Google
WWW を検索 ブログ内検索

ジャンゴ 繋がれざる者 : 待たされた甲斐なし2013年04月07日 20:14

ジャンゴ 繋がれざる者
 日本での公開が3月1日の本作。広島では、4月6日が公開初日。広島は、日本なんだけど…。そんなことはさて置き、本日紹介する映画は待ちに待ったこちらの作品です。
【題名】
ジャンゴ 繋がれざる者

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 奴隷制度をめぐる対立が色濃くなる1859年アメリカ南部。賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)と出会い、奴隷を繋ぎとめる鎖から解放されたジャンゴ(ジェイミー・フォックス)。ジャンゴはキングとともに南部の指名手配犯を捕まえながら鍛錬を積み、奴隷市場で生き別れとなった妻のブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を探していた。そのブルームヒルダは、カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)が営むキャンディランドという農園にいた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ジャンゴ 繋がれざる者」は、クエンティン・タランティーノの「イングロリアス・バスターズ」以来3年ぶりの監督作となる作品です。奴隷から解放され賞金稼ぎとなったジャンゴ役には、「」のジェイミー・フォックス。「完全なる報復」のジェイミー・フォックス。ジャンゴを奴隷から解放した賞金稼ぎのキング・シュルツ役には、「グリーン・ホーネット」のクリストフ・ヴァルツ。離れ離れになったジャンゴの妻であるルームヒルダ・ヴォン・シャフト役には、「ジャックはしゃべれま1,000(せん) 」のケリー・ワシントン。黒人奴隷の殺し合いを見世物にしているカルヴィン・キャンディ役には、「J・エドガー」のレオナルド・ディカプリオ。黒人でありながらカルヴィンの右腕のような存在であるスティーヴン役には、「アベンジャーズ」のサミュエル・L・ジャクソン。

 何かと興味をそそる映画ですよねぇ。レオナルド・ディカプリオが悪役だし、監督はクエンティン・タランティーノだし、ジャンゴにいたっては黒人のガンマン(賞金稼ぎ)だし、映画館に足を運ばせるに十分な”しかけ”が用意されてますよ。それで、実際に観終わっての第一印象は、とにかく上映時間が長かったということ。その時間、何と165分。しかも、この「ジャンゴ 繋がれざる者」はその長さをダイレクトに感じさせる作品。私は禁煙したので問題ないですが、喫煙者の方にとっては大変な映画ではないかな。まあ、本作の感想を広島弁で直訳すると、「何か、今一の映画じゃのう。」といったところでしょうか。

 あらすじとしては、割りと単純な勧善懲悪的西部劇。但し、黒人の奴隷問題をリンクさせているところは新しさというか、タランティーノの着眼点の鋭さを感じたなぁ。映像も撃たれた人間が血しぶきを舞い上がらせながら飛ばされる銃撃戦は迫力満点。自分が観ている映画が西部劇であることを強く意識させられました。しかも、やられちゃうのは悪党なので、観ている方も爽快感Max。また、登場人物の数はとても多いのですが、かなりの脇役になってもきっちりとキャラが立ってる。本当、よく考えられ丁寧に創られた作品した。これぞ、タランティーノ作品といえるのではないでしょうか。つまり、何が時間を長く感じさせるのか、素人の私にはよく分からなかったなぁ。

 但し、素人目で観ても残念だったのは、レオナルド・ディカプリオ演じるカルヴィン・キャンディのやられっぷり。あんな最後はないよなぁ。しかも、スティーヴンのような切れ者がいないと、ワルにもなり切れないおぼっちゃまキャラなんですよねぇ。はっきり言って、カルヴィン・キャンディとスティーヴンは合体させて一つのキャラにして欲しかった。それを演じるディカプリオを観たかったのは、私だけではないと思いますよ。「むむむ。」、時間が長く感じるのは登場人物が多すぎて、しかも彼らにキャラを立たせるために長くなったのか。まあ、素人の私にはよく分かりませんが…。

 このように「ジャンゴ 繋がれざる者」は、タランティーノらしさを感じられますが、上映時間が長すぎる作品でもあります。そのため、上映時間の直前にきっちりと用を足し、喫煙者の方はタバコを吸うことをお勧めします。では、本日はこの辺で 〔バィバィ☆}ヾ(●´∀`○ ≡ ○´∀`●)ノシ{マタ明日☆〕 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/04/07/6771161/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年04月07日 20:30

ジョン・シャフト・ジェネシス
公式サイト。原題:Django Unchained。クエンティン・タランティーノ監督、ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、 ...

