Google
WWW を検索 ブログ内検索

クラウド アトラス : 深いよねぇ、懐が。2013年03月15日 20:11

クラウド アトラス
 今朝は、寒かったですねぇ。でも、昼間にはぽかぽか陽気となりました。こんあ日は映画感に足でも運びましょうかということで、業務が早めに終了した本日、行ってまいりやした。では、本日紹介する映画はこちらになります。
【題名】
クラウド アトラス

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
???

【あらすじ】
 初老の男ザックリー(トム・ハンクス)には、時空を超えたいくつもの“自分”の物語があった。1849年の太平洋諸島。“彼”は医師ヘンリー・グースとして弁護士ユーイング(ジム・スタージェス)と出会う。ユーイングはホロックス牧師(ヒュー・グラント)と奴隷売買の契約を交わす。島で罹患したユーイングに、グースは無料の治療を買って出る。1936年、ユーイングの航海日誌を読む音楽家フロビシャー(ベン・ウィショー)は父親に勘当され、恋人シックススミス(ジェイムズ・ダーシー)のもとを離れて、スコットランドの作曲家エアズ(ジム・ブロードベント)の家へ押し掛ける。フロビシャーはエアズの採譜者を務めながら、後に幻の名曲となる「クラウド アトラス六重奏」を作曲する。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「クラウド アトラス」は、19世紀から近未来まで、6つの異なる時代に生きる人々の姿を描いた様々なジャンルを内包して描く壮大な物語です。出演俳優は、「幸せの教室」のトム・ハンクス、「ニューイヤーズ・イブ」のハル・ベリー、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」のジム・ブロードベント、「ホビット 思いがけない冒険」のヒューゴ・ウィービング、「ウェイバック -脱出6500km-」のジム・スタージェス、「空気人形」のペ・ドゥナ、「007 スカイフォール」のベン・ウィショー、「アメリカン・ホーンティング」のジェームズ・ダーシー。監督は、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー姉弟と「ザ・バンク 堕ちた巨像」のトム・ティクバ。

 最初に、このような作り方の映画があるのかと感心させられたということ。6つの異なる時代が舞台となり、時代ごとに異なる人物を特殊メイクを駆使して一人の俳優が演じる。トム・ハンクスやヒューゴ・ウィービングは簡単に分かるけど、他は結構分からないようにばっちりと特殊メイクされていましたね。まあ、一番最初の時代に登場するペ・ドゥナの白人女性は無理やり感がありましたけど。

 では、本作の評価はどうなのかといえば、よく分からないというのが正直なところ。私のように感受性が衰えた人間には、一度観ただけでは理解に苦しむところがあります。というのも、物語の進行が6つの時代を行ったり来たりするので、とても分かりづらいんですよぉ。しかしながら、本作の根幹となるテーマはペ・ドゥナが明確に語っています。過去の我々の行動が、未来の我々の運命を決めるということです。そう、本作は輪廻転生がテーマともいえる作品なのです。何だか、難しそうなテーマですねぇ。それに、上映時間も長すぎ。だって、172分ですよ。途中で我慢できず、トイレに行っちゃいましたから。

 このように、悪い評価になりそうなところが多々あるのですが、あえて評価をしなかったのには理由があります。つまり、本作はもう一回観れば”おすすめ!”、さらにもう一回観れば”超おすすめ!!”になる可能性を感じたわけです。本作には、そう思わせるほどの映像クオリティーと作品の”重さ”があったのです。こんな作品って、一年に一本観れるものではありません。十年に一本といえる作品の”重さ”を感じましたよ。

 先ずは、映像のクオリティーに関して。本作は6つの時代が舞台になっています。その全ての時代において、全く手抜きの無い完璧な映像がスクリーンに投影されます。これは、まさしく映画館で観るべき映像ですよ。そして、本作の”重さ”はあらゆるジャンルを内包したことへの証明ともいえるでしょう。つまり、本作はヒューマンドラマであり、SFであり、ファンタジーであり、歴史物であり、アクションであり、一種の宗教ともいえるもです。何と、懐の深い作品なのでしょうか。

 このように「クラウド アトラス」は、一度観ただけでは評価が難しいながらも、圧倒的な懐の深さを感じさせる作品となっております。DVDが発売されれば、もう一度観てみたい作品でもありますね。では、本日はこの辺で ヾ(゚Д゚◎゚+o。バィバィ。o+゚○゚Д゚)ノ゛ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/03/15/6747077/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年03月15日 20:29

輪廻転生から第七天へ
公式サイト。原題: Cloud Atlas。デイヴィッド・ミッチェル原作。ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー監督、トム・ハンクス ...

