Google
WWW を検索 ブログ内検索

ツナグ : こちらのツナグならよいかも2013年06月01日 13:20

ツナグ
 先日紹介したあの映画も、人と人を思いっきり繋ぐ映画でしたが、観終わった後の気分は最悪でした。その点、本日紹介する作品は、同じ繋ぐ映画でも安心して観れる作品です。ではでは。
【題名】
ツナグ

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 たった一度だけ、死者との再会を叶えてくれる人がいるらしい―。半信半疑で依頼をしてくる人たちの前に現れたのは、ごく普通の男子高校生・歩美(松坂桃李)だった。彼は、すでに死んでしまった人との再会を仲介する使者“ツナグ”を祖母のアイ子(樹木希林)から引き継ぐ途中の見習いである。横柄な態度で、癌で亡くなった母・ツル(八千草薫)に会うことを希望する中年男性・畠田(遠藤憲一)。喧嘩をしたまま自転車事故で死んでしまった親友・御園(大野いと)に聞きたいことがある女子高生・嵐(橋本愛)。プロポーズ直後に突然失踪した恋人・キラリ(桐谷美玲)の安否を確かめたいサラリーマン・土谷(佐藤隆太)。歩美のもとには次々と依頼が舞い込んでくるが、歩美はその過程で様々な疑問を抱く。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ツナグ」は、直木賞作家である辻村深月による同名小説を映画化したヒューマンドラマです。ごく普通の男子高校生でありながら祖母から”ツナグ”の引継ぎ見習いをしている渋谷歩美役には、「アントキノイノチ」の松坂桃李。歩美の祖母で”ツナグ”の渋谷アイ子役には、「わが母の記」の樹木希林。監督・脚本は、「そのときは彼によろしく」の平川雄一朗。

 どうせお涙頂戴物でしょ、観る前からそんなことを考えていました。そして、その予想はズバリなのでありました。でも、何だかなぁ。結局、感動しちゃったんですよ、おっちゃんは。

 ”ツナグ”とは、死んでしまった人と生きている人の再会を仲介する使者のこと。そして、”ツナグ”が仲介した再会は、様々な結果をもたらすのです。本作では、癌で亡くなった母と会いたい中年男性、喧嘩したまま自転車事故で死んでしまった親友と会いたい女子高生、プロポーズ直後に突然失踪した恋人と会いたいサラリーマン、といった人物達が”ツナグ”の元を訪れます。その中で私が一番印象に残ったのが、喧嘩したまま自転車事故で死んでしまった親友と会いたい女子高生の嵐です。彼女は、その名前通り気性の荒いところがあります。その嵐と喧嘩したまま事故で死んでしまった御園。この二人の再会は、後味の悪い最悪の結果となります。嵐を演じた橋本愛、御園を演じた大野いと、確信に触れそうで触れない微妙な再会を見事に演じていました。しかし、そのことが嵐を苦しめる結果となります。解釈は、人それぞれでしょう。でも、私は御園の優しさだと解釈したいですね。だからこその、その後前向きに生きていく嵐がいたのだと思いたいのです。

 あと、よく分からなかったのが、プロポーズ直後に突然失踪した恋人と会いたいサラリーマン土谷功一の行動。何故、会いに行くのをためらうのか。恋人のキラリは、彼のために会いにきているのです。であるならば、過去のことはどうでもよいと思うんですけど。それとも、私がガサツなだけでしょうか。

 このように「ツナグ」は、私的に一部共感できないところがあるにせよ、中高生から老人まで楽しめ感動できるファンタジー映画となっております。正直、ここまで年齢層の広いファンタジー映画って、日本映画ではなかなかないと思いますよ。では、本日はこの辺で [ ●`・∇・´]σ゚+o。バイバイ。o+゚a[ `・∇・´○]  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

リアル 完全なる首長竜の日 : やっと出てきた首長竜2013年06月02日 15:20

リアル 完全なる首長竜の日
 昨日は時間も取れ、映画の日ということで行ってきました。しかし、先日紹介した「体脂肪計タニタの社員食堂」、私が訪れた映画館では体重100Kg以上は無料とのことでした。正直、こんなキャンペーンやってるなんて想像すら出来ませんでした。ちなみに、本日紹介する作品も先の読めない展開が、観る者の想像を超えているこちらになります。
【題名】
リアル 完全なる首長竜の日

