Google
WWW を検索 ブログ内検索

ソウル・サーファー : ハンデを個性に変えることの凄さ2012年12月04日 13:10

ソウル・サーファー
 今日の広島は、風が強かったですなぁ。こんな日は、普段波のない瀬戸内でも、サーフィンが出来たりして。てなわけで、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
ソウル・サーファー

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 プロ・サーファーになるという夢を持ち、周囲からも将来を嘱望される13歳の少女ベサニー(アナソフィア・ロブ)。いつもと同じようにハワイの海でサーフィンの練習をしていたところ、サメに襲われ左腕を失う。以前のように波に乗れない己に苛立ちと絶望感を抱き、サーフィンから離れようとするベサニー。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ソウル・サーファー」は、サメに襲われ左腕を失いながらもプロを目指して再起した実在の女性サーファーであるベサニー・ハミルトンの実話を映画化した作品です。メガホンをとったのは、「ヒラリー・ダフのハート・オブ・ミュージック」のショーン・マクナマラ。主役のベサニー・ハミルトン役には、「チャーリーとチョコレート工場」「ウィッチマウンテン/地図から消された山」など子役時代から活躍しているアナソフィア・ロブ。ベサニーの父親役には、「G.I.ジョー」のデニス・クエイド。母親役には、「いとしい人」のヘレン・ハント。

 これが、実話を基にした作品だというのが凄いですね。サメに片腕食べられながらも、常に前向きで周りの人間を気遣いポジティブに生きていく、人間の鑑のような女性です。でも、ベサニー・ハミルトンの凄さは、それだけではありません。そのハンデを自分の個性に変え、家族の愛情にも助けられながらサーファーとして一流になるわけですから。感動しないわけないですよ、これは。

 作品全体に流れる空気は、サーフィンを題材にした映画にありがちな明るくテンポのよいものです。そのため、こういった感動物の作品にありがちな、感動の押し付けがましさを感じることはありません。ベサニー・ハミルトンのライバルも、片腕がないからといって手を抜くようなことは一切ありません。それどころか、試合中はライバルとして蹴落とそうとまでするのです。これこそが、真のフェアプレイ精神であると感じました。これは、日本人には撮れない作品ですね。

 また、何気に映像が凄いんです。ベサニー・ハミルトンを演じるアナソフィア・ロブは、両腕のある女優です。それが、見事なくらい自然に片腕のない映像になっているのです。こういったVFXの使い方は渋いですねぇ。サーフィンをしているシーンも、波というフィルターを通してアナソフィア・ロブの美しさが伝わるものです。監督であるショーン・マクナマラのセンスの良さには脱帽モノです。

 このように「ソウル・サーファー」は、涙なくしては観られない作品となっております。一部、昔懐かしい「ロッキー」を思い出させるような特訓シーンは苦笑ものでしたが、サーフィンに興味Nothingの方でも十分に楽しめるスポーツドラマの良作です。では、本日はこの辺で |///|(´∀`●)ノ[゚+。:.゚サョナラ゚.:。+゚ ] 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/12/04/6651391/tb

_ ふじき78の死屍累々映画日記 - 2012年12月04日 18:03

  

五つ星評価で【★★★なんてポジティブな】

不慮の事故で片腕になったサーフィン少女が、
その傷から心も身体も乗り越えるまで。

こではビックリしたよ。
こでは日本で ...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年12月04日 18:32

公式サイト。原題:Soul Surfer。ベサニー・ハミルトン原作、ショーン・マクナマラ監督。アナソフィア・ロブ、デニス・クエイド、ヘレン・ハント、ロレイン・ニコルソン、キャリー・ ...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年12月04日 19:31

ソウル・サーファー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]クチコミを見るサメに片腕を奪われた13歳の少女が再びサーフィンに向き合う実話「ソウル・サーファー」。勇気と家族愛を描くストレ ...