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年04月07日 21:28

クエンティン・タランティーノの初の西部劇。 マカロニ・ウェスタン大好きな感じは「

_ カノンな日々 - 2013年04月07日 21:58

日本大好きなタラちゃん監督が来日してプロモーション活動でテレビ番組に出まくってましたけど、そんなの抜きにしてもこれは面白そうと楽しみにしていました。19世紀中期のアメリ ...

_ 映画雑記・COLOR of CINEMA - 2013年04月07日 22:07

注 : 内容、台詞に触れています。クエンティン・タランティーノ監督によるマカロニ・ウェスタン愛満載の西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』本作で第85回アカデミー賞脚本賞を受賞。物語・南北戦争が始まる2年前

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2013年04月07日 22:17

映画『ジャンゴ 繋がれざる者』は、タランティーノ作品として決して出来が良い方だと

_ 映画観たよ(^^) - 2013年04月07日 23:00

『ジャンゴ 繋がれざる者 』を観てきました。 ストーリーはコチラ(^^)/ジャンゴ 繋がれざる者 - goo 映画 いやぁ~ちょっと体調悪くて気分もすぐれないので、ドキュメンタリー物とか長い系のは観る気分になれないなぁ~と思っていたものの、このタランティーノのB級感はなんか元気でるかもしれん!と思って観てきたが・・・・やっぱ長い!3時間弱は・・・(>_<) 前作で来日の際、タランティーノが日本の根強いマカロニウェスタンファンと触れ合ってこの作品を造ることを決めたということだけあって、、、、、なんかいっぱい!しかも壮年系の人々(オイラも?)。やはり日本人はマカロニウェスタンが好きなのかもしれませんね(@_@) いやぁ~ストーリーは予告編のとおりなんだけど、本当にスカッと痛快ではあったんだけど。。。 なんか、米国人は歴史の一部として受け入れられるんだろうけど・・そういう歴史をあまり知らない人たちにとっては、奴隷制の部分なんかはちょっと見るに堪えないような扱いの部分が多々ありちょっと目をそむけたくなっちゃいました。 アカデミー助演男優賞に輝くクリストフ・ヴァルツ!!!やっぱ存在感ありましたね。 イングロリアス・バスターズとかでもそうだったけど、、 ああいう硬い感じの職業と思わせる役柄を淡々とこなすのはカレがピッタシですね。 しかも、今回は内に秘めた思いをひた隠していたんですものね。 クールな表情のなかにも、硬い意志のようなものを感じました。 最後は、すまん!がまんできなかった・・・・みたいな言葉を残して、ムッシューを撃ってしまったのが心に残りました。この場面でなんかスカっとしましたね。 ジェイミー・フォックスはいつものとおりカッチョよかった。それだけ!! ケリー・ワシントン!!メッチャ知的できれいな感じが醸し出されてましたね。 サミュエル・L・ジャクソン!まったくわからんかった。顏がまるいのはCGだったんでしょうかね(^_-) そして・・・・でるでると期待していた監督のタランティーノ君 終盤にかけて出てきましたね。しかもチョイ役と思いきやそこそこ重要な?役柄。 あっけないけど、いい味出してたよ!!! 全般的にタランティーノ感満載ではありましたが、長時間も気にならなかった。 少しデュカプリオの扱いが雑だった気がします。 こういう訳わからん悪い役柄がとても似合いますね。 もうちょっと重厚感のある農園主だ...

_ 映画のメモ帳+α - 2013年04月07日 23:08

ジャンゴ 繋がれざる者(2012 アメリカ)

原題   DJANGO UNCHAINED
監督   クエンティン・タランティーノ
脚本   クエンティン・タランティーノ
撮影   ロバート・リチャードソン
編集   フレッド・ラスキン
出演   ジェイミー・フォックス クリストフ・ヴァルツ
      レオナルド・ディカプリオ サミュエル・L・ジャクソン
      ドン・ジョンソン ジョナ・ヒル ウォルトン・ゴギンズ
      デニス・クリストファー ローラ・カユーテ M・C・ゲイニー 
      クーパー・ハッカビー ドク・デュハム ジェームズ・ルッソ 
      トム・ウォパット ジェームズ・レマー マイケル・パークス フランコ・ネロ

