Google
WWW を検索 ブログ内検索

アルゴ : これが実話ベースって…。2013年03月03日 15:21

アルゴ
 昨夜の侍ジャパン、薄氷の勝利といってよかったですね。日本中の野球ファンが、ハラハラドキドキしましたよ。ちなみに、本日紹介する作品も、ハラハラドキドキのこちらになります。
【題名】
アルゴ

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 1979年11月4日、イランの過激派がアメリカ大使館を占拠する。混乱の中6人が脱出しカナダ大使の私邸に逃げ込むが、残った52人の大使館員は人質となる。イラン側は、癌の治療のために渡米した前国王パーレビの引き渡しを要求する。大使館員の写真つき名簿は襲撃前にシュレッダーにかけていたが、名簿が復元されれば脱出者がばれ、捕まれば処刑される。国務省はCIAに応援を要請し、人質奪還のプロ、トニー・メンデス(ベン・アフレック)が呼ばれる。トニーは、6人をニセ映画のロケハンに来たカナダの映画クルーに仕立て上げて出国させるという作戦を閃く。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「アルゴ」は、1979年にイランで起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描くサスペンスドラマです。ちなみに、本作で監督・製作をこなし主人公のトニー・メンデスを演じたのは、「ザ・タウン」でも監督と主演を務めたベン・アフレック。トニーの上司であるジャック・オドネル役には、「トータル・リコール」のブライアン・クランストン。ハリウッドの大物プロデューサーであるレスター・シーゲル役には、「50歳の恋愛白書」のアラン・アーキン。トニーの知人で特殊メイクの第一人者であるジョン・チェンバース役には、「アーティスト」のジョン・グッドマン。

 本作は、先日発表されたアカデミー賞で作品賞・脚色賞・編集賞の三部門を獲得しています。そのため、広島でもリバイバル上映があったので早速行ってきました。それで本作の感想なのですが、やはり作品賞を獲得しただけあって見応えあったなぁ。そして何よりも凄いのが、本作が実話を基に作られた作品だということ。アメリカって、ドラマな国ですなぁ。主人公のトニー・メンデスも実在の人物ですからね。平和ボケの日本では、実話ベースでこんな映画作れないですよ。

 リアリティーを追求したスパイ映画となると、ピリピリした緊張感が最初から最後まで続く作品を想像します。実際、作品が始まって暫くは緊張感が張り詰めた感じ。しかも、実際のニュース映像やニュース写真を上手くリンクさせて、いやがおうにも緊張感が高まる心憎い演出。それが突然、ハリウッドの華やかな世界へ。ここで観ている方は、何となく一休み。そして、トニー・メンデスがイランに入国してからは、ラストに向け緊張感を高めていき、ハラハラドキドキのクライマックスシーンへと突き進んでいくのです。もう、何て気の利いた映画なのでしょうか。ベン・アフレック、あんた天才だよ。

 インターネット上では、本作のことを「典型的親米プロパガンダ映画」と評する向きがあるようです。ぶっちゃけ、アメリカ人がアメリカ視点で作ってる映画ですから、仕方ないんじゃないかな。そんな中でも、イラン人の中にも様々な考えを持った人がいることが描かれていることを評価すべきではないでしょうか。ふと、そんなことを思いました。

 このように「アルゴ」は、アカデミーの作品賞受賞作だけのことはある作品です。でも、好みの問題なのですが、私的には緊張感がずっと続く作品の方が良かったかな。では、本日はこの辺で (%'д`p(バィ)(バィ)(☆)q 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

_ 別冊編集人 ― 2013年03月03日 21:50

TBありがとうございます!

_ ウマキング ― 2013年03月04日 18:23

わざわざご丁寧にありがとうございます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/03/03/6735921/tb

_ あーうぃ だにぇっと - 2013年03月03日 15:40

アルゴ@よみうりホール

_ こねたみっくす - 2013年03月03日 15:52

映画製作のロケハンを口実に人質を奪還する。
1979年のイラン革命時に、カナダ大使私邸に逃げ込んだ6人のアメリカ人を架空のSF映画『アルゴ』のロケハンスタッフに偽装させて脱出 ...