_ 悠雅的生活 - 2013年03月15日 22:34

六重奏。革命。永劫回帰。

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2013年03月15日 23:19

Cloud Atlas [CD]6つの物語がシンクロする壮大な物語「クラウド アトラス」。今まで見たことがないような構成にびっくり。ウォシャウスキーが兄弟ではなく“姉弟”になったことに驚い ...

_ 象のロケット - 2013年03月16日 08:11

悪人で始まった“男”の人生は、6つの時代を越えて、いま、世界の運命を握る! 19世紀から24世紀の500年間を舞台に、時代と場所、性や人種を超えて何度も生まれ変わり、数奇な人生をたどる人々の生き方を通して、未知なる<人生の謎>が解き明かされる…。 SFスピリチュアル・ミステリー。

_ 世事熟視〜コソダチP - 2013年03月16日 15:50

トム・ハンクス主演の映画「クラウド アトラス」の試写会を観てきました。
(以下ネタバレも含めての感想・・・)

19世紀から文明崩壊後の24世紀にかかる六つの時代と場所を同時並行させて物語が進む「クラウド アトラス」

上映時間「2時間53分」の長きにわたる深淵で難解なストーリーを見終えた多くのお客さんの頭の上には「?」が浮かんでたように感じました。

昔、映画館で『2001年宇宙の旅』を観たとき、モノリスの影響を受けた猿が骨を投げたあたりで、周りのお客さんの頭の上に「?」が浮かんでたのと似た感覚・・・・。

小生も、トム・ハンクスのオチの場面は得心できるものの、物語全体を通しての「解」が見つかりませんでした。

会場を出て地下鉄の乗っても、「クラウド アトラス」のパンフを持ったお客さん同士で「あそこはああ繋がってた?」などなど、ややこしい物語を整理しようと復習にいそしんでおられました。
−◆−
物語は次の6つの物語の断片が、入れ替わり立ち替わり現れます。
1892年の奴隷船の公証人・ユーイング(ジム・スタージェス)が奴隷解放に目覚める物語。1931年のゲイの若き音楽家・フロビッシャー(ベン・ウィショー)が「クラウド アトラス 六重奏」を生み出す物語。1973年に原発の不正を追及する女性ジャーナリスト・ルイサ(ハル・ベリー)の物語。2012年、老人施設に囚われてしまった老編集者・キャビンディッシュ(ジム・ブロードベント)の物語。2144年。労働専用のクローンであるソンミ451(ペ・ドゥナ)が革命に身を投じる物語。2321年(地球崩壊後106度目の冬)、羊飼いザックリー(トム・ハンクス)とメロニム(ハル・ベリー)の物語。
細切れの断片を頭で整理するのがけっこう大変で、最初のうちは、何が何やら・・・。

で、トム・ハンクス、ハル・ベリー、ヒュー・グラント、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジム・スタージェスが6つの時代でそれぞれ別の6役を演じるなど、「彗星型の痣」がある主要人物が多くの役を演じています。

特殊メイクがあって、性別さえ入れ替わっていたりするから誰が誰だか・・・。

トム・ハンクスにいたっては若きザックリーと、異星に移住した老・ザックリーを演じてるからほとんと7役状態ですが、彼の場合は声で判別できましたが、他の役者さんは判別が付かない場合がほとんど。

