Google
WWW を検索 ブログ内検索

プラチナデータ : 浅いよねぇ、懐が。2013年03月16日 20:57

プラチナデータ
 TPP交渉参加問題、近い将来の日本に大きな変革をもたらしそうですね。それが、良い変革になるのか、悪い変革になるのか、人によって様々だと思います。ちなみに、本作で描かれている近い将来の日本、これはあってはいけない変革ですよねぇ。
【題名】
プラチナデータ

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 それは明日かもしれない、近い将来の日本。国策として、極秘裏に収集した全国民のDNAデータ“プラチナデータ”を利用した高度なDNA捜査が導入され、検挙率100%、冤罪率0%の社会が完成していた。皮肉屋で自信家の天才科学者、神楽龍平(二宮和也)は、警察庁に新設された特殊捜査機関“特殊解析研究所”、通称“特解研”に所属する犯罪捜査の専門家。所長・志賀孝志(生瀬勝久)指揮の下で数々の難事件を解決してきた彼は、DNA 捜査が通用しない連続猟奇殺人事件“NF13(Not Found13)”を担当することになる。だが、同一犯人と思われる手口によって、DNA捜査システムを開発した天才数学者の蓼科早樹(水原希子)とその兄・耕作も殺されてしまう。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「プラチナデータ」は、近い将来の日本を舞台にした東野圭吾の同名小説を映画化した作品です。警察庁に新設された特殊捜査機関“特殊解析研究所”に所属する天才科学者の神楽龍平役には、「GANTZ」の二宮和也。警視庁捜査一課の敏腕刑事である浅間玲司役には、「必死剣 鳥刺し」の豊川悦司。遺伝子学教授の水上江利子役には、「のぼうの城」の鈴木保奈美。神楽龍平の上司で“特殊解析研究所”の所長である志賀孝志役には、「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」の生瀬勝久。神楽龍平の同僚である白鳥理沙役には、「映画 妖怪人間ベム 」の杏。DNA捜査システムを開発した天才数学者の蓼科早樹役には、「ヘルタースケルター 」の水原希子。監督は、「るろうに剣心」の大友啓史。

 それなりに期待して観に行ったのですが、今一つのデキでしたねぇ。本作のジャンルはサスペンスで差し支えないと思いますが、主だったキャストのクレジットを観ただけで犯人フラグが立っち、登場した役どころで確信できます。こんだけバレバレでも、作品に厚みというか懐の深さがあればよいのですが、昨日紹介した「クラウド アトラス」とはえらい違いだなぁ。

 何といっても、作品自体のメッセージが古すぎなんですよねぇ。だって、そのメッセージの中身は「人間はDNAが全てでない。」とか「自ら努力によって、運命を切り開いていくものだ。」ですから。もう、相当に使い古されたメッセージですよ。この事が、本作をとても薄っぺらいものにしているんですよねぇ。

 また、主演の二宮和也の演技力にも問題があったような気がしますね。彼は、本作で二重人格者の人物を演じています。しかしながら、二つの人格にあまり違いを感じられなかったんですよねぇ。彼の出演作品は何本か観ていますが、どれもそつのない演技をしていました。今回の役どころは、少し難しかったのかな。それと、真犯人役の鈴木保奈美。オチの場面でのあの演技はどうなんだろう。私的には、違和感を感じました。あれ。やっちゃいました…。まあ、観ている我々が犯人を推理するような作品でもないので勘弁してください。

 その中でも光っていたのは、トヨエツこと豊川悦司とアジアンビューティーの杏ちゃん。二人とも、抜群の存在感。高身長の二人に挟まれると、二宮和也が可哀相になりましたよ。この辺は、考えてあげるべきでしょう。

 それと、作品自体のテンポの良さはなかなかでしたよ。133分という長い上映時間と薄っぺらい中身の割には、特に退屈せずに最後まで観れましたからね。ここら辺は、流石の大友啓史監督といったところでしょうか。

 このように「プラチナデータ」は、私的には今一の作品でした。まあ、テンポの良い作品なので観ている間は特に退屈しませんが、あえて映画館で観るべき作品でもないと思いますよ。では、本日はこの辺で p((Bye Bye))´∀`●)ノ゛ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

