Google
WWW を検索 ブログ内検索

図書館戦争 : 岡田君、キレキレですね!!2013年04月30日 20:45

図書館戦争
 いや~、皆様より若干遅れてゴールデンウィークに入りました。しかし、初日の今日はバタバタでしたよ。そんな中、本日観てきた映画はこちらになります。
【題名】
図書館戦争

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【ロケ地】
北九州市等

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 近未来の日本。各メディアにおける風紀を乱す表現を武力の行使をも厭わず取り締まる『メディア良化法』が施行された。それから30年後の正化31年、『メディア良化法』による検閲に対抗し読書の自由を守るために結成された図書館の自衛組織・図書隊に笠原郁(榮倉奈々)が入隊する。郁は高校生のときに図書隊隊員に読みたい本と彼女自身を助けてもらったことがあり、その隊員に憧れていた。郁の担当教官となった二等図書正・堂上篤(岡田准一)は非常に厳しく、郁を助けた隊員のことも愚かだと非難する一方、絶妙なタイミングでフォローを入れてくる。堂上の厳しい指導を経て、郁は女性としては初めて図書特殊部隊ライブラリータスクフォースに配属されるまでに成長。堂上や小牧幹久(田中圭)の下、エリート・手塚光(福士蒼汰)や業務部・柴崎麻子(栗山千明)といった同期の仲間に囲まれ過酷な訓練と図書館業務をこなしていく。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「図書館戦争」は、有川浩のベストセラー小説を実写映画化した作品です。図書隊の二等図書正である堂上篤役には、「天地明察」の岡田准一。過去の経験から図書隊に憧れて入隊した笠原郁役には、「のぼうの城」の榮倉奈々。郁と同期で寮の同部屋である柴崎麻子役には、「劇場版 SPEC~天~」の栗山千明。堂上の同僚である小牧幹久役には、「七瀬ふたたび」の田中圭。図書基地司令の仁科巌役には、「板尾創路の脱獄王」の石坂浩二。監督は、「GANTZ」、「GANTZ PERFECT ANSWER」の佐藤信介。

 以前紹介した「図書館戦争 革命のつばさ」なんかに比べて、原作を知らない私もすんなりと物語の世界観に入っていける親切設計となっておりました。また、単なる図書隊とメディア良化委員会の衝突だけでなく、恋愛・コメディー・友情といったエッセンスが作品の中に組み込まれており、飽きることなく最後まで観ることができました。

 但し、予告編で期待していた戦闘シーンは今一でした。というのも、図書隊って相手を本気で撃たないんですねぇ。初めて、知りましたよ。そのため、私には緊張感ある戦闘シーンの大前提が崩れてしまって、何とも不思議な感覚で観ていました。これだったら、サバイバルゲームみたくペイント弾で戦えば、双方とも怪我人も出なくてよいのになと思った位です。だって、両者とも公務員みたいなものでしょうから。戦闘シーンの迫力は間違いなくあるのに、私にはこのことが気になってしまって…。原作ファンの方、怒らないでね。

 但し、今一だった戦闘シーンをかき消すほどのインパクトがあったのは、岡田准一の格闘シーン。もう、最高レベルのキレキレで、このシーンだけで満足感が得られましたよ。「SP」の時に比べても、数段の進化を遂げているように感じました。日本の人気俳優の中では、ここまでの格闘シーンを撮れる俳優はいないのではないでしょうか。

 このように「図書館戦争」は、岡田准一のキレキレの格闘シーンが一押しの作品となっております。特に、私のように物語の中の独特のルールが気になりさせしなければ、最高レベルの満足度が得られると思いますよ。では、本日はこの辺で (・д・★)д・)・д・)★・д・)βyёβyё (・ω・★)ノじゃぁЙё 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/04/30/6795005/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年04月30日 20:54

まるで尖閣諸島問題のパロディ
公式サイト。有川浩原作、佐藤信介監督、岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、栗山千明、石坂浩二、西田尚美、橋本じゅん、鈴木一真、相島一之 ...

