Google
WWW を検索 ブログ内検索

神弓 KAMIYUMI : 「走る、射る」的なハイテンションムービー2013年02月27日 09:37

神弓 KAMIYUMI
 第85回アカデミー賞が発表されましたね。注目の作品賞は「アルゴ」に決まったようです。広島でもリバイバル上映があるようです。DVD発売も近いし、劇場で観るか自宅で観るか悩みますねぇ。まあ、それはさて置き、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
神弓 KAMIYUMI

【製作年】
2011年

【製作国】
韓国

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 幼い頃、国家反逆罪で捕えられた父を目の前で殺されたナミ(パク・ヘイル)とジャイン(ムン・チェウォン)の兄妹。何とか追っ手から逃れた2人は、父の友人キムにかくまわれ、ひっそりと逃亡生活を送っていた。兄のナミが生きているたった1つの理由は、妹ジャインを守れという父の最後の願いを全うするためだった。13年の月日が流れ、2人を育てたキムの息子ソグン(キム・ムヨル)がジャインに結婚を申し込む。妹が遂に幸せをつかむことを確信したナミは村を後にするが、結婚式当日、村は清の軍隊の攻撃を受け、捕虜となったジャインとソグンは他の村人たちとともに連れ去られてしまう。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「神弓 KAMIYUMI」は、1636年、清が朝鮮半島に侵攻したことで起こった丙子の乱の中で、弓の名手たちによる闘いを描いた歴史アクションです。父の形見である家宝の“神弓”を自在に操るナミ役には、「モダンボーイ」のパク・ヘイル。ナミの妹であるジャイン役には、「うちの学校のET」のムン・チェウォン。ジャインの夫となるソグン役には、「作戦 TheScam」のキム・ムヨル。清国のエリート部隊を率いる指揮官で名手である猛将ジュシンタ役には、「カエル少年失踪殺人事件」のリュ・スンリョン。監督は、「The Phone」のキム・ハンミン。

 李明博の陛下への侮辱発言以降、あまり韓国映画を観なくなりました。そんな状況下でも、観たくなる作品はあります。歴オタの私としては、この「神弓 KAMIYUMI」もそんな一本でした。また、時代が1636年というのも、本作を観た要因の一つです。この時代の作品だと、反日的要素は皆無でしょうから。で、本作を観た感想ですが、期待通りのエンターテイメント作品でした。流石、2011年度韓国でNo.1ヒットしただけのことはありますねぇ。

 とにかく、走る、走る、走る、そして、弓を射る、射る、射る。そんな作品。1636年といえば、世界的に火縄銃の時代でしょう。「そんな時代に”弓”ですか。」と当初は考えていましたが、”弓”を闘いのメインとしたことは大正解。あのスリリングな展開は、”弓”でないと表現できないでしょう。火縄銃では射撃後、次の射撃まで時間かかり過ぎるし、煙がぼうぼうで居場所が直ぐにばれちゃいますから。とにかく、本作の緊張感は”弓”でないと表現できないでしょう。目の付け所が鋭いですなぁ、流石にプチハリウッドの韓国映画ですね。

 そして、猛将ジュシンタがナミを執拗に追うのですが、あの「アポカリプト」を彷彿とさせるものがありました。ナミが走りながら逃走するシーンが、スピーディーでスリリングなんですよ。この辺の演出には、しびれっぱなし。

 演者の中では、猛将ジュシンタを演じたリュ・スンリョンが渋かったなぁ。目的のためには直進的に進む猛将でありながら、部下を想う優しさを垣間見せるのです。そのチラ見せが、なんとも渋すぎなんですよねぇ。私的には、主役のパク・ヘイル以上の存在感を感じましたよ。

 このように「神弓 KAMIYUMI」は、スピーディーでスリリングな展開が売りの歴史アクションです。本ブログでのおすすめ度は”おすすめ!”ですが、韓国映画でなければ”超おすすめ!!”といってよい作品です。では、本日はこの辺で バイバ━━━゚+。(*´・△・`*)ノ。+゚━━━イ!! 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品