Google
WWW を検索 ブログ内検索

宇宙人ポール : 毒舌エイリアンとゆかいな仲間たち2013年01月17日 17:36

宇宙人ポール
 寒いですなぁ。今日は広島でも雪がちらちらしていました。こんな日は、すべり知らずで寒くならないこちらの映画を観てはいかがでしょうか。
【題名】
宇宙人ポール

【製作年】
2010年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が愛犬に向かって墜落してくるのを目撃した……。この不可解な出来事から60年。イギリス人のSF作家クライヴ(ニック・フロスト)とイラストレーターのグレアム(サイモン・ペッグ)は、世界中のマニアが集うイベント“コミコン”に参加した翌日、レンタカーでアメリカ西部のUFOスポット巡りに出発。その途中、ネバダ州のエリア51付近で1台の暴走車の事故現場に遭遇する。恐る恐る車内の様子を窺うと、姿を現したのは、“ポール”と名乗る宇宙人(声:セス・ローゲン)。地球を訪れた60年前、政府の秘密施設に拘束された彼は、解剖されそうになったところを逃げ出してきたのだ。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「宇宙人ポール」は、毒舌エイリアンと一般世間から浮いた存在の人間たちが珍道中を繰り広げるSFコメディです。イギリス人のイラストレーターであるグレアム・ウィリー役には、「ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!」のサイモン・ペッグ。同じくイギリス人のSF作家であるクライヴ・ゴリングス役には、これまた同じく「ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!」のニック・フロスト。キリスト教原理主義者の父に育てられポール達と一緒に旅をすることになったルース・バグス役には、「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のクリステン・ウィグ。ポールを執拗に追うゾイル捜査官役には、「モンスター上司」のジェイソン・ベイトマン。宇宙人ポールの声優には、「グリーン・ホーネット」のセス・ローゲン。監督は、「スーパーバッド 童貞ウォーズ」のグレッグ・モットーラ。

 とにかく、登場人物が全てぶっ飛んだキャラクターの持ち主で、とても笑える映画でした。グレアム・ウィリーとクライヴ・ゴリングスは超ド級のオタク人間だし、ルース・バグスは中世ヨーロッパを思わせるガチガチのキリスト教徒だし、ポールにいたっては宇宙人なんだもんなぁ。その他の登場人物も個性豊かな面々で、これが笑えないわけないよねぇ。

 また、コメディーでありながらも、映像のクオリティー・あらすじも手抜きがないところに好感が持てました。映像に関しては、ポールのユーモラスかつ自然な動きだけでなく、アクションシーンもきっちりと撮影されています。あらすじは、ベタで予定調和的なところがあるものの、ある意味王道ともえいる内容で観た後に爽快感を感じ暖かい気持ちになることができました。このように、才能を持った人間が本気で創るからこそ、本作のような面白いコメディー映画になるのでしょうねぇ。

 但し、アメリカのSFコメディーやSFパロディーの映画を観て思うのが、SF好きはオタクというイメージが出来上がっていること。SF映画って、基本的に皆が好きなジャンルなんですけどねぇ。まあ、日本のオタクは萌キャラが好きというイメージに比べればマシかもしれないですが。

 このように「宇宙人ポール」は、今日はコメディー観て笑いたいなという時にはレンタルして間違いのない作品です。また、「E.T. 」「未知との遭遇」といった作品へのオマージュも感じられる作品なので、SF好きにもおすすめの一本です。では、本日はこの辺で 八゛レl八゛レl_〆ヽ(`・_・●)ノ゛ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/01/17/6693553/tb

_ いやいやえん - 2013年01月17日 19:14



サイモン・ペッグとニック・フロストのコンビが帰ってきましたよ!
SF作家とイラストレーターの二人がコミコンの帰りにUFO関連の観光地巡りをしていたところ、なんと宇宙人と遭遇。ポールと名乗るその彼はめちゃくちゃ人間らしくて可笑しい。帰星するためヒッチハイクしてくるんだけど…。
死んだ小鳥を再生させて食べちゃうところなんかはびっくり可笑しいシーンでしたが、スティーブン・スピルバーグ「E.T.」の再生能力に「X-FILE」のモルダー捜査官もポールのアイデアらしいです(笑)政府に協力してたつもりが実は囚われてたという。政府内唯一の協力者のおかげで仲間に連絡し迎えに来てもらえる事になっているらしいが…。
勢いで敬虔なキリスト教信者ルースも連れて行くことになるのですが、ポールの「進化」をみせられ敬虔な部分は改心、下品な言葉を連発しちゃう女性に早代わり。この辺りはポールと聖パウロを掛けてるんでしょうね。ルースを追ってくる父親、ゾイル捜査官(ジェイソン・ベイトマン)、バカ捜査官二人との追いかけっこになります。
タラとポールの再会は感動的でした。彼女は60年前に最初にポールを発見し助けた少女で、その愛犬の名前が「ポール」だったんだよね。真実を話しても誰にも理解してもらえない彼女は人間不信のようなものになっていた。しかしポールが実在していた事を知り、やっぱり本当だったと納得するのです。ポールの背負うバッグにはずっと何が入ってたのか知りたかったのですが、中身をしって納得。いい再会だったと思います。
目的のデビルズ・タワー(笑)麓まで来て、追っ手のゾイルが例の唯一の味方だったとわかる。顔の見えない女ボスがあの人であの最後ってのには苦笑しちゃったんですけれども、最初の愛犬とのリンクなんでしょうね。
コメディとしてはいまいちノリきれない所もあったのだけれど、数々の大きな皮肉とSF映画へのオマージュがふんだんに満ちている作品でした。うーん、ポールと友達になりたい!