_ カノンな日々 - 2013年04月30日 21:43

私の大好きな作家・有川浩さんの代表作「図書館戦争」が実写映画化され待望の公開日を迎えました。私も原作を読んだとき、これを実写化するなら主人公の笠原郁役は榮倉奈々さんし ...

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年04月30日 21:55

有川浩さんの小説「図書館戦争」の実写映画化作品です。 有川さんと言えば、4-6ク

_ うろうろ日記 - 2013年04月30日 23:29

試写会で見ました。監督と岡田くんと榮倉さんが来られてました。皆さん、キャアキャア

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2013年05月01日 01:49

五つ星評価で【★★★★本来は映画として成立しえない素材をどうにかして見せた】


まず、原作は未読。
作品としての付き合いはアニメ映画1本の鑑賞のみ。
なので、詳しくはな ...

_ Akira's VOICE - 2013年05月01日 10:09

百科事典のような面白さ。
 

_ シネマ親父の“日々是妄言” - 2013年05月01日 12:57

[図書館戦争] ブログ村キーワード
 「阪急電車」「フリーター、家を買う。」の著者、有川浩原作の大人気小説シリーズが、コミック化→アニメ化→アニメ映画化に続き、遂に実写映画化!「図書館戦争」(東宝)。近未来の架空の日本を舞台に、“SF”“戦闘アクション”“恋物語”“コメディ”…と、内容テンコ盛りなストーリーが展開されます。あ、吾輩やっぱり原作未読です(^^;。


 西暦2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まるために、武力行使も厭わぬ検閲を正当化する“メディア良化法”が施行されて30年が過ぎた日本。検閲を実施する、メディア良化委員会の良化特務機関(=メディア良化隊...

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2013年05月01日 22:51

映画『図書館戦争』には、うーん、乗れませんでした。これなら2時間8分いらない作品

_ 象のロケット - 2013年05月02日 11:41

あらゆるメディアを取り締まる法律「メディア良化法」が施行されてから30年後の2019年(正化31年)。 日本では「メディア良化隊」による武力も厭わぬ検閲が正当化されていた。 22歳の女性・笠原郁(いく)は、「良化隊」に対抗する図書館の自衛組織「図書隊」に入隊する。 高校時代に自分を助けてくれた図書館員を“王子様”と憧れての入隊だったが、鬼教官・堂上篤の厳しいシゴキが待っていた…。 近未来アクション。 

_ タナウツネット雑記ブログ - 2013年05月03日 04:21

映画「図書館戦争」観に行ってきました。有川浩の同名小説を原作とする、岡田准一・榮倉奈々主演のSFアクション大作。「図書館戦争」は、元々アニメ化された後に「図書館戦争 革...

_ とりあえず、コメントです - 2013年05月03日 12:19

有川浩著の同名小説シリーズを岡田准一&榮倉奈々主演で実写映画化した作品です。 原作が大好きなので、ぴったりなキャストの二人がどんな活躍を見せてくれるのか楽しみにしていました。 緊張感と共に始まる物語は、とても可愛い恋と共にどんどんハードな戦いへと向かっていきました。

_ いい加減社長の映画日記 - 2013年05月03日 18:21

前から気になっていた作品・・・

「オフィシャルサイト」

【ストーリー】
正化(せいか)31年、あらゆるメディアを取り締まる法律「メディア良化法」が施行され30年が過ぎた日本。
公序良俗を乱す表現を取り締まるために、武力も厭わぬ検閲が正当化されていた。
そんな時...

_ 夢色 - 2013年05月04日 00:17

ようやく公開に間に合った。。。ずーっと楽しみ半分 緊張半分 で待ってた図書館戦争 試写会 レポ。ネタバレ かつ 超個人的 かつ 読んだor観た前提で書く感想 & あるパートに毒吐き ですので、観たくない方は回れ右で〜。まず最初に、どうやってあの世界状況を説...

