Google
WWW を検索 ブログ内検索

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 : 笑いとは、文化ですねぇ2013年03月20日 09:22

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬
 ネット上では、侍ジャパンの山本浩二監督に対するパッシングが盛り上がっているようです。「負けたらたたく。」これも、日本の文化なのでしょうか。これでは、どこかの国の一緒じゃないですかね。では、本日紹介する作品も、文化の違いを感じさせるこちらになります。
【題名】
ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

【製作年】
2011年

【製作国】
イギリス

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 祖国イギリスの危機を救ったのも今や昔、一時は諜報機関M17のエースとなった敏腕スパイ、ジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)もモザンビークでの任務でヘマをしたことから自信を喪失、今やチベットの僧院に引きこもり状態だ。そんな折、イングリッシュはM17から新たなミッションの要請を受けるが、彼の不在の8年の間に、M17はすっかり様変わりしていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」は、「007」シリーズのパロディー作品である「ジョニー・イングリッシュ」の続編となるスパイ・コメディーです。主人公のジョニー・イングリッシュ役には、「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のローワン・アトキンソン。イングリッシュの上司にあたるパメラ・ソーントン役には、「ギャラリー (欲望の画廊)」のジリアン・アンダーソン。M17のエース諜報員のサイモン・アンブローズ役には、「ジョン・カーター」のドミニク・ウェスト。「007」のボンドガールにあたるケイト・サマー役には、「タイタンの逆襲」のロザムンド・パイク。監督は、「理想の結婚」のオリヴァー・パーカー。

 やっぱり、好きになれないですね、彼の出演映画は。ローワン・アトキンソンは、日本の文化にはなじまない俳優なのでしょうか。それとも、彼の作品を好きになれないのは、私だけなのでしょうか。要するに、笑えないのです。ええ、ほぼ”無”の状態で観ましたよ、この映画は。

 ローワン・アトキンソンの代表作といえば、いわずと知れたMr.ビーンでしょう。Mr.ビーンは、ほとんど台詞らしい台詞がありません。その点、本作のジョニー・イングリッシュはMr.ビーンに比べると、はるかに饒舌といってよいでしょう。でも、ギャグの根っこは全く同じで、どちらも好きになれないのが私の感想。要は、小学生の頃なら笑えたかも、といった感じなんですよねぇ。幼稚というか、古臭いというか。恐らく、ローワン・アトキンソンのセンスに合う日本人は、なかなかいないのではないでしょうか。

 あらすじもコメディーなので、こんなものかなといったところ。誰が黒幕かも何となく分かっちゃうし、オチにいたっては最初から分かりきっている内容ですからね。この作品を観て、笑える方なら問題ないでしょうが、そうでない方には101分の上映時間は苦痛でしかないでしょう。

 何だかボロクソなレビューになってしまいましたが、これはいたし方のないところではないかな。日本人にとって笑いとは、落語であり、漫才であります。つまり、日本人の笑いとは、基本的にべしゃりの文化だと思います。昔は、ドリフターズのようなドタバタな笑いもありましたが、現在はほとんど見かけません。私も好きなバラエティー番組は、「アメトーーク」や「人志松本のすべらない話」だったりします。つまり、ローワン・アトキンソンの笑いは、日本の文化になじまないといったところではないでしょうか。

 このように「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」は、異文化の笑いはダダスベリになってしまう典型のような映画です。現在、「テッド」が日本でヒットしているのは、オッサンのテディベアがよくしゃべるからではないかな。では、本日はこの辺で ВУЕ ВУЕ....._〆(-ω-。).+゚*。:゚+ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品