_ こねたみっくす - 2012年12月04日 21:42

ベサニー・ハミルトン。恵まれた環境、生まれついた天才サーファー、そして誰よりもサーフィンを愛する少女。
片腕をサメに食いちぎられるもプロサーファーとして活躍している実 ...

_ カノンな日々 - 2012年12月04日 21:43

この映画の題材となっているサメに襲われ片腕を失ったサーファーの少女・ベサニー・ハミルトンのニュースはテレビでも見て覚えていました。その後彼女が再起もしたというエピソー ...

_ 象のロケット - 2012年12月05日 08:34

ハワイ・カウアイ島で暮らすハミルトン一家は、5人全員がサーファー。 両親や兄二人と同じように海が大好きな13歳の少女ベサニーはプロサーファーを夢見ていた。 地方コンテストで優勝し、親友のアラナと共に次のコンテストへ向けて猛練習していたベサニーは、サメに襲われサーフボードごと左腕を噛み取られてしまう。 日常生活さえままならない中、サーフィンを始めるベサニーだったが…。 実話ヒューマンドラマ。

_ はらやんの映画徒然草 - 2012年12月05日 21:19

ベサニー・ハミルトンは幼い頃よりサーフィンを始め、プロのサーファーになることを夢

_ 健康への長い道 - 2012年12月05日 23:25

 『幸せへのキセキ』同様、事実に基づく映画ですが、あちらがかなり実話を改変した(らしい)作品であるのに対して、こちらはエンドロールで流れる映像を観る限り、ほとんど事実に即して作られているようです。  そのせいかどうか分かりませんが、映画としての物語の強…

_ 風に吹かれて - 2012年12月06日 10:06

勇気をもらえます公式サイト http://disney-studio.jp/movies/soulsurfer6月9日公開実話の映画化原作: ソウル・サーファー サメに片腕を奪われた13歳 (べサニー

_ とりあえず、コメントです - 2012年12月08日 09:16

ハワイを舞台に、困難に立ち向かいながらもプロのサーファーを目指した少女の物語です。 予告編を見て、美しい海の青さと主演のアナソフィアちゃんの輝くような笑顔に惹かれていました。 実話をもとに描いた物語は、とても大きな勇気と希望を感じさせてくれるような作品になっていました。

_ いやいやえん - 2012年12月09日 10:54



アナソフィア・ロブちゃん主演。デニス・クエイド、ヘレン・ハントさんらが両親役。
何があっても、前向きに、そして、あきらめない。実話に基づいた素晴らしい作品でした。
ベサニーは13歳でサーフィン練習中に片腕をサメに奪われる。
彼女の諦めない心は周囲の人や遠く離れた見知らぬ誰かをもはげましているし、そんな見知らぬ誰かの書いた応援のレターや現地ボランティアで彼女はまた奮起する。やがて、再び始めたサーフィン。苦難を乗り越えてゆく事や家族や親友、誰かと支えあっていく事で彼女の輝きは増し、その笑顔に大きく勇気付けられ自然と感動させられてしまう。ベタな展開なのがまたいいんですよね〜。
片腕がないと言うのはどんな感覚なのだろう、それも競技選手にとって。
まずボードの上に立つ事から始まって、練習して競技大会に出るものの結果には出ず…。もうだめかも知れない、でも、片腕を失ってもやっぱり海が、サーフィンが好き。プロの選手になりたい!
そして実際になってしまうのが凄いところです。
ソウル・サーファーとは、特別な才能を持ち、競技に勝つことを目的とせず、波に乗る真の喜びを知るサーファーのこと。不屈の精神で見事快挙を成し遂げた彼女は、その魂の持ち主だったのかもしれない。
ラストの波に乗る彼女の姿は実に格好良く、泣けてきた。
彼女のその不屈の精神、見習いたい!

【概略】
一命を取り留めたものの、サメに左腕を奪われたベサニーは、事故から1ヵ月でサーフィンを再開する。

ヒューマン