第85回(2012年)アカデミー賞助演男優(クリストフ・ヴァルツ)、脚本賞受賞。作品、撮影、音響編集賞ノミネート

映画サイトとやらを7年もやっていて、秘かに気にしていたことがある。
クエンティン・タランティーノ監督作品の記事を1回も書いたことがないな...。
嫌いな監督の作品ならまだしも、タランティーノは結構好きなのに。
理由は単純明快、書きにくいからである。タランティーノの映画の面白さって音楽の使い方とかいろいろあるけど、文字に表しにくい。奇抜なストーリーをたどるだけだとネタバレになるし、気にいったセリフを引用するのも芸がない。ああ、面白かったですますのも癪にさわる。(笑)
もうひとつ、(こっちのほうが重要かも)タランティーノの映画はご存じのとおり、過去のB級映画を下敷きにしている事が多い。キャパシティの広さは並の映画ファンではとても太刀打ちできない。下手に参戦すると火傷しそ。ああ、面倒くせえ、記事書くのや〜めた!になってしまうのであります。結局タランティーノの映画が公開されるたびに、自称B級映画オタクが勝ち誇ったようにウンチクを披露するのを指をくわえて眺めているだけなのでした、はい。さて、タラちゃんの新作は「ジャンゴ 繋がれざる者」。同じ日に観た別の映画があまりにひどかったので、しぶしぶこっちを記事にすることにしました。映画の内容からやや脱線気味です、悪しからず。

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2013年04月08日 00:00

ジャンゴ 繋がれざる者~オリジナル・サウンドトラック [CD]◆プチレビュー◆元奴隷と元歯医者の賞金稼ぎコンビが大暴れする「ジャンゴ 繋がれざる者」。ジャンルの境界線を飛び越え ...

_ タナウツネット雑記ブログ - 2013年04月08日 00:04

映画「ジャンゴ 繋がれざる者」観に行ってきました。レオナルド・ディカプリオが悪役として登場することで話題となった、クエンティン・タランティーノ監督製作のアクション映画で...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2013年04月08日 00:15

ドイツの伝説ジークフリードが説明される。お姫様を救い出す勇者がジャンゴというわけだ。黒人奴隷ジャンゴが奴隷商人を演じているうちに、黒人解放の物語に変遷していくのが見事なのだ。黒人同士を素手で戦わせて殺し合うのは、まるで南北戦争だ。ダイナマイトで屋敷を爆破

_ こねたみっくす - 2013年04月08日 09:21

Dは発音しない。これがクエンティン・タランティーノの映画だ。
マカロニウェスタン、回りくどい会話劇、血みどろの銃撃戦、吹っ飛ぶ銃殺体、爆死する監督、そしてサミュエル・ ...

_ Akira's VOICE - 2013年04月08日 10:20

過激な見どころ盛り沢山で愉快痛快。
 

_ 風に吹かれて - 2013年04月08日 13:58

奴隷制度を描いたマカロニウエスタン公式サイト http://www.django-movie.jp監督: クエンティン・タランティーノ1858年、賞金稼ぎのドイツ人歯科医キング・シュルツ(クリストフ・

_ rambling rose - 2013年04月08日 15:36

ドイツ人歯科医のシュルツの本業は賞金稼ぎ。お尋ね者の顔を知る黒人奴隷ジャンゴを見つけた彼は、共に追跡に繰り出すが・・

_ ダイターンクラッシュ!! - 2013年04月08日 17:50

2013年3月19日(火) 20:50~ 109シネマズ川崎9 料金:1000円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認 近年のタラ公にしては上出来 『ジャンゴ 繋がれざる者』公式サイト マカロニ・ウェスタンの代名詞ジャンゴは黒人。 奴隷制度批判が作品の根底にあるという実は真面目なタラ公マカロニ・ウェスタン。 尺の長い映画だが、快調に話は進み、後半に一気に残虐シーン炸裂。結構グロいので、若干注意。 タラ公が出演している三池の「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」の20倍は面白い。 お勧め度:☆☆☆★ 人体損壊度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★ マカロニ・ウェスタンな記事 「荒野の用心棒」 「南から来た用心棒」 「怒りの荒野」 「続・荒野の1ドル銀貨」 「続・さすらいの一匹狼」

_ みはいる・BのB - 2013年04月08日 21:01




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
3月2日(土) ミント神戸 スクリーン3にて 18:20の回を鑑賞。