_ 【徒然なるままに・・・】 - 2013年05月04日 13:38

公序良俗を乱す表現を取り締まるためには武力の行使も厭わないという、法によりメディアが統制された架空の世界、図書館だけは武装した図書隊を結成し、その検閲・弾圧に屈していなかった。かつて出会った図書隊員に憧れて入隊した笠原郁をヒロインに、鬼教官の堂上や同期の友人、同じ図書隊員の仲間たちとの触れあいの中で彼女の成長を描いて行く、というアクション物。

有川浩の小説は題名から気になっていて「いつか読む本リスト」に以前からラインナップされているのだけれど、それが映画になると聞いて見に行って来ました。
ホントは見る前に原作小説読もうか、それともアニメ版のDVD借りてきて見ようかとも考えたんです...

_ 真・天文台 - 2013年05月04日 17:39

監督:佐藤信介 脚本:野木亜紀子

_ オールマイティにコメンテート - 2013年05月05日 00:25

「図書館戦争」は有川浩原作の「図書館戦争」を映画化した作品でメディア良化法という有害図書を規制され自由の表現ができない世界で自由の表現を守るべく図書隊が設立され自由を ...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2013年05月05日 23:30

榮倉奈々と岡田准一が新人と教官という立場であったり、女子高生の時代に出会った憧れの人であったりする重層的な人物描写が面白い。ガンアクションと格闘技がミックスされ、コメディと恋愛もあるバランスのよい娯楽作品になっている。

_ にきログ - 2013年05月06日 12:36

さて、こちら有川浩さんの小説原作の映画ですね

私は原作小説は読んだことはありませんが、TVアニメは1、2話だけみてます
そのときはどうにも作品に入り込めずに視聴を断念したんですよね
なので映画...

_ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ - 2013年05月07日 00:05

2013/04/27公開 日本 128分監督:佐藤信介出演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、鈴木一真、相島一之、嶋田久作、児玉清、栗山千明、石坂浩二
本のために、あの人のために。
[Story]メディアに対する取り締まりを正当化する法律&ldquo...

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2013年05月07日 17:22

☆予備知識がなく観ました。

 基本、私は、この、なんちゅうか、ライトノベルによく見られるような、例えば、生徒会や図書委員会、風紀委員みたいなのが一つの権力のように描かれるような作品が嫌いで、

 この作品も、その流れのものだと思っていた。

 そしたら、書...

_ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) - 2013年05月07日 18:22

「図書館戦争」監督:佐藤信介 出演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、鈴木一真、相島一之、嶋田久作、児玉清、栗山千明、石坂浩二配給:東宝 概要 ...

_ FREE TIME - 2013年05月09日 23:52

映画「図書館戦争」を鑑賞しました。

_ 単館系 - 2013年05月10日 22:34

図書館戦争 MOVIXさいたま 2013年4月27日公開

メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が
施行されてから30年がたった日本。
読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員にかつ...

_ to Heart - 2013年05月14日 20:46


製作年度 2013年
上映時間 128分
原作 有川 浩『図書館戦争』シリーズ(角川書店刊)
脚本 野木亜紀子
監督 佐藤信介
音楽 高見優
出演 岡田准一/榮倉奈々/田中圭/福士蒼汰/西田尚美/鈴木一真/相島一之/嶋田久作/栗山千明/石坂浩二/橋本じゅん
メディアに対する取り締ま...