ただし、エンドロールで俳優名のクレジットに演じた役の写真が添えられるので、誰が誰だか分かる仕掛けになっていて「えっ、ヒュー・グラントが○○役だったの!?」「ヒューゴ・ウィービング(マトリックスのエージェント役の人)が女看護師!?」などなど、ビックリ仰天させられ、観客席から”どよめき”も起きていました。

ソンミ451役のバリバリの東洋人ペ・ドゥナが、メキシコ人女性・ティルダだったなんてのが一番の驚きだったかなぁ・・・。

思索的な物語に、ややげんなりしていた人もエンドロールは楽しめた様子。
−◆−
悪徳医師(トム・ハンクス)に毒を盛られていたユーイング(ジム・スタージェス)が、奴隷の黒人に救われたことで「人間には序列がある」という古い価値観から開放される『1892年の奴隷船』の物語と、人間として扱われない韓国ネオ・ソウルの接客クローン(複製種)・ソンミ451が社会を改編するために自我に目覚める物語は、それぞれの”共通項”が一番分かり易かったように思います。

またソンミ451がらみでは、『ブレードランナー』を彷彿とさせるネオ・ソウルの未来映像や、革命軍側のチャン(ジム・スタージェス)のアクションは、スピード感のある分かり易いSF活劇の要素があるし、ジム・スタージェスの”一重まぶた”の東洋人風の奇妙なメイクが印象的。

(主演はトム・ハンクスなんだろうけども、印象に残ったのはソンミ451役のペ・ドゥナだったかな・・・。)

崩壊後の世界ではソンミ451が神として崇められていたりするのも興味深く、どことなくチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』(1968年)と同じ終末感も・・・・。
−◆−
1970年代の原発を巡る陰謀と、崩壊後の24世紀の世界は緩やかに繋がってる??

原発が人類の害であり、また原発事故を起こして利権を得ようとする人間そのものが人類の害となるものの象徴??

「答え」が見つからない・・・。
−◆−
若き音楽家で同性愛者のフロビッシャーが拳銃自殺するパートも、単体として観ると哲学的な映画なんだけど、この物語全体での役割は「クラウド アトラス 六重奏」という曲以外に何をどう解釈して良いのか「答え」が見つからない・・・。

同性愛に対する古い価値観と、奴隷制度やクローンに対する人間の価値観が共通項なんだろうか?

同性愛者であるフロビッシャーとシックススミスの「愛の形」と、クローンであるソンミ451と純粋種・チャンの間に生まれた「愛の形」など、既成概念の枠を越えた「愛の形」が答えの一つなんだろうか・・・。
−◆−
老人施設で虐待されていた老編集者・キャビンディッシュが仲間の老人と作戦を立てて脱走するパートはシンプルに面白い。

キャビンディッシュが担当した『顔面パンチ』という本の作者・ダーモット(トム・ハンクス)が、悪評を書き連ねた書評家をビルから突き落とす無茶苦茶ぶりだとかも面白い。

でも、やっぱりこの物語全体での役割がつかめない。
虐げられた老人達の人権問題が、奴隷制度やクローンと繋がってる??

老人施設での騒動が『キャベンディッシュの大災難』という映画になって、近未来のソンミ451がチャンとともに鑑賞したりするのだけど、どうしても「答え」が見えてこない。
−◆−
【送料無料】クラウド・アトラス(上) [ デイヴィッド・ミッチェル ]価格:1,995円(税込、送料込)結論としては1回観ただけでは掴みきれない映画だって感じ・・・。

図書館に予約を入れている原作小説を読んだら、もう少し理解できるか、あるいは逆に挫折するか・・・。

とにかく、上映時間「2時間53分」の手強い映画は「万人受け」する感じではなさそうな気がしました。




◇◆◇ 連ドラなど感想 ◇◆◇
★最高の離婚 第10話 感想>>
★相棒 Eleven 第18話「BIRTHDAY」感想 >>
★「書店員ミチルの身の上話」第10回(終)感想>>
★「ビブリア古書堂の事件手帖」第9話 >>
★仮面ライダーウィザード第26話感想 >>
◆映画「ストロベリーナイト」
◇◆◇ 大河ドラマ『八重の桜』感想 ◇◆◇
★第10回「池田屋事件」
第9回「八月の動乱」 第8回「ままならぬ思い」
第7回「将軍の首」 第6回「会津の決意」 第5回「松陰の遺言」
第4回「妖霊星」 第3回「蹴散らして前へ」
第2回「やむにやまれぬ心」 第1回「ならぬことはならぬ」


