Google
WWW を検索 ブログ内検索

エージェント・マロリー : ニューヒロイン誕生!2013年03月23日 17:16

エージェント・マロリー
 昨夜のサッカー日本代表とカナダの試合は、日本の辛勝だったようですね。正直、WBC終わったばかりだし強化試合なので、あまり興味わかなかったですけど。ちなみに、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
エージェント・マロリー

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 スペイン、バルセロナ。民間軍事企業の経営者ケネス(ユアン・マクレガー)は、米国政府の実力者コブレンツ(マイケル・ダグラス)とスペイン政府関係者のロドリゴ(アントニオ・バンデラス)から、凄腕の女性スパイ、マロリーを指名した人質救出作戦の依頼を受ける。ケネスからの連絡でバルセロナに乗り込んだマロリーは、アーロン(チャニング・テイタム)を含む3人の工作員と合流。監禁されていたジャーナリストのジャンを無事に救出し、身柄をロドリゴに引き渡す。サンディエゴの自宅に戻ったマロリーの前に、再びケネスが現れ、英国諜報機関MI-6から請け負った新たな任務を指示。2人の間には、かつて恋人同士だった過去があった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「エージェント・マロリー」は、世界を股にかけるスゴ腕女スパイの活躍を描くスパイ・アクションです。美しき女スパイ・マロリー・ケイン役には、全米女子格闘技界でトップクラスの人気・実力を誇る女性格闘家ジーナ・カラーノ。民間軍事企業の経営者ケネス役には、「砂漠でサーモン・フィッシング」のユアン・マクレガー。監督は、「コンテイジョン」のスティーヴン・ソダーバーグ。

 セクシーな女スパイ。このような役どころを演じる女優といえば、ケイト・ベッキンセイルやミラ・ジョヴォヴィッチが頭に浮びますよね。しかしながら、本作の主演はジーナ・カラーノ。名前を聞いたことがないけど、アメリカの女子格闘技界ではトップクラスの選手だそうです。ある意味、ギャンブルともいえる配役ですが、これは大成功といってよいのではないでしょうか。今まで、いるようでいなかった超筋肉質な女スパイ。無論、ジーナ・カラーノはセクシーな女性ではありますが、セクシーさよりもワイルドさが凌駕している新しいタイプの女スパイといえるでしょう。

 こういったスパイ・アクションの映画で一番重要なのは、アクションシーンですよねぇ。本作ではど派手なシーンはあえてなく、リアリティーを追求したものになっています。しかも、打撃系が充実しており、観ている我々にも痛みが伝わる映像となっております。だからこそ、主演にジーナ・カラーノを迎えたのでしょうねぇ。そして、リアリティーを追求したことで、緊張感ある作品に仕上がっており、あっという間のエンドロールでした。

 また、本作では脇を固める俳優陣がとても豪華な布陣となっております。紹介した以外にも、アントニオ・バンデラス、マイケル・ダグラス、チャニング・テイタム、マイケル・ファスベンダー、ビル・パクストンといった面々です。女子格闘技の世界以外では無名に近いジーナ・カラーノを、皆で盛り立てているようで微笑ましいですね。そんな豪華な脇役人に囲まれながらも、ジーナ・カラーノの存在感は彼らに見劣りしません。今後の活躍が楽しみですね。

 但し、あらすじは今一つでした。というのも、マロリー・ケインが強すぎるのか、ケネス陣営が弱すぎるのか、安心して観ていられるんですよ。ここは、もう少し頑張って欲しかったなぁ。本作のようなスパイ・アクションは手に汗握って観れるようでないと。

 このように「エージェント・マロリー」は、ニューヒロイン誕生を感じさせるスパイ・アクションの良作です。リアルガチで強いジーナ・カラーノの魅力炸裂の本作、レンタルして損はしない一本となっておりますよ。では、本日はこの辺で (マタネ}(o´∀`p[゚・*:.。.☆バィバィ☆.。.:*・゜]q 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/03/23/6756282/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年03月23日 17:23

草食系男子には優しい史上最強女スパイ
公式サイト。原題:Haywire。スティーヴン・ソダーバーグ監督、ジーナ・カラーノ、マイケル・ファスベンダー、ユアン・マクレガー、ビル・パ ...