_ 象のロケット - 2013年04月08日 21:26

1859年のアメリカ南部。 賞金稼ぎをしているドイツ人歯科医キング・シュルツによって奴隷から解放された黒人ジャンゴは、シュルツとコンビを組み南部のお尋ね者たちを捕まえていく。 ジャンゴの願いは、奴隷市場で別れたきりの妻を探して救い出すこと。 しかし彼女がいる農園“キャンディランド”の領主カルヴィン・キャンディは、奴隷たちを鍛え上げ、互いに闘わせて楽しむ極悪人だった…。 西部劇。

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2013年04月09日 23:55



世間の絶賛とは別に、ちょっと冷めている当ブログ(笑)
その理由を以下。

戦争映画→マカロニ・ウエスタンときたので、どうしても前作(以下、イングリ)と比べてしまう。
ポスターは、アメリカで言う スパゲッティ・ウエスタンそのまま(写真)でカッコいいのだが...


...

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2013年04月09日 23:55



世間の絶賛とは別に、ちょっと冷めている当ブログ(笑)
その理由を以下。

戦争映画→マカロニ・ウエスタンときたので、どうしても前作(以下、イングリ)と比べてしまう。
ポスターは、アメリカで言う スパゲッティ・ウエスタンそのまま(写真)でカッコいいのだが...


...

_ 我想一個人映画美的女人blog - 2013年04月10日 11:41




ランキングクリックしてね &amp;larr;please click


待ってたよ タランティーノの新作
有楽町丸の内ピカデリーにて行われた
レオナルド・ディカプリオ舞台挨拶にいってきました〜 お誘いありがとう

マカロニウェスタン大好きなタラが10年越しの構想でつい...

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2013年04月10日 22:55

ジャンゴと言えば「B級イメージの「スキヤキウエスタンジャンゴ」が思い出されて、最初はどうしても何でアカデミー賞にノミネートされたの?と納得いかない気分だった。
しかーし!明らかに違う!
カメラワークといい、緩急つけた緊張感といい、さすがお見事タランティーノ監督☆なのだ。

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2013年04月11日 00:35

2012年・アメリカ/ワインスタイン・カンパニー=コロムビア配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 原題:Django Unchained 監督:クエンティン・タランティーノ脚本:クエンティン・

_ Days of Books, Films - 2013年04月11日 22:17

Django Unchained(film review) モノクロ写真をコピー

_ メルブロ - 2013年04月13日 18:31

ジャンゴ 繋がれざる者(原題: DJANGO UNCHAINED) 434本目 2013-05
上映時間 2時間45分
監督 クエンティン・タランティーノ
出演 ジェイミー・フォックス(ジャンゴ) 、  クリスト ...

_ がらくた新館 - 2013年04月14日 19:39

面白かったですが、タランティーノ監督らしく撃ち合いで血がドバー!な映画です。なの

_ カレサンスイノTTZMI - 2013年04月16日 17:47

『ジャンゴ 繋がれざる者』 “DJANGO UNCHAINED” (2012・アメリカ・2h45) 監督・脚本・出演 : クエンティン・タランティーノ 出演 : ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、ケリー・ワシントン、レオナルド・ディカプリオ、サミュエル・L・ジャクソン、ジェームズ・レマー 南北戦争が始まる2年前のアメリカ南部。奴隷のジャンゴはドイツ人の賞金稼ぎによりその身を自由にされる。 賞金稼ぎとして相棒となった二人はジャンゴの妻を奴隷商人から買い戻すべくミシシッピーの大農園へと足を踏み入れる。 2時間45分はやっぱり長かった。1時間45分位の短縮版が有ったらそっちでも全然構わない。お屋敷での銃撃シーンとディナーシーンが有ればそれでいい。 ディナーシーン笑った。じいやがお坊ちゃまの太鼓持つとこ。 あれは是非ダウンタウンでパロディして欲しい。じいやが松ちゃんでお坊ちゃまが浜ちゃん。で、是非じいやのハゲ頭にスリッパでパコーンとツッコミ入れて欲しい。「うるさいねんボケェ!」でパコーンと。 サミュエル・L・ジャクソン、お坊ちゃまの前での太鼓持ちと裏での狡猾さの両面が見事だった。 クリストフ・ヴァルツも良かった。さすがオスカーゲッツ。 脇役がいいとどうしても主役が霞んでしまうけどジェイミー・フォックスもカッコ良かった。 レックス・リン久し振りに見た。 ジェームズ・レマーは二役だったけどなんで二役だったんだろう。最初に殺されちゃう人役とお坊ちゃまの用心棒役。

_ 映画のブログ - 2013年04月16日 19:52

 映画という弾丸をブッ放し、激しい戦いが行われている。
 奇しくも日本で同日公開となった『フライト』と『ジャンゴ 繋がれざる者』は、米国でもそれぞれ2012年11月2日と同年12月25日に公開されており、...