_ 映画@見取り八段 - 2013年03月03日 15:54

アルゴ~ ARGO ~     監督: ベン・アフレック    出演: ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、カイル・チャンドラー、ロリー・コクレーン、クリストファー・デナム、テイト・ドノヴァン、クレア…

_ I am invincible ! - 2013年03月03日 16:28

贅沢な浪費と秘密警察サヴァクで国民を苦しめたパーレビ国王を追放した。 同じ頃、亡命していた最高指導者ホメイニ師が帰国。 そんなイランで米国大使館占拠事件が起きた。

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2013年03月03日 16:30

飛行機に乗る際のパスポートチェックは、こちらが何も悪い事してないのに、ただでさえ緊張するものである。
言葉が通じない上に、きちんと伝えないと奥の部屋に連れて行かれてしまう(かも?)。
それだけでも恐怖なのに~~~と思いながら観ているうちに、この緊迫感で胃が痛くなり・・・・

_ ダイターンクラッシュ!! - 2013年03月03日 17:01

2012年11月10日(土) 21:05~ 109シネマズ川崎5 料金:1000円(109シネマズの日) 『アルゴ』公式サイト 人質救出のためにインチキ映画プロデュースという話。 アホ面の大根役者ベン・アフレックの監督主演であるので、「黄金の七人」とか「ミニミニ大作戦」とか軽いのりのフェイクものかと思ったが、イラン大使館占拠の実話ベースということで、真面目にシリアスだった。 (アホ面の演出作品は、初めて観る。) そして、アホ面が、珍しく口をぽかんとあけていない。髭で意識がそらされていただけかもしれないが。 イランでインチキ映画の撮影でもやるのかなと思ったが、イランに入国するのはアホだけで、救出対象の6人の大使館員をスタッフにしたててのロケハンまでだった。 そんな感じで、VFXやアクションのない、サスペンス映画。 後半の緊張感は、なかなかの演出なので、アホ面は顔だけで、実際はアホでないようだ。 同時期のデルタ・フォースの作戦は失敗した。 その後の、チャック・ノリスを派遣した作戦は成功。 アルゴというのは、インチキ映画のタイトル。 ポスターは、スターウォーズを意識しているようなのだが、観に行く気になれないような代物だ。 お勧め度:☆☆☆ 地味度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆

_ マスコミに載らない海外記事 - 2013年03月03日 17:30

2013年2月25日 独占記事: オスカー作品賞は、ベン・アフレックの「アルゴ」、革命後のイランで起きた脱出スリラーが受賞した。この映画はドラマを誇張し、プロパガンダの域に入り込んでいる。だがもしアフレックが、1953年のCIAクーデターか、1980年の共和党のごまかしを選んでいたら、アメリカ人はずっと多くを学ぶことが

_ カノンな日々 - 2013年03月03日 17:41

1979年11月にイランで発生した「イランアメリカ大使館人質事件」。長らく機密扱いとされてきたこの事件は劇場予告編でも大々的に謳われているようにまるでハリウッド映画さながらの ...

_ とりあえず、コメントです - 2013年03月03日 17:45

ベン・アフレック監督&主演の実話を基にしたサスペンスです。 面白そうな作品だなあと公開前から楽しみにしていました。 激動のイランを舞台にした物語は期待通りの手に汗握るような展開でした~

_ ヨーロッパ映画を観よう! - 2013年03月03日 18:22

「Argo」 2012 USA

架空の映画を演出して人質奪還するアイデアは素晴らしい!としか言いようがない。そしてそれを本物の映画にしてしまった。エンディングで実際の人物が紹介される。皆とても似ているのだ。監督ベン・アフレックのこだわりが感じられナイスだった。
何度も書いているが、ほんとベン・アフレックって作品ごとに、監督としても俳優としてもますます素敵になっていく。

監督、製作、出演(CIAエージェント、トニー・メンデス役)に「ハリウッドランド/2006」「消されたヘッドライン/2009」「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」「ザ・タウン/2010」「カンパニー・メン/...