にほんブログ村


・ふるさと納税〜総務省HP

rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="01241844.1efd0776.04acec26.455972c4";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId="208659";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="off";JUGEMテーマ:映画

_ ハリウッド映画 LOVE - 2013年03月16日 21:47

原題:Cloud Atlas監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクバ、タンディ・ウォシャウスキー

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2013年03月16日 22:39



オープニング早々、鑑賞者は混乱に陥る。
時代バラバラの物語が次々とキックオフされ、翻弄される。

原作本が「統合されないバラバラのプロット」的に批判されてた記事を見ていたこともあって、焦った。
果たして、これで最後までついていけるか?(汗)


だが各プロ...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2013年03月16日 23:51

輪廻転生や人類の歴史を壮大なスケールで映像にした意欲作だ。誰が誰を演じているかは全部把握できないけど、長い上映時間を退屈しない。それぞれの物語をつなげながら、徐々に盛り上がる脚本が見事だ。映画という表現手段を芸術的に高めていると思った。

_ みはいる・BのB - 2013年03月17日 14:07




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
3月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:25の回を鑑賞。

_ ヤジャの奇妙な独り言 - 2013年03月17日 20:16

徹夜明けで3時間程仮眠を取って 映画館へ向かって クラウド アトラス を観てきました     命

_ 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜 - 2013年03月19日 09:18


【=18 うち今年の試写会2】 昨日は台風並、いや台風以上の風が吹きまくっていた、春一番とかがこんな暴風になるなんて自分には記憶が無いのだけど・・・
とにかくここ最近、天候が極端になっているような気がする、ほんま地球がおかしくなってるんかなあ・・・こないだ観たこ...

_ タナウツネット雑記ブログ - 2013年03月20日 20:00

映画「クラウド アトラス」観に行ってきました。アメリカ・ドイツ・シンガポール・香港の4ヵ国共同合作で、トム・ハンクス等の有名俳優が多数出演している作品。今作では、作中に...

_ こねたみっくす - 2013年03月21日 17:39

真実を知った時、そこに愛と希望が生まれる。
これは冒頭でジム・ブロードベント演じる編集者が述べていたように、6つの物語が時系列を無視するかのように複雑に描かれているも ...

_ 健康への長い道 - 2013年03月22日 21:40

 19世紀から近未来まで、6つの異なる時代に生きる人々の姿を描いた同名タイトルの小説を、『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー姉弟と『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァ、3人の監督で映画化。  あれ?ウォシャウスキー「兄」弟じゃないの?と思ったら、…

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2013年03月22日 22:49

映画『クラウド アトラス』は2時間52分の長尺で、6つの物語が時空を超えて交錯す

_ だらだら無気力ブログ! - 2013年03月23日 18:48

ジョウ・シュンが出てるなんて知らなかったよ。

_ 気ままな映画生活 - 2013年03月24日 00:11

「マトリックス」のラナ&アンディ・ウォシャウスキー、「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクバの3人の監督がメガホンをとり、デビッド・ミッシェルの同名小説を映画化。悪人とし ...

_ あーうぃ だにぇっと - 2013年03月24日 10:43

クラウド アトラス@ワーナーブラザース映画試写室

_ カノンな日々 - 2013年03月24日 23:20

たしかウォシャウスキー兄弟監督だと記憶していたんですけど、いつの間に姉弟監督に変わってしまったんでしょうか?劇場で流されてる宣伝&解説映像を観てアレ???夫婦監督じゃ ...

_ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) - 2013年03月26日 14:21

「クラウド アトラス」監督:ラナ・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー(『スピード・レーサー』)出演:トム・ハンクス(『幸せの教室』『ものすごくうるさくて、あり ...