_ いやいやえん - 2013年08月21日 09:34



ストーリーは概略の通り。いつもの長尺のタラちゃん映画、ただし西部劇です。西部劇ってところであんまり見る気がしなかったんですけれど、ブロガーさんの評価が割りと高いのでみることにしました。
正統な西部劇ではないので、見やすかったと思います。タラ節も勿論ありで、いらない部分は思いっきり割愛するところが潔いと思います。グロ描写もありで、無駄に飛沫してます。
ジェイミー・フォックスとクリストフ・ヴァルツさんが主人公側で、ディカプリオとサミュエル奴隷頭が悪役って配役も面白いよね。
黒人奴隷制を扱っているので、ニガーという言葉が何度も出てきます。南部の白人としてはキャンディはそんなに悪い奴でもなかった気がします。悪いのは、サミュエルおじさんですね(笑)
メインキャラクターが、クリストフ・ヴァルツからジェイミー・フォックスに変わって行くのも、次第にかっこよく逞しくなっていくジャンゴを際立たせてます。シュルツの死には「あっ」と思うものもあったのですが、そこもいい意味で割愛されてテンポよく進むのが良いですね、その後の過激なアクションに繋がるんですから。
タラ映画の全体のごり押し感も相変わらずなのですが、それでもそのごり押しに後押しされてのサクサク進むテンポの良さと、適度な間隔での残酷なシーンや銃撃戦などの見せ場があって、飽きずにダレずに最後まで観られました。
「前がみえねえんだよ」とか、なんか笑っちゃうところもあるのがいいですよね。B級のノリです、だからいいのかもしれない。
監督であるタラちゃんも勿論ですが、元祖ジャンゴのフランク・ネロさんもご出演(昔の西部劇ファンにはたまらないでしょう)。面白かったです。

【概略】
主人のもとで人間性を奪われ、妻を奪われた奴隷のジャンゴは、賞金稼ぎのシュルツと出会い、自由を与えられ、彼と共に銃の腕を磨き稼いだ金で妻を買い戻そうと決意。お尋ね者を追うアメリカ横断の旅の最終目的地は、妻が捕らわれているキャンディ・ランド。そこは残忍な若き暴君カルビン・キャンディが君臨する農園だ。ジャンゴとシュルツは奴隷商人を装いキャンディ・ランドに乗り込むが、見かけは黒人、心は白人の老獪な奴隷頭スティーブンが二人の正体を見破り! 思いも寄らない一大死闘が展開する! ! 最後に生き残るのは果たして―――?

西部劇・アクション

_ ここなつ映画レビュー - 2014年01月16日 14:33


好き嫌いが分かれる作品だと思う。でも私は好き。虐げられた運命にある者が、偶然と必然に翻弄されながら、己れの道を切り開いていく。それも又運命。逆襲に満ちた異色の西部劇、といったところか。

冒頭、鎖に繋がれて行軍するジャンゴ(ジェイミー・フォックス)のシーンから始まる。ジャンゴは奴隷として生涯を送る定めにあり、その時も奴隷主から別の奴隷主に転売されて行く所だった。ところが道中、キング・シュルツと名乗るドイツ人(クリストフ・ヴァルツ、この作品で第85回アカデミー賞助演男優賞を受賞)が現れ、ジャンゴをその列から救い出す。そして、ジャンゴを自分の相棒として、お尋ね者を狩る賞金稼ぎに誘うの...

_ 映画に耽溺 - 2014年11月28日 15:23

「オスカーをとったっていう作品にはどれも興味をそそられるものだけれども」 「そうね」 「女優賞」 「男優賞」 「作品賞」 「なかでもあたしたちが興味をひかれるのは」 「脚本賞をとった作品よっ!!」 「映画は脚本!!」 「脚本よねっ!!」 「そういう訳で…