Google
WWW を検索 ブログ内検索

ダイ・ハード ラスト・デイ : ブルース・ウィリス大将、光ってますね2013年02月17日 15:30

ダイ・ハード ラスト・デイ
 プロ野球は、キャンプ真っ盛りですね。とはいえ、広島カープのように弱いのがど定番になると、ファンとはいえどうでもよい感じですよ。特に、監督がアレですから。ちなみに、本日紹介する作品は、良い意味でど定番のこちらになります。
【題名】
ダイ・ハード ラスト・デイ

【製作年】
2013年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 過去4度もアメリカ国内で凶悪テロを防いできたニューヨーク市警刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、ボヤキ交じりにモスクワへと旅立った。疎遠になっていた一人息子ジャック(ジェイ・コートニー)が、“世界で最もツイてない男”である父親のDNAを受け継いだかのように異国の地でトラブルに巻き込まれたのだ。だが“マクレーンの行く手に災いあり”の法則は今も生きていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ダイ・ハード ラスト・デイ」は、“世界で最もツイてない男”が大暴れする人気アクションシリーズの第5作目となる作品です。ニューヨーク市警刑事で“世界で最もツイてない男”であるジョン・マクレーン役には、「LOOPER ルーパー」のブルース・ウィリス。ジョンの息子でCIA諜報員のジャック・マクレーン役には、TVシリーズ「スパルタカス」のジェイ・コートニー。監督は、「マックス・ペイン」のジョン・ムーア。

 今年に入って映画館だけでも三度目ですよ、ブルース・ウィリス。どんだけ稼いでるんだか。出演作が多い分、ハズレといってよい作品もあるのですが、やはりこのシリーズは安定感が違いますね。もう、しびれっぱなしの98分でした。

 物語の序盤、爆薬を積んだ車が大爆発。そこからのアクションシーンは、息もつかせぬほどの凄さ。その凄さときたら半端なくて、何時の間にやら笑顔になっていました。特に、カーアクション。車は整然と動いておらず、普段の交通状況に突然と危険な車たちが現れた感じ。これは、日本映画では不可能でしょうねぇ。ただ、少し残念なところも。というのが、アクションシーンの迫力が、これ以降少し盛り下がってるんですよねぇ。まあ、最初のシーンが凄すぎたわけですが、少しもったいない気がしました。

 あらすじも、なかなかでした。この手の作品ならば、ど派手なアクションを見せるのが目的だから、簡単に先が読めるものだと思っておりました。ところが、以外に先の展開が読めないところがあって、あらすじ面でも楽しませてもらいました。まあ、強引過ぎるところもありましたけどね。

 ちなみに、今回からはジョン・マクレーンの子供であるジャック・マクレーンも登場しています。ジャック・マクレーン演じるジェイ・コートニーの腕の太さを見ると、ほとんどプロレスラー並みのマッチョですよ。存在感という意味では、本作ではブルース・ウィリスに軍配が上がりますが、今後シリーズが続くのであればブルース・ウィリスを喰う存在になるかもしれないですね。

 このように「ダイ・ハード ラスト・デイ」は、ブルース・ウィリスはジョン・マクレーンが一番のはまり役と思わせる作品です。しかし、「ダイ・ハード ラスト・デイ」という邦題は何なんでしょう。原題は「A GOOD DAY TO DIE HARD」ですからね。それに、今後もシリーズが続くであろうと思われる終わり方でしたから。配給会社、必死過ぎて香ばしいですなぁ。では、本日はこの辺で βyёβyё┏|*´Д`*|┓βyёβyё 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/02/17/6723396/tb

_ Akira's VOICE - 2013年02月17日 15:51

今まででいちばん大味。
 

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年02月17日 16:44

ループするのにもってこいの日
公式サイト。原題:A Good Day to Die Hard。ジョン・ムーア監督、ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、コール・ハウザー、メアリー・エリザベス・ウィ ...

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2013年02月17日 17:52



「日米同時公開」で意気に感じ、さっそく。
(というか、その前にみたコンテンツの質が低く、口直しに急遽 笑)

いつも最悪タイミングに最悪な場所に居合わせる男のシリーズ第5作め。


当ブログの過去のこのシリーズ評価は以下。

ダイハード 88点 シリーズ原点!...

_ たいむのひとりごと - 2013年02月17日 18:31

なんでこんな微妙な邦題を付けたのか。なんだかんだいってもマクレーン親子は不死身らしいし、思わせぶりにする必要なんてないんじゃないかなーって思うんだけどな。久々のシリーズ第5弾はモスクワが舞台。今度は親

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2013年02月17日 19:23

ダイ・ハード / ラスト・デイ [Blu-ray]大人気アクション大作「ダイ・ハード」シリーズ第5弾「ダイ・ハード/ラスト・デイ」。異国の地でやりたい放題の親子鷹にあいた口が塞がらない ...