_ 映画観たよ(^^) - 2013年05月14日 23:59

『図書館戦争』を観てきました。 図書館戦争 - 映画.com 会社から帰るとアニメをちょうど放映しテル時間だったので図書隊の活躍はなんとなく知っていました。まさか実写化されるとは、、、、。 それほど詳しくないので初見と思って観てきました(^^)/ 全体的によーくまとまってましたね。 前半はちょっと退屈でしたが、大きな事件への伏線ということでガマンして観てました。 後半の1時間は、岡田君!魅せてくれましたね~ 銃撃戦も迫力があってすごかったけど、何より格闘シーンは本当に迫真の演技という感じでよかった。 榮倉奈々なんて本当は主役なのに、なんだかかすんでしまったよ。 ただ、、真剣な顏をすればするほど、パピコとかサランラップのCMの印象が・・・・「SP」の時にはそんなこと思わなかったのに・・・不思議です(@_@) 鈍感ちゃんの榮倉奈々んがいつ気が付く!いつ気が付く!と思ってましたが、ちゃんと物語を締めてくれました。続編があろうがなかろうが、この終わり方は映画といしてスッキリ!させてくれましたね(^^) 榮倉ちゃんのキャラにこの役は似合っていたと思うのですが、ただの元気印になっていたのが残念です。 アニメだともう少し悩ましいこと考えてたきがします。 あ、でも悩んでいたは悩んでいたか。。。そう見えないだけ??? 栗山千明の演じる役どころは、よかったでです。 ナゾが多いということもよかったのかも知れませんが、こういうバイプレイヤー的な部分で使われると本当にいい仕事をする気がします。(ホメテル) そして、今回鑑賞してわかったことは、、、榮倉奈々がデカイということと、V6岡田君が小さいということ。 で、調べてみた! 榮倉奈々(170.4cmネットの噂)、岡田准一(169cmネットの噂)、おまけで栗山千明(162cm) 岡田君のほうが小さいけど、チビ呼ばわりされるほどではないと思います!(女性はカカト高いしね) 監督の佐藤信介さん、GANZの監督さんなんですね~GW娯楽として楽しめる作品となってましたよ。 原作を知ってても知らなくても楽しめる作品となっていました。 公式サイト:http://www.toshokan-sensou-movie.com/

_ KATHURA WEST - 2013年05月15日 16:07



図書館戦争
原作:有川 浩
監督:佐藤信介
キャスト:岡田准一:堂上篤
     榮倉奈々:笠原郁
     田中圭:小牧幹久
     福士蒼汰:手塚光
     西田尚美:折口マキ
     栗山千明:柴崎麻子
     石坂浩二:仁科巌
     他
2013/日本映画
オフィシャルサイト

思いがけず良かったので、ポスター2枚貼り付けです。
物語の全ての始まりは
《頭ナデナデ》

女の子でなくても、この感覚はわかります。
これは人の成長にとってとても大事だ!
ハチャメチャな想像力はこんなちょっとした幸せから大きく膨らむ。
原作者有...

_ みかん星人の幻覚 - 2013年05月15日 19:08

本好きを夢中にさせている、有川浩さんのシリーズ『図書館戦争』を、雑誌『ダ・ヴィン

_ FREE TIME - 2013年05月15日 23:55

映画「図書館戦争」を鑑賞しました。

_ 映画@見取り八段 - 2013年05月17日 02:03

図書館戦争    監督: 佐藤信介    出演: 岡田准一、榮倉奈々、田中圭、栗山千明、石坂浩二、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、鈴木一真、相島一之、嶋田久作、児玉清 公開: 2013年4月27日 2013年5月1日。劇場観賞。 原作は有川浩氏の同名小説。未読です。 200…

_ みはいる・BのB - 2013年05月17日 11:47




☆☆☆★- (10段階評価で 7)
4月27日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 12:20の回を鑑賞。

