Google
WWW を検索 ブログ内検索

ヒッチコック : 巨匠のお茶目っぷりがGood!2013年05月05日 13:23

ヒッチコック
 今日も朝から、何だかんだでバタバタしています。こんな時には、以外に落ち着いて観れるこちらの作品は良かったですよ。
【題名】
ヒッチコック

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 「レベッカ」や「白い恐怖」などサスペンス映画を世に送り出したアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)。1959年、彼は新作「サイコ」の製作に向かっていたが、演出の面でも技術面でもあまりにも斬新な手法を用いるため、資金難などの壁に当たる。さらには彼にとって最大の理解者である妻アルマ・レヴィル(ヘレン・ミレン)との関係もぎくしゃくしだす。映画製作に情熱を注ぐヒッチコック。様々な思いを抱えるアルマ・レヴィル。映画史に残る不朽の名作の裏側とは……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ヒッチコック」は、サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコックが、不朽の名作である「サイコ」の製作の過程の中で、妻で編集者・脚本家のアルマ・レビルとの揺れ動く関係を描いた伝記ドラマです。サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコック役には、「ウルフマン」のアンソニー・ホプキンス。彼の妻で編集者・脚本家のアルマ・レビル役には、「RED レッド」のヘレン・ミレン。「サイコ」に出演しゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞したジャネット・リー役には、「幸せへのキセキ」のスカーレット・ヨハンソン。監督は、「アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ 」のサーシャ・ガバシ。

 私は、ヒッチコックの作品をほとんど観たことがありません。「」と「北北西に進路を取れ」をTVで観た記憶が薄っすらとある程度。でも、彼がサスペンスの帝王ということだけは知っています。いまや、伝説の映画監督ですからね。だからこそ、本作が製作されたわけでしょうね。

 それで、本作を観た感想ですが、以外に楽しめました。余り高揚がないながらも、作品自体のテンポがよいのと99分という長くはない上映時間にまとめられていたのがGoodでした。

 中でも良かったのが、あらすじ。現実世界と空想の世界が、良い感じでクロスしているんですよ。それはあたかも、観ている我々がサスペンスの帝王の頭の中を覗き見しているようでした。

 アンソニー・ホプキンス演じるヒッチコックも、味わい深いものがありました。老人でありながらも、少年の心を持った可愛らしい人物として描かれているんですよ。映画監督して素晴らしい成功を収めながらも、批評家の評論を気にしたり、妻にやきもち焼いたり、覗いちゃったり、本当にお茶目で魅力的でした。流石に、名優のアンソニー・ホプキンスでした。

 このように「ヒッチコック」は、彼のファンでなくても以外に楽しめる作品となっております。そして、ヒッチコックにとって妻のアルマ・レビルは、永遠の恋人であり永遠の母親のように感じられました。彼女無しでは、ヒッチコックの成功はなかったでしょうねぇ。では、本日はこの辺で (☆´・ω・`)⊃ ゚+。:.゚ばぁぃばぁぃ゚.:。+゚ ⊂(`・ω・´○) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/05/05/6800000/tb

