Google
WWW を検索 ブログ内検索

キミとボク : 命の大切さを学べる映画2013年05月01日 11:02

キミとボク
 今日は、朝からのんびりと過ごしています。ちなみに、私の傍らには、愛犬のLOVEが寝息をたてています。彼女も、今日はのんびりしているようですね。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
埼玉県川越市

【製作年】
2011年

【製作国】
日本

【ロケ地】
神奈川県横浜市青葉区、埼玉県川越市、東京都八王子市等

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 七夕の日。漫画家を目指す青年(中村蒼)が、アメリカンショートヘアーの猫・銀王号と出会う。やがてふたりは心を寄せあい、友達になり、家族になっていく……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「キミとボク」は、マルチクリエイターのやまがらしげと氏が自身の体験をもとに製作したFLASHアニメーションを実写映画したものです。漫画家志望の青年役には、「行け!男子高校演劇部」の中村蒼。七夕の日に青年と出会った猫の銀王号の声優には、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の坂本真綾。監督は、「BADBOYS」の窪田崇。

 45分というショートムービーながら、見応え十分の映画。猫好きだけでなく、動物好きだけでなく、誰かを愛したことのある全ての人が共感できるような作品となっていました。

 先ずは、猫の銀王号の可愛らしさに癒されます。しかも、猫なのに宇宙(そら)を見ているんですよ。犬派の私もぐぐっぐっと猫に引き寄せられるシーンでした。そして、銀王号との日常生活と最後の別れ。動物を飼っている人には、必ずといってよいほど訪れるシーンでもあります。だって、ペットで飼う動物って寿命が短いですからね。そう考えると、我が家の愛犬であるLOVE(ヨークシャーテリア:♀)も、犬生の半分程度は生きてるんですよねぇ。愛情を少しでも注いでやらないといけないと感じましたよ。

 それと、中村蒼の演技、良かったなぁ。本作のほとんどは、青年と銀王号の日常生活を静かに優しく描いたもの。彼の演技は、その演出にサイコーにマッチングしていました。そして、中村蒼の演技より良かったのが、銀王号の声優を担当した坂本真綾。青年と良い意味で”ごぶごぶ”の生活を送りながら、どこか楽しそうで、タイトル通りちょっとだけ猫の生意気さが出ていて、最後に銀王号なりのちょっとした覚悟も感じられる、サイコーの”声”でした。

 そういえば、以前紹介した「星守る犬」でも、ワンちゃんが宇宙(そら)を見ていたよなぁ。でも、愛犬のLOVEは、そのようなことが一度もなかったような。しかしながら、そんなところが犬らしい彼女の魅力でもあります。

 このように「キミとボク」は、猫好きだけでなく誰かを愛した事のある全ての人が共感できる作品となっております。本作を観て、命の大切さを改めて感じることもできました。では、本日はこの辺で ヽ(●・ω・)ノ-○-お団子ふりバイバイ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品