Google
WWW を検索 ブログ内検索

ロストクライム 閃光 : ”骨太”のサスペンス2013年01月10日 19:59

ロストクライム 閃光
 どうかしてますよ、大阪市立桜宮高校の教師たちは。実際に体罰した教師、それを見過ごした教師、きっちりと処分をして子供に責任のとらせ方を学ばせるのも一つの方法でしょう。それができないなら、この映画に出てくる刑事たちに捕まえてもらいましょう。
【題名】
ロストクライム 閃光

【製作年】
2010年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 隅田川で発見された絞殺死体を巡り、所轄署の若手刑事・片桐慎次郎(渡辺大)は、自ら捜査に名乗りを上げた定年間近のベテラン刑事・滝口政利(奥田瑛二)とコンビを組まされる。上層部の指示を無視して捜査する滝口に、片桐は苛立つ。滝口は、殺された男・葛木勝が、1968年に起こった三億円強奪事件の最重要容疑者の1人であったことを片桐に告げる。滝口は、三億円事件の犯人を追っていた捜査員の1人だった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ロストクライム 閃光」は、1968年に実際に起こった未解決窃盗事件「三億円事件」の真相に迫ったサスペンスドラマです。出世を夢見る所轄の若手刑事である片桐慎次郎役には、「ラーメン侍」の渡辺大。定年間際のベテラン刑事である滝口政利役には、「修羅の花道」の奥田瑛二。片桐慎次郎の恋人である津村多恵子役には、「ヴァージン」の川村ゆきえ。三億円事件を追うフリージャーナリストの宮本翔大役には、「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」の武田真治。高級クラブのオーナーである真山恭子役には、「第47作 男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」のかたせ梨乃。三多摩総合病院の院長である吉岡健一役には、「パーフェクト・ブルー」の宅麻伸。監督は、「映画監督って何だ!」の伊藤俊也。

 「三億円事件」といえば、私が生まれる前に発生した犯罪です。しかしながら、この事件を扱ったTV番組を幼い頃から何度も見ています。それは、現在の若い人も同じで、この事件を知らない日本人はほとんどいないのではないかと思います。ある意味、年月が経っても風化していないといえるでしょう。何故、この事件が風化しないのか。それは、1968年当時で三億円という巨額の窃盗事件であったこと、盗まれた保険金が保険で補填される等して実質的に国内で損をした人間がいなかったこと、これらの理由から通常の犯罪者とは違った目線で我々が見ていること、これら以外にも様々な要因が重なりこれまで延々と語り継がれてきたためでしょう。この「ロストクライム 閃光」も、こういった背景から産まれた作品の一つといえるかもしれません。

 で、実際に作品を観た感想なのですが、それなりに面白い作品であったと思います。事実とフィクションを巧みに織り交ぜたあらすじは、自然と作品の世界へ入っていけるものになっていました。これは、脚本だけでなく原作である永瀬隼介の「閃光」が良い小説であるということでしょう。特に、「三億円事件」が迷宮入りした理由には説得力がありました。また、「三億円事件」に振り回された結果、理不尽ともいえる社会的な制裁を受けた人達の想い、この辺も上手く描かれていました。そして、本作のテーマの一つともいえる”反体制”。これには、原作者・映画の製作陣、彼らの強い想いを感じずにはいれません。「三億円事件」の実行犯が全共闘のメンバーであること、片桐慎次郎と滝口政利がたった二人で警察権力へ挑戦する姿が描かれていること、これらを見ても明らかです。この辺は、何だか熱い物を感じましたよ。

 但し、残念な点もありました。それは、主人公の渡辺大の演技そのものです。川村ゆきえが以外に演技が上手いので、その演技力の低さが際立っているんですよねぇ。脇を固めるベテラン俳優陣が良い仕事をしているだけに残念です。あと、演出に若干古さを感じたシーンもありました。まあ、監督の年齢が年齢なだけに仕方ないところもありますが…。

 このように「ロストクライム 閃光」は、”骨太”という言葉がとても似合う作品となっています。それに、奥田瑛二が渋かったですよぉ。この映画の一番の売りは彼の演技かもしれないですね。では、本日はこの辺で バィ━━━ヽ(●´・ω・)bd(・ω・`○)ノ━━━バィ!! 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2013/01/10/6687526/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2013年01月10日 20:46

公式サイト。伊藤俊也監督、渡辺大、奥田瑛二、川村ゆきえ、武田真治、宅麻伸、かたせ梨乃、中村映里子、原田芳雄、夏八木修、中田喜子、熊谷真実、烏丸せつこ。テレビドラマでは ...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2013年01月10日 21:02

ロストクライム-閃光-特別版 [DVD]昭和最大の未解決事件を追う刑事が、巨大でどす黒い闇の中に、その執念ごと呑みこまれるクライム・サスペンスだ。異様な犯罪は、過去と現代を揺る ...

_ カノンな日々 - 2013年01月10日 21:23

多くの小説やドラマなどで題材なってきた『昭和最大のミステリー「三億円事件」』。世代的にも子供の頃に目にしたあのモンタージュに指名手配写真は強く記憶に残ってますし、テレ ...

_ オールマイティにコメンテート - 2013年01月10日 23:29

7月3日公開の映画「ロストクライム -閃光-」(PG-12指定)を鑑賞した。

この映画どこにでもある殺人事件から世間を震撼させた

3億円強奪事件が繋がり、

その事件の真相を追 ...

_ 象のロケット - 2013年01月11日 10:10

隅田川で男の絞殺死体が発見され、所轄署の野心あふれる若手刑事・片桐は、自ら捜査メンバーへ志願した定年間近のベテラン刑事・滝口とコンビを組まされる。 上層部の指示も聞かず独自に捜査を開始する滝口に苛立つ片桐。 事件は戦後最大のミステリーと言われた大事件、1968年に発生した“三億円強奪事件”につながっていた…。 サスペンス。