_ ヨーロッパ映画を観よう! - 2013年03月23日 18:11

「Haywire」 2011USA/アイルランド

マイケル・ファスベンダー、ユアン・マクレガー、チャニング・テイタム、アントニオ・バンデラス、マイケル・ダグラス、そしてビル・パクストン…と主役級の俳優たち総出演でジーナ・カラーノを盛り上げている。そう、これはジーナによる、ジーナのための映画。
監督がスティーヴン・ソダーバーグということで少々期待していたが、展開はそれほどでもなかったかな?強いジーナはとてもかっこ良かったけど…。

マロリー・ケインにジーナ・カラーノ。
ポールに「プロメテウス/2012」のマイケル・ファスベンダー。
ケネスに「人生はビギナーズ/2010」のユ...

_ キノ2 - 2013年03月23日 19:04

★ネタバレ注意★


 スティーヴン・ソダーバーグ監督のアクション・スリラー。
 エスコート嬢が主役の『ガールフレンド・エクスペリエンス』で、人気№1ポルノ女優サーシャ・グレイを起用したソダーバーグ監督が、女スパイが主役の本作では、本物の格闘家、ジーナ・カラーノを抜擢したことで話題の映画です。

 マロリー・ケイン(ジーナ・カラーノ)は凄腕の女スパイ。政府系の「汚れ仕事」を請け負う民間軍事企業の経営者ケネス(ユアン・マクレガー)の下で働くマロリーは、ケネスとはかつて恋人関係でもあった。同僚のアーロン(チャニング・テイタム)と共に、バルセロナでの人質救出ミッションを成功させたマ...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2013年03月23日 19:53

エージェント・マロリー [Blu-ray]女子総合格闘技界の女王ジーナ・カラーノをヒロインに大抜擢した「エージェント・マロリー」。本物ならではの肉弾戦はさすが。並外れた戦闘能力と、 ...

_ 【徒然なるままに・・・】 - 2013年03月23日 20:56

民間の軍事業者である元恋人のケネスから、バルセロナでの人質救出を依頼されたマロリー。無事に仕事をやり遂げた彼女の元に、今度はMI6から新たな任務の依頼が来るが、その背後には彼女を狙う何者かの陰謀が・・・?!

アメリカの女子総合格闘家のジーナ・ガラーノを主演に迎えたアクション映画で、共演はマイケル・ファスベンダー、ユアン・マグレガー、ビル・パクストン、チャニング・テイタム、アントニオ・バンデラス、それにマイケル・ダグラスといった豪華な顔触れ。
脚本はレム・ドブス、監督はスティーブン・ソダーバーグ。

ジーナ・カラーノは確かに美人だと思うし、スタントなしでのアクション・シーンは十...

_ カノンな日々 - 2013年03月23日 21:58

『オーシャンズ』シリーズでも有名なスティーヴン・ソダーバーグ監督が女スパイの活躍を描いたスパイ・アクション映画です。といってもジーナ・カラーノという名前は初耳なんです ...

