Google
WWW を検索 ブログ内検索

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 : 圧倒的な映像美と骨太のあらすじ2013年02月01日 13:20

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日
 柔道全日本女子の園田隆二監督の問題は、対応のまずさがうきぼりになりましたねぇ。教会の理事連中も園田監督と大差ないダメダメ人間ですね。では、本日紹介する作品は、こんなダメな人にこそ観てもらいたいこちらになります。
【題名】
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 インドのボンディシェリで動物園を経営していたパテル一家は、カナダ・モントリオールに移り住むことになる。16歳の少年パイ(スラージ・シャルマ)と両親、そして多くの動物たちは貨物船に乗り込むが、太平洋上を航行中、嵐に見舞われて船は沈没してしまう。ただ一人パイは救命ボートに逃れて一命を取り留めるものの、そのボートにはリチャード・パーカーと名付けられたベンガルトラが身を潜めていた。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」は、カナダ人作家のヤン・マーテルがブッカー賞を受賞した世界的ベストセラー小説「パイの物語」を映画化した作品です。主人公パイ・パテルの青年時代を演じたのはスラージ・シャルマ、成人時代を演じたのは「アメイジング・スパイダーマン 」のイルファーン・カーン。監督は、「ラスト、コーション」のアン・リー。

 観る前は、「イチゴの夜」か本作にしようか迷ってたんですよ。でも、本作にして大正解。圧倒的な映像美、生と死にまつわる人類の英知を全て詰め込んだような骨太のあらすじ、本当に素晴らしい作品でした。

 予告編でも、本作の映像美はなかなかのものでした。でも、本編を観ることで、さらにその映像美が際立ってくる。そう、予告編以上の映像美なのです。色々美しいシーンはあるのですが、やはり凄いのがリチャード・パーカーことベンガルトラの超リアルな映像。そのベンガルトラは、猛獣の怖さを見せつつも見事なまでに美しいのです。ある意味、映像面では、このベンガルトラこそキモになるのではないでしょうか。これがアレだと、作品全体がアレになっちゃいますからね。このベンガルトラのCGは、「ナルニア国物語」のしゃべるライオンを担当したスタッフがつくったとのこと。どうりで、よくできている訳だ。但し、私が観たのは2D字幕。3Dは吹替えしかなかったんですよねぇ。それでも、ここまでの映像美を感じれたわけですから、文句のつけようのない映像ですよ。

 そして、本作はあらすじも逸品。特定の宗教を信仰しているわけではないのですが、宗教関連の本をわりかし読んでいる私には興味深いものがありました。主人公のパイは、ヒンズー教を始めとして、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教まで信仰したり興味を持ったりします。「何だ、仏教がないじゃん。」なんて思っていたら、カナダに渡る船に乗ると仏教徒(恐らく日本人?)も出てくるんですよ。そして、それに絡みつくように生と死が語られています。それは、時に残酷な現実となってパイに襲い掛かります。パイの家族が乗った船が沈没するのです。パイの父、母、兄は死に、パイだけが救命ボートの上で生き残るのです。その救命ボートにはシマウマとオラウータンもいるのですが…、これ以上はネタバレになるので止めておきましょう。とにかく、映像美は予告編である程度予想していましたが、この骨太のあらすじはよい意味で驚かされました。

 このように「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」は、サバイバル・アドベンチャーの逸品といえる作品です。映画館やTVで観た予告編は、この映画の素晴らしさをほとんど伝えてはいません。本作のような映画こそ、映画館で観るべき作品だと思いますよ。では、本日はこの辺で BYE♪BYE♪(( 8-(ノ・∀・)ノ ||出口||*:゚・☆ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

アントキノイノチ : おっちゃん、泣いちゃったよ2013年02月03日 17:46

アントキノイノチ
 AKB48の峯岸みなみの丸刈り騒動。何だか、日本人であることが恥ずかしくなってくるレベルの話ですね。これでAKB48でも知られた存在になったのかもしれませんが、何だかもう恥ずかしいなぁ。本日紹介する作品は、恥ずかしい日本人もいるけれど、こんな素晴らしい映画を撮れる日本人もいるんだよといった作品です。
【題名】
アントキノイノチ

