Google
WWW を検索 ブログ内検索

ハンター : 男の中の男が見せる優しさ2012年12月22日 15:00

ハンター
 三連休、皆様いかがお過ごしでしょうか。本日は、長い連休があったら、こんな美しい自然がある場所で心身ともに癒されたなと思わせるこちらになります。
【題名】
ハンター

【製作年】
2011年

【製作国】
オーストラリア

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 百戦錬磨の傭兵として世界中を渡り歩いてきたマーティン・デヴィッド(ウィレム・デフォー)は、バイオ・テクノロジー企業であるレッドリーフ社の依頼で、オーストラリア・タスマニア島を訪れる。目的は、タスマニアタイガーの生き残りを見つけ出し、その生体サンプルを採取するというものだった。タスマニアタイガーは70年以上前に絶滅したとされているが、その目撃情報を入手したレッドリーフ社はライバルを出し抜くために、凄腕のハンターでもあるマーティンを送り込んだのだ。現地ガイドのジャック・ミンディ(サム・ニール)が用意したベースキャンプは古めかしい木造の民家で、利発な少女サスとその弟バイク、体調不良で寝たきりの母親ルーシー(フランシス・オコナー)のアームストロング家が住んでいた。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ハンター」は、幻のタスマニアタイガーを追う孤高の狩人と現地の母子の心の触れ合いを描いた至極のドラマです。タスマニアタイガーを追うマーティン・デヴィッド役には、「プラトーン」「アンチクライスト」のウィレム・デフォー。夫を失い体調不良で寝込んでいるルーシー・アームストロング役に、「タイムライン」のフランシス・オコナー。マーティンの現地ガイドでルーシーを秘かに思っているジャック・ミンディ役には、「エンジェル」のサム・ニール。監督は、オーストラリアで評価の高いダニエル・ネットハイム。

 製薬会社の謀略によるミステリー、美しいタスマニア島の自然風景、孤高の狩人と現地の母子による新しい家族関係、なかなか見応えのある作品でした。期待しないでレンタルしたのですが、とんだ掘り出し物でした。

 とにかく、あらすじが逸品なんですよねぇ。ウィレム・デフォー演じるマーティン・デヴィッドは、表向きは環境学者として現地入りします。そのせいもあって、現地の林業関係の連中から目の仇にされてしまいます。また、現地のベースキャンプとして紹介された家庭も、夫を失ったショックから母親が寝込んでいるため、電気も通信手段もない劣悪な環境です。そういった状況から、他人同士であった母子との関係が、心の通じ合う家族へと変わっていく過程は良質のヒューマンドラマのようにとても丁寧に描かれています。同時に、製薬会社の謀略によりマーティン以外のハンターが現地入りしているのですが、それが実際の脅威となってくる過程もサスペンス映画として見応えのあるものです。そして、最後にマーティン・デヴィッドが下す決断、これには彼の優しさが滲み出ており目頭が熱くなりました。

 演者の中では、やはりウィレム・デフォーの存在感が抜群でした。さすが、名優と呼ばれるに相応しいだけのことはありますね。彼の場合、どんな役柄でも見事にこなしますが、本作のような孤独な男が特に似合いますよ。孤独の中でたまに見せる優しさ、男ですねぇ。

 但し、画面から伝わる緊張感がいま一つでしたのは確かです。その一番の要因は、もう一人のハンターに関してです。その存在に関しては、序盤から観る者にも強く意識させるものがありました。但し、実際に登場してからが今一だったんですよねぇ。もう一人のハンターがしょぼいのか、マーティン・デヴィッドが凄すぎるのか、どちらにしろ実力に差が有りすぎるんですよ。個人的には、もっと強力なライバルにして欲しかったなぁ。こんなだったら、製薬会社の謀略というサスペンス的要素は無しにして、新しい家族関係の構築に比重を置いた方がよかったかもしれないですね。

 このように「ハンター」は、様々な要素が詰め込まれた良作といえる映画です。また、ウィレム・デフォーの渋さに改めて気付かされました。では、本日はこの辺で ○o。バィバィ。o○・Д・)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/12/22/6666862/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年12月22日 15:34

タスマニア大自然紀行
公式サイト。オーストラリア映画。英題:THE HUNTER。ジュリア・リー原作、ダニエル・ネットハイム監督。ウィレム・デフォー、フランシス・オコナー、サム・ニー ...