_ 青の炎からの二宮和也ファン ― 2013年03月21日 14:16

豊川悦司さんと同じく、「青の炎」で、二宮さんが観るものの心を揺さぶる、稀有な才能の持ち主であることを感じました。ご本人が「蜷川監督怖かった」と仰っているところから、蜷川監督が引きだしてくださったのかもしれません。貴志佑介の原作をより豊かに美しく表現し、二宮さんの演技は「こんなにも切ない殺人犯がいただろうか」のコピーそのままでした。「硫黄島からの手紙」で、イーストウッド監督に認められた彼の表現力が、ほとんど活かされていなかったことが残念でなりません。「流星の絆」では、原作をかなり脚色していましたが、東野圭吾の主題は、しっかり伝わってきました。遺族三人の哀しみも。
今回も東野作品であることから、関係者入魂の作品であろうと、期待していただけに、残念でなりません。原作のおもしろさを削いでしまっては、主題は伝わってきません。神楽の父親の自殺の原因、スズランの存在、神楽が辿り着く村等など、大切なエピソードを削いでいるのに、冗長。女優陣も、達者な方たちですのに、オブジェの様な扱い。おそらく、だれも納得されていないのではないでしょうか。映画の宣伝をされている皆さんが、言葉を探しておられるように思えます。「悪の教典」や「脳男」の俳優陣の達成感とは、かなり違う感じがします。
色々な大人の事情があるのでしょうし、ご本人は俳優として捉えられるのは本意でないのかもしれませんが、スクリーンでの二宮さんに、嵐での活動と同様に、感動し、励まされる人は多いのです。どうか、厳しい監督の作品に出ていただきたいと願っています。

_ 青の炎からの二宮和也ファン ― 2013年03月21日 14:17

豊川悦司さんと同じく、「青の炎」で、二宮さんが観るものの心を揺さぶる、稀有な才能の持ち主であることを感じました。ご本人が「蜷川監督怖かった」と仰っているところから、蜷川監督が引きだしてくださったのかもしれません。貴志佑介の原作をより豊かに美しく表現し、二宮さんの演技は「こんなにも切ない殺人犯がいただろうか」のコピーそのままでした。「硫黄島からの手紙」で、イーストウッド監督に認められた彼の表現力が、ほとんど活かされていなかったことが残念でなりません。「流星の絆」では、原作をかなり脚色していましたが、東野圭吾の主題は、しっかり伝わってきました。遺族三人の哀しみも。
今回も東野作品であることから、関係者入魂の作品であろうと、期待していただけに、残念でなりません。原作のおもしろさを削いでしまっては、主題は伝わってきません。神楽の父親の自殺の原因、スズランの存在、神楽が辿り着く村等など、大切なエピソードを削いでいるのに、冗長。女優陣も、達者な方たちですのに、オブジェの様な扱い。おそらく、だれも納得されていないのではないでしょうか。映画の宣伝をされている皆さんが、言葉を探しておられるように思えます。「悪の教典」や「脳男」の俳優陣の達成感とは、かなり違う感じがします。
色々な大人の事情があるのでしょうし、ご本人は俳優として捉えられるのは本意でないのかもしれませんが、スクリーンでの二宮さんに、嵐での活動と同様に、感動し、励まされる人は多いのです。どうか、厳しい監督の作品に出ていただきたいと願っています。

_ ウマキング ― 2013年03月21日 15:44

青の炎からの二宮和也ファンさん

コメントありがとうございます。
仰るとおり、本作は演者の力を引き出せていないですよね。
これがどこに問題があるのか、私には分かりません。
但し、トヨエツだけは別格でしたね。
彼は、きっちりとトヨエツを演じていました。

ではでは、またのお越しお待ちしております。。

_ (未記入) ― 2014年03月23日 21:42

名称は異なるが、小説や映画の世界などではなく、現実であることに戦慄を覚える。そう、近年の報道で「『犯罪データベース』で前科者のDNAが一致し過去の事件が解決した」とされている『犯罪データベース』がそうです。もともと運転免許データ管理からスタートしたこのシステム、目指すのは全国民の戸籍・血液型・指紋・掌紋そしてDNAの取得管理です。そして行政機関も協力させられているのです。ちょっとした交通違反やちょっとした犯罪の、それも被害者でも貪欲にデータ収集しているのを、あなたは御存じだろうか。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/03/16/6748005/tb

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2013年03月16日 23:50

映画「プラチナデータ」オリジナルサウンドトラック [CD]DNAデータによる管理社会で起きた殺人事件の謎を追う「プラチナデータ」。所詮、人間をデータ化することなど不可能なのかも ...

