・」の中でもユーミンとの対比で村上春樹に触れてて、村上本も出してるようで、どれ程の知名度の人なのか?だけれど、

楽曲「ひこうき雲」を、アルバム「ひこう...

_ みはいる・BのB - 2013年07月26日 21:06




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
7月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:10の回を鑑賞。

_ 単館系 - 2013年07月26日 22:24

風立ちぬ MOVIXさいたま 7/20公開

宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、
1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。

大正から昭和にかけての日本。...

_ FREE TIME - 2013年07月27日 21:31

映画「風立ちぬ」を鑑賞しました。

_ よくばりアンテナ - 2013年07月28日 11:23



久しぶりの宮崎駿作品。観なくっちゃね。
シネコンの多いこの地域で、公開後1週間で上映回数も他の映画よりも多い。
ああ、人気なんだなぁ、それに夏休みだ。
そして、週末だろうとサービスデーだろう...

_ シェイクで乾杯! - 2013年07月28日 19:57

実在する人物の伝記的作品かと思っていたら、ちょっと嗜好が変わっていた

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2013年07月29日 21:23

 アニメ『風立ちぬ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)随分しつこく前宣伝をしていましたし(特に、松任谷由美の『ひこうき雲』入りで)、興業収入が100億円達成かなどともいわれるので、見るのをやめようかとも思いましたが、久しぶりの宮崎駿監督作品でもあり(注1...

_ 虎猫の気まぐれシネマ日記 - 2013年07月29日 21:46

ジブリ作品は苦手だった私が予告編を観て「これなら観たい」と,劇場に足を運んだ作品。とてもよかった。素直に,感動できた・・・・。従来のジブリ作品がお好きな方なら賛否両論分かれても仕方がないようなまさに「大人むけ」の,ある意味「地味」かもしれないジブリ作品。 実在したふたりの人物・・・・ゼロ戦の設計者堀

_ うろうろ日記 - 2013年07月29日 22:37

映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】飛行機を作る人のファンタジーな感じの映画

_ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) - 2013年07月30日 13:11

「風立ちぬ」監督:宮崎駿声の出演:庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、國村隼、志田未来、大竹しのぶ、野村萬斎 他 配給 ...

_ 健康への長い道 - 2013年07月31日 18:18

 『崖の上のポニョ』以来5年ぶりとなる宮崎駿監督の新作を、新宿ピカデリーにて鑑賞。 Story 少年の頃から飛行機に憧れ、東京の大学に進学、ドイツへの留学を経て、航空技術者となった堀越二郎(声:庵野秀明)。夢や憧れ、恋、やがて近づく戦争など、零戦を設計したこ…

_ CINEMA見聞録 - 2013年08月01日 23:52

 大正から昭和へと移りゆく時代。工業技術で世界に遅れていた日本で、いつか美しい飛

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2013年08月02日 01:14

2013年・日本/スタジオジブリ配給:東宝 監督:宮崎 駿原作:宮崎 駿脚本:宮崎 駿作画監督:高坂希太郎音楽:久石 譲主題歌:荒井由実「ひこうき雲」プロデューサー:鈴木敏夫 宮崎駿が模型雑誌「月刊モ

_ こみち - 2013年08月02日 22:56

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

 

戦争ものでもないし、恋愛ものでもない。

 

激動の昭和初期を生きてきた人間のストーリーだった。

 

飛行機のプロペラの回転音やエンジンの音まで

 

役者が演じているのには、驚きました。

 

今の時代でもこのようにアニメーションを作りこむのは

 

スタジオジブリなど少数派なのでしょう。

 

エンディングの荒井由美の「ひこうき雲」の歌詞は

 

泣けますね。

 

 

 

2013年  東宝

 

キャスト

 堀越二郎・・・・・庵野秀明

 里見菜穂子・・・・瀧本美織

 本庄・・・・・・・西島秀俊

 黒川・・・・・・・西村雅彦

 カストルプ・・・・スティーブン・アルパート

 里見・・・・・・・風間杜夫

 二郎の母・・・・・竹下景子

 堀越加代・・・・・志田未来

 服部・・・・・・・國村隼

 

 

 

風立ちぬ 公式サイト



 

 

 

【言及】

 http://d.hatena.ne.jp/synkronized417/20130721/137441317


 

 



_ はらやんの映画徒然草 - 2013年08月03日 17:56

「崖の上のポニョ」から5年ぶりの宮崎駿監督の新作です。 本作は宮崎監督としては珍

_ Prototypeレビュー - 2013年08月15日 09:42

─ 宮崎駿監督「風立ちぬ」 ─

今年のジブリ映画の最新作「風立ちぬ」。子供ができてしばらく映画は諦めざるを得ないと思っていましたが、帰郷中にふいに自由時間ができたのでここ ...

_ なんか飲みたい - 2013年09月01日 20:36

日記:2013年8月某日 映画「風立ちぬ」を見る. 2013年.監督:宮崎駿. 声の出演:庵野秀明(堀越二郎),瀧本美織(里見菜穂子),西島秀俊(本庄季郎),西村雅彦(黒川),スティーブン・アルパート

_ だらだら無気力ブログ! - 2013年09月15日 02:56

やっぱ主人公の声に違和感を感じてしまう・・・。