Google
WWW を検索 ブログ内検索

レッド・ライト : このオチは、好みが分かれるかな2013年02月25日 18:15

レッド・ライト
 「竹島の日」に反発して、韓国の600万人の自営業者が日本製品不買運動をするそうです。よくわからん国ですなぁ。見た目は韓国製でも、部品に日本製が使われている商品等はどうするのでしょうか。それに、600万人という自営業者の数。本当なのでしょうか。ちなみに、本日紹介する作品も登場人物に”嘘”があるこちらになります。
【題名】
レッド・ライト

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ、スペイン

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 科学者のマーガレット・マシスン(シガーニー・ウィーバー)とトム・バックリー(キリアン・マーフィ)は、超常現象を科学の力で解き明かすため、研究を重ねる日々を送っていた。そんなある日、30年前に引退した伝説の超能力者サイモン・シルバー(ロバート・デ・ニーロ)が復帰するというニュースが世間を騒がせる。実は以前、マーガレットはシルバーに挑んだが、心の弱みを突かれて完敗を喫し癒えることのない傷を負っていた。それを知ったトムは、全てを解き明かすため、単独でシルバーのショーに乗り込むことを決意する。果たして、サイモン・シルバー復活の裏に隠された、真っ赤な嘘と真実とは……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「レッド・ライト」は、伝説の超能力者の”真っ赤な嘘”を追い求める物理学者の息詰まる攻防を描いたサスペンスです。主人公の物理学者であるトム・バックリー役には、「TIME/タイム」のキリアン・マーフィ。トムの上司ともいえる物理学者マーガレット・マシスン役には、「宇宙人ポール 」のシガニー・ウィーバー。伝説の超能力者サイモン・シルバー役には、「トラブル・イン・ハリウッド」のロバート・デ・ニーロ。監督/脚本は、「リミット」のロドリゴ・コルテス。

 何と言っても、鬼才ロドリゴ・コルテスの監督/脚本。期待しましたよ。本ブログでも紹介している「リミット」「アパートメント:143」は、いずれも”超おすすめ!!”。しかしながら本作は、いま一つでしたねぇ。まあ、私の期待値が高すぎただけかもしれないのですが…。

 画面から感じる緊張感、これはロドリゴ・コルテス独特のもの。作品の大まかなあらすじは、伝説の超能力者とその超常現象を疑う物理学者の攻防を描いたものです。日本で言えば、インチキ超能力者に早稲田大学の大槻名誉教授が挑むようなものですよ。それを、あそこまでの緊張感ある作品に仕立てるとは…。流石、ロドリゴ・コルテスといったところでしょう。正直、終盤近くまで本年度におけるサスペンスの逸品を観ていると錯覚していました。ところが、その思いは突然崩れ去ったのです。

 それは、本作のオチの部分。恐らく、この映画を観ているほとんどの方がサイモン・シルバーを○○○○○○人と思っていたはずです。それが、△△△△△人だったわけですよ。この単純すぎるオチには、参りましたねぇ。伝説が、こんなにも儚いものだったなんて…。まあ、そこで生じる矛盾をトム・バックリーが本当の□□□だったということで済ませている点には、ロドリゴ・コルテスらしさを感じましたけどねぇ。確かに、このオチは観る者を完全に騙すことに成功していますよ *◆*ガ――ヽ(*´Д`*)ノ――ン*◆* 。

 このように「レッド・ライト」は、そのオチに関しては好き嫌いの分かれる作品であります。私的には今一のオチでしたが、このオチが好きな方には堪らない作品だと思いますよ。では、本日はこの辺で ☆⌒Y⌒Y⌒(((*゚∪゚*))ノ≡ВЧЁ☆・:*:・・゚・ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品