Google
WWW を検索 ブログ内検索

脳男 : 生身のターミネーターに感情が宿る時2013年02月09日 17:06

脳男
 あくまでも私見ですが、今年は春先までの邦画は”熱い”ですよ。本作もそうですし、「プラチナデータ」「図書館戦争」「藁の楯 わらのたて」、どれも楽しみな作品です。ということで、本日紹介する作品は「脳男」となります。
【題名】
脳男

【製作年】
2013年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 都内近郊で無差別連続爆破事件が頻発し、路線バスが爆破される。乗客が全員死亡したその犯行に使われたのは、舌を切り取られた女性の全身に爆薬を巻きつける“人間爆弾”。動機不明の異常な事件を担当する刑事の中に、粗暴だが人一倍正義感の強い茶屋(江口洋介)がいた。犯人のアジトを突き止めた彼が現場に踏み込むと、別の男と格闘していた犯人がアジトを爆破して逃走する。茶屋が確保したその男(生田斗真)は、“鈴木一郎”と名乗った以外、一切身元不明。爆破の共犯者と見なされ、精神鑑定を受けるが、担当医師の鷲谷真梨子(松雪泰子)は彼の態度に違和感を覚える。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「脳男」は、第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於の同名小説を映画化したアクション・サスペンスです。自分を鈴木一郎と名乗る謎の男役は、「源氏物語 千年の謎」の生田斗真。鈴木一郎を精神鑑定する担当医師の鷲谷真梨子役には、「てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡」の松雪泰子。粗暴だが人一倍正義感の強い茶屋刑事役には、「はやぶさ 遥かなる帰還」の江口洋介。無差別連続爆破事件の主犯格である緑川紀子役には、「悪の教典」の二階堂ふみ。紀子に絶対服従を誓う水沢ゆりあ役には、「ユモレスク~逆さまの蝶~」の太田莉菜。監督は、「星守る犬」の瀧本智行。

 映画館で予告編を観て、必ず観ようと決めていた映画でした。無論、期待していた作品です。何がって、生田斗真のイメージの裏切り方に期待してたんですよ。そして、その期待に見事応えてくれた作品でした。

 とにかく、生田斗真は人間としての感情を持たない美しき殺戮者を見事に演じ切っていました。役者として、一段階上のレベルに行っちゃいましたね。彼が演じるのは、感情を持たない人間。しかも、不死身レベルの強さですからね。とは言っても、シュワちゃんの「ターミネーター」より遥かに難しい役柄ですよ。だって、サイボーグと人間は根本的に違いますからね。人間である以上、感情がNothingということは絶対的にありませんから。生田斗真は、これからも素晴らしい活躍をしてくれそうですね。逆に、今一だったのが緑川紀子を演じた二階堂ふみ。演技がどうこうではなく、生田斗真の敵役としては存在感が弱すぎ。彼女は、好きな女優の一人なのですが、こうも器の違いを見せられるとなぁ。何だか、生田斗真が発するオーラに飲み込まれた感じでしたね。同じことは、染谷将太にもいえましたけど。とにかくそれ位、生田斗真の本作に賭ける何かがあったということではないでしょうか。

 映像も概ね満足できるものでした。但し、日本映画界の最大の弱点ともいえるカーアクション。本作の見せ場の一つだけに残念だったなぁ。あの「アウトレイジ ビヨンド」でも、カーアクションはドイヒーでしたからね、こればかりは日本映画界ではどうにもならないのでしょうねぇ。

 あらすじ的にも、いま一つ整合性が取れてない感じでした。そもそも、ラストの病院のシーンにおいて、あれだけの爆薬をどうやって緑川紀子は運んだのでしょうか。末期癌の紀子がけなげに爆薬を運ぶシーンを思い浮かべると目頭が熱くなります。それに、物語の前半は間延び感も半端ないものでしたよ。館内で、いびきが聞こえていた位ですから。

 何だか、文句の方が多いレビューになってしまいましたが、「脳男」は満足度の高い作品であることは間違いありません。松雪泰子のセクシーな胸元もそうですが、本作の一番の見所は生田斗真のキレキレの演技でしょう。それに私が観た映画館では、男性客が以外に多かったこともご報告しておきます。では、本日はこの辺で ~~\(。・Д・。) <<バイバイ!!>> (。・Д・。)/~~ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/02/09/6716217/tb

_ 新・映画鑑賞★日記・・・ - 2013年02月10日 00:04


2013/02/09公開 日本 PG12 125分監督:瀧本智行出演:生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜、大和田健介、染谷将太、光石研、甲本雅裕、小澤征悦、石橋蓮司、夏八木勲
悪に裁きを下す、美しき殺人者
[Story]残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事...