_ キノ2 - 2013年03月03日 18:28

★ネタバレ注意★


 ベン・アフレック監督作第三弾。
 概要を聞いた瞬間、あ! 面白そう! っていう予感がする映画ってありますが、これがまさにそうで、そして実際にとっても面白かったです。アフレック監督、ありがとう☆ 思えば、監督第一作の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』の時は、日本では劇場公開すらされなかったというのに、問答無用の実力でもって、公開作は決して見逃せない監督としての地歩を築かれたご様子。重畳の至りであります。

 1979年に実際にイランで起こったアメリカ大使館人質事件がベース。大使館で人質となった52人のほかに、6人の職員が密かに裏口から脱出し、カナダ大使私邸に匿...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年03月03日 18:49

偽映画と言っても期待したほど劇的でない
公式サイト。原題:Argo。ベン・アフレック監督・主演。アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、スクート・マク ...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2013年03月03日 19:12

アルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]◆プチレビュー◆ウソの映画製作で人質を助け出す驚きの実話「アルゴ」。監督ベン・アフレックの緩急をつけた演出が見事だ。 【8 ...

_ Akira's VOICE - 2013年03月03日 19:33

地味でも、しっかり面白い。
 

_ マイシネマ日記 - 2013年03月03日 21:31

原題: Argo 2012年 アメリカ 監督: ベン・アフレック 製作: ジョージ・クルーニー 出演:  ベン・アフレック(Tony Mendez) アラン・アーキン(Lester Siegel) ジョン・グッドマン(John Chambers) ブライアン・クランストン(Jack O’Donnell) スクート・マ…

_ MESCALINE DRIVE - 2013年03月03日 21:44

ベン・アフレック監督・主演作品、「アルゴ」を観た。 1979年、イランでホメイニ師を指導者とする革命が勃発。米英が担ぎ上げていたパーレビは浪費と圧政によって国民の憎悪を買っていた。パーレビにとって幸福なのは、彼自身の癌治療のためこのときアメリカに渡ったこと。人民裁判によって前国王には死刑の判決が下されることは免れないが、死刑執行人の手もアメリカ大陸までは届かない。パーレビ不在の状況下において、民衆の怒りは傀儡政権を作り上げた大国へと向けられる。 11月4日、テヘランのアメリカ大使館が襲撃された。機密流失を回避するため、職員たちは重要書類の破棄・焼却を進める。アメリカ合衆国の領土が侵されているのにもかかわらず、警備の部隊は一発の銃弾すら発砲できない。それが戦争を招く一発になるかもしれないからだ。押し寄せた民衆を前にアメリカ大使館は占拠され、職員は為す術もなく捕らえられる。六名を除いて。 CIAもつかんでいなかったイラン革命。事態は緊迫の度合いを増してゆく。そんななか、六名の大使館職員がカナダ大使の私邸に匿われているとの情報が入った。救出作戦が国務省主導で立てられることとなる。CIAのトニー・メンデスは人質救出のスペシャリストとしてこの会議に出席したのだが、役人の打ち出す案というのが実現不可能と思しき代物ばかり。そもそもが最悪の状況なのだからそれも致し方ないのだけれど。何らの進展を見せずに会議は終わる。お手上げだ。 トニーは、別居中の息子と電話で話しているうち、ひとつの着想を得る。それはあまりにも突飛すぎる思いつき。ただし、勝算はなくもない。 西欧の文化圏においては中東の風土や習俗に異国情緒を感じる。1980年当時ならば尚更だ。そして、見たことも触れたこともない世界観を描くのがSF作品である。異世界を舞台に冒険を繰り広げるスペースオペラは、1977年の「スター・ウォーズ」の大ヒット以来、引きも切らずに映像化されていた。だから、SF映画のロケーションに異国情緒あふれるイランを選ぶということもあり得なくはない。 大使館職員六名をイランから出国させるのに、自転車で国境を越えるのも語学教師と身分を偽るのも現実的ではない。国境までは遠すぎて自転車選手でなければ完走できないだろうし、この時期にテヘランに留まっている語学教師がいるものか。ならば架空の映画製作をでっち上げ、彼らを映画スタッフと偽って出国させるという手はどうだ? そもそもが無茶な計画なのだ。何を立案しても最悪の作戦になるのは免れない。正攻法が通じないなら最悪のなかの最高の作戦を選ぶしかあるまい?...