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 淳美(綾瀬はるか)が自殺を図り、一命を取り留めたものの昏睡状態となる。彼女と幼い頃から一緒に過ごしいつしか恋人となった浩市(佐藤健)でも淳美が自殺を図った理由がわからない。彼女を救うために、浩市は<センシング>と呼ばれる眠り続ける患者と意思疎通ができる手法を用い、淳美の意識内へ潜り込む。<センシング>を繰り返すうちに、浩市の脳と淳美の意識が混線するようになり、二人は現実と仮想が入り乱れる意識の迷宮を彷徨う。そして二人がかつて過ごした飛古根島へ向かった浩市は、記憶を封印していた15年前の事件に触れる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「リアル 完全なる首長竜の日」は、第9回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した乾緑郎の小説「完全なる首長竜の日」を映画化した作品です。自殺を図り昏睡状態となった恋人を救いたいと願う藤田浩市役には、「るろうに剣心」の佐藤健。浩市の恋人で昏睡状態となっている和淳美役には、「プリンセス トヨトミ」の綾瀬はるか。監督は、「贖罪」の黒沢清。

 ラスト前から目まぐるしく変わる展開、しかもその流れはとっても自然なんですよねぇ。変な強引さや都合の良さが全くないわけですよ。これは、脚本も共同執筆された黒沢清監督の手腕もさることながら、原作の素養の良さを感じました。例によって原作は未読なのですが、第9回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しただけのことはありますね。

 また、とても丁寧に撮られた作品という印象を受けました。”センシング”という他人の意識の潜り込む世界観が、見事に表現されていました。この分かりやすさがあるからこそ、作品の世界観にすんなりと入っていけたのでしょう。そして、最後に出現した首長竜。やっと出てきたと感じたと同時に、首長竜の怒りと優雅さがよく表現されていました。この首長竜には、観た人のほとんどが納得できるのではないでしょうか。

 そして、作品の根底に流れているテーマ。それは、”罪”であると私なりに解釈しました。悪事に積極的に加担するだけでなく、見て見ぬふりをすることも同様です。それだけではなく、知らないうちに”罪”を犯してしまうこともあります。浩市と淳美は、そのことに苦しめられますが、彼らのことを他人事といえる人はこの世に存在しないのではないでしょうか。

 演者の中で存在感があったのは、主演の二人よりも精神科医を演じた中谷美紀。凛とした中にも妙な色香を漂わせており、彼女でないと出せない空気感を纏っておりました。何時観ても、素晴らしい女優さんです。

 このように「リアル 完全なる首長竜の日」は、日本人らしい丁寧な仕事が光るミステリー作品の逸品です。先の読めないあらすじといい、今年になってみたサスペンス映画では一番の作品ですね。では、本日はこの辺で |////|´Д`)ノ|////|ьчёьчё 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

オブリビオン : 地球人の強さを思い知ったか!2013年06月03日 18:55

オブリビオン
 今日は仕事が休みでしたが、朝からバタバタバタバタしていました。まあ、充実した日々を過ごしていると解釈しましょう。ちなみに、本日紹介する作品は、えいぞおうがピカイチのこちらになります。
【題名】
オブリビオン

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 2077年、エイリアンの攻撃を受けて地球は壊滅する。人類は他の惑星へ移住するが、ジャック(トム・クルーズ)は高度1,000mの上空から地球を監視するため、たった1人で地球に残っていた。ある日ジャックは、墜落した宇宙船で美女ジュリア(オルガ・キュリレンコ)が眠っているのを見つける。彼女は目を覚ますと、会ったこともないジャックの名前を口にする。ジャックは断片的な記憶をたどるが、誰もいないはずの地球で、謎の男ビーチ(モーガン・フリーマン)によって拘束される。ジュリアとビーチによって、ジャックと地球の運命が動き始める……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「オブリビオン」は、スカヴと呼ばれるエイリアンの襲撃で荒廃した地球を舞台にしたSFサスペンス映画です。地球に残り監視任務に就いていたジャック・ハーパー役には、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル 」のトム・クルーズ。墜落した宇宙船からジャックに救われたジュリア・ルサコヴァ役には、「ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー」のオルガ・キュリレンコ。ジャックと共に地球監視任務についているヴィクトリア・オルセン役には、「シャドー・ダンサー」のアンドレア・ライズブロー。ジャックを捕らえた謎の男マルコム・ビーチ役には、「RED レッド」のモーガン・フリーマン。監督は、「トロン:レガシー」のジョセフ・コジンスキー。