_ 映画観たよ(^^) - 2013年05月05日 13:43

県内警報が出て土砂降りのなか『ヒッチコック』を観てきました!? たどり着く前にひざ下はすでにビショビショ。 んな天候だもんで、公開週土曜レイトにもかかわらずガラガラ。 まぁそれほど話題作でもないので無理に濡れてまで観にくるひとも少ないか。 しかーし。ひそかに私の中では注目!ヘレン好きですし。(西川ヘレンじゃないヨ) ヒッチコック - 映画.com 物語は、アルフレッドが苦境に立たされつつも自分の撮りたい作品「サイコ」を撮ると決めてから完成までのプレッシャーや苦悩、妻アルマとの関係などを描いたものです。 どちらかというと、アルフレッドよりも・・・・妻アルマが主人公と言ってもいいです。 だから題名が「アルフレッド」でなく、「ヒッチコック」だったんでしょうね。「ヒッチコック」の名前は二人で作り上げたんだ・・・みたいな意味で。 いやぁ~やっぱヘレン・ミレンよかったです。パっと見キツいオバハンなんだけど演技自体にはツヤもハリもコシもある!かっこいいです。 自分の好きなことを犠牲にしてアルフレッドの作品に心をささげてきたのに、いろんな思いがあったんでしょうね。しかしその奥底にあるのは、アルフレッドの妻であるというプライドがにじみ出ていました。本当にお互いを必要としている夫婦だったんでしょうね。 いちおう主演のアルフレッド役のアンソニー・ホプキンス。おふたりは「RED」で共演されてますな。。。。と思って公式HPのキャスト紹介みてたら・・・「Red2」が今年公開されるらしい。楽しみ楽しみ。 苦悩する様は、さすが演技派!あんまり幻想や妄想の方面にいっちゃうとレクターっぽくなってしまうよ~と警告したくなった。 長年付き合った信頼すべき妻にあんな疑念やこんな言葉をいっちゃぁ~ダメでしょう。 強がっても、アルマのことを愛していて未練(ミレン)があるの周りはみんな気が付いてるよ~;;; スカヨハちゃん!なんでしょうね~...。彼女の表情を観ているとスーパー美人にあるべく嫉妬感みたいのがまったく芽生えません。あの自信ありげな表情や、いつも私未来をみてます!的なキラキラおめめも観ている側に勇気を与えてくれるんですよね~。。この偶像は日本だったら絶対「朝の連続テレビ小説」のヒロインに抜擢されているところです。「マー姉ちゃん」でも演ってもらいましょうか(^^;;;;(古) ダニー・ヒューストン。いいですね~。どんなに素晴らしい...

_ あーうぃ だにぇっと - 2013年05月05日 13:56

ヒッチコック@有楽町朝日ホール。

_ 風に吹かれて - 2013年05月05日 14:03

夫の才能を信じて支え続けた賢妻に感謝を [E:wine]公式サイト http://www.foxmovies.jp/hitchcock1959年、新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回

_ こねたみっくす - 2013年05月05日 14:05

サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコック改めアルマ・ヒッチコック。
アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作『サイコ』の製作裏話というよりは、製作過程での亀裂が入りつ ...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年05月05日 14:35

ピーピング・トムの神様
公式サイト。原題:Hitchcock。スティーヴン・レベロ「ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ 」が原作。サーシャ・ガヴァシ監督、アンソニー・ホプキンス(ア ...

_ みんなシネマいいのに! - 2013年05月05日 17:18

 今更説明するまでもなく、スリラーの最高傑作で、その後の作品に大きく影響を与えた

_ カノンな日々 - 2013年05月05日 18:03

サスペンスの帝王と呼ばれた巨匠アルフレッド・ヒッチコックとヒッチコックを支え続けた妻で優れた映画編集者・脚本家でもあったアルマ・レヴィルの姿を描くヒューマン・ドラマで ...

_ ヨーロッパ映画を観よう! - 2013年05月05日 18:32

「Hitchcock」 2012 USA

1959年。映画の企画探しを初めたヒッチコックは実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説“サイコ”に惹かれ映画にしようと思い立つ。しかし優秀なる映画編集者であり脚本家でもある妻のアルマはこの企画に難色を示す。おまけに映画会社からは、原作が陰惨だと出資拒否されてしまう。途方に暮れた彼は家を抵当に入れてでもこれを作ろうと奔走するのだった…

アルフレッド・ヒッチコックに「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「最終目的地/2009」「恋のロンドン狂騒曲/2010」のアンソニー・ホプキンス。
アルマ・レヴィルに「エリザベス1世 ~愛と陰...

