Google
WWW を検索 ブログ内検索

スリーデイズ : ”信じ抜くこと”の素晴らしさ2013年02月05日 20:32

スリーデイズ
 女子柔道の暴力問題で、吉村強化担当理事がやっとこさ辞任しました。こんな信用できない人間が強化部門のTOPでは、オリンピックで散々な結果となるのは当たり前ですよね。こんな方たちには、”信じ抜くこと”によって人から信頼を得ていく主人公を描いたこちらの映画でも観てもらいたいものです。
【題名】
スリーデイズ

【製作年】
2010年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 ある朝、愛する妻子とともに幸せな毎日を過ごしていた大学教授のジョン(ラッセル・クロウ)の家に警察が突入、殺人の容疑で妻のララ(エリザベス・バンクス)が逮捕されてしまう。それから3年。ジョンは一人で息子を育てながら、妻の無実を証明するため懸命に奔走していた。だが、裁判では彼女に不利な証拠が提出され、覆ることなく遂に殺人罪は確定。絶望し、獄中で自殺未遂を起こした妻をみてジョンはある決断を下す。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「スリーデイズ」は、フランス映画の「ラスト3デイズ~すべて彼女のために~」をリメイクしたサスペンスドラマです。無実の罪で投獄された妻の脱獄を計画するジョン・ブレナン役には、「ロビン・フッド」のラッセル・クロウ。その妻のララ・ブレナン役には、「崖っぷちの男」のエリザベス・バンクス。監督・脚本は、「クラッシュ」のポール・ハギス。

 思っていたより、見応えのある作品でした。妻が警察に捕まり脱獄するまでは、細部に至るまで入念に脱獄計画を練り上げると同時に、冤罪を作ってしまう警察への怒りを溜め込んでいるようにも感じました。それから、脱獄計画を実行してからのスリリングな展開は、ハラハラドキドキの連続で画面から目が放せなくなりました。

 本作のテーマは、”家族愛”と”信じ抜くこと”だと感じました。正に、妻を愛し信じる夫を、ラッセル・クロウが熱演していました。しかし、私の目頭が最も熱くなったのは、ブライアン・デネヒー演じるジョン・ブレナンの父親でした。意を決した息子の決意を感じ取りながらも、何時もよりほんの少しだけ熱い抱擁を交わし別れる姿は、この映画の一番の名シーンであると感じましたよ。ある意味、主人公のジョン・ブレナン以上に、”家族愛”と”信じ抜くこと”貫いたかっこよい親父でした。

 オリヴィア・ワイルドが演じたニコールの存在もGoodでした。彼女とジョン・ブレナンの関係は、子供を遊ばすために公園に連れてきて知り合いになっただけに過ぎません。そんな彼女でも、少ない触れ合いの中からジョンを信じるのです。こんなの「疑わしきは罰せよ。」の日本では考えられないことではないでしょうか。まあ、このことを深く語っていくと、本ブログの主旨に反するのでこの位にしておきましょう。

 このように「スリーデイズ」は、とてもドラマ性の高いサスペンスとなっております。また、派手なアクションシーンはありませんが、その中であれだけスリリングな展開を見せた逃避行劇は見物ですよ。まあ、オチは若干???ですが…。では、本日はこの辺で バィバィヽ(´ェ`*)(*´ェ`)ノバィバィ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品