_ 新・辛口映画館 - 2013年03月03日 21:49

 客席はほぼ満席。試写会場入場前にカメラチェック&身体検査、上映中には1階席と2階席両端に警備員が観客を監視する厳重な試写会となった。
   
   

_ うろうろ日記 - 2013年03月03日 22:03

試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 イランからアメリカの外交官を救出す

_ Kathura West - 2013年03月03日 22:35


アルゴ
監督:ベン・アフレック
出演:ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、他
2012/アメリカ
オフシャルサイト

はらはらドキドキ。あん時(30年ほど前のあん時の混乱をかすかに覚えているが}にこんな馬鹿げた作戦が、実際に行われたのかどうか、何処まで真実で、どこまでエンタメ目指したフィクションなのかわからない。でもどっちでもいい。とにかく圧倒的なリアリティサスペンスに釘付けにされました。こう言うの《良作?》それとも《快作?》、非情に満足度の高い作品でした。スケールの大きい《これぞハリウッドの力》を見せつけられ...

_ ひねくれ者と呼んでくれ - 2013年03月03日 22:41

監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック 米国2012年 *タイトルの一部変更と追加あり これまでベン・アフレックの監督作は『ゴーン・ベイビー・ゴーン』と『ザ・タウン』と見てきたが、この新作は一番エンタテインメントとして完成度が高いと言えるだろう。 舞台は1979~80年、イランで実際に起きた米国大使館人質事件である。冒頭、当時のニュースの再現があって、怒り狂ったイランの民衆が大使館を取り巻き、やがて中になだれ込む場面が描かれる。 大使館員たちを人質に--だが、実は6人

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2013年03月04日 00:51

2012年・米/配給:ワーナー・ブラザース原題:Argo監督:ベン・アフレック製作:グラント・ヘスロフ、ベン・アフレック、ジョージ・クルーニー原作:アントニオ・J・メンデス、ジョシュア・ベアーマン脚本

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年03月04日 09:05

1979年に起きた在イラン米国大使館占拠事件というのは歴史的にみても、エポックな

_ 映画にする? - 2013年03月04日 09:07

今日は2本斬りしてきました。まずはアカデミー賞候補の呼び声の高い『アルゴ』。ベン・アフレック監督・主演、実話に基づく政治サスペンスドラマです。アルゴ2012年(アメリカ)原 ...

_ セレンディピティ ダイアリー - 2013年03月04日 09:10

ベン・アフレック監督・主演の実話に基づくサスペンス、「アルゴ」(Argo)を見ま

_ 象のロケット - 2013年03月05日 06:31

1979年11月4日。 イラン革命が激しさを増すテヘランで、革命防衛隊がアメリカ大使館を占拠し52人が人質になってしまう。 一方、6人の大使館員がカナダ大使の私邸へ逃げ込み、身を隠していた。 イラン側に逃亡の事実がバレたら6人は処刑されてしまう。 CIAの救出作戦のエキスパートであるトニー・メンデスは、6人がカナダ人の映画関係者であるということにして、国外へ脱出させる作戦を立てたのだが…。 実話サスペンス。

_ Subterranean サブタレイニアン - 2013年03月05日 09:16

監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に辻褄合わせをしていたり、ハプニングに因果関係があったりと、物語…

_ 風に吹かれて - 2013年03月05日 11:30

前代未聞の救出作戦 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/argo10月26日公開実話の映画化原作: アルゴ (アントニオ・メンデス著・マット・バグリオ著/ハヤカワ文庫

_ ほし★とママのめたぼうな日々♪ - 2013年03月05日 22:08

全くノーチェックの作品で評判も知らなかったのですが  sakuさんからの強いプッシュで上映状況をチェックしたら 予定して

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2013年03月06日 00:21

五つ星評価で【★★★★面白い。それが特徴】
  
凄い。
面白いんだもの。

基本、成功するに分かってる作戦なのに(失敗したら映画にならんからね)、
ハラハラドキドキの連 ...

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2013年03月06日 00:22

これがアルゴだ!

_ 映画の心理プロファイル - 2013年03月07日 13:21

前評判も良く、
ベン・アフレックの『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『ザ・タウン』に続く
監督作だというので、さっそく観てまいりました。


原題:『ARGO』(120分)
監督:ベン・アフレック
脚本:クリス・テリオ
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:ベン・アフレック
    ブライアン・クランストン
    アラン・アーキン
    ジョン・グッドマン

映画が始まって、いきなり、ちょっとした違和感が。
ワーナーブラザーズのロゴマークがやけに古くさいのです。
んん?