_ シネマ親父の“日々是妄言” - 2013年03月17日 00:23

[プラチナデータ] ブログ村キーワード
 東野圭吾 氏 原作小説の映画化。「プラチナデータ」(東宝)。そのうち実現しそうな犯罪撲滅システムを主題に、追いつ追われつのスリリングな逃亡劇を、嵐の二宮和也と豊川悦司の競演で魅せてくれます。


 そう遠くない将来の日本。全国民のDNAデータ=“プラチナデータ”を基にした犯罪捜査が可能になり、“検挙率100%、冤罪率0%”の社会が実現しようとしていた。警察庁の特殊解析研究所所属の天才科学者・神楽龍平(二宮和也)は、自身が開発に深く携わったDNA捜査システムを使って、同僚の白鳥里沙(杏)達と共に事件を解決してきた。しかし、システム上で該当し...

_ 新・映画鑑賞★日記・・・ - 2013年03月17日 00:50


2013/03/16公開 日本 134分監督:大友啓史出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子
この愛さえも、DNAで決まるのか。
彼は天才科学者だった。連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは――。
[Story]政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報&a...

_ タナウツネット雑記ブログ - 2013年03月17日 02:10

映画「プラチナデータ」観に行ってきました。東野圭吾の同名小説を原作とし、男女逆転「大奥」1作目および「GANTZ」二部作で主演を担った二宮和也、および豊川悦司の2人を中...

_ とりあえず、コメントです - 2013年03月17日 09:23

東野圭吾著の同名小説を二宮和也主演で映画化したサスペンスです。 予告編をもう何回も観ていたので、ようやく公開日が来た!と初日にチャレンジしてみました(^^ゞ こんなシステムが出来たら便利な以上に怖いなあと思うような作品でした。

_ 勝手に映画評 - 2013年03月17日 09:29

東野圭吾の同名の小説が原作。元々、原作の小説は映画化を前提に作られており、今回、そのそもそもの目的が達成されたことになる。

原作は読んでいたんですが、結構前なので実はストーリーはうろ覚え。“プラチナデータ”の意味だけは覚えていましたが。うろ覚えでも、今回...

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年03月17日 16:10

全国民のDNAデータをデータベースに登録し、それにより犯罪捜査を行う。 映画の冒

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年03月17日 23:41

この美形さえも、DNAで決まるのか。
公式サイト。英題:Platinum Data。東野圭吾原作、大友啓史監督。二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村 ...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2013年03月18日 00:04

DNAの解読は標的を定めることで部分的に可能というのが現実だけど、人相や体格や性格まで解読するのは並大抵ではない。開発者の天才科学者は絶対の自信を持っているが、彼自身が犯人にされていまい陰謀に巻き込まれていく。有りがちな展開ではなく、予想外の展開でなかなかの

_ 象のロケット - 2013年03月18日 10:04

DNA捜査関係者の連続殺人事件が発生。 警察庁科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽(かぐら)龍平が、最先端のDNA捜査システムから導き出した犯人は、なんと神楽自身だった! 身に覚えがない神楽は、真犯人を見つけるため逃亡を決意する。 警視庁捜査一課の辣腕刑事・浅間玲司は、神楽のもう一つの顔を知ることになるのだが…。 近未来サスペンス。 

_ 単館系 - 2013年03月18日 14:35

プラチナデータ ユナイテッド・シネマ浦和 3/16公開

政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に
犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(えんざい)は
皆無となった...