_ とりあえず、コメントです - 2013年02月17日 19:58

ブルース・ウィリス主演の大ヒットシリーズ第5弾です。 シリーズを重ねるごとにどんどんアクションが派手になっていくので、 今回はどんな展開になるのか楽しみにしていました。 大人になって登場した息子と一緒に戦うジョン・マクレーンは、相変わらずやることが派手でした~

_ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 - 2013年02月17日 20:31

評価:★★★☆【3,5点】(10)


ひとつのアトラクション映画として観れば楽しい。

_ こねたみっくす - 2013年02月17日 21:40

良くも悪くもジョン・ムーア監督らしいポップコーンムービー。
これはもう『ダイ・ハード』シリーズではありません。ただのジョン・マクレーン刑事が登場するド派手なアクション ...

_ 映画感想メモ - 2013年02月17日 22:02

桐島がいつ出て来るんだろうと思って観てたら、エンドロールになってた。 いい加減あ

_ 映画感想メモ - 2013年02月17日 22:03

マクレーン氏の素敵な休暇(爆破含む) いい加減あらすじ ジョン・マクレーンの元に

_ タナウツネット雑記ブログ - 2013年02月18日 00:07

映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」観に行ってきました。大事件に巻き込まれる不運でタフな刑事ジョン・マクレーンをブルース・ウィリスが演じる、言わずと知れた超大ヒットシリー...

_ 象のロケット - 2013年02月18日 15:40

アメリカ・ニューヨーク市警の刑事ジョン・マクレーンは、疎遠だった一人息子ジャックが異国で警察沙汰を起こしたため、身柄を引き取りにモスクワへとやって来た。 ところが、ジャックが出廷するはずだった裁判所が突然爆破されてしまう。 混乱の中、久々に再会を果たしたマクレーン親子は、謎の武装テロ集団から執拗に攻撃されるのだが…。 刑事アクション第5弾。

_ ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション - 2013年02月19日 16:25

■ストーリー『ニューヨーク市警のジョン・マクレーン刑事は、長らく疎遠だったひとり息子ジャックがしでかしたトラブルの尻ぬぐいのためにモスクワへと降り立つ。ところが、ジャ ...

_ カノンな日々 - 2013年02月19日 17:22

劇場でもテレビでも宣伝を頻繁に目にしましたけどホントにこれでラストになるんでしょうか?シリーズ第5弾です。不死身の男・ジョン・マクレーン刑事に息子さんがいたんですね。も ...

_ シネマ親父の“日々是妄言” - 2013年02月20日 21:37

[ダイ・ハード/ラスト・デイ] ブログ村キーワード
 刑事、ジョン・マクレーン五たびスクリーンに登場。しかも初の海外進出!!「ダイ・ハード/ラスト・デイ」(20世紀フォックス映画)。運の悪さは何処へやら?ますます荒っぽさに拍車が掛かっております!


 息子のジャック(ジェイ・コートニー)がモスクワでトラブルを起こし、収監されていると聞かされたジョン(ブルース・ウィリス)は、ジャックの身柄を引き受けるべく、単身モスクワへ。しかし、ジャックの公判が開かれる裁判所が、正体不明の武装集団に襲撃される。混乱の最中、ジョンはジャックと再会するが、ジャックは同じ法廷で裁かれる予定だった政治犯...

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年02月20日 22:16

ただのアクション映画としてならば、及第点なのかもしれないのですけれど。 やはりあ

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2013年02月21日 01:59



「日米同時公開」で意気に感じ、さっそく。
(というか、その前にみたコンテンツの質が低く、口直しに急遽 笑)

いつも最悪タイミングに最悪な場所に居合わせる男のシリーズ第5作め。


当ブログの過去のこのシリーズ評価は以下。

ダイハード 88点 シリーズ原点!...

_ 京の昼寝〜♪ - 2013年02月21日 12:36



□作品オフィシャルサイト 「ダイ・ハード ラスト・デイ」□監督 ジョン・ムーア□脚本 スキップ・ウッズ、ジェイソン・ケラー□キャスト ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、セバスチャン・コッホ、       ラシャ・ブコヴィッチ、コール・ハウザー、ユ...

_ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) - 2013年02月21日 18:56

「ダイ・ハード/ラスト・デイ」監督:ジョン・ムーア(『マックス・ペイン』)出演:ブルース・ウィリス(『LOOPER/ルーパー』『エクスペンダブルズ2』)ジェイ・コートニーセバスチ ...