【概略】
アメリカのコミック業界最大のイベント“コミコン"に参加するため、イギリスからはるばるやって来たSFオタクの若者グレアムとクライヴ。そんな彼らのもう一つの目的は、アメリカ西部に点在する有名なUFO関連の名所を巡ること。さっそくキャンピングカーでドライブに繰り出すが、いきなり車の事故現場に遭遇、様子を見に近づいた2人の前には、なんと本物の宇宙人が姿を現わしたのだった。“ポール"と名乗った宇宙人は、60年前に不時着して以来、政府機関に囚われの身となっていたのだった。グレアムとクライヴは、アメリカ文化に染まりきったポールの言動に戸惑いつつも、彼を故郷の星に帰してあげようと一肌脱ぐことにするのだが…。

SFコメディ

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年01月17日 20:03

宇宙人はつらいよ
公式サイト。原題:PAUL。グレッグ・モットーラ監督、サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ブライ ...

_ 事務職員へのこの1冊 - 2013年01月17日 20:11

イオンシネマ三川のラインナップも変わってきたなあ。 SC内のシネコンだからどうし

_ こねたみっくす - 2013年01月17日 21:19

たまには冒険もいいもんだ。でも死んだ鳥なんか食えるかよ!
オヤジ臭い宇宙人とイギリス人ヲタク2人の星を越えた友情に、そして60年という時間を越えた元少女と人情味ある宇宙人 ...

_ LIFE ‘O’ THE PARTY - 2013年01月17日 22:01

「今年なんばあわんだった ホットファズ!!」 「今年一番っつ

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2013年01月18日 00:01

宇宙人ポール ブルーレイ+DVDセット(デジタルコピー付) [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆笑って泣けて、そして感動するSFコメディ「宇宙人ポール」。外国人から見たアメリカ ...

_ ダイターンクラッシュ!! - 2013年01月18日 01:51

2011年12月31日(土) 16:55~ シネ・リーブル池袋1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『宇宙人ポール』公式サイト (キャスト/スタッフの紹介がスクロールしない・・・。) これを観なければ年を越せないということで、イギリスの親友コンビの新作コメディを。 ETのようなスターマンのような第9地区のようなSUPER8のような異星人の帰還を助ける話だが、本作の異星人ポール(グレイ顔)は、地球に墜落以来50年ほどの間、地球の政治文化科学技術に貢献してきたらしく、スピルバーグの「ET」にも助言を与えている。知識での貢献は、ついにネタがつき、彼の治癒能力とテレパス能力、透明化能力の秘密を究明するため脳解剖が行われるという危機的状況から、からくも脱走。イギリスのオタク親友コンビのレンタルトレーラーハウスに押し入り、宇宙からの助けがくるまでの逃避行を行う。 キャラクターが生きている期待通りの間抜けな映画。 容易に予想のつく感動させたいシーンも、間延びして湿っぽくしていないので文句無い。 最後の余韻の無いすっ呆けた終わり方もいい。 ポールとスピルバーグの電話での会話の回想シーンは、スピルバーグ本人の声とのこと。 シガニー・ウィーバーが、「ギャラクシー・クエスト」以来の、大物らしからぬ役。こんなオファー受けるなんて素晴らしい人というより、よっぽど好きなんだろうな、こういうこと。 円盤との通信に使う花火の名前が、「未知との遭遇」だったのだが、ただの連発花火で、そんなイメージは無かった。そんな花火が299ドルもするというのは、そういうものなのか。 で、「未知との遭遇」級の円盤登場かと思ったら、流石にそこまで巨大な豪華絢爛なものは来なかった。 しかし、ポールのファーストコンタクトの少女(今は、老婆)を、円盤で連れて行くという「未知との遭遇」オマージュシーンあり。 他にも、「ET」のオマージュシーンや、細かいパロデイも豊富。細かいものに関しては、きっとパロディなんだろうと想像しただけなので、元ネタは判らない。空手の少年は、何かで見た気がするのだが・・・。 それにしても、地球の政府は異星人に友好的でないですな。MIB経由で正規の移民手続きをしていないからか。 お勧め度:☆☆☆★ グレイ度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆

