Google
WWW を検索 ブログ内検索

私が、生きる肌 : 登場人物の驚愕の行動にドン引き!!2013年05月14日 12:42

私が、生きる肌
 本日の広島県南部、予想最高気温は27℃。5月の気温ではないですよねぇ。朝からバタバタやってますが、おデブの私は肉汁がとめどなく流れてきますよ。こんなだと、夏の暑さはドン引きレベルでしょうねぇ。ちなみに、本日紹介する作品も、全ての登場人物の行動にドン引きしてしまうこちらになります。
【題名】
私が、生きる肌

【製作年】
2011年

【製作国】
スペイン

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 謎めいた雰囲気を漂わせる女性ベラ(エレナ・アナヤ)は、全裸と見まがうしなやかな肢体に肌色のボディ・ストッキングをまとい、ヨガの瞑想に耽っている。彼女は画期的な人工皮膚の開発に没頭する天才形成外科医ロベル(アントニオ・バンデラス)によって幽閉されていた。ロベルが夢見るのは、かつて非業の死を遂げた最愛の妻を救えるはずだった“完璧な肌”の創造。あらゆる良心の呵責を失ったロベルはベラを実験台に、開発中の人工皮膚を移植し、今は亡き妻そっくりの美女を創り上げてゆく……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「私が、生きる肌」は、ティエリ・ジョンケの「蜘蛛の微笑」をスペインの巨匠ペドロ・アルモドバルが映画化した衝撃の問題作です。最愛の妻を亡くした形成外科医のロベル・レガル役には、「ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~」のアントニオ・バンデラス。ロベルに軟禁されているベラ・クルス役には、「この愛のために撃て」のエレナ・アナヤ。ロベルやベラの身の周りの世話をするマリリア役には、「デビルズ・バックボーン」のマリサ・パレデス。

 画面からほとばしる異様な雰囲気、ロベル・レガルの狂気ともいえる愛情、息を呑むほど美しいベラ・クルスの裸身、素晴らしい空気感を持った作品でした。監督のペドロ・アルモドバルは、流石にスペインの巨匠といわれるだけのことはあります。但し、これだけの空気感を持ちながらも、120分の上映時間がひたすら長く感じられる作品でもありました。間延び感が半端ないんですよねぇ。

 あらすじ的にも、とても凝っています。ロベル・レガルが禁断の実験に没頭するようになった理由、マリリアとロベル・レガルの関係、そしてベラ・クルスの真の正体、そのどれもが歪んだ愛情が招く驚愕の事実といってよい内容。正に、狂気の沙汰ともいえるものですよ。これだけ観ている者がびっくらこく仕掛けがあるのに、睡魔に襲われるまでの間延び感。何だかなぁ。

 演者も皆、作品の雰囲気にあった素晴らしい演技を魅せます。アントニオ・バンデラスは狂気じみた外科医を熱演し、抜群の存在感を放っています。でも、出演者の中で逸品の演技をしてくれたのはエレナ・アナヤでしょう。美しい裸身だけでなく、○から△へ変遷する過程を、見事に表情で演じきっていました(○と△はネタバレになるので…)。このように、演者の皆さん、素晴らしい仕事をしているのに、何故か寝てしまいましたよ。何だろう、この間延び感は。

 演出、あらすじ、演者の演技、どれをとっても文句のない作品のはずなのに、どうして間延び感が半端なく感じられるのか。これは、主要登場人物の誰もが余りにも一般人とかけ離れた行動をとるため、感情移入ができないことが原因なのではないかな。一言でいうと、皆さん変態なんですよ、それも超ど級のやつね。これじゃあ、ちょいMとかちょいSレベルだと、全くついていけないというかドン引きですよ。つまり、この映画を観て「サイコー」なんて感じた方は、ど変態決定といってよいのではないでしょうか。

 このように「私が、生きる肌」は、自分の変態度を推し量るにもってこいの映画となっております。まだ観ていない方は、一度本作を観てテストしてはいかがでしょうか。では、本日はこの辺で [o´・Å・]☆゚+。вчёвчё。+゚☆[・Å・`o] 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品