 各レビューを見ていると、様々な作品の元ネタ披露合戦になっているようです。こんなブログをやっていながら、何一つ元ネタ分からなかったですよ。何だか、へこむな~ ( ̄□ ̄;) 。でも、そんなことはさて置き、本作はトム・クルーズ渾身のSFサスペンス映画でした。

 何といっても、SF作品において一番重要な映像がピカイチでした。先ずは、荒廃した地球。砂漠に埋もれるエンパイアー・ステートビルなんて、アメリカ人だと感じるものがあるんでしょうねぇ。その荒廃した中でも、再生を始めている地球。何だか希望が持てます。そして、その世界観の中での派手な映像。気軽に核爆弾使用したり、オスプレイの未来版みたいな航空機が出たりしてました。左巻きの人たちには怒り狂うこと間違いなしでしょうが、私的には文句のない素晴らしい映像でした。

 演者の皆さんも、気合が感じられる演技でした。先ずは、ハリウッドのスーパースターであるトム・クルーズ。相変わらずチビだけどかっこよかったですねぇ。そして、出演時間は短いながらも、モーガン・フリーマンの存在感、流石です。葉巻をくゆらす時に浮ぶ彼の顔、しびれるほどの渋さでした。

 但し、最後のカミカゼ核自爆の流れは都合よすぎではなかったかな。あんなおバカな異星人に凶暴な地球人が負けるとは思えないのですが…。

 このように「オブリビオン」は、若干のツッコミどころはありますが、これぞSF映画と思わせる作品となっております。私には分かりませんが、マニア心をくすぐるしかけもふんだんにあるようなので、映画ファンは要チェックの作品だと思いますよ。では、本日はこの辺で ヽ(●´Д`●)ノ【。*†*。☆ВчёВчё☆。*†*。】ヽ(○´Д`○)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

マメシバ一郎 フーテンの芝二郎 : この可愛さ、反則レベル Part32013年06月05日 11:34

マメシバ一郎 フーテンの芝二郎
 今日は、久々に10時くらいまで寝てましたよ。特に予定もないし、まったりと過ごすつもりです。こんな日には、こんな映画を観るとよりまったり感があってよいかもです。
【題名】
マメシバ一郎 フーテンの芝二郎

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 母・鞠子(藤田弓子)が仕掛けた作戦と、従弟の財部(高橋洋)や叔父・重男(志賀廣太郎)の協力によって、脱ニートに成功した38歳の芝二郎(佐藤二朗)。ペットショップに勤務し、相棒のマメシバ、一郎と共に1人と1匹のアパート暮らしを満喫していた。ところが、すぐに駄菓子屋へ行って仕事をサボり、客に対しても相変わらずの減らず口という常軌を逸した変人ぶりが災いし、職場の同僚・真田まちこ(南沢奈央)とは衝突ばかり。そんなある日、店長の影虎(高橋直純)から、次のステップのために“しつけ教室”の担当を言い渡されるが、得意のへ理屈をこねて完全拒否。長年培ったニート魂は、そう簡単に変われるものではなかった……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」は、ニートの中年男・芝二郎とかわいらしい豆柴の一郎のコンビによるゆる~い感じのシリーズ第三作目の作品です。中年ニートのダメ男である芝二郎役には、「HK 変態仮面」の佐藤二朗。職場の同僚である真田まちこ役には、「君にラヴソングを」の南沢奈央。監督は、本シリーズでメガフォンをふるう亀井亨。

 思いもよらぬシリーズ第三作目でした。映画館で予告編を観た時は、正直驚きましたよ。しかも、題名が「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」ですからね。まあ、映画館で観るのはスルーしましたが、「男はつらいよ」のように末永く愛されるシリーズになって欲しいものです。

 それで中身のほうなのですが、相変わらずゆる~い感じが良いですねぇ。また、シリーズを通してみても、芝二郎は十歩進んで九歩下がる的な成長具合がGood。そして、何よりもプリティーな芝一郎。
芝一郎
 本作でも反則レベルのプリティービームを放っていました。こんな寝顔を見ると、犬好きのおっちゃんは、めろめろなのです。