_ うろうろ日記 - 2013年01月18日 02:33

映画館で見ました。オタク風のイギリス人がコミコンのためにアメリカに渡り、ついでに

_ 象のロケット - 2013年01月18日 08:23

イギリス人のSF作家クライヴとイラストレーターのグレアムは共に中年男性で大の親友(ゲイではない)。 世界中のマニアが集うコミックマーケット“コミコン”に参加するためアメリカ・サンディエゴへやってきた彼らは、翌日、少年時代からの夢だった西部のUFOスポット巡りに出発。 ネバダ州のエリア51付近をレンタカーで走行中、政府によって60年間拘束されていたという宇宙人“ポール”と遭遇するのだが…。 SFコメディ。

_ ☆みぃみの日々徒然日記☆ - 2013年01月18日 10:35

平成24年2月3日(金)。 映画:「宇宙人ポール」。 【監  督】グレッグ・モットーラ 【脚  本】サイモン・ペッグ 、ニック・フロスト 【音  楽】 デイヴィッド・アーノルド 【字  幕】種市譲二 【キャスト】 サイモン・ペッグ (Graeme Willy)・…

_ マイキーのドラマルーム - 2013年01月18日 11:18

 映画館で見そびれたので、放送を楽しみにしていた作品。サイモン・ペグとマイク・フ

_ 風に吹かれて - 2013年01月18日 11:41

SFオタクの夢かなう公式サイト http://www.paulthemovie.jp1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が、愛犬

_ 映画@見取り八段 - 2013年01月18日 18:00

宇宙人ポール~ PAUL ~     監督: グレッグ・モットーラ    出演: サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、クリステン・ウィグ、ジェイソン・ベイトマン、ブライス・ダナー、ジェーン・リンチ、シガニー・ウィーヴァー、ビル・ヘイダー、ジョー・ロー・トルグリオ…

_ とりあえず、コメントです - 2013年01月19日 00:26

サイモン・ペッグ&ニック・フロスト主演のコミカルなロードムービーです。 先に観た友達が楽しいよと言っていたのでチャレンジしてみました。 相変わらずちょっとブラックでしたけど、思わず吹き出してしまうようなゆるーい展開が楽しい作品でした(^^)

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2013年01月19日 01:48

五つ星評価で【★★★★おもろい。欠点がない、ような気がする】


おもろい。
欠点がない、ような気がする。
まあ、オタクが主役で、その描かれ方がちゃんとしてる映画は
前提 ...

_ シェイクで乾杯! - 2013年01月19日 23:07

「未知との遭遇」「STAR WARS」「E.T.」のファンには、ワクワクするオマージュが満載だ。

_ Subterranean サブタレイニアン - 2013年01月20日 08:33

監督 グレッグ・モットーラ 主演 サイモン・ペッグ 2011年 アメリカ/イギリス映画 104分 コメディ 採点★★★★ そのむかしの宇宙人っていえば、子供心にトラウマを植え付けさせられたフラットウッズモンスターや、警官が撮影したとかいうアルミホイルを巻き付け…

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2013年01月20日 15:39

2011年・米=仏=英合作/ユニバーサル=配給:アステア、パルコ 原題:Paul 監督:グレッグ・モットーラ 脚本:ニック・フロスト、サイモン・ペッグ 製作:ニラ・パーク、ティム・ビーバン、エリック・

_ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) - 2013年01月21日 09:49

「宇宙人ポール」監督:グレッグ・モットーラ(『アドベンチャーランドへようこそ』出演: サイモン・ペッグ(『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『タンタンの冒 ...

_ だらだら無気力ブログ! - 2013年01月28日 19:42

期待通りで面白かった!

_ シェイクで乾杯! - 2013年02月05日 22:34

「未知との遭遇」「STAR WARS」「E.T.」のファンには、ワクワクするオマージュが満載だ。

_ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 - 2013年05月06日 15:10

まずは近況報告から…

2013年2月21日(木曜日)には、修理に出していた車が戻ってきました
既に代車に慣れて、自分の車の操作でチョイチョイ悩むのは困りモノです

2013年2月23日(土曜日)は、朝から一人で山口県の理髪店まで散髪に行ってきました。
凄く天気が良かった...

_ 映画に耽溺 - 2014年11月10日 08:10

「今年なんばあわんだったホットファズ!!」 「今年一番っつうてもあーた公開年でもないのになんだって話しよね」 「いいじゃないのいいもんはいい!面白いもんは面白いんだから!!」 「まあそりゃそうなんだけどさ」 「で、ホットファズ主演の サイモン・ペッグがサ…

_ はらやんの映画徒然草 - 2015年01月19日 21:04

「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」の