Google
WWW を検索 ブログ内検索

桐島、部活やめるってよ : 僕には分からない??2013年03月19日 20:32

桐島、部活やめるってよ
 先日は、本場のアカデミー賞で作品賞を受賞した「アルゴ」を紹介しました。流石といえる作品でした。では、日本のアカデミー賞はどうなのでしょうか。本日紹介する作品は、第36回日本アカデミー賞の最優秀作品賞を受賞したこちらになります。
【題名】
桐島、部活やめるってよ

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【ロケ地】
高知県

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 いつもと変わらぬ金曜日の放課後、バレー部のキャプテンで成績優秀、誰もがスターとして一目置いていた桐島が突然部活を辞めたというニュースが学校内を駆け巡る。桐島の恋人でさえ彼と連絡が取れないまま、桐島と密接に関わっていた生徒たちはもちろんありとあらゆる生徒に波紋が広がっていく。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「桐島、部活やめるってよ」は、第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウの同名小説を映画化した作品です。田舎町の県立高校で映画部に所属する前田涼也役には、「劇場版 SPEC~天~」の神木隆之介。前田があこがれるバトミントン部の東原かすみ役には、「アナザー Another」の橋本愛。監督は、「パーマネント野ばら」の吉田大八。

 本来はスルーするつもりだったんですよ、本作に関しては。理由は、青春学園物が好きでないから。しかしながら、各映画関連サイトのレビューも概ね高評価、そして何より第36回日本アカデミー賞の最優秀作品賞と最優秀監督賞を受賞したわけですよ。こうなったら、見るしかないでしょう。ちなみに、第36回日本アカデミー賞の優秀作品賞受賞作に関しては、「北のカナリアたち」以外は観た事になります。その中で本作が最優秀作品賞受賞とは、一体どういったことなのでしょうか。

 結論から言ってしまえば、私には理解不能だということ。最優秀作品賞を受賞するには、興行成績や観客の満足度よりも重要なものがあるはずです。それが何かと聞かれても、素人の私には答えることはできません。例えば芸術性とか…、他にもいろいろあるのでしょう。つまり、私は本作をつまらないと感じながら観ていたのです。

 では、何をつまらないと感じたのか。それは、あらすじそのものです。私は、これに共感できる部分が少なかったんですよねぇ。謎の桐島君が部活を辞めることで、様々な生徒に波紋が広がっていきます。その中では、バレー部の控えの男子生徒。彼の心情だけは察するものがありました。また、吹奏楽部の部長さん、こんな女の子って可愛いですよね。ただ、その他の生徒に関しては、主人公の前田涼也を含めてよく分からなかったなぁ。これには、私の年齢からくる感受性の衰えと、中学・高校と男子校だったことが主な要因かもしれないですねぇ。

 まあ、そんな中でも光っていたのは、前田涼也演じる神木隆之介と東原かすみ演じる橋本愛。神木隆之介は子役時代から見ていますが、よい俳優に育ってきましたね。それに年齢を考えれば、まだまだ伸びしろがありそうです。将来、楽しみなですね。それと、橋本愛は相変わらず可愛いですねぇ。それに、彼女が纏うイキフンは彼女に独特のもの。単に、可愛いだけではないですよ、彼女は。

 このように「桐島、部活やめるってよ」は、観る者を相当選ぶ作品だと思います。たとえば、中学・高校が男女共学の人、オタクもしくは何かに熱中できる人、それに私みたいなおっさんではない人、このどれかが当てはまる人が観ると高い評価になるかもしれないですね。では、本日はこの辺で ヾ(O*´∀`*(バ)(イ)(バ)(ィ).+゚*。:゚+ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品