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2013年05月05日 22:20

2012年・アメリカ/フォックス・サーチライト・ピクチャーズ 配給:20世紀フォックス映画 原題:Hitchcock 監督:サーシャ・ガバシ原作:スティーヴン・レベロ脚本:ジョン・J・マクローリン音楽

_ とりあえず、コメントです - 2013年05月05日 23:35

『サイコ』製作の背景を通してヒッチコックの人間像を描いたドラマです。 予告編でアンソニー・ホプキンスが別人になっていたのを観て、これは観なくちゃと思っていました。 あのインパクトのある体型の中に怒りの闇を抱えながらも自分の映画への信念を貫くヒッチコックの姿と 天才で我が侭な彼を影からずっと支え続けた妻の姿に、普遍的な夫婦の絆を感じるような作品でした。

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2013年05月06日 00:02

サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックの、あまりにも有名な最大のヒット作「サイコ」ができるまでを追った物語。
「サイコ」の血なまぐさい事件と、一度見たら忘れられないほどの恐ろしさとは無縁の、夫婦愛に満ち満ちたラストは、思わず涙が溢れ出す。

_ 映画雑記・COLOR of CINEMA - 2013年05月06日 00:51

ヒッチコックを公私ともに支える妻アルマとの関係と最大ヒット作である映画『サイコ』が完成に至るまでのエピソードを交えて描く『ヒッチコック』。原作はスティーヴン・レベロ著『ヒッチコック&メイキング・オブ・

_ 象のロケット - 2013年05月06日 13:03

1959年。 60歳の映画監督ヒッチコックは、実在の凶悪殺人犯エド・ゲインをモデルにした小説「サイコ」に目をつける。 ところがあまりに衝撃的な内容に、映画会社からは出資を断られてしまう。 自宅を担保に何とか資金を調達し撮影を始めるが、今度は映倫(映画内容をチェックする自主的検閲機関)の上映許可が下りない。 そんな時、脚本家である妻アルマの浮気疑惑が浮上するのだが…。 実話に基づくヒッチコック夫妻の物語。

_ たいむのひとりごと - 2013年05月06日 16:10

今から25年くらい前だろうか、地元にもレンタルビデオショップというもの登場して、初めて借りたビデオが『鳥』だった。また『サイコ』はもちろんだが有名なヒッチコック作品はテレビかビデオでほとんど観ているし

_ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) - 2013年05月07日 18:15

「ヒッチコック」監督:サーシャ・ガヴァシ(『ターミナル』)出演:アンソニー・ホプキンス(『ザ・ライト -エクソシストの真実-』『マイティ・ソー』)ヘレン・ミレン(『RED/レッ ...

_ 映画にする? - 2013年05月14日 01:45

ヒッチコック(2012)アメリカ 監督:サーシャ・ガヴァシ 出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン、ジェ ...

_ ☆みぃみの日々徒然日記☆ - 2013年05月14日 11:12

平成25年4月6日(土)。 映画:「ヒッチコック」。 監   督: サーシャ・ガヴァシ 脚   本: ジョン・J・マクロクリン 原   作: スティーヴン・レベロ キ ャ ス ト: アルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス) アルマ・レビル(ヘレン・ミ…

_ Healing - 2013年05月15日 15:27

ヒッチコック HITCHCOCK ★★★★4.5 天才と呼ばれた“ヒッチコック”は その妻アルマと2人で完成形 『レベッカ』『裏窓』『めまい』『鳥』・・・ 代表作をあげればキリがない “サスペンスの神”といわれたヒッチコック監督を 30年以上も支えた妻・アルマとの知られざる関係をベースに、 ヒッチコック最大のヒット作『サイコ』が どのようにして生まれたかを描

_ ひねくれ者と呼んでくれ - 2013年05月19日 23:59

監督:サーシャ・ガヴァシ 出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン 米国2012年 『サイコ』製作時のヒッチコックを描く--しかも主役がアンソニー・ホプキンスで、妻役がヘレン・ミレンと来れば嫌でも期待してしまうではないですかっ(!o!) しかも、冒頭は『サイコ』のモデルとなったエド・ゲインが登場。それを横目に往年の名TVシリーズ『ヒッチコック劇場』さながら紹介するヒッチ先生。おーい、吹替えに熊倉一雄呼んでくれ~。 かように調子よく始まる。映画で描かれるのは『北北西』はヒッ