_ じゅずじの旦那 - 2013年03月20日 09:51

DNAプロファイリング・・・国民のDNAを管理し、犯罪などの捜査に活用する法律が可決された  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う。神楽は事件現場に残されたDNAから犯人の特徴、身元までを特定できるDNA捜査システムを開発していた。このDNA捜査システムの開発者・蓼科早樹と兄が殺されるという事件が起き、残されたDNAを解析した所、犯人は神楽龍平だという結果が・・・監督:大友啓史  原作:東野圭吾 出演:二宮和也 、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久 、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村育二、萩原聖人・・・管理社会への警鐘という意味合いと、スピード感あふれる原作を読んで、そのあたりがどのように映画で描かれているのか興味がありさっそくいってみた。まぁただ単に暇だったということでもあるが冷血な鎧を着た二宮君、いいですねぇ。「鋭利」という言葉がぴったりです。ただ惜しむらくは、豊川悦司との対抗上、もうちょっと背が欲しい?そんな感じ。スピード感ということでは、逃走場面が間延びしててあまり意味がないように思えました。そんなに迫力があるわけでもないし、力強さも、工夫もない。でも全体的には、いい感じだったんじゃないでしょうか。むしろ原作を超えた?そんな印象でした。コンピュータ社会への警鐘、便利は危険!、、、の、ポチッ管理社会・・・管理とは、管理する側に都合の良いシステムである。  映画 プラチナデータ 公式サイト  原作 プラチナデータ JUGEMテーマ:映画

_ 映画@見取り八段 - 2013年03月20日 20:14

プラチナデータ    監督: 大友啓史    出演: 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村育二、萩原聖人 公開: 2013年3月16日 2013年3月20日。劇場観賞。 原作は東野圭吾氏の同名小説、未読です。 え~…あんまり高評…

_ 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜 - 2013年03月22日 16:20


【=19 うち今年の試写会2】 完徹明けの昨夜、昼寝をせずに夜は20時にベッドに入ったら、なんと朝6時まで一度も起きること無く熟睡!俺もまだまだ若い!?

 警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う...

_ いい加減社長の映画日記 - 2013年03月23日 19:50

予告編が面白そうだったので・・・

「オフィシャルサイト」

【ストーリー】
警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う。
神楽は事件現場に残されたDNAから犯人の特徴、身元までを特定できるDNA...

_ カノンな日々 - 2013年03月23日 22:03

東野圭吾さんによる同名小説を『るろうに剣心』の大友啓史監督が二宮和也さんを主演にして描くミステリアスなサスペンス・ドラマです。予告編を観るたびにどうして二宮くんが「プ ...

_ 京の昼寝〜♪ - 2013年03月25日 12:16




□作品オフィシャルサイト 「プラチナデータ」□監督 大友啓史□原作 東野圭吾□脚本 浜田秀哉□キャスト 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏■鑑賞日 3月16日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  珍しく東...

_ アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) - 2013年03月27日 16:55

【ROBOTICS;NOTES 第22話(最終回)】ロケット発射阻止に向かうスーパーガンつく1(海翔くん)と、立ちはだかるみさ希さん(君島コウ)の巻。冒頭、スーパーガンつく1がロケット発射台 ...

_ オールマイティにコメンテート - 2013年04月04日 00:04

「プラチナデータ」は東野圭吾原作の「プラチナデータ」を映画化した作品でDNAデータを元にした捜査で冤罪率が激減するシステムを作り上げた天才科学者がある事件でDNAデータが一致 ...

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2013年04月04日 22:48

映画『プラチナデータ』は作りの大きなサスペンスとして出だし快調だったんですが、後

_ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 - 2013年04月05日 18:44

 東野圭吾原作のSFミステリー小説を、「るろうに剣心」の大友啓史監督、「GANTZ」の二宮和也主演で映画化。  未来のテクノロジーが犯罪捜査、または裁判を行うこの手のSFモノにありがちな設定とストーリー展開。原作がどこまで生かされているのかは存じ上げないが

_ 零細投資家映画記録 - 2013年04月16日 21:12

鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田 シアター1 鑑賞日時:3月26日 評価:B 原題:プラチナデータ 製作:2013年 日本 監督:大友啓史 出演: 二宮和也 豊川悦司 鈴木保奈美 生瀬勝久 杏 水原希子 和田聰宏 映画生活  ※ネタバレを含む場合があります。 この映画は遺伝…