【製作年】
2011年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 高校時代に親友を“殺した”ことがきっかけで、心を閉ざしてしまった永島杏平(岡田将生)は、父・信介(吹越満)の紹介で遺品整理業“クーパーズ”で働くことになる。社長の古田(鶴見辰吾)は「荷物を片付けるだけではなく、遺族が心に区切りをつけるのを手伝う仕事だ」と杏平を迎える。先輩社員・佐相(原田泰造)、久保田ゆき(榮倉奈々)とともに現場に向かった杏平。死後1ヶ月経って遺体が発見されたその部屋では、ベッドは体液で汚れ、虫がチリのように部屋中に散乱していた。最初は誰もが怖気づくという現場に杏平は黙って向き合うが、ゆきに遺品整理のやり方を教わっている最中、彼女の手首にリストカットの跡を見つける……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「アントキノイノチ」は、さだまさしの「同名小説」を映画化した作品です。高校時代のある事件がきっかけで心を閉ざしていた永島杏平役には、「宇宙兄弟」の岡田将生。杏平が遺品整理業者クーパーズで知り合う久保田ゆき役には、「のぼうの城」の榮倉奈々。クーパーズの社員である佐相役には、「神様のカルテ」の原田泰造。杏平の高校時代の同級生である松井新太郎役には、「王様とボク」の松坂桃李。同じく杏平の高校時代の同級生である山木信夫役には、「悪の教典」の染谷将太。監督は、「感染列島」の瀬々敬久。

 観る前は、お涙頂戴物の恋愛映画だと勝手に想像しておりました。無論、この映画は、想像通りのお涙頂戴物の恋愛映画でした。でも、くさい臭を感じることも無く、素直に感動することができたんですよねぇ。どういったことだろう。

 一番の理由は、この映画が”生きる”ことや”命”ということに対し、真正面から向き合っていることでしょう。永島杏平、久保田ゆきの二人は、その心が壊れるほどの悲しい経験をし、遺品整理業者のクーパーズにやって来ます。そこでは、無縁仏に近い人の遺品を整理するのです。誰からもその死を知られず一人寂しく亡くなった人たちも、遺品という形で自分の生きた証を残します。それをしっかりとひろっていくのです。その仕事を通し、杏平は”生きる”ことや”命”について考えていくのです。その結果として、杏平はゆきを愛することになるのです。ですが、二人に待っているのは別れです。その別れがどういったものかはネタバレになるので控えますが…。

 ここまでだと、本作はとても暗くて悲しい恋愛物語と思われるかもしれないですが、実は違っているんですよねぇ。それには題名も貢献しています。何てったって、「アントキノイノチ」ですから。杏平とゆきが二人して、「元気ですか~!」なんて猪木ばりに叫ぶシーンもあったりで、ぎりぎりのところで暗い作品にならない仕掛けがあるんですよ。それに、最後のオチにも希望が持てたなぁ。このバランスのとり方は、絶妙でしたよ。

 演者の皆さんも、よい仕事をされていました。先ずは、主演の岡田将生。彼は、とても二枚目ですが、それ以上に声が魅力的ですよねぇ。彼のナレーションは、映画に深みと温かみを与えていました。次は、原田泰造。杏平とゆきを暖かく見守っている佐相役を好演していました。そういった意味では、本作を観る前に「アントキノイノチ~プロローグ・天国への引越し屋~」を観ることをお勧めします。より本作に感情移入ができますからね。

 このように「アントキノイノチ」は、”生きる”ことや”命”ということに対して真正面から向き合った恋愛ドラマの秀作です。各レビューサイトでは、エンディングに賛否両論あるようですが、私は本作のエンディングは好きでしたよ。では、本日はこの辺で (っ∀`)ノ゛ババァィ♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ハンテッド : 名優二人のキレキレの演技に酔う2013年02月04日 14:03

ハンテッド
 広島では、ここ何日か暖かい日が続いております。市内では、外国人の観光客が半袖Tシャツ一枚で歩いてたくらいです。では、本日紹介する作品は、名優二人のガチバトルが見物のこちらになります。
【題名】
ハンテッド

【製作年】
2003年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 軍の仕事を離れ、カナダの山奥で暮らすL.T.(トミー・リー・ジョーンズ)のもとに、連続殺人事件の捜査依頼が来る。ナイフを使ったその芸術的なまでの手口は、かつて彼自身が手塩にかけて育てたハラム(ベニチオ・デル・トロ)のものだった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ハンテッド」は、二人のアカデミー助演男優賞を受賞した名優が敵と味方に別れ闘うサスペンス・アクションです。特殊部隊の元教官であるL.T.ボナム役には、「メン・イン・ブラック3」「ノーカントリー ス」のトミー・リー・ジョーンズ。L.T.の教え子で連続殺人事件の犯人であるアーロン・ハラム役には、「ウルフマン「28歳の革命」「39歳別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ。監督は、「BUG/バグ」のウィリアム・フリードキン。

