Google
WWW を検索 ブログ内検索

ゲットバック : 敵キャラがしょぼすぎ!2013年06月06日 17:24

ゲットバック
 江頭2:50、全裸になって警視庁に事情聴取されたそうですね。たまに観るのが最高の芸人だけに、これを新たな伝説の一つとして頑張ってもらいたいものです。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ゲットバック

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 全米屈指の銀行強盗ウィル・モンゴメリー(ニコラス・ケイジ)は、長年チームを組む信頼のおける仲間たち、ヴィンセント(ジョシュ・ルーカス)、ライリー(マリン・アッカーマン)、ホイト(M.C.ゲイニー)らとともに夜の銀行に侵入、鮮やかな手口で金庫を破り、1000万ドルの強奪に成功する。だが逃走中に仲間割れが起き、ウィルがヴィンセントに発砲、その様子を見て焦ったホイトの裏切りによって、ウィルは1000万ドルとともに一人路上に取り残される。現場に駆け付けたパトカーを奪取し逃走を図るウィルだったが、警察の執拗な追跡によって最後は逃げ場のない倉庫に追い詰められ、FBI捜査官のハーランド(ダニー・ヒューストン)、フレッチャー(マーク・バレー)らの手によって逮捕される。しかし、盗まれたはずの1000万ドルは跡形もなく消えていた……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ゲットバック」は、全米屈指の銀行強盗ウィル・モンゴメリーが誘拐された娘を奪還するために戦う姿を描いたサスペンスアクションです。全米屈指の銀行強盗ウィル・モンゴメリー役には、「デビルクエスト」のニコラス・ケイジ。ウィルの相棒の一人で逃走中の事件がきっかけで片足を失うことになったヴィンセント役には、「リンカーン弁護士」のジョシュ・ルーカス。ウィルの相棒の一人であるライリー役には、「キリング・ショット」のマリン・アッカーマン。ウィルを執拗に追うFBI捜査官のハーランド役には、「タイタンの逆襲」のダニー・ヒューストン。ウィルの娘であるアリソン役には、「デタッチメント」のサミ・ゲイル。監督は、「エクスペンダブルズ2」のサイモン・ウェスト。

 のっけからの強盗と逃走シーン、魅せますよねぇ。特に目新しさがあるわけではありませんが、何をすれば観る者の興奮度が上がるかよく理解していますよ、全く。しかしながら、ここからどんどんと観る者の興奮度は下がっていきました。どうしてなの?

 私的には、理由は大きく二つありました。先ずは、敵キャラのヴィンセント。頭が悪い、格闘戦に弱い、頼りになる手下もいない、とにかくダメダメなのです。こんなことでは、主人公のウィルに勝てるわけありませんよ。そして、敵キャラのヴィンセントがダメダメなために、スリリングな展開にならないんですよ。唯一の見せ場とも思えた銀行強盗シーンも、あっけないほど上手くいっちゃうし、中盤以降は退屈度Maxでしたね。

 それと、私的に理解できないのが、ウィルと娘のアリソンの関係。当初はあれだけ嫌っていたのに、ラストシーンではすんなりと親子関係が再生されていましからね。そもそも、あんなに危険な目にあったのも父親の責任ですから。どうかしてますよ、全く。

 このように「ゲットバック」は、最初の15分だけなら面白いよねと思える作品でした。そして、改めて悪役の存在感が作品のクオリティーを大きく左右するのだと認識させられました。では、本日はこの辺で 【○´・ω・`】ノ○o。バィバィ!。o○ヽ【´・ω・`○】 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/06/06/6838279/tb

_ いやいやえん - 2013年06月06日 20:37



ニコラス・ケイジ主演。
12時間という限られた時間内に捕らわれた愛娘を救出するため、FBIに追われつつも必死に奮闘する父親の話です。
作品自体は、既視感があるところとか、それでも多少の面白さがあるところがいつものニコケイ映画ではありました。
死んだとされていたかつての仲間に8年前に盗んだ1000万ドルを要求されるが、その金は逮捕前に燃やしてしまっていた(金が見つからないと刑が軽くなると知っていたため)。誘拐された娘のため、金を用意することになるウィル。そこで思い出したのはかつての銀行強盗でみた金塊の山。
銀行に保管されている大量の金塊を熱で溶かして奪取するってのは面白いアイデアだったけれど、いとも簡単すぎて無理めな展開が多い所がツッコミ要素となって苦笑しちゃうところはあった。しかも「8年間練っていた計画だ…暇だったから」とか、悪の道に戻る気満々じゃないか(笑)
そういえば最近の作品の舞台もニューオリンズ率が高い気がする。
ショートカットの娘役さんが可愛かったですね〜。絶対ニコのDNA入ってないだろ!とも思われた。

【概略】
銀行強盗の罪で服役していたウィルは出所したその足で娘・アリソンの下に向かうが、父親を許せない彼女は立ち去ってしまう。その直後、突然掛かってきた電話の相手から「娘を誘拐した」と告げられ…。

アクション

_ カノンな日々 - 2013年06月06日 21:14

『コン・エアー』のサイモン・ウェスト監督が再びニコラス・ケイジを主演に描くサスペンスなクライム・アクション・ムービー。予告編を観ていても思いましたけどニコラス・ケイジ ...

_ 象のロケット - 2013年06月07日 23:56

銀行強盗の罪で服役し出所したばかりのウィルの娘アリソンが、昔の強盗仲間ヴィンセントに誘拐された。 彼は8年前の犯行後に消失した1000万ドルをウィルが独り占めしたと誤解しており、12時間以内に全額を引き渡すことを要求する。 窮地に立たされたウィルは、ヴィンセントとアリソンの行方を必死に追いながら、同時に身代金を作るための無謀な銀行強盗を計画するのだが…。 クライム・サスペンス。

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2013年06月08日 22:44

◆『ゲットバック』

五つ星評価で【★★★★ニコラス・ケイジには単純な役が良く似合う】

ニコラス版『96時間』。うん、正に。

悪い事をやってても誠実な人柄でテクが超一流 ...

_ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) - 2013年06月12日 15:15

「ゲットバック」監督:サイモン・ウェスト(『エクスペンダブルズ2』)出演:ニコラス・ケイジ(『魔法使いの弟子』『ノウイング』)ジョシュ・ルーカス(『J・エドガー』『ポセ ...