_ じゅずじの旦那 - 2013年05月25日 14:04

本のために、あの人のために。  本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング【あらすじ】メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が施行されてから30年がたった日本。読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員にかつて助けてもらった笠原郁は、憧れの図書隊員になる。担当教官・堂上篤の厳しい指導を受け、女性で初めて図書特殊部隊に配属された郁。そんなある日、図書隊とメディア良化委員会の対決が避けられない出来事が起きる・・・監督:佐藤信介  原作:有川浩  出演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、栗山千明、石坂浩二・・・公約どおり?戦ってきました!原作のベタ甘、というほどではなかったが十分楽しめた。なにしろ、真剣に戦っている。でも所々のラブ妄想は健在!変に漫画チックにならず、よかったかな。それにしても岡田君のアクションは凄いな、SPばり。榮倉奈々ちゃんって、背が大きい方だったんだね。かわいい印象が強かったから小さいと勝手に思ってました。見終わって映画館内を見渡せば、平均年齢を上げてるのはオレ。周りは10代、20代。うらやましくもあり、はずかしくもあり、、、な、ポチッ これも続編あるのかなぁ。あって欲しいなぁ 映画 図書館戦争 公式サイト 図書館戦争 図書館内乱 図書館危機 図書館革命 別冊図書館戦争 1 別冊図書館戦争 2 JUGEMテーマ:映画

_ 零細投資家映画記録 - 2013年06月30日 01:22

鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田 シアター3 鑑賞日時:5月28日 評価:A- 原題:図書館戦争 LIBRARY WARS 製作:2013年 日本 監督:佐藤信介 出演: 岡田准一 榮倉奈々 田中圭 福士蒼汰 西田尚美 橋本じゅん 相島一之 栗山千明 石坂浩二 映画生活  ※ネタバレを含む…

_ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 - 2013年07月17日 23:45

図書館戦争
'13:日本

◆監督:佐藤信介「GANTZ」「砂時計」
◆出演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、鈴木一真、相島一之、嶋田久作、児玉清、栗山千明、石坂浩二

◆STORY◆メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が...

_ ここなつ映画レビュー - 2013年09月30日 16:36


「図書館」と「戦争」。息子の二大好きな単語がタイトルの作品、何しろ夜道で判明できない程真っ黒に日焼けした野球少年なのに歴年図書委員だし、勝負に対する執着はあまりの事に学童保育クラブの先生に注意を受けた事がある程。「図書館戦争」が公開されるや否や、観に行こう!とうるさかった。
一方長男は原作を読み、この世界観は苦手、と同行せず。私は、といえば、全く予備知識のないまま、ペアポップコーンを息子とつまむのだけを楽しみに映画館へ出向いたのでした。


言論の自由の統制、という繰り返されてきた愚かな歴史を想起させる、「図書法」が制定されている近未来。メディアに対する取り締まりを正当化する...

_ いやいやえん - 2014年04月22日 09:35



設定が面白い上に軽いロマンス部分がいい味を引き立ててくれてる。憧れの王子様が誰かなんてすぐわかっちゃうもんね。岡田くんはジャニーズの中じゃ一番かっこいいと個人的に思っているので、目の保養にもなりました。
キャラクターたちは投票選出のイメージそのままなので違和感もなしっ。ラストのポンポンで萌えっとなりましたわー。

上官である堂上教官のもと鬼指導を受けていく郁ですが、王子様は目の前にいるのだけれど気づかない。周りは経緯を知っててニヤニヤなんですけどね。過去のその際検閲を勝手に止めたせいで問題になっていたのでした。
心配でしょうがないんですよね、堂上さん。見ているこちらもにやけてしまう。萌えっであります。
戦闘も結構迫力があって良かったです。岡田君の巧みな体術もみれちゃうし、また萌えっであります。

邦画の中ではかなり面白い&良く出来てる部類の作品だと思います。なんでそれを長々放っておいたかというとですね、絶対面白いってわかってるから。ほんとにとても面白いです。アニメも原作も見てみたいけど、これは本気で夢中になりそうでね〜^;
…というわけで夢中で見ちゃったので記事は割愛っ(笑)

【概略】
あらゆるメディアを取り締まる法律「メディア良化法」が施行され30年が過ぎた日本。公序良俗を乱す表現を取り締まるために武力も厭わぬ検閲が正当化されていた。そんな時代でも読書の自由を守るため、検閲に対抗すべく生まれた図書館の自衛組織「図書隊」に笠原郁が入隊する。

アクション