_ だらだら無気力ブログ! - 2013年04月20日 23:04

二宮君ファンなら満足な一本かも。

_ ここなつ映画レビュー - 2013年09月24日 13:39


思えば3月4月は、「このままでは今月は一回も映画を観られない!」と思った位の日々でしたが、なんだかんだ子どもの付き合いを兼ねて、いわゆる流行りの邦画を続けざまに観る事になりました。
で、順不同ですが、「プラチナデータ」。

例の如く、「原作読んだから俺は行かない」と言う長男を置いて、次男と鑑賞。
ニノ好きだし。まあ、ものごころついた時からのジャニーズ好きの話はここではさておき。


DNAで全国民を網羅、あらゆる犯罪者は、DNAという「プラチナデータ」で確実に捕らえる事ができる、という設定の下、何故かそのシステムの開発者の神楽龍平(二宮和也)が、ある殺人事件の犯人である...

_ いやいやえん - 2013年11月12日 09:22



うーんいまひとつ微妙な作品でした。
二宮さんの存在、役回り、演技、キャラクターがあっていないんですよ。童顔というのもそうなのですが、天才科学者にはどうしてもみえない。脇が豊川さんだとか保奈美さんだとか杏さんだとか、存在感があるのと背の高い人ばかりというのも損しているのかもしれない。…というわけで、まず主演がよくない。
作品自体は誰もが一度は考えた事のある近未来管理社会…になりそうな社会。
リュウという二重人格をもつ神楽、彼が発案したものをプログラム化する蓼科早樹、彼女が作ったモーグルで真のプラチナデータは完成する。しかし蓼科兄妹は殺され、DNA解析により犯人に仕立て上げられる神楽。
真のプラチナデータとは、政治家閣僚たち、特権階級たちの特別な「NOT FOUND」を探り当てるためのものだった。選別システム。彼ら自身や身内が事件を起こした際はDNAデータが「NOT FOUND」になるという仕組み。
1つの体なのに二つの心を持ち違う生き方をしてきた神楽とリュウ。本来の人格こそがリュウであったのだが。結局犯人が肋骨を持ち去るのはアダムからイブを作るという意味合いなんだろうけれども、13件分も殺害を行う必要性があったのか、どうか。そこらへんの動機付けがちょっとよくわからなかった。
原作は読んでないのでわからないのでどこがと言われると困るのだけれど、大作にみせかけてなんだか薄っぺらい作品だったなぁと感じました。

【概略】
警察庁の特殊解析研究所に所属する天才科学者・神楽龍平は、DNA捜査の重要関係者を狙った連続殺人事件を担当することに。しかし、DNA捜査システムが導き出した犯人は何と神楽自身だった。

サスペンス



_ こみち - 2014年03月28日 22:46

JUGEMテーマ:邦画 



 

 出生時・学校の健康診断などで非合法にDNAデータを入手して

 

DNAデータバンクを作る政府。しかしシステム製作者が極秘裏に

 

システムをさらに改良して、何者かに殺害される。

 

また、改良したシステムそれをアメリカに売り込もうとする人や

 

真相を掴もうとする人。

 

様々な人が入り乱れて、複雑なストーリーになっている。

 

 プラチナデータの正体は、特権階級を保護するものだったとは

 

とんだまやかしのシステムでしょう。

 

こんな茶番だったとは、コンピュータに頼るのも危険ですね。

 

 

 

2013年 東宝

 

キャスト

 神楽龍平/リュウ・・・二宮和也

 水上江利子・・・・・・鈴木保奈美

 志賀孝志・・・・・・・生瀬勝久

 白鳥里沙・・・・・・・杏

 蓼科早樹・・・・・・・水原希子

 戸倉稔・・・・・・・・遠藤要

 蓼科耕作・・・・・・・和田聰宏

 神楽昭吾・・・・・・・萩原聖人

 那須真之・・・・・・・中村育二

 浅間玲司・・・・・・・豊川悦司

 

 

 

公式サイト

 

 

 

 

【言及】