Google
WWW を検索 ブログ内検索

アントキノイノチ : おっちゃん、泣いちゃったよ2013年02月03日 17:46

アントキノイノチ
 AKB48の峯岸みなみの丸刈り騒動。何だか、日本人であることが恥ずかしくなってくるレベルの話ですね。これでAKB48でも知られた存在になったのかもしれませんが、何だかもう恥ずかしいなぁ。本日紹介する作品は、恥ずかしい日本人もいるけれど、こんな素晴らしい映画を撮れる日本人もいるんだよといった作品です。
【題名】
アントキノイノチ

【製作年】
2011年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 高校時代に親友を“殺した”ことがきっかけで、心を閉ざしてしまった永島杏平(岡田将生)は、父・信介(吹越満)の紹介で遺品整理業“クーパーズ”で働くことになる。社長の古田(鶴見辰吾)は「荷物を片付けるだけではなく、遺族が心に区切りをつけるのを手伝う仕事だ」と杏平を迎える。先輩社員・佐相(原田泰造)、久保田ゆき(榮倉奈々)とともに現場に向かった杏平。死後1ヶ月経って遺体が発見されたその部屋では、ベッドは体液で汚れ、虫がチリのように部屋中に散乱していた。最初は誰もが怖気づくという現場に杏平は黙って向き合うが、ゆきに遺品整理のやり方を教わっている最中、彼女の手首にリストカットの跡を見つける……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「アントキノイノチ」は、さだまさしの「同名小説」を映画化した作品です。高校時代のある事件がきっかけで心を閉ざしていた永島杏平役には、「宇宙兄弟」の岡田将生。杏平が遺品整理業者クーパーズで知り合う久保田ゆき役には、「のぼうの城」の榮倉奈々。クーパーズの社員である佐相役には、「神様のカルテ」の原田泰造。杏平の高校時代の同級生である松井新太郎役には、「王様とボク」の松坂桃李。同じく杏平の高校時代の同級生である山木信夫役には、「悪の教典」の染谷将太。監督は、「感染列島」の瀬々敬久。

 観る前は、お涙頂戴物の恋愛映画だと勝手に想像しておりました。無論、この映画は、想像通りのお涙頂戴物の恋愛映画でした。でも、くさい臭を感じることも無く、素直に感動することができたんですよねぇ。どういったことだろう。

 一番の理由は、この映画が”生きる”ことや”命”ということに対し、真正面から向き合っていることでしょう。永島杏平、久保田ゆきの二人は、その心が壊れるほどの悲しい経験をし、遺品整理業者のクーパーズにやって来ます。そこでは、無縁仏に近い人の遺品を整理するのです。誰からもその死を知られず一人寂しく亡くなった人たちも、遺品という形で自分の生きた証を残します。それをしっかりとひろっていくのです。その仕事を通し、杏平は”生きる”ことや”命”について考えていくのです。その結果として、杏平はゆきを愛することになるのです。ですが、二人に待っているのは別れです。その別れがどういったものかはネタバレになるので控えますが…。

 ここまでだと、本作はとても暗くて悲しい恋愛物語と思われるかもしれないですが、実は違っているんですよねぇ。それには題名も貢献しています。何てったって、「アントキノイノチ」ですから。杏平とゆきが二人して、「元気ですか~!」なんて猪木ばりに叫ぶシーンもあったりで、ぎりぎりのところで暗い作品にならない仕掛けがあるんですよ。それに、最後のオチにも希望が持てたなぁ。このバランスのとり方は、絶妙でしたよ。

 演者の皆さんも、よい仕事をされていました。先ずは、主演の岡田将生。彼は、とても二枚目ですが、それ以上に声が魅力的ですよねぇ。彼のナレーションは、映画に深みと温かみを与えていました。次は、原田泰造。杏平とゆきを暖かく見守っている佐相役を好演していました。そういった意味では、本作を観る前に「アントキノイノチ~プロローグ・天国への引越し屋~」を観ることをお勧めします。より本作に感情移入ができますからね。

 このように「アントキノイノチ」は、”生きる”ことや”命”ということに対して真正面から向き合った恋愛ドラマの秀作です。各レビューサイトでは、エンディングに賛否両論あるようですが、私は本作のエンディングは好きでしたよ。では、本日はこの辺で (っ∀`)ノ゛ババァィ♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/02/03/6711080/tb