_ ダイターンクラッシュ!! - 2013年03月24日 00:13

2012年9月30日(日) 14:55~ TOHOシネマズららぽーと横浜2 料金:0円(フリーパスポート) 『エージェント・マロリー』公式サイト フリーパスポート20本目。 「エージェント・マロリー」と言ったのに、従業員は「エージェント・マロニーですね。」と言う。間違えたかとチケットを見るとマロリーと書いてある。開場時間になると「エージェント・マロニー入場開始です。」とか放送している。 何なんだと思っていたら、入場者プレゼント。 わざと言っていたのか?それとも単なる聞き違いか。 肝心の映画なんだが、最強女子格闘家主演との触れ込みなので、ジョン・シナの「ネバー・サレンダー 肉弾凶器」みたいな阿呆らしいアクションを期待したのだが、プロレスラーと格闘家の違いなのか、一番の問題と思われるスティーブン・ソダーバーグのせいなのか、何の洒落化もない、生真面目なスリラー映画で、退屈な一品だった。 俺には、スティーブン・ソダーバーグは、全く駄目だ。 が、女格闘家のアクションは真剣で本物だ。 男優が微妙に豪華。アンソニー・ウォンという名前の奴もいるが、香港の誇る怪人とは異なる人物。 お勧め度:☆☆ 格闘度:☆☆☆ 俺度:☆★

_ 風に吹かれて - 2013年03月24日 16:45

ボコボコにされるイケメン達公式サイト http://www.mallory-movie.com監督: スティーヴン・ソダーバーグフリーランスの有能な女性スパイ、マロリー・ケイン(ジーナ・カラーノ)が田

_ ケントのたそがれ劇場 - 2013年03月25日 17:53

★★★  アメリカ女子総合格闘技界のジーナ・カラーノが主役の女スパイ映画である。確かにスタントを一切使わず本作に挑んだジーナのリアルなアクションは見応えがあるのだが、テンポが良くないし時間軸がズレ放しのストーリー展開も分かり辛い。  てっきりB級映画かと思

_ カレサンスイノTTZMI - 2013年03月25日 20:04

『エージェント・マロリー』 “HAYWIRE” (2011・アメリカ・1h33) 監督・撮影 : スティーヴン・ソダーバーグ 出演 : ジーナ・カラーノ、ユアン・マクレガー、チャニング・テイタム、アントニオ・バンデラス、マイケル・ダグラス、マイケル・ファスベンダー、ビル・パクストン 世界各地で危険な任務に就くマロリー。バルセロナで人質を救出した後、ダブリンである人物に接触するごく簡単な任務に就いたところで命を狙われる事となった。何故自分が狙われるのか。その真相を探りマロリーが最後にたどり着いたのはマヨルカ島。 ネタバレ有。 格闘アクションが迫力が有って良かった。マイケル・ファスベンダーがスタント無し(のように見えた)で頑張ってボコボコにやられてた。 ユアン・マクレガーも自分でアクションをやってたように見えたけど、カットが多かったのであまりアクションとしては良くなかったのだろうか。と邪推してしまう。 アントニオ・バンデラスは喋らない方がカッコいい。 結局バンデラスが単独での黒幕だったのだろうか。確かバンデラスとマイケル・ダグラスがつるんでいた様な感じだったけど。 マイケル・ダグラスは凄腕のマロリーを自分の下に置きたくてマロリーを罠にはめた。という事でもないんだろうか。

_ 象のロケット - 2013年03月27日 10:02

マロリー・ケインはフリーランスの女性秘密工作員。 アメリカの民間軍事企業のトップで元恋人でもあるケネスからの依頼を受けた彼女は、スペイン・バルセロナでの人質救出ミッションを見事成功させる。 しかし次の任務の地アイルランド・ダブリンで、バルセロナで救出したはずのジャーナリスト・ジャンの死体を発見。 マロリーは殺人の濡れ衣を着せられた上に、命を狙われることになるのだが…。 スパイ・アクション。

_ Diarydiary! - 2013年04月27日 20:20

《エージェント・マロリー》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - HAYWIR

_ 映画大好きだった^^まとめ - 2014年03月12日 05:23

95 : 稚羽矢[sage] : 2012/10/01(月) 19:54:29.68 ID:3UN1VrIk思ったよりジーナが美人だったな時系列としてはカフェからの逃亡はダブリンから戻って親父に会う前だよな?『ボーン・レガシー』を観 ...