_ 映画@見取り八段 - 2013年03月26日 17:25

クラウド アトラス~ CLOUD ATLAS ~    監督: トム・ティクヴァ、ラナ・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー    出演: トム・ハンクス、ハル・ベリー、ジム・ブロードベント、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジム・スタージェス、ペ・ドゥナ、ベン・ウィシ…

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2013年03月29日 22:52

2012年・アメリカ/配給 ワーナー・ブラザース映画 原題 Cloud Atlas 監督:ラナ・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー、トム・ティクバ原作:デビッド・ミッチェル脚本:ラナ・ウォシ

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年03月30日 22:19

登場人物のひとり、若き作曲家ロバート・フロビシャーが作曲するのが「クラウド アト

_ ダイターンクラッシュ!! - 2013年04月01日 22:47

2013年3月23日(土) 16:05~ チネ9 料金:1000円(チネチッタデー) パンフレット:未確認 時空を超えた「バベル」 『クラウド アトラス』公式サイト 「スピード・レーサー」(俺は高評価)で仕出かしたウォシャウスキー兄弟改め、ウォシャウスキー姉弟の新作は、「ラン・ローラ・ラン」の監督トム・ティクバとの共同監督。 時空を超えた「バベル」で、あらゆる意味での解放あるいは脱出の物語。 1850年頃、1930年頃、1970年頃、現代、2100年頃、2300年頃、6つの物語が並行して進行。トム・ハンクスやハル・ベリー、スーザン・サランドン、ヒュー・グラントなどの役者が、異なる役でそれぞれの物語に登場。 物語は頻繁に入れ替わり、油断していると置いてきぼりになりかねないが、演出がいいのか、混乱することなく見続けることができる。また、その切り替えがあるから、3時間近い長尺だが、弛むことなく鑑賞可能。 話のテーマは、1850年は奴隷制度、1930年はLGBT、1970年は陰謀、現代は介護問題、2100年はクローン制度、2300年は環境汚染。 それぞれの話は、1850年の主人公の本の愛読者が1930年の主人公で、その恋人(ゲイ)が1970年の告発者で、告発者の味方のジャーナリストの上司が現代の主人公(これは自信ない)。その男の謎のフィルム(?)を見たのが2100年のクローン娘、クローン娘が神として崇められているのが2300年と繋がる。 役者は複数の話に違う役で出てくるが、ハル・ベリーの1970年のジャーナリストと2300年の未来人に、子孫だとか輪廻とかの要素は感じられないので、その辺は深読みし過ぎと思う。 まあ、俺は顔の認識率が低いので、あまり気にしないですむのかもしれないが。ビルで大暴れの作家なんて、トム・ハンクスに見えないもの。(いや、トム・ハンクスとヒュー・グラントは、すべてそう言われないと判らん。勿論女装看護師も。いわんや、ハル・ベリーのモグリ医者。) 介護の話はコメディ、クローンは近未来SFと、それぞれのテーマにも独特の味わいがある。 お勧め度:☆☆☆★ バベル度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

_ 笑う社会人の生活 - 2013年04月02日 23:31

17日のことですが、映画「クラウド アトラス」を鑑賞しました。

1849年 航海の物語 1936年 高名な作曲家と弟子の物語 1973年 原子力発電所の陰謀
2012年 編集者の奇妙な冒険 2144年 クローン少女の革命 2312年 崩壊後の地球の運命

これほど説明の難しいというか・・...

_ とりあえず、コメントです - 2013年04月03日 00:12

1849年の奴隷船時代から2321年の文明が崩壊した後の遥か未来まで、6つの時代が交差するSFです。 予告編を観て、ウォシャウスキー兄弟が今度はどんな世界を描いているのだろうと気になっていました。 それぞれの時代を映す物語が生きることとは何かを深く問いかけているような作品でした。

_ 映画雑記・COLOR of CINEMA - 2013年04月03日 12:42

注・内容、台詞に触れています。「マトリックス」シリーズのラナ&アンディ・ウォシャウスキー(以下ウォシャウスキー監督と表記します)と「パフューム ある人殺しの物語」のトム・ティクヴァが共同で監督した『ク

_ ヤジャの奇妙な独り言 - 2013年04月04日 22:51

徹夜明けで3時間程仮眠を取って 映画館へ向かって クラウド アトラス を観てきました     命

_ キノ2 - 2013年04月09日 19:40

★ネタバレ注意★


 輪廻転生の話と聞くと、ちょっと構えてしまいます。
 やっぱ、お箸の国のひとだもの。
 仏教哲学の底の深さは果てしがない。ついていけなかったらどないしよ。

 だけど実際観てみると、仏教的な死生観とかは、とりあえずあんま関係なかったっぽい。 少なくとも、本邦が誇る『火の鳥』のような壮大で奥深い感動的な話ではないです。エンタメです。ウォシャウスキー姉弟&トム・ティクヴァ監督が、観客を楽しませてやるぜと気合をいれつつ自分たちも大いに楽しんで撮った一大娯楽作品って感じ。172分の長丁場ですが、そんなに長く感じないのは、全体のテーマや思想性はともかく、映画とし...

_ いやいやえん - 2013年07月11日 09:34



SFと「輪廻転生」というテーマを上手くまとめあげた作品だと思います。一見、複雑で脈絡なく進んで行くように見えてしまう物語も6つの時代を巧みに繋ぎ合わせられており、その繋がりがみえてくると、その壮大さに改めて感嘆してしまうような物語。でも、やっぱり約3時間は長いな〜^;

手塚治虫さんの「火の鳥」や萩尾望都さんの「百億の昼と千億の夜」なんかを思い出しますね。
? 1849年 南太平洋諸島 数奇な航海物語 
? 1936年 イギリス 幻の名曲の誕生秘話
? 1973年 カリフォルニア 原子力発電所の陰謀
? 2012年 イギリス 平凡な編集者の大脱走
? 2144年 ネオソウル クローン少女の革命
? 2321年 ハワイ 文明崩壊後の地球
人間のカルマが描かれるそれは、「罪と贖罪」がテーマ。人間の「魂」はすべからず繋がっていて、それは原始時代から未来まで永劫同じ。人は原罪を背負っているといわれます、それはその時代の自分の罪ではなくて生まれ持った人間自身の罪。魂の罪悪。この罪を贖う機会に恵まれたものは、それこそ理屈ではかなわない運命のように自分を浄化させられるのだろう。

物語を平行して描くことの効果は、視覚的な面白さだけではなく、繋がりをも意識されたもの。クライマックスに近づくに連れ感動が呼び覚まされていきます。
彗星型の痣を持つ各時代の主人公たち。各物語のあらすじはWikipediaの「クラウド アトラス」項ででも確認してもらうとして、出演者たちの6つの時代の扮装も、見どころのひとつ。私は闇医者がハル・ベリーさんだったことに笑いました。これ、絶対わかんないよ(笑)
ソンミの言う「命は自分のものではない、子宮から墓まで、人は他者とつながる。過去も現在も、すべての罪が、あらゆる善意が、未来を作る」これこそがこの作品のいいたいことなのでしょう。あらゆる善意を愛にいいかえてもいいかもしれません。
ただ、尺が長いのがネックで賛否も当然あったようですが、私はこれ面白かった。見て損はない作品かと思われます。私は編集者の大脱走劇のコミカルさが好きですねー。

【概略】
1849年、太平洋諸島。若き弁護士に治療を施すドクター・ヘンリー・グースだったが、その目は邪悪な光をたたえていた。1973年のサンフランシスコ。原子力発電所の従業員アイザック・スミスは、取材に来た記者のルイサと恋に落ちる。そして、地球崩壊後106度目の冬。ザックリーの村に進化した人間コミュニティーのメロニムがやって来て……。

SFドラマ

_ 映画大好きだった^^まとめ - 2014年02月28日 09:30

262 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/03/15(金) 20:43:19.65 ID:Fr1iO1z7話の繋がりよくわかんなかったが自分は好きだ アイノウ爺さん可愛すぎる449 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/03/17(日) 01:30:52.67 ...