Google
WWW を検索 ブログ内検索

ロックアウト : 映画ってエンターテイメントですね。2013年05月18日 14:39

ロックアウト
 我等が広島カープ、交流戦で珍しく調子よいではないですか。こんな時に球場で観戦したファンは、エンターテイメントを見れたということでしょうねぇ。ちなみに、本日紹介する作品も、エンターテイメントを意識したこちらになります。
【題名】
ロックアウト

【製作年】
2012年

【製作国】
フランス

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 2079年。極限まで高まった人類の安全への欲求は、刑務所の管理体制にまで及んでいた。コールドスリープによる囚人の完全管理、銃火器搭載の自動防衛システム、ソーラーシステムによる半永久稼働の最新設備を備え、500人の凶悪犯を実験的に収容した脱獄成功率0%の刑務所“MS-1”。それは、地上ではなく宇宙に浮かぶ究極の監獄だった。組織の重要機密漏えい事件を追っていたCIAエージェント、スノー(ガイ・ピアース)は、ホテルの一室で殺害された同僚を発見する。しかし、激しい追撃を受けるうちに、証拠を握る仲間は消え、国家安全保障局に捕えられたスノーは同僚殺しの容疑によってMS-1への収監が決定する。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ロックアウト」は、衛星軌道上に浮かぶ脱獄不可能と言われる刑務所“MS-1”を舞台にしたリュック・ベッソン製作のSFアクションです。陰謀に巻き込まれたCIAエージェントであるスノー役には、「プロメテウス」のガイ・ピアース。合衆国大統領の娘であり“MS-1”で人質となったエミリー役には、「96時間 リベンジ」のマギー・グレイス。監督を務めるのは、ジェイムズ・マザーとスティーブン・レジャーの新鋭コンビ。

 娯楽映画としての要素がたっぷり詰め込まれた作品で、とても楽しめました。“MS-1”を破壊するために宇宙戦闘機が攻めていくシーンは、スターウォーズを彷彿とさせるもの。凶悪犯たちと戦うスノーもかっこよく描かれていたなぁ。それだけではなく、ミステリー作品張りの謎解き要素まであります。まさに、エンターテイメントといったところでしょうか。

 あらすじ的にも、なかなかGoodな作品でした。シンプルで分かりやすいだけでなく、意外な人物が真犯人だったりして、上手いことやってますよ。特に、真犯人に関しては、観ている人のほとんどが騙されたのではないでしょうか。演出面・演者の演技も含めて、見事としかいいようがないですね。

 但し、根本的なところで大きなツッコミどころが一つ。“MS-1”に収容された囚人たちは、基本的には冷凍催眠の状態です。これだと、罪を悔い改めるというより、単に寝ているだけ。おまけに、年もとらないわけですから。逆に、ラッキーと思える人もいるのでは。まあ、運の悪い囚人だと人体実験に使われますけどね。しかしながら、これだと凶悪犯がもっと増えそうな気がしますよ。

 このように「ロックアウト」は、観客を楽しませるために作られたエンターテイメント作品といえます。まあ、ツッコミどころが肝心な部分でありますが、観ている間は気に何らないのでご安心を。では、本日はこの辺で (●´エ`)ノ○o。【ьчёьчё】。o○ヽ(´エ`●) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品