Google
WWW を検索 ブログ内検索

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 : 圧倒的な映像美と骨太のあらすじ2013年02月01日 13:20

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日
 柔道全日本女子の園田隆二監督の問題は、対応のまずさがうきぼりになりましたねぇ。教会の理事連中も園田監督と大差ないダメダメ人間ですね。では、本日紹介する作品は、こんなダメな人にこそ観てもらいたいこちらになります。
【題名】
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 インドのボンディシェリで動物園を経営していたパテル一家は、カナダ・モントリオールに移り住むことになる。16歳の少年パイ(スラージ・シャルマ)と両親、そして多くの動物たちは貨物船に乗り込むが、太平洋上を航行中、嵐に見舞われて船は沈没してしまう。ただ一人パイは救命ボートに逃れて一命を取り留めるものの、そのボートにはリチャード・パーカーと名付けられたベンガルトラが身を潜めていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」は、カナダ人作家のヤン・マーテルがブッカー賞を受賞した世界的ベストセラー小説「パイの物語」を映画化した作品です。主人公パイ・パテルの青年時代を演じたのはスラージ・シャルマ、成人時代を演じたのは「アメイジング・スパイダーマン 」のイルファーン・カーン。監督は、「ラスト、コーション」のアン・リー。

 観る前は、「イチゴの夜」か本作にしようか迷ってたんですよ。でも、本作にして大正解。圧倒的な映像美、生と死にまつわる人類の英知を全て詰め込んだような骨太のあらすじ、本当に素晴らしい作品でした。

 予告編でも、本作の映像美はなかなかのものでした。でも、本編を観ることで、さらにその映像美が際立ってくる。そう、予告編以上の映像美なのです。色々美しいシーンはあるのですが、やはり凄いのがリチャード・パーカーことベンガルトラの超リアルな映像。そのベンガルトラは、猛獣の怖さを見せつつも見事なまでに美しいのです。ある意味、映像面では、このベンガルトラこそキモになるのではないでしょうか。これがアレだと、作品全体がアレになっちゃいますからね。このベンガルトラのCGは、「ナルニア国物語」のしゃべるライオンを担当したスタッフがつくったとのこと。どうりで、よくできている訳だ。但し、私が観たのは2D字幕。3Dは吹替えしかなかったんですよねぇ。それでも、ここまでの映像美を感じれたわけですから、文句のつけようのない映像ですよ。

 そして、本作はあらすじも逸品。特定の宗教を信仰しているわけではないのですが、宗教関連の本をわりかし読んでいる私には興味深いものがありました。主人公のパイは、ヒンズー教を始めとして、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教まで信仰したり興味を持ったりします。「何だ、仏教がないじゃん。」なんて思っていたら、カナダに渡る船に乗ると仏教徒(恐らく日本人?)も出てくるんですよ。そして、それに絡みつくように生と死が語られています。それは、時に残酷な現実となってパイに襲い掛かります。パイの家族が乗った船が沈没するのです。パイの父、母、兄は死に、パイだけが救命ボートの上で生き残るのです。その救命ボートにはシマウマとオラウータンもいるのですが…、これ以上はネタバレになるので止めておきましょう。とにかく、映像美は予告編である程度予想していましたが、この骨太のあらすじはよい意味で驚かされました。

 このように「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」は、サバイバル・アドベンチャーの逸品といえる作品です。映画館やTVで観た予告編は、この映画の素晴らしさをほとんど伝えてはいません。本作のような映画こそ、映画館で観るべき作品だと思いますよ。では、本日はこの辺で BYE♪BYE♪(( 8-(ノ・∀・)ノ ||出口||*:゚・☆ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品