その疑問は、すぐに氷塊。
物語は、1979年末から始まる。監督は、それに合わせて...

_ 京の昼寝〜♪ - 2013年03月07日 17:21



□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴァル...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2013年03月12日 13:31

大使公邸に匿われたアメリカ人を架空の映画製作のロケハンで、堂々とテヘラン空港から民間の飛行機で脱出させる。実際に自分もいっしょにイランを脱出できるかと入り込んでしまった。シュレッダーで裁断した紙を子供がつなぎ合わせて、隠れていたメンバーの顔が判明してから

_ 晴れたらいいね〜 - 2013年03月14日 23:16

この映画は、見逃したくなかったんです。今年は、映画館見逃し作品が、めちゃ多いです。その中でも、特にコレはしんどくても行かんとあかんと念じてました。絶対的信頼を2作でもっ ...

_ 零細投資家映画記録 - 2013年03月18日 20:20

鑑賞映画館:MOVIXココエあまがさき シアター2 鑑賞日時:3月7日 評価:A 原題:Argo 製作:2012年 アメリカ 監督:ベン・アフレック 出演: ベン・アフレック ブライアン・クランストン アラン・アーキン ジョン・グッドマン ヴィクター・ガーバー テイト・ドノヴァ…

_ よしなしごと - 2013年04月13日 16:40




 ベン・アフレック監督作品。昨年のザ・タウンがイマイチだったのでスルーしようか迷っていたのですが、ザ・タウンと違ってアクション映画ではなくノンフィクションを映画化。しかも映画が題材(?)となっていると聞いてはスルーするわけにもいかず、そんなわけでアルゴを見てきました。

_ いやいやえん - 2013年05月01日 09:39



実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。
イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。絶望的な6人の米国人は合衆国政府の救出だけが頼りだが、CIAの救出の専門家であるトニー・メンデスは、奇想な救出作戦を立案する。それは「アルゴ」という映画を作ることにし、映画関係者に成りすまして関係者に偽装をした6名の米国人と共に、脱出をする計画だった。
事実は小説よりも奇なりといいますが、これがまさにそうですよね。監督と主演を務めるのがベン・アフレック。派手さは無いけれど丁寧なストーリーと展開の面白さにひきつけられます。飛行機を降りるまでの緊迫感も凄かったー!

冒頭でアメリカとイランの関係なども理解できて、アメリカの自業自得なんだなとある意味で興味深かったです。救出作品のための「偽映画作り」が最後の猿の惑星をヒントにされてたなんてね。それにしても大胆。真相を知る2人の映画人(特殊メイクのジョン・チェンバース、映画プロデューサーのレスター・シーゲル)をも巻きこんで、主人公らが「アルゴ、クソ喰らえ!」を合言葉のようにするところがちょっと可笑しかったですね。
後半、現地入りしてからは、緊迫感に溢れてました。途中で映画が中止になっちゃうところでどうなっちゃうの!?と思わせられるのですが、主人公トニーの独断で作戦を決行!
空港からの脱出劇の緊迫感は凄かった。映画内で言われてたとおり、子供を使って写真を継ぎ接ぎして身元を割り出そうとする時間との戦い!まさに手に汗握る緊張感でしたよ。上官であるジャックがトニーの敢行を「部下を見殺しにはしない」とバックアップするのがまた良かった。
事実を忠実に再現した作りも素晴らしく良く出来てたと思います。キャストが似ていたのもそうだけれど、実際のニュース映像と繋がるシーンのところなんかとくに。そのときのカナダ大使夫妻もできた人物だったんですね。
ベン監督作品はますます磨きがかかってきて面白くなってますね。次回作も楽しみです!

【概略】
イランのアメリカ大使館が過激派に襲撃され、6人が人質に。何とか脱出した彼らは大使の家に隠れるが、CIAの人質奪還のプロ・トニーは驚くべき作戦を実行する。

サスペンス

_ 映画に耽溺 - 2014年12月20日 14:30

「事実は小説よりも奇なりッ!」 「なに叫んでるのよ」 「だから事実は映画よりも奇なりッ!なのよ!!」 「はいはい映画のお話なのね?」 「そうそう」 「おかずですッ!」 「ずーこですッ!!」 「2人揃って~~」 「映画に耽溺~~~!!」 「うだるような猛暑…