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2013年02月10日 08:48

☆全く予備知識なく、時間が合うのでふいに見た。

 タイトルが、狙っているようでいて「ダサい」と思った。

 私だったら、「データーベース」「異常蓄積記憶のみ」とか名付けるのになぁ、と思った。

 ただ、この脳男が、最終的には「脳男」ではなかったことが分かる...

_ うろうろ日記 - 2013年02月10日 11:11

試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】連続爆発犯VS脳男の生田君VS警察VS医

_ Akira's VOICE - 2013年02月10日 14:41

『人間失格』のハードボイルド版。
 

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年02月10日 15:03

謎のゴジラ顔と炎のスケルトン
公式サイト。首藤瓜於原作、瀧本智行監督。生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜、大和田健介、染谷将太、光石研、甲本雅裕、小澤 ...

_ あーうぃ だにぇっと - 2013年02月10日 15:52

脳男@東宝試写室

_ オールマイティにコメンテート - 2013年02月10日 16:49

「脳男」は感情を持たないが知能指数の高い男が自らの正義と判別し、悪と判断した相手を殺すストーリーである。個人で善悪を判断するのは確かにあるけれど、それを自らの正義の基 ...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2013年02月10日 19:37

ポスタ- A4 脳男 光沢プリント感情がない美しき殺人マシーンを描くバイオレンス・ミステリー「脳男」。正義の実態は常にあいまいなものなのだ。都内近郊で無差別連続爆破事件が発生 ...

_ だらだら無気力ブログ! - 2013年02月10日 23:06

松雪泰子にあのセリフを言われてぇ〜!

_ to Heart - 2013年02月11日 21:36


悪に裁きを下す、
美しき殺人者
製作年度 2013年
上映時間 125分 映倫 PG12
原作 首藤瓜於『脳男』(講談社刊)
脚本 真辺克彦 、成島出
監督 瀧本智行
出演 生田斗真/松雪泰子/江口洋介/二階堂ふみ/染谷将太/太田莉菜/大和田健介/光石研/甲本雅裕/小澤征悦/石橋蓮司/夏...

_ タナウツネット雑記ブログ - 2013年02月13日 21:09

映画「脳男」観に行ってきました。首藤瓜於の同名小説を原作とする、生田斗真主演のバイオレンス・ミステリー作品。バイオレンスの名が示す通り、今作は人から切り取られた舌の描写...

_ 京の昼寝〜♪ - 2013年02月15日 17:21



□作品オフィシャルサイト 「脳男」□監督 瀧本智行□原作 首藤瓜於□脚本 真辺克彦、成島出□キャスト 生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  &amp;l...

_ 大吉! - 2013年02月15日 21:29

<木曜日>



(2月13日・ユナイテッドシネマ・女性サービスデー・邦画R12・13時30分~)

天才的な知能と恐るべき身体能力を持つ美しき殺戮者「脳男」。
彼には感情だけが、無かった。

イケメンの...

_ いい加減社長の映画日記 - 2013年02月18日 22:32

予告編が、面白そうだったので・・・

「オフィシャルサイト」

【ストーリー】
精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。
都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。
刑事・茶屋は遺留品から犯人のアジトを見つけ出す...

_ カノンな日々 - 2013年02月19日 17:21

第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於さんの小説を原作に『はやぶさ 遥かなる帰還』の瀧本智行監督が生田斗真さんを主演に映画化したアクション・ミステリー作品です。このタイト ...

_ 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜 - 2013年02月20日 10:25


【=14 今年の試写会2】  精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。刑事・茶屋は遺留品から犯人のアジトを見つけ出すが、踏み込むと同時にアジトは爆発し犯人は逃走。代わり...

