Google
WWW を検索 ブログ内検索

リンカーン : 3度も受賞するだけのことはありますよねぇ2013年05月04日 11:12

リンカーン
 昨日は二日酔いで、ほぼ一日中寝込んでおりました。私のような年齢になると、深酒は禁物ですなぁ。反省です。ちなみに、本日紹介する作品は、歴史上の偉人を描いたこちらになります。
【題名】
リンカーン

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 貧しい家に生まれ、学校にもろくに通えない中、苦学を重ねてアメリカ合衆国第16代大統領となったエイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)。当時アメリカ南部ではまだ奴隷制が認められていたが、リンカーンはこれに反対していた。リンカーンの大統領当選を受けて、奴隷制存続を訴える南部の複数の州が合衆国から離脱しアメリカは分裂、さらに南北戦争へと発展する。自らの理想のために戦火が広がり若い命が散っていくことに苦悩するリンカーン。しかしついに彼は、合衆国大統領として、そして一人の父親として、ある決断をくだす……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「リンカーン」は、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマです。アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーン役には、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッドの」のダニエル・デイ=ルイス。リンカーンの妻であるメアリー・トッド・リンカーン役には、「アメイジング・スパイダーマン」のサリー・フィールド。国務長官のウィリアム・スワード役には、「ボーン・レガシー」のデヴィッド・ストラザーン。リンカーンの長男であるロバート・トッド・リンカーン役には、「LOOPER ルーパー」のジョゼフ・ゴードン=レヴィット。急進的な奴隷解放支持者であるサディアス・スティーヴンス役には、「メン・イン・ブラック3」のトミー・リー・ジョーンズ。監督は、「戦火の馬」のスティーヴン・スピルバーグ。

 アメリカ合衆国初代大統領のジョージ・ワシントンと、本作の主人公であるアメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーン。この二人はほとんどの日本人も知っている歴史上の大人物。特に、リンカーンは、「奴隷解放の父」として歴代大統領の中でも抜きん出た評価を受けている英雄といえるでしょう。本作は、そんな彼の実像を淡々と語った作品となっております。

 で、本作の感想を一言でいうと、何とも退屈な作品であるということ。淡々と語っているため、盛り上がりに欠けてるんですよ。ど派手な戦争シーンもほとんどなく、議会の多数派工作や家族との関係がメインになっています。しかも、淡々とですから…。期待していた作品だけに、がっかりでした。

 とはいえ、見所もきちんと用意されていました。先ずは、エイブラハム・リンカーンを演じたダニエル・デイ=ルイスの演技。史上初の3度目のアカデミー主演男優賞受賞を獲得しただけのことはあります。以前紹介した「リンカーン 秘密の書」でエイブラハム・リンカーンを演じたベンジャミン・ウォーカーを似ていると思っていましたが、ダニエル・デイ=ルイスの場合は桁違いの完成度。役者としての器の違いを見せられましたよ。

 そして、作品の中で唯一盛り上がった場面であるアメリカ合衆国憲法修正第13条への投票のシーン。日本の議会と違い、議員一人一人が名前を呼ばれ、口頭で答えるんですよね。そのシーンだけは、何とも緊張感があり議員それぞれの人としての心情を見ることができました。やっぱり、スティーヴン・スピルバーグは良い監督ですね。

 このように「リンカーン」は、アメリカ人がどれだけリンカーンを愛しているのかが、よく理解できる作品となっております。でも、現代のインディアンたちは、リンカーンに対しどのような感情を持っているのでしょうか。何とも、気になるところであります。では、本日はこの辺で (●´Д`)ノ【バ】【イ】【バ】【イ】ヽ(・ω・○) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品