Google
WWW を検索 ブログ内検索

リボルバー : ハゲ兄がハゲでないからの…。2013年05月25日 16:48

リボルバー
 毎日、暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。メタボの私は、夏バテ寸前です。この調子では、夏が思いやられますよ。新規事業の準備にも忙しく、映画館に足を運ぶのも難しい状況ですが、自宅で観たDVDなどで記事の更新だけは何とか頑張りたいと思います。ちなみに、本日紹介する作品は、ハゲがハゲでないこちらになります。
【題名】
リボルバー

【製作年】
2005年

【製作国】
イギリス、フランス

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
???

【あらすじ】
 リボルバー
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「リボルバー」は、「究極の勝利の方程式」を身につけたスゴ腕ギャンブラーとかって自分をハメたカジノ王との対決を描いたクライム・アクションです。「究極の勝利の方程式」を身につけたスゴ腕ギャンブラーのジェイク・グリーン役には、「キラー・エリート」のジェイソン・ステイサム。かってジェイクをハメたカジノ王のドロシー・マカ役には、「ザ・マーダー」のレイ・リオッタ。マカの殺し屋に襲われたジェイクを助けた謎の二人組み一人でるザック役には「エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画」のヴィンセント・パストーレ。二人組みのもう一人であるアヴィ役には、「俺たちダンクシューター」のアンドレ・ベンジャミン。マカに雇われた殺し屋のソーター役には、「ゼロ・ダーク・サーティ」のマーク・ストロング。監督は、「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」のガイ・リッチー 。

 観る者が謎解きをしなければならないタイプの作品で、その分あらすじも超難解というか、人それぞれに解釈ができそうな映画でした。いわゆる、先日紹介した「クラウド アトラス」のように、一度観ただけでは内容の理解や評価の難しい作品ながらも、「クラウド アトラス」ほど哲学的ではないだけに肩肘張らずに観ることができました。それに、劇中で観る者を何度も驚かせるような展開があったのもGoodでしたね。

 あらすじのキモになっているのが、次の4つの格言。 ①「最大の敵は思いがけぬ場所に隠れている」 J・シーザー ②「上達する唯一の方法は強敵との勝負」 チェスの基礎 ③「投資した金を守れ」 銀行家の心得 ④「戦争回避は敵を利するのみ」 マキアヴェッリ  物語は、この4つの格言通りに進行していきます。そして、この4つの格言を具現化したような男が主人公のジェイク。と見せかけて、実はザックとアヴィの謎の二人組みこそが、4つの格言を具現化した男たちというわけ。つまり、本作の一番のキーマンはジェイクではなくザックとアヴィとなっています。しかしながら、この二人、実在の人物なのかジェイクの想像上の人物なのか、それさえよく分からないんですよねぇ。それだけ、二人の存在は現実離れしてるんですよ。腰据えて、何度か観てみないとガイ・リッチーの本作におけるの意図は理解できそうにありません。

 こんな風に難解な映画の場合、製作サイドの自己満足に終わり、観客は置いてけぼりくらっちゃう場合が結構あります。しかし、本作は心地よく最後まで観ることができるのです。それは、観る者に新鮮な驚きを用意しているからでしょう。のっけから驚かされたのが、ふっさふさのハゲ兄。こんなジェイソン・ステイサムは初めてです。役柄を考えた場合、特に髪の毛が必要なわけではありません。いくら鈍感な私でも、この時点で本作が凡作ではないことは理解できましたよ。それに、殺し屋のソーターの豹変ぶり。悪い奴だと思っていたら、子供を守るために闘うヒーローでした。それ以外に、ザックとアヴィ絡みではたくさんの驚きが待っています。まあ、これ以上はネタバレになるので控えますが、でかいことを飄々とやってのける様は抜群の爽快感があることだけは確かですよ。

 そして、本作のもう一つの魅力は、超個性的な登場人物たち。前述したジェイク、ザック、アヴィ、ソーター以外にもインパクト絶大なキャラが目白押しです。チャイニーズマフィアのジョン卿、謎の大物ミスター・ゴールドの側近であるリリー・ウォーカーといった面々。でも、本作で私が一番好きになったのは、カジノ王のドロシー・マカ。最初は、とんでもない悪党だと思っていましたが、観ているうちに怒りっぽいだけで一生懸命生裏社会を生き抜こうとしている良い奴に見えてきます。特に、深夜自分の寝室に現れたジェイクを追い32階を階段で駆け下りるシーンなんか心打たれましたよ。こんな一生懸命なキャラに悪い奴はいないって。

 このように「リボルバー」は、難解で一度観ただけでは評価はむずかしいながらも、また観てみたくなる工夫が随所に散りばめられた作品となっております。なので、本作の評価は次回観たときに、させてもらうつもりです。では、本日はこの辺で 。,゚βyё(ノД`)ノシβyё゚,。 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品