_ 単館系 - 2013年02月20日 22:56

脳男 MOVIXさいたま 2/9公開

残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は
犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。
共犯者と見なされた...

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年02月24日 17:25

原作は首藤瓜於さんの2010年江戸川乱歩賞受賞の同名小説です。 こちらは出版して

_ 気ままな映画生活 - 2013年03月12日 23:59

第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於の同名小説を映画化。並はずれた身体能力を誇りながら、生まれつき感情を持たない殺人鬼「脳男」の姿を描くアクションサスペンス。都内近郊 ...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2013年03月16日 11:06

 『脳男』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)生田斗真が出演する映画は、これまでも『源氏物語』などを見てきましたが、所属するのがアイドル事務所のせいでしょうか、いろいろの制約を受けている感じが強く、いずれもイマイチの感じでしたが、本作では彼がこれまでに...

_ いやいやえん - 2013年09月13日 09:39



「脳男」なんて一風変わった題名なのが気になった。
生田斗真さんが感情のない人間を演じているのだけれど、もともと端正な顔立ちをしてるだけに、無表情であればこその、アンドロイドというかターミネーターというか…とにかくロボットな感じが良く出ているのです(でも無表情=瞬きしないは違うなーと思った)。
悪人を狩るロボットともいえる鈴木一郎が、表情といえるものを見せるシーンが数回ありますね。しかしそのときの彼の顔は獲物を狙うハンターですが、ラストの鷲谷にみせる表情は違った。彼自身の心の奥にある感情なのか、それとも過去の訓練に従った作り物なのか。

江口さんの昭和バタ臭い熱血刑事に、松雪さんの自分の弟を殺した少年の更生を信じる精神科医。二階堂ふみさん、染谷将太さんもいい演技してます。しかし、吐血するほどの末期ガンって設定は、ちょっとやりすぎな気がしないでもないです、リアリティがない。
精神科医である鷲谷が言う事は確かに偽善ですが、医者として強い精神をもっていなければ言えない台詞だと思った。しかし、加害者と被害者家族を向き合わせる事で果たして本当に更正できるのか、赦せるのかははなはだ疑問。

脳から「欲求」反応が出ず、先天的に感情が欠落している…脳男。「この世にはびこる悪を殲滅しろ。それこそがお前に与えられた使命だ」まるでヒーローのようですが、実際そう言われて育ってきたのだから仕方ない。殴られても蹴られても銃で撃たれても車に何度も跳ねられても、全く表情の変化がなく痛みを感じない故に成せる脅威の身体能力で悪人を躊躇なく滅するダークヒーロー。
脳男の正体(一郎の本当の名前:入陶大威(いりす・たけきみ)よ、読めない…)が、あまりにも簡単にわかってしまう(脳男を知る人物から身の上話を聞かされる)件では少々興ざめしてしまいましたが、主人公の、欲が存在しない純粋な正義の行使としての殺人…それに対するのが、純粋な悪として立った凶悪犯、どちらも自己を正当化する動機がまったくないから、ある意味で、真の「善」と「悪」の戦いとも言えるのかもしれない。
主題歌にキング・クリムゾンの名曲「21世紀のスキッツォイド・マン」。これもかっこよかったですね。

しかし素直に面白かったと思えない部分も多く、キャラ的な面白さなどが上手く活かされていないんですよ。それに、一郎の頭の良さが劇中で発揮されるのは「病院の地図を一目ですべて覚えた」ということくらいなんですよね。また格闘シーンも暗いところでやっているのでどうにも盛り上がらない。こういった展開がタルいので、見ている間はまだしも、見たあとはあまり印象に残らない作品でもありました。キング・クリムゾンッ!「結果」だけが残る!(まさにそんな感じ)

【概略】
都内近郊で無差別連続爆破事件が発生。刑事の茶屋は、ついに犯人・緑川のアジトを突き止めたが、確保できたのは身元不明の男(生田)だけだった。緑川の共犯者と見なされた男は、その犯行が異常だったため精神鑑定を受けることに。担当の精神科医・鷲谷真梨子は、一切の感情を出さない彼に興味を持ち、真実の姿を探ろうと過去を調べ始める――。

バイオレンス・ミステリー・アクション