 画面からほとばしる緊張感と重厚感が、たまらない作品。95分とそれほど長くはない上映時間は、あっという間でしたよ。これには、二人のアカデミー助演男優賞受賞の俳優と、ウィリアム・フリードキンのリアリティーを追求した演出によるものでしょう。

 何といっても、この作品の売りはトミー・リー・ジョーンズとベニチオ・デル・トロの共演ですよねぇ。二人の卓越した演技力は、この作品を観る者に強い緊張感を強いるものです。ですが、その緊張感は本作の作風にぴったりのもので、二人の役作りが完璧に近かったことを物語っていますよねぇ。トミー・リー・ジョーンズは、特殊部隊の元教官でありながら人を殺したことがない微妙な役どころを見事に演じています。凄みの中に殺気が感じられないのです。本当に、上手い俳優です。ベニチオ・デル・トロは、究極の殺し屋であり不死身ともいえる生命力持ちながらも、その物悲しい瞳は決して笑みに満たされない役柄を見事に演じています。そんなアーロン・ハラムという怪物は、ベニチオ・デル・トロにこそ演じるべき役といってよいでしょう。そして何よりも、ベニチオ・デル・トロの存在感。場の空気を全て持っていく、圧倒的なもの。しびれますなぁ。

 本作は、アクション映画ですが、派手なのは冒頭のシーンのみです。その後に続く、L.T.とハラムの闘いは、派手なものを一切排除した究極のリアリティーに徹したものとなっています。ですが、それは決して地味なものではありません。無駄を排した動きは、常に相手の急所を狙う合理的なもの。これには、一種の芸術性を感じるほどです。そして、二人が使う武器も、自分達で作っているのです。ここまでの徹底したリアリティーの追求が、観る者に緊張感と重厚感を感じさせるのでしょう。

 但し、”おしい”ところもあります。それは、冒頭の派手な戦争シーンです。このシーンは、派手なだけでなく映像的な古さも感じられるものでした。あそこまでど派手に火薬を使うとは…。「シルベスター・スタローンかよ!」と三村的ツッコミをしたくなりましたね。

 このように「ハンテッド」は、名優二人の演技と徹底したリアリティーが生む緊張感と重厚感を楽しめる作品です。私同様、序盤のシーンでがっかりするかもしれませんが、サスペンス・アクションの良作なので観るのを止めないで下さいね。では、本日はこの辺で ○o。バィバィ。o○・Д・)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

スリーデイズ : ”信じ抜くこと”の素晴らしさ2013年02月05日 20:32

スリーデイズ
 女子柔道の暴力問題で、吉村強化担当理事がやっとこさ辞任しました。こんな信用できない人間が強化部門のTOPでは、オリンピックで散々な結果となるのは当たり前ですよね。こんな方たちには、”信じ抜くこと”によって人から信頼を得ていく主人公を描いたこちらの映画でも観てもらいたいものです。
【題名】
スリーデイズ

【製作年】
2010年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 ある朝、愛する妻子とともに幸せな毎日を過ごしていた大学教授のジョン(ラッセル・クロウ)の家に警察が突入、殺人の容疑で妻のララ(エリザベス・バンクス)が逮捕されてしまう。それから3年。ジョンは一人で息子を育てながら、妻の無実を証明するため懸命に奔走していた。だが、裁判では彼女に不利な証拠が提出され、覆ることなく遂に殺人罪は確定。絶望し、獄中で自殺未遂を起こした妻をみてジョンはある決断を下す。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「スリーデイズ」は、フランス映画の「ラスト3デイズ~すべて彼女のために~」をリメイクしたサスペンスドラマです。無実の罪で投獄された妻の脱獄を計画するジョン・ブレナン役には、「ロビン・フッド」のラッセル・クロウ。その妻のララ・ブレナン役には、「崖っぷちの男」のエリザベス・バンクス。監督・脚本は、「クラッシュ」のポール・ハギス。

 思っていたより、見応えのある作品でした。妻が警察に捕まり脱獄するまでは、細部に至るまで入念に脱獄計画を練り上げると同時に、冤罪を作ってしまう警察への怒りを溜め込んでいるようにも感じました。それから、脱獄計画を実行してからのスリリングな展開は、ハラハラドキドキの連続で画面から目が放せなくなりました。

 本作のテーマは、”家族愛”と”信じ抜くこと”だと感じました。正に、妻を愛し信じる夫を、ラッセル・クロウが熱演していました。しかし、私の目頭が最も熱くなったのは、ブライアン・デネヒー演じるジョン・ブレナンの父親でした。意を決した息子の決意を感じ取りながらも、何時もよりほんの少しだけ熱い抱擁を交わし別れる姿は、この映画の一番の名シーンであると感じましたよ。ある意味、主人公のジョン・ブレナン以上に、”家族愛”と”信じ抜くこと”貫いたかっこよい親父でした。