_ カノンな日々 - 2012年12月22日 17:44

その昔、『タスマニア物語』という邦画作品で幻の動物タスマニア・タイガーを探し求めるというエピソードが描かれていました。私がタスマニア・タイガーを知ったのもこの映画を観 ...

_ とりあえず、コメントです - 2012年12月22日 18:32

タスマニア島を舞台に幻のタスマニアタイガーを追うハンターの姿を描いたサスペンスです。 予告編を観ながら、何故この主人公はタスマニアタイガーを追うのだろうかと気になっていました。 人を寄せ付けないような原野の広大さと、そこに生きる生き物たち姿に静かな感動を覚えると共に 人間のエゴの怖さをしみじみと感じるような作品でした。

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年12月22日 19:53

ハンター [Blu-ray]クチコミを見る世界遺産に登録されたタスマニアでオールロケを敢行した異色のサスペンス・ドラマ「ハンター」。神話的とも思えるストイックな作風が美しい。世界中 ...

_ キノ2 - 2012年12月22日 22:02

★ネタバレ注意★


 ダニエル・ネットハイム監督のオーストラリア映画。主演はウィレム・デフォーです。

 フリーランスの傭兵であり、凄腕のハンターでもあるマーティン・デヴィッド(ウィレム・デフォー)は、バイオ企業レッドリーフ社の依頼により、70年以上前に絶滅したとされるタスマニアタイガーを捕獲しそのサンプルを採取するために、タスマニア島に赴く。

 現地では、環境保護を主張する人々(研究者やボランティアなど、主によそ者)と林業で生計を立てている地元の労働者たちとの間に不穏な対立が生じていた。マーティンは、本来の目的や、ハンターであること(ましてや傭兵であること)を隠し、タ...

_ ダイターンクラッシュ!! - 2012年12月23日 17:38

2012年2月19日(日) 16:30~ 丸の内ルーブル 料金:1300円(有楽町の大黒屋で前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『ハンター』公式サイト 怪人ウィレム・デフォー先生が、意外にも真人間を演じているようなので、勇んで行った。が、公開最終週に。 恐ろしいほどの客入りの悪さが容易に想定でき、2週間打ち切りの線もありうるかと思ったが、何とか3週間もってよかったよ。それにしても本当に客が少ない。 しかし、焦ってまで観る価値があるかと言うと、ウィレム・デフォー先生が出ていること以外は、ありがちな擬似家族、擬似親子の話なので、先生のファン以外にはどうですかね。 悪徳企業の命を受けて働くフリーランスの何者かのデフォー先生だが、現時点で何者(傭兵あがりなのか?)かも判らず、過去の人生(傭兵だったのか?)も判らない謎過ぎる人物なのは、フラストレーションが残る。 やはり、デフォー先生は変態役が一番だ。 お勧め度:☆☆★ 擬似家族度:☆☆☆ 俺度:☆☆★

_ 象のロケット - 2012年12月23日 18:19

フリーランスの傭兵として仕事を請け負う中年男マーティンは、バイオ・テクノロジー企業レッドリーフ社からの依頼でオーストラリア・タスマニア島へ向かう。 70年以上前に絶滅したと言われているタスマニアタイガーを捕獲し、その生体サンプルを採取することが目的だった。 用意されたベースキャンプは、行方不明の父親の帰りを待つ幼い姉弟と、その母親が住む民家だったのだが…。 サスペンス・ドラマ。

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2012年12月24日 01:05

五つ星評価で【★★★デフォーだけ見ると星五つ】

デフォーかっくいいな。
あのゴツゴツの顔に今回の寡黙な役が良く似合う。
話の筋よりもデフォーその物の存在感を味わう映画 ...

_ 映画・世界史から探る気になる人々 - 2014年09月30日 16:38

アメリカの俳優、ウィスコンシン州出身。1955年7月22日生まれ (2014年現在59歳)
身長177cm。劇団ウースター・グループの創設メンバーとして知られる。

父親は外科医、母親は看護婦の家庭で、8人兄弟の7番目として生まれる。「ウィレム」とは幼少時の頃からの愛称です。兄弟達は、医者や弁護士などになっているが、デフォーは、そんな兄弟達とは異なり、ウィスコンシン大学に在籍中、演技に...