Google
WWW を検索 ブログ内検索

ムーンライズ・キングダム : 優しさが一杯の映画2013年02月11日 17:45

ムーンライズ・キングダム
 PC遠隔操作事件の犯人が捕まりました。一目見ただけで、幸せが寄り付かないと想像できそうな風貌ですね。こんな方には、本日紹介する映画でも観て、心に潤いを持ったほうがよいと思いますよ。
【題名】
ムーンライズ・キングダム

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 1965年、アメリカのニューイングランド沖に浮かぶニューペンザンス島。12歳のスージー・ビショップ(カーラ・ヘイワード)は、厳格でお堅い父ウォルト(ビル・マーレイ)と、口うるさくいつもせわしない母ローラ(フランシス・マクドーマンド)、そして3人の幼い弟たちと海沿いの大きな屋敷で暮らしていた。趣味は本を読んで自分だけの世界に浸ることと双眼鏡での観察。ある日、スージーはその双眼鏡で母とシャープ警部(ブルース・ウィリス)の密会を目撃する。同じ頃、ウォード隊長(エドワード・ノートン)率いるボーイスカウトのキャンプ地では、隊員の一人が置き手紙を残して姿を消す事件が起きていた……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ムーンライズ・キングダム」は、駆け落ちした12歳の子供たちと、彼らを心配する回りの大人たちの姿をユーモラスに描いたドラマです。大好きな女の子と駆け落ちするサム・シャカスキー役には、ジャレッド・ギルマン。サムと駆け落ちするスージー・ビショップ役には、カーラ・ヘイワード。サムが所属するボーイスカウトのキャンプ地の隊長であるウォード隊長役には、「ボーン・レガシー」のエドワード・ノートン。トレーラーハウスで孤独な生活を送っているシャープ警部役には、「LOOPER ルーパー」のブルース・ウィリス。スージーの父であるウォルト役には、「ブロークンフラワーズ」のビル・マーレイ。監督・脚本は、「ダージリン急行」のウェス・アンダーソン。

 不思議な魅力一杯の映画でした。本作の一番の魅力は、何といっても絵図の美しさではないでしょうか。目に優しい島の風景の中に、赤色が際立った屋敷とボブ・バラバン演じる謎のおじさん。癒されると同時に、風景画を見ているような気持ちにさせられました。美しい風景を撮った映画は沢山ありますが、私的には本作が一番のように思えましたよ。

 あらすじも、なかなかGood。何といっても、12歳の子供の駆け落ちするという設定が面白いですよ。そして、二人が“ムーンライズ・キングダム”と名付けた入り江でファーストキッスをする場面なんか、何とも微笑ましくてこちらまで初恋の頃を思い出しました。それに、最初はサムに対し反感を持っていた大人たちやボーイスカウトのメンバーが、心変わりしていく様はこちらまで心暖かくなりましたね。

 演者の中で特に心に残ったのが、エドワード・ノートンとブルース・ウィリス。二人が演じているのは、どちらかというと心優しくも冴えない感じの大人。二人とも普段は演じない役柄ですからね。逆に、インパクトありましたよ。それに、ブルース・ウィリスなんか毛が生えていましたからね(とはいってもキューピーみたいですが)。最初見たときは、一瞬誰だか分かんなかった位です。とにかく、二人とも見事な演じっぷりでした。

 このように「ムーンライズ・キングダム」は、大きな感動や「わっはっは」と声を出して笑う映画ではないものの、観る者をしっかりと満足させてくれるヒューマンドラマの秀作です。ウェス・アンダーソンの映画は初めて観ましたが、好きな監督の一人になりました。では、本日はこの辺で (●ゝ艸・`)^☆・*:.。.ьчёьчё.。.:*・☆^(・`艸-●) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

_ あ ― 2014年05月04日 14:31

PC遠隔操作事件の犯人が捕まりました。一目見ただけで、幸せが寄り付かないと想像できそうな風貌ですね。こんな方には、本日紹介する映画でも観て、心に潤いを持ったほうがよいと思いますよ。

こんなことをサラリと書けてしまう自身の浅ましさを反省してください。
『十二人の怒れる男』などオススメです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/02/11/6718172/tb

_ あーうぃ だにぇっと - 2013年02月11日 18:05

ムーンライズ・キングダム@ブロードメディアスタジオ試写室

_ こねたみっくす - 2013年02月11日 18:22

オーケストラのように子供たちが見事なアンサンブルを奏でた時、ウェス・アンダーソン版『小さな恋のメロディ』が生まれる。
独特の映像世界観を持つウェス・アンダーソン監督作 ...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2013年02月11日 19:56

ムーンライズ・キングダム オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆少年少女の駆け落ち騒動を描くハートフルなドラマ「ムーンライズ・キングダム」。無名の子役を大物スター ...

_ 新・映画鑑賞★日記・・・ - 2013年02月11日 23:38


【MOONRISE KINGDOM】 2013/02/08公開 アメリカ PG12 94分監督:ウェス・アンダーソン出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・シュワルツマン、ボブ・バラバン、ジャレッド...