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2013年02月22日 01:33

2013年・アメリカ/配給:20世紀フォックス映画 原題:A Good Day to Die Hard 監督:ジョン・ムーア脚本:スキップ・ウッズ、ジェイソン・ケラー製作:アレックス・ヤング、ウィク・

_ ハリウッド映画 LOVE - 2013年02月23日 17:12

原題:A Good Day to Die Hard監督:ジョン・ムーア出演:ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、セバスチャン・コッホ、ラシャ・ブコビッチ、コール・ハウザーもはや、ダイ・ハードじゃありません!!

_ 時間の無駄と言わないで - 2013年02月24日 15:04

シリーズ5作目。
回を重ねる毎に後退していったブルース・ウィリスの髪形だけど、前作で最終形態になってしまったので、今回は変化なし。

前作でなんかスタイリッシュになった ...

_ ☆みぃみの日々徒然日記☆ - 2013年02月26日 10:07

平成25年2月22日(金)。 映画:「ダイ・ハード/ラスト・ディ」。 監督:ジョン・ムーア 撮影:ジョナサン・セラ 音楽:マルコ・ベルトラミ キャスト: ブルース・ウィリス (John McClane) ジェイ・コートニー (Jack McClane) メアリー・エリザベス・ウ…

_ 幕張コーポ前 - 2013年03月04日 00:05

今回はこんな格好してないけど、やっぱりジョン・マクレーンといえば、ランニングシャツ。あんまり似てないけど、ブルース・ウィリスがこの絵を見て、高額で権利を買い取ってくれることを期待しています。という諸事情から、転載禁止とさせていただきます。日本にいながら成

_ 無限回廊幻想記譚 - 2013年03月05日 20:21

 【ストーリー】 ロシアで大富豪ユーリ・コマロフ(セバスチャン・コッホ)が収監さ

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2013年03月06日 10:36

すこぶる評判がイマイチだった「ダイハード /ラスト・ディ」
でも大好きなブルース様だから、観ないとね☆
観終わって「あれ?どこがラストデイ?」と思ったけど、案外親子の絆にウルウルしちゃう、私的にはツボな映画だった

_ 新・辛口映画館 - 2013年03月11日 22:29

 公開から3週間経った平日の夕方。このシネコンで2番目に大きいスクリーン6は観客20名弱位の閑散とした状態だ。スクリーンはデジタル上映の欠点となる、シネスコサイズで開いたままビスタサイズが上映という、余白のある画面に違和感を覚えながら鑑賞した。

_ いやいやえん - 2013年07月06日 09:07



ジョン・マクレーンに息子なんていたっけ?と、まず思った作品でした。過去作見直してみないとわからないなあ。そんな設定あったのか。「アウトロー」で敵役だった青年です。
1989年 高層ビル、1990年 空港、1995年 ニューヨーク、2007年 アメリカ全土、そして今度は海外。こう考えると限定された場所というよりは次第に舞台も広がっていたんだなあ。
息子は実はCIA職員。重大な任務を帯びてモスクワで事件を起こした…はずが、父ちゃんのせいで台無し!というパターンです。
カーチェイスシーンもアクションも派手なんだけど、うーん妙に高揚感がない…。「ダイ・ハード4.0」は興奮するほど面白かったんだけどなあ。
チェルノブイリ事故を絡めたお話で、父と息子は反発しあいながらも協力し、最後は和解する。悪役的高笑いもありで、マクレーン息子の言っちゃう「ど派手!」が笑えた。
多分ストーリーがいまひとつなのと、派手なんだけどアクションとアクションの合間の間が上手くないんだな。ダイ・ハードらしい部分が損なわれているとも思う。

【概略】
長らく疎遠だった息子・ジャックがモスクワで投獄されたことを知ったマクレーン刑事。娘・ルーシーに見送られ、息子の身柄を引き取りにロシアへ向かうが…。

アクション

_ ここなつ映画レビュー - 2013年09月10日 15:27


「ダイ・ハード」シリーズには個人的に色々な思い出があり、これがラストなんて残念で仕方ない。家族で観に行きたかったな。

今回はロシアにジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)が行って、そこで事件に巻き込まれるオハナシ。ロシアで揉め事を起こした息子を引き取りに行ったはいいけれど、案の定?テロに遭遇。事件解決のために息子とはタッグを組むんだけど、親父と息子特有の、反発しあいーの、認めあいーの、のやり取りがあったりして。


実にテンポ良く楽しめる。いつもの事だけれど、嫌よ嫌よも好きの内、といった感じで、ジョン・マクレーンが事件に巻き込まれて、やれやれ感たっぷりに結局はガンガンや...