 演者の中では、佐藤二朗の上手さが光ってましたね。芝二郎というとんでもない変人の役柄を、違和感なく演じられていました。ていうか、芝二郎は佐藤二朗でないとダメでしょう。そう、車寅次郎が渥美清でないとダメなように。でも、主演男優賞は芝一郎だったりしますけどね。

 このように「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」は、ゆる~い感じがとてもGoodな作品です。そして、相変わらず子供のままの芝一郎。とにかく、可愛いですなぁ。ちなみに、原作の方は続編があるようですね。では、本日はこの辺で ヽ(´Д【バイバイ】Д`)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ゲットバック : 敵キャラがしょぼすぎ!2013年06月06日 17:24

ゲットバック
 江頭2:50、全裸になって警視庁に事情聴取されたそうですね。たまに観るのが最高の芸人だけに、これを新たな伝説の一つとして頑張ってもらいたいものです。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ゲットバック

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 全米屈指の銀行強盗ウィル・モンゴメリー(ニコラス・ケイジ)は、長年チームを組む信頼のおける仲間たち、ヴィンセント(ジョシュ・ルーカス)、ライリー(マリン・アッカーマン)、ホイト(M.C.ゲイニー)らとともに夜の銀行に侵入、鮮やかな手口で金庫を破り、1000万ドルの強奪に成功する。だが逃走中に仲間割れが起き、ウィルがヴィンセントに発砲、その様子を見て焦ったホイトの裏切りによって、ウィルは1000万ドルとともに一人路上に取り残される。現場に駆け付けたパトカーを奪取し逃走を図るウィルだったが、警察の執拗な追跡によって最後は逃げ場のない倉庫に追い詰められ、FBI捜査官のハーランド(ダニー・ヒューストン)、フレッチャー(マーク・バレー)らの手によって逮捕される。しかし、盗まれたはずの1000万ドルは跡形もなく消えていた……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ゲットバック」は、全米屈指の銀行強盗ウィル・モンゴメリーが誘拐された娘を奪還するために戦う姿を描いたサスペンスアクションです。全米屈指の銀行強盗ウィル・モンゴメリー役には、「デビルクエスト」のニコラス・ケイジ。ウィルの相棒の一人で逃走中の事件がきっかけで片足を失うことになったヴィンセント役には、「リンカーン弁護士」のジョシュ・ルーカス。ウィルの相棒の一人であるライリー役には、「キリング・ショット」のマリン・アッカーマン。ウィルを執拗に追うFBI捜査官のハーランド役には、「タイタンの逆襲」のダニー・ヒューストン。ウィルの娘であるアリソン役には、「デタッチメント」のサミ・ゲイル。監督は、「エクスペンダブルズ2」のサイモン・ウェスト。

 のっけからの強盗と逃走シーン、魅せますよねぇ。特に目新しさがあるわけではありませんが、何をすれば観る者の興奮度が上がるかよく理解していますよ、全く。しかしながら、ここからどんどんと観る者の興奮度は下がっていきました。どうしてなの?

 私的には、理由は大きく二つありました。先ずは、敵キャラのヴィンセント。頭が悪い、格闘戦に弱い、頼りになる手下もいない、とにかくダメダメなのです。こんなことでは、主人公のウィルに勝てるわけありませんよ。そして、敵キャラのヴィンセントがダメダメなために、スリリングな展開にならないんですよ。唯一の見せ場とも思えた銀行強盗シーンも、あっけないほど上手くいっちゃうし、中盤以降は退屈度Maxでしたね。

 それと、私的に理解できないのが、ウィルと娘のアリソンの関係。当初はあれだけ嫌っていたのに、ラストシーンではすんなりと親子関係が再生されていましからね。そもそも、あんなに危険な目にあったのも父親の責任ですから。どうかしてますよ、全く。

 このように「ゲットバック」は、最初の15分だけなら面白いよねと思える作品でした。そして、改めて悪役の存在感が作品のクオリティーを大きく左右するのだと認識させられました。では、本日はこの辺で 【○´・ω・`】ノ○o。バィバィ!。o○ヽ【´・ω・`○】 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品