Google
WWW を検索 ブログ内検索

ホビット 思いがけない冒険 : さあ、本当の冒険の始まりを案内しよう2012年12月17日 17:12

ホビット 思いがけない冒険
 昨日の選挙、自民党が予想以上の圧勝でしたね。また、問題ありありの大物政治家も多数落選しました。但し、何時も思うのが比例復活。あの制度だけは、さっさと辞めて欲しいものです。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
ホビット 思いがけない冒険

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 ある日、ホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)から、スマウグという恐ろしいドラゴンに奪われたエレボールのドワーフ王国を取り戻すための壮大な冒険に誘われる。伝説的な戦士トーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)率いる13人のドワーフたちとともに旅に出た彼の行く手には、ゴブリンやオーク、凶暴なワーグや魔術師たちが跋扈する危険な荒野が待ち構えていた。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ホビット 思いがけない冒険」は、J.R.R.トールキン原作の「ホビットの冒険」を映画化したもので、あの「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚となる作品です。ホビット族のビルボ・バギンズ役には、「恋愛上手になるために」のマーティン・フリーマン。魔法使いのガンダルフ役には、「ロード・オブ・ザ・リング」でも同役を演じたイアン・マッケラン。ドワーフの伝説的勇者であるトーリン・オーケンシールド役には、「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」のリチャード・アーミティッジ。監督は、ロード・オブ・ザ・リング三部作のピーター・ジャクソン。

 正直いうと、観る前はあの三部作の前日譚ということで、「またやんのかよ!」的な印象を持っていました。確かに、あの三部作は観る者を興奮の坩堝に誘う名作中の名作であったことは認めます。ただ、私としては、また三部作にするわけですから、ちょっと勘弁してくれよ的な気分になっていたことも事実です。でも、実際に作品を観始めると、何時のまにやら物語の中にのめり込んでいました。圧倒的な映像のクオリティーと息もつかせぬスリリングな展開、文句のつけどころのない素晴らしい作品でした。

 昨日の「映画 妖怪人間ベム 」でも言いましたが、この圧倒的な映像のクオリティーは日本映画では実現不可能なものだと思います。ファンタジー小説の世界をいかにしてリアルに近づけるのか、その執念たるやプロフェッショナルの中のプロフェッショナルだと感じましたね。しかも、アクションシーンにVFXを多用しているだけではありません。ホビットの足のサイズとか、ドワーフの手の大きさとか、細かいところまで徹底されているんですよねぇ。とにかく、映像のクオリティーに関しては、今年観た映画の中でも一番だと思います。

 あらすじも、なかなか良かったですなぁ。というのも、以前の三部作における第一作は、少々物足りなさを感じたのを今でも覚えております。それは、次作に期待を持たせるためだけの空気感を感じてしまったからです。そのため、本作でも物足りない感じで終わるのだろうと思っていたのですが、そんな心配は皆無でした。冒頭でいきなり仲間が集まって、冒険が始まちゃうからです。それからのスリリングな展開ときたら、特上のフルコースをお腹一杯食べた気分になりました。

 なつかしの登場人物も、結構出ていました。ガンダルフに関してはほぼ出ずっぱりですが、他にもあの三部作の主人公であるフロド・バギンズ、エルフのガラドリエルやエルロンド、あの三部作では悪役であったサルマン、といった者たちが画面を彩ります。皆さん、人間に比べると寿命が長くて羨ましいですよ。

 このように「ホビット 思いがけない冒険」は、子供から大人まで間違いなく楽しめる極上のエンターテイメント作品です。次作の「ホビット スマウグの荒らし場」が、今から楽しみでなりません。では、本日はこの辺で サミシィケド━━。゚ヽ(゚`Д´゚)八(゚`Д´゚)ノ゚。━━バイバィイィッ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品