 オリヴィア・ワイルドが演じたニコールの存在もGoodでした。彼女とジョン・ブレナンの関係は、子供を遊ばすために公園に連れてきて知り合いになっただけに過ぎません。そんな彼女でも、少ない触れ合いの中からジョンを信じるのです。こんなの「疑わしきは罰せよ。」の日本では考えられないことではないでしょうか。まあ、このことを深く語っていくと、本ブログの主旨に反するのでこの位にしておきましょう。

 このように「スリーデイズ」は、とてもドラマ性の高いサスペンスとなっております。また、派手なアクションシーンはありませんが、その中であれだけスリリングな展開を見せた逃避行劇は見物ですよ。まあ、オチは若干???ですが…。では、本日はこの辺で バィバィヽ(´ェ`*)(*´ェ`)ノバィバィ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

リアル鬼ごっこ 3 : B型を何だと思ってるんだ(`‐´≠)凸 第一弾2013年02月06日 11:09

リアル鬼ごっこ
 中国海軍艦船が自衛隊艦艇やヘリにレーダー照射ですか。何ともドイヒーなことをしてくれたものです。こりゃ、私が生きている間に戦争が起こりそうですね。ちなみに、本日紹介する作品は、今回の中国同様腹の立ったこちらの作品です。
【題名】
リアル鬼ごっこ 3

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超だめだめ!!

【あらすじ】
 スグル(山崎賢人)は陸上部に所属していたが、プレッシャーに負けドロップアウトしたため、パートナーのオンジ(岸田タツヤ)とは険悪な関係になっていた。スグルがいつものように、コダマ(森田直幸)と屋上で授業をサボっていると、突然、アナウンスが校内に鳴り響き、血液型B型の人がターゲットとなるリアル鬼ごっこの開始を告げる。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「リアル鬼ごっこ 3」は、山田 悠介の同名小説を映画化して話題になった「リアル鬼ごっこ」「リアル鬼ごっこ2」に続き、新たに三部作として製作されたシリーズの第一作目となるサバイバル・アクションです。走ると謎の目まいに起こるため陸上を断念したスグル役には、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の山崎賢人。陸上部でスグルとライバルであり友人でもあったオンジ役には、「悪の教典」の岸田タツヤ。スグルやオンジと共に逃げるリノ役には、「告白」の山谷花純。スグルの親友でスグル達を助けようとするコダマ役には、「酒井家のしあわせ」の森田直幸。監督は、「「ゴメンナサイ」」の安里麻里。

 「リアル鬼ごっこ」は、結構なインパクトがあり、作品としても楽しめました。次の「リアル鬼ごっこ2」は、少しついていけない感じになりながらも、何とか観れる作品でした。そして、この「リアル鬼ごっこ 3」は、標的が佐藤さんからB型に代わっただけのつまらない作品でしたねぇ。何だか、回を重ねるごとにつまらなくなっているんですが…。

 ちなみに、私はB型人間です。勿論、B型にも色々なタイプの人がいます。しかしながら、本作ほどB型人間の特性を無視したものはないでしょう。普通、B型なら校内に止まらず、学校から出ますよ。だって、正門以外なら簡単に脱走できますからね。これでは、標的を名前から血液型に代えた意味がないでしょう。何を考えてんだか、恐らく安里麻里はB型が嫌いなだけではないでしょうか。

 映像も観づらいシーンが多かったですね。スグルが目まいを催すシーンや、スピード感を出すため画面をちらつかせるシーンは、目が疲れるレベルでした。自分のしたいことだけではなく、観る方の気持ちにもなって欲しいものです。こうやって観づらい映像を作るばかりで、こういった作品に必要な緊張感は皆無です。また、肝心のアクションシーンがドイヒーで話になりません。本当に、困ったちゃんですね、安里麻里監督は。

 こんな内容なので、あらすじ的にはどうでもよい感じに仕上がっています。一応、スグルの成長物語的な部分もありますが、本作を観る目的からすると興味Nothingなところでしょう。結局、何を言いたいのか…。ぐずぐず言う前に、続編の45を観ろってことでしょうか。

 このように「リアル鬼ごっこ 3」は、B型が観ると腹の立つこと間違いなしの作品です。でも、何となく続きを観てしまう予感があるのは何故でしょう。では、本日はこの辺で ヾ(@´∀`)ノ±⌒ら⌒レ£゛⌒♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品