Google
WWW を検索 ブログ内検索

レ・ミゼラブル : 我慢の先に感動があった…。2013年02月20日 09:34

レ・ミゼラブル
 週に一度の休日の朝を迎えました。ここ広島は、なかなか気持ちの良い朝ですよ。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
レ・ミゼラブル

【製作年】
2012年

【製作国】
イギリス

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 格差と貧困にあえぐ民衆が自由を求めて立ちあがろうとしていた19世紀のフランス。ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、パンを盗んだ罪で19年間投獄され、仮釈放されたものの生活に行き詰まり、再び盗みを働く。しかし、その罪を見逃し赦してくれた司教の慈悲に触れ、身も心も生まれ変わろうと決意。マドレーヌと名前を変え、工場主として成功を収め、市長の地位に上り詰めたバルジャンだったが、警官のジャベール(ラッセル・クロウ)は彼を執拗に追いかけてくるのだった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「レ・ミゼラブル」は、ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作とし、世界43カ国で上演されたミュージカルを映画化した作品です。パンを盗んだ罪で19年間投獄された過去を持つジャン・バルジャン役には、「リアル・スティール」のヒュー・ジャックマン。ャン・バルジャンを執拗に追い続けるジャベール警部には、「スリーデイズ」のラッセル・クロウ。ジャン・バルジャンに自分の娘を託すファンテーヌには、「ダークナイト ライジング」のアン・ハサウェイ。ファンテーヌの娘でジャン・バルジャンと共に暮らすコゼット役には、「赤ずきん」のアマンダ・セイフライド。コゼットに一目惚れしたマリウス役には、「マリリン 7日間の恋」のエディ・レッドメイン。監督は、「英国王のスピーチ」のトム・フーパー。

 映画館で観た予告映像のクオリティーは、素晴らしいものがありました。でも、ミュージカルだったんですよ、本作は。ミュージカルって、何だか小っ恥ずかしい感じなんですよねぇ。勿論、偏見ですけど。でも、興行収入は公開からずっと安定して上位につけてるし、各レビューでも評判良いし、何といっても映画を観て文句しか言わない友人がベタ褒めなんですよ。ワーナーマイカルのポイントカードも一杯になったので行ってきましたよ。

 上映が始まって数分、映像のクオリティーは予告映像通りです。ストーリーもテンポ良く進行していきます。また、ハリウッドの一流俳優たちも迫真の演技を見せてくれます。でも、何となく作品に集中できない。そう、やはりミュージカルだからでしょう。何といっても、台詞のほとんどがメロディーに乗せられているわけですから。正直、ここまで徹底されているとは思いませんでした。上映が始まってからずっと小っ恥ずかしい感じなので眠くはなりませんでしたが、むちゃくちゃ時間が長く感じていました。それが、終盤になってあそこまで感動するとは…。

 そう、涙無くては観られない素晴らしい作品だったのです。ジャン・バルジャンのコゼットを想う強い気持ち、私はここに強烈な感動を覚えたのです。それまでの長く感じていた時間も、この感動を得られるのなら文句はありません。まさしく、無償の愛。本作の登場人物で、ジャン・バルジャンこそ、最も神に愛される人かもしれないですね。それ位、彼の生き方は素晴らしいものでした。

 このブログを始めて観賞したミュージカル作品は、本作で2作目。以前、紹介した「愛と誠」は”超おすすめ!!”でした。本作も”おすすめ!”です。かといって、私がミュージカル好きになったわけではありません。勿論、今後もミュージカル作品を積極的に観ることはないでしょう。にもかかわらず感動した、ということです。

 このように「レ・ミゼラブル」は、私のようなミュージカル嫌いでも我慢して観ていれば、必ずや感動できる作品です。でも、ミュージカルでない「レ・ミゼラブル」を観たいといったら本末転倒になるのでしょうか。では、本日はこの辺で |*。´Д`|┛<< +。:.゚βyёβyё♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品