_ 象のロケット - 2013年02月12日 16:43

1965年、アメリカのニューイングランド沖に浮かぶ全長26kmのニューペンザンス島。 海沿いの家で家族と暮らす12歳の少女スージーと、同い年で孤児のボーイスカウトの少年サムが姿を消した。 1年前に知り合った彼らは文通を始め、密かに駆け落ちの計画を練っていたのだ。 二人の目的地は、誰も知らない秘密の入江“ムーンライズ・キングダム”。 小さな島は大騒ぎになってしまうが…。 コメディ。 PG-12

_ 風に吹かれて - 2013年02月13日 15:17

ちょっと変な人たちのアンサンブル 公式サイト http://moonrisekingdom.jp監督: ウェス・アンダーソン 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」 「 ダージリン急行」1965年、アメリカ

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年02月13日 17:33

ページェントの起源のような物語
公式サイト。公式マップ。原題:Moonrise Kingdom。ウェス・アンダーソン監督、カーラ・ヘイワード、ジャレッド・ギルマン、ブルース・ウィリス、エドワ ...

_ タナウツネット雑記ブログ - 2013年02月13日 21:14

映画「ムーンライズ・キングダム」観に行ってきました。1960年代、アメリカ北東部に浮かぶ小さな島を舞台に、一組の少年少女の行動とそれに振り回される大人達の姿を描いたコメ...

_ Healing - 2013年02月14日 12:39

ムーンライズ・キングダム ★★★★4.5 60’sの画集から飛び出した 12歳のまっすぐピュアラブ まず一言、言わせていただくと、 ウェス・アンダーソン、大好きだ〜!!! まさに、ノーマン・ロックウェルの画集のような世界観。 彼のイラストから飛び出してきたような映像が、可愛らし過ぎます。 1960年代の雑賀やファッションも、可愛らし過ぎます。 とても好きです

_ いい加減社長の映画日記 - 2013年02月15日 20:17

意外と有名な俳優さんが出演・・・

「オフィシャルサイト」

【ストーリー】
1965年、ニューイングランド沖にある小さな島で、12歳のサムはボーイスカウトのキャンプから脱走する。
1年前、お芝居が上演されている島の教会でサムは同い歳のスージーと出会い、2人は恋に落...

_ とりあえず、コメントです - 2013年02月15日 23:25

1965年のニューイングランド島を舞台に描いた、ちょっとコミカルなヒューマンドラマです。 予告編を観た時から、12歳の子供たちの駆け落ちってどうなるの?と気になっていました。 ちょっと不思議なお伽噺のような、可愛くて優しくて幸せを感じる物語が綴られていました。

_ 心のままに映画の風景 - 2013年02月16日 03:13


1965年、アメリカ・ニューイングランド沖に浮かぶ小さな島。
家庭に恵まれず、自分の居場所がないと感じている12歳の少年サム(ジャレッド・ギルマン)は、ボーイスカウトのサマー・キャンプ中、置き手紙...

_ 我想一個人映画美的女人blog - 2013年02月18日 09:55




ランキングクリックしてね ←please click

「アンソニーのハッピーモーテル」「天才マックスの世界」とインディペンデント通な人たちから
愛されてきたウェス・アンダーソン監督最新作

来年2月を前に、マスコミ試写で観させて頂きました〜

監督...

_ 映画感想メモ - 2013年02月26日 06:45

子供達に翻弄される大人達。 いい加減あらすじ 1965年のニューペンザンス島。ボ

_ 笑う社会人の生活 - 2013年03月04日 21:35

12日のことですが、映画「ムーンライズ・キングダム」を鑑賞しました。

1960年代ニューイングランド島 ボーイスカウトに所属する少年サムと少女スージーは文通を始め、駆け落ち 逃避行する
一方 彼らを追う保安官や親、ボーイスカウトたちがいて・・・

監督はウィス・...

_ 映画大陸 - 2013年03月11日 22:51


 最近のガキンチョは、大分ませているのかもしれない。ラジオでネタにされていたことですが、幼稚園児のくせにバレンタインデーには男子にチョコレートをあげたりするらしい。 ...

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2013年03月11日 23:43

映画『ムーンライズ・キングダム』は曲者ウェス・アンダーソン監督の第5作にして、大

_ いやいやえん - 2013年08月02日 09:45



欠点だらけの大人たちを、少年少女の純粋な恋が変えていく。
黄色がかった色彩はまるで絵本を見てるよう。横スクロールで進む映像もそれに拍車をかける。
ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・シュワルツマン…などなど、役者が超豪華!
少年サムと少女スージーが駆け落ちして純粋な恋を成就させるという作品です。少し周りから浮いているこの二人は何か通じるものがあったのでしょうね。しかし大人たちは二人を引き離そうとします。しかも少年は親がなく里親が彼のことを投げ出してしまう。
どこかシュールな雰囲気は良かったのです。虫のピアスが印象的…ほんと変わった二人です。仏頂面のスージーがとくに可愛いです。ダンスしてキスのくだりはよかったよね、あのダンスもどこか滑稽で可愛かった。
今までうまくいってなかった他のボーイスカウトの隊員たちがサムが孤児院に送られる事を知り意外な優しさをみせる…これも子供ならではなのかも。子供たちの救出作戦がニヤリとさせられた。サムとスージーは結婚までしちゃうんだよね。
先が読めない展開でどこかズレててシュールなんだけどあたたかくて緩〜〜い作品でした。

【概略】
1965年、ニューイングランド沖にある小さな島で、12歳のサムはボーイスカウトのキャンプから脱走する。1年前、島の教会でサムは同い歳のスージーと出会い、恋に落ちた。それから1年に渡る手紙のやりとりを通して密かに駆け落ちの計画を練っていたのだ。落ち合った2人は、手つかずの自然が残る入り江を目指す。一方、2人がいなくなった事に気づいた大人たちは大慌て!ボーイスカウトのウォード隊長、シャープ警部、そしてスージーの両親は、2人を追いかけるが・・・。果たして二人の“愛の逃避行"の行方は?そして、やっきになって2人を引き離そうとしていた大人たちは?