_ Akira's VOICE - 2013年02月03日 18:18

「アントキノイノチ」
「麒麟の翼」

_ 気ままな映画生活 - 2013年02月03日 18:20

【ストーリー】
さだまさしによる原作小説を、岡田将生、榮倉奈々の主演で映画化。監督は「ヘヴンズストーリー」の瀬々敬久。高校時代のある事件がきっかけで心を閉ざしていた杏 ...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年02月03日 18:38

公式サイト。さだまさし原作、瀬々敬久監督。岡田将生、榮倉奈々、松坂桃李、原田泰造、染谷将太、檀れい、鶴見辰吾、柄本明、堀部圭亮、吹越満、津田寛治、宮崎美子。アントニオ ...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2013年02月03日 18:53

アントキノイノチ Blu−ray プレミアム・エディション [Blu-ray]クチコミを見る遺品整理業を通し成長する若い男女の姿を描く「アントキノイノチ」。重く痛々しいテーマだが、 ...

_ とりあえず、コメントです - 2013年02月03日 20:15

さだまさし著の同名小説を岡田将生&榮倉奈々主演で映画化した作品です。 海外の映画祭での受賞で話題になってから、公開を楽しみにしていました。 観始めるとすぐに、主人公たちの哀しみと純粋さに引き込まれていきました。

_ オールマイティにコメンテート - 2013年02月03日 20:42

「アントキノイノチ」はさだまさし原作の作品で高校時代に大きな心の傷を負った青年と女性が遺品整理の仕事を通じて命を見つめていくストーリーである。人は何時か死ぬものだけれ ...

_ ダイターンクラッシュ!! - 2013年02月03日 20:58

2011年11月27日(日) 15:50~ TOHOシネマズ川崎2 料金:1300円(大井町の金券屋で前売りを購入) パンフレット:未確認 『アントキノイノチ』公式サイト アントニオ猪木を想像させるタイトルなので(正確にはアントキノ猪木)、冗談にしても酷いなと思う訳だが、本当に猪木に関連があったとは。 ドイツ人か誰か異邦人が号泣しているコマーシャルがあるが、号泣するような類のものでなかった。 柄本のおっさんのシーンは、少し目頭が熱くなりかけたが、榮倉奈々の扱いは、そこまですることないだろうのエンジェル・ハートの槇村香状態なので、あまりピンとこなかったよ。寧ろ憤り。 まあ、岡田の幼女に対する猪木状態は良い。 猪木なタイトルで損しているようだが、タイトル通りなのである。エンドロール後もしつこく登場。 松井君が虐められっ子に転落しないだの、何故か岡田と共にリスクの高い崖を進むなど、松井君絡みのいい加減な設定は多少気になるが、さだまさしだしで概ね許容範囲としよう。 泰造が渋い役どころなのだが、何とクレジットでも柄本明を抑えて最後だ。まあ、柄本のオッサンはカメオレベルの登場なのだが、泰造は今後脇役の重鎮となっていくのだろうか。 岡田は、やはり演技のデキル男だ。榮倉奈々は、やはりデカイ女だ。 お勧め度:☆☆★ 催涙度:☆☆ 俺度:☆☆☆

_ カノンな日々 - 2013年02月03日 21:47

さだまさしさんの同名小説を『感染列島』の瀬々敬久監督が映画化した作品です。先日ドラマスペシャル版が放送されたんですが、うっかり見逃してしまいました(悔)。高校時代のある ...

_ こねたみっくす - 2013年02月03日 21:53

人は生きているのではない。生かされているのだ。
第35回モントリオール国際映画祭で革新的な質の高い作品に贈られるイノベーションアワードを受賞したこの作品。
さだまさし原作 ...

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2013年02月03日 21:54

五つ星評価で【★★もったいないなあ榮倉奈々】
  
榮倉奈々、もったいないなあ。
可愛いんだけど、とてもちゃんとやってるんだけど、
脚本上いらない役だ。

多分、岡田将生 ...

_ 象のロケット - 2013年02月04日 08:02

高校時代のある出来事がきっかけで心を病んでしまった永島杏平(きょうへい)は、遺族に代わって故人の部屋を片付ける遺品整理業の会社クーパーズで働き始める。 リーダーの佐相や同世代の女性社員・久保田ゆきと一緒に向かうのは、きれいな部屋ばかりではない。 杏平は手首にリストカットの跡があるゆきと、互いの心の傷について語り合い、心を通わせていくようになるのだが…。 ヒューマンドラマ。

_ 風に吹かれて - 2013年02月04日 14:44

元気ですかーーー!公式サイト http://www.antoki.jp11月19日公開同名小説(さだまさし著)の映画化高校時代のある事件がきっかけで、心を閉ざしてしまった永島杏平(岡田将生)。3年後、