Google
WWW を検索 ブログ内検索

臨場 劇場版 : 2時間ドラマ的クオリティー2013年03月04日 18:13

臨場 劇場版
 マンチェスター・ユナイテッドの香川真司、やってくれました。イングランド・プレミアリーグのノリッジ戦でハットトリックを決めちゃいました。マンチェスター・ユナイテッド移籍後、怪我などもあり彼らしい活躍はありませんでしたが、これで波に乗っていけるのではないでしょうか。では、本日紹介する作品は、最後まで波に乗って観ることができなかったこちらになります。
【題名】
臨場 劇場版

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超だめだめ!!

【あらすじ】
 都内で無差別通り魔事件が発生。だが実行犯は被害者遺族たちの願いも虚しく、心神喪失が認められ、刑法第39条により無罪となってしまう。その2年後、事件を無罪へ導いた弁護士と精神鑑定を行った医師が相次いで殺害される。警視庁と神奈川県警の合同捜査本部が立ち上がり、2年前の通り魔事件の遺族に疑いの目が向けられた。だが、検視官の倉石義男(内野聖陽)は死亡推定時刻に疑問を抱き、犯人が別にいると考える。果たして彼が追った先にある真相とは……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「臨場 劇場版」は、横山秀夫の同名小説を原作としTVドラマも高視聴率だった作品を映画化したものです。警視庁刑事部鑑識課の検視官である倉石義男役には、「悪夢のエレベーター」の内野聖陽。同じく検視官心得の小坂留美役には、「BECK」の松下由樹。同じく検視補助官の永嶋武文役には、「BRAVE HEARTS 海猿」の平山浩行。警視庁刑事部捜査一課の刑事である一ノ瀬和之役には、「ロストクライム 閃光」の渡辺大。警視庁刑事部捜査一課の管理官である立原真澄役には、「探偵はBARにいる」の高嶋政伸。通り魔事件の犯人の波多野進役には、「まほろ駅前多田便利軒」の柄本佑。神奈川県警地域課の浦部謙作役には、「プリンセス トヨトミ」の平田満。神奈川県警刑事部捜査一課・管理官の仲根達郎役には、「HOME 愛しの座敷わらし」の段田安則。通り魔事件被害者の遺族である関本直子役には、「神様のパズル」の若村麻由美。横浜医大法医学教室教授で倉石の恩師でもある安永泰三役には、「あなたへ」の長塚京三。監督は、「探偵はBARにいる」の橋本一。

 中身が薄っぺらといえばよいのでしょうか、何ともつまらない作品でした。こんなのをよく映画館で上映できると思えましたよ。別に、TVドラマの映画化をどうこういっているのではありません。しかしながら、本作はリアルに2時間ドラマのレベル。レンタル代金を払っただけでもむかつくレベルなのに、これを映画館で観た人は腹立たしいことこのうえないでしょうなぁ。

 先ず目に付いたのは、倉石義男というキャラ。今時、あんな人間がいるわけないでしょう。捜査会議中にそっぽを向きながら野菜食ってるなんて、キャラがどうのこうのいう前に人としてどうかしてるレベル。あんな奴に税金払ってると思うと、腹立ってきますよ。また、内野聖陽という俳優。この人は時代劇ではとてつもない光を放ちますが、現代劇では今一つといった印象でした。もっと、光が放たれていたなら倉石義男というキャラの印象も変わったかもしれないんですが。

 また、あらすじも今一でしたねぇ。ちなみに、ネタバレになってしまいますが、本作の真犯人は長塚京三演じる安永泰三です。そして、安永泰三登場時点で犯人フラグ立ちまくりなんです。それならせめて、動機だけでも凝ったものにして欲しいのですが、その動機も強い発信力が無いんですよねぇ。これでは、2時間ドラマの中でも、決して高いクオリティーとはいえないですよ。

 ちなみに、本作は一見高いメッセージ性を持った作品のように作られています。理不尽な事件に巻き込まれ命を失った方の遺族、その方たちの苦しみをくみ上げていこうという努力は感じられます。但し、そのことに成功しているのでしょうか。私としては、否としか思えません。物語を丸く収めるために、事実を歪曲しているようにしか思えないのです。そもそも、リアリティーを感じられない主人公がいる時点で、そのような高潔な目的は達することはできないのではないでしょうか。無論、私は当事者ではないので、本当のところはわかりませんが…。

 このように「臨場 劇場版」は、こんな作品をよく映画化したものだと思えるような駄作です。それと、私が若い頃大好きだった女優の一人である松下由樹、彼女はどこで道を誤ったのでしょうか。では、本日はこの辺で ゚+o。(*p'Д`q《バィバィ》。o+゚ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品