Google
WWW を検索 ブログ内検索

オズ はじまりの戦い : 北の魔女がいないのが気になるのですが…。2013年03月10日 13:48

オズ はじまりの戦い
 埼玉県が観光振興のため、あの「ジオン公国」と姉妹都市提携を結ぶという提案があったそうです。とんでもないことを考えている政治家たちがいるようですね。このような無能政治家には、閣下から一言あるそうですよ。  「あえて言おう、カスであると。」  ちなみに、本日紹介する作品は、元々は埼玉の政治家のようにカスであった主人公が、立派な魔法使いとして成長していく姿を描いたこちらになります。
【題名】
オズ はじまりの戦い

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 カンザスの若き奇術師オズ(ジェームズ・フランコ)は、ありきたりではなく、偉大な人間になることを夢見ていた。ある日気球に乗り込んだところ、竜巻に巻き込まれてしまう。そしてたどり着いた先は、筆舌に尽くしがたいほど美しい魔法の国・オズだった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「オズ はじまりの戦い」は、ライマン・フランク・ボーム原作の「オズの魔法使い」のオズがいかに誕生したかを描いたファンタジーアドベンチャー映画です。若き奇術師であるオズ役には、「127時間」のジェームズ・フランコ。西の魔女セオドラ役には、「テッド」のミラ・クニス。セオドラの姉でもある東の魔女エヴァノラ役には、「ボーン・レガシー」のレイチェル・ワイズ。セオドラとエヴァノラにとって敵ともいえる南の魔女グリンダ役には、「マリリン 7日間の恋」のミシェル・ウィリアムズ。監督は、スパイダーマン3部作のサム・ライミ。

 実を言うと、「オズの魔法使い」のあらすじ、ほとんど知らないんですよ。幼稚園児のときや小学校低学年の時には、物語を読んだり映画的なものを観たりしたはずなのですが覚えていないんです。例えば、ピノキオ、白雪姫、赤ずきん、これらのあらすじの概要は今でも覚えています。つまり、私としては幼いながらも、この「オズの魔法使い」のことは感心Nothingだったんでしょうねぇ。というわけで、本作は全く予備知識が無い状態で観賞しました。しかしながら、本作はなかなか面白い作品に仕上がっていましたよん。

 先ずは映像。この手の作品では、一番重要なところです。できれば3Dで観たかったのですが、吹替えしかなかったので2Dでの観賞。しかしながら、その映像はとても綺麗でスリリングなだけでなく、童話の世界のような優しさを感じられるものでした。2Dでも十分に満足できましたよ。その中でも特に良かったのが、翼のついたお猿さん。単に可愛らしいだけでなく、その豊かな表情は助演男優賞にノミネートされてもよいくらいでした。

 あらすじは予定調和の域を出ることのないものですが、それだけに安心して観れるものになっています。オチもなかなか面白く、オズは真の魔法使いになってしまうのです。どうやって魔法使いになるかはネタバレになるので話せませんが、ユーモアを感じられる方法で私的には好きでしたね。但し、気になる点が一つ。オズがカンザス州のサーカス一座で手品を披露している際、車椅子の少女が本当の魔法と信じて自分が歩くことができるように懇願するのです。勿論、オズは魔法は使えないので少女の願いをかなえることはできないのですが、この少女に対しては完全に投げっぱなしのまま物語が終わります。私的には、この部分がどうもひっかかるんですよねぇ。

 このように「オズ はじまりの戦い」は、子供から大人まで楽しめるエンターテイメント作品となっております。その終わり方も続編を匂わせるものとなっており、次作は「オズの魔法使い」の本編へ繋がっていくのかもしれません。もし、そうなるのであれば劇場へ足を運びたいと思います。では、本日はこの辺で ☆・゚:*バィバィ*:゚・